ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

「風水を哲学する」3 孟子

mousi.jpg

<本日の心構え>

▼火山旅 五爻変

 

壮大な山々に夕日が静かに沈みます。

陽も弱くなり周囲は次第に暗くなります。

旅先で夜を迎え不安を抱き始めます。

落ち着く先を決め明日に備えましょう。

旅費が膨れても期待以上の経験を得ます。

多少の代償に気を落とさないこと。

得た経験と知識を大切にすること。

人生の富となる最良の旅になります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■報告書・資料制作

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

10月20日から『秋の土用』に入り土用の期間は、11月7日の『立冬』を迎えるまで続きます。

土曜は春夏秋冬の四回あり、18日間毎のため、年間18日×4で『土用』は72日間、

『立冬』後72日間は『水用』、『立春』後72日間は『木用』

『立夏』後72日間は『火用』、『立秋』後72日間は『金用』です。

五行の『木火土金水』は、一年間内で均等に72日間廻ってきます。

土用の期間は、季節の変わり目体調を崩しやすい時期です。養生しましょう。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「風水を哲学する」3 孟子

 

孟子は、孔子の流れを組む思想家であり、

孔子の考え方を受け継いでいます。

 

孟子が説いた主なるものは、

『性善説』です。

誰でも惻隠の心を持っているからが、『性善説』の根拠とします。

誰でも人の命を助けようとするというのが一例です。

 

心の作用として『四端の心』として整理しています。

 

惻隠の心⇒仁:人を愛する心 

羞悪の心⇒義:悪を憎む心

辞譲の心⇒礼:他人に譲る心

是非の心⇒智:真理を求める心

 

この『四端の心』を育てていけば『四徳』が実現され、

天地間に満ちている雄大で力強い『浩然の気』が現れ、

その気に満ちた人間の状態が『大丈夫』であると説きました。

(日常良く使う『大丈夫』の語源)

 

今風に表現すれば、

日々『四徳』を積むことでオーラが出てくるというところです。

 

孔子の思想受け継いだ孟子も『封建制度肯定派』です。

特に『仁義』を重視した国家組織です。

 

ピラミッド型組織のTOPに立つ人『皇帝』が四徳を積み、

又は四徳を持った人がTOPになり国を治めることを良しとしました。

『大丈夫』な『皇帝』による統治を、

『王道政治』と称し主張しました。

反対は武力による統治『覇道政治』です。

 

 個人的な意見ですが、ここまでは良い思想ですが、

問題は、大丈夫で無い皇帝は武力によって引きずり降ろしても良い、

クーデターや革命も肯定している所です。

 

徳の無いものは、武力によって制圧されてしまう、

強いものは徳があるという思想です。

「風水を哲学する」2 孔子

kousi00.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢風大過 三爻変

 

暴風雨に見舞われ家屋が傾いています。

油断すると家が倒壊してしまいます。

早急に問題解決に取り掛かりましょう。

不意に深刻な問題を抱える非常時です。

問題と責任は大きくなるばかりです。

周囲の協力も得られず道は塞がれます。

理想を追わず無理難題は誠実に断ること。

日頃の言動を反省しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in戸塚

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

気を付けていてもミスはするものです。

余分な言い訳は無用、率直に謝るのがベストです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「風水を哲学する」2 孔子

 

中国哲学を論ずるにあたっての、基本になる思想が孔子の思想です。

ある人物の哲学が思想になるため、その人物が育った時代背景や国、

家庭環境等を知る必要があります。

 

「何故、そんな考えに至ったのか?」ということです。

 

孔子まで遡らないと「風水を哲学する」ことは出来ません。

 

孔子はBC52年10月9日~BC479年3月9日の人物です。

出生に関しては、諸説あり孔子没後、弟子達が神格化するために、

様々な逸話も作り出しています。

 

孔子の思想が体系化されていく頃の時代背景は、

周王朝の崩壊で封建秩序が崩壊した頃です。

封建秩序とは、いわばピラミッド型組織のことです。

孔子は、ピラミッドが崩れ混乱する社会で普遍的な原理(人倫の道)を探りました。

封建制度の周王朝を理想国家とし『封建制度肯定派』です。

根本にこれがあることが重要になってきます。

 

孔子の思想の基本は、『仁』と『礼』です。

『仁』は内面的なもので、人を愛することです。

『仁』には二種類あり、

『孝』(両親や先祖への愛)と

『悌』(兄や年長者への愛)です。

このため、両親や先祖への祭祀儀礼を重視しました。

 

『礼』は外面的なもので、客観的な形で『仁』を表わしたものです。

『仁』あっての『礼』という思想です。

目に見えない『仁』を目に見える『礼』として表す必要性を説いています。

この『仁』の徳を体得した者を理想の人間(聖人)とし、

目指している人を『君子』としました。

反対に自分の目先だけの利益を考える人を『小人』とし区別しました。

そして、『仁徳』を備えた人が政治をすれば社会の秩序は安定すると考えました。

これを『修己治人』言います。

この思想を基本とした主義を『徳治主義』と称し、

この反対が刑罰によって人を治める『法治主義』です。

 

『論語』は、孔子と弟子たちの言行録で、現実の人生問題として、

人としてどう生きるべきかを説いている『道徳』です。

実は、孔子は死後の世界について語っていないし、

超越的な神的存在も語っていません。

孔子の弟子達が勝手に宗教的要素を入れたものが『儒教』です。

 

『孔子の思想』と『儒教』は、別物です。

『釈迦の思想』と『仏教』の関係に類似しています。

孔子は、ピラミッド型・人の区別・差別を肯定しています。

決してキリスト教的博愛主義ではありません。

 

良くクライアントから、

「中国は偉大な思想がありまがら、何故あんな国(悪い意味で)なんだ?!」

と質問されますが、孔子の思想が解れば理解出来るところです。

風水を哲学する1 『古代中国哲学』 

syosihyakka.jpg

 

<本日の心構え>

▼天雷无妄 二爻変

 

晴れていた空が次第に暗くなります。

遠方から雷鳴が聞こえて来ます。

時の流れと共に状況は刻々と変わります。

流れに逆らわず身を委ねてみましょう。

私欲は捨て与えられた役割を果たすこと。

努力を続ければ収穫は多くなります。

周囲の決断と行動には従いましょう。

何事も思う以上に上手く展開します。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

2015年頃、『ワンポイントレッスン』で紹介させて頂いた、

『風水を哲学する』をリメークしてお伝えします。

最近、顧問先経営から風水を学びたいという相談を連続して受けました。

風水は、『風水学』という側面と『風水術』という側面があります。

学問として考えた場合、思想的成り立ちが必要です。歴史観と哲学です。

その為、古代中国哲学を知る必要があります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する1 『古代中国哲学』 

 

中国の様々な占術のアテゴリーは、『古代中国哲学』です。

いわゆる『哲学』になります。

 

そもそも『哲学』とは何かです。

 

簡単に云えば、「ものの見方、考えかた」です。

物事の本質を考え追求することになります。

 

ということは、『古代中国哲学』ということは、

古代中国のものの見方、考え方ということになります。

その多くは「諸子百家」の時代として知られる

春秋戦国時代にまで起源を遡ることができます。

 

中国哲学の多くは戦国時代に始まり、

その構成要素は数千年にわたって存在します。

 

『易経』は、古代の卜占の概要をまとめたもので少なくとも紀元前672年にまで起源を遡ることが出来ますが、この『易経』に構成要素を見出すことができます。

 

戦国時代にこそ中国の大哲学派、つまり、儒家、墨家、法家、そして道家が農家、陰陽家が誕生しています。

 

風水を単なる占いの一種と捉えると、

その本質が見えなくなってしまいます。

 

風水で幸不幸、成功失敗を論じるわけですから、他人の人生に関わります。

風水業界を見ていると『風水師』と名乗る人は増えてきましたが、残念ながら『学無くしての術』が目につきます。生兵法は大怪我のもとです。

 

自分のスキルアップしか顧客満足度を上げることは出来ません。

風水師としてのスキルは、内面の成長しかありません。

 

身を引き締めて「風水を哲学」していきたいと思います。

小難しく感じますが、私なりにポップにお伝えしていきます。

専門書というより実用書的感覚で読んで頂ければ幸いです。

悪徳商法情報『風水コンサルタント編』

160912-300x272.jpg

 

<本日の心構え>

▼地雷復 二爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

環境は安定し余裕が生まれます。

慈愛の精神で周囲に応対しましょう。

傷ついたものも時間と共に修復されます。

初心を忘れず本領を発揮しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■環境整備・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

顧問先経営者との打ち合わせが続いていますが、

本当に多くのことを学ばせて頂いています。

その道のプロから、その道について直接状況を聴かせて頂くため、

超具体的な経営学をレクチャーして貰っているようなものです。

またそれを他の顧問先に還元出来るというのは情報をシェアし、

顧問先皆様と共の成長・発展出来る特権を弊社は得ています。感謝

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■悪徳商法情報『風水コンサルタント編』

 

私が代表知事を務めさせて頂いている、

NPOでは悪徳・霊感商法撲滅活動を行っています。

その為、NPOメンバーは当然ですがそれ(悪徳商法)を許していません。

ここ2年間は、相談件数も少なくなり少し安心していたところです。

今回久し振りに相談を受けましたので、その実態を報告させて頂ます。

 

風水には、多くの流派が存在し、先生の数ほどあります。

NPOとしては、その流派の是非は問いませんし、その判断基準も持ち合わせていません。

しかし、風水師としてのモラルは共通するものですし、法令遵守は国民の義務であることは間違いありません。

 

今回相談があったケースは、典型的な『風水開運商法』といえます。

特に風水コンサルタントと称しての悪徳性は深刻です。

 

相談者は、『この風水師知っていますか?』というものでした。

風水師の素性を確かめる方法は、極めて簡単で『恩師』を確認することで、

『誰に師事をされている』かです。恩師を言えない曖昧な方は危険です。

ただスクールに出たレベルも危険で修行期間の有無と間や今も師事されているかです。

数年前、雨後の竹の子の様に『風水コンサル』が増え消えていきました。

 

次に物販を行っているか否かです。

風水師は、物販をしません。更に『風水コンサル』を名乗って、自社製品、自社グッズを販売するのはタブー中のタブーです。百歩譲って『伝統的風水グッズ(八卦鏡等)』までです。

NPOでは、鑑定後の物品販売は禁止しています。

 

相談があった風水コンサルは、自社開運グッズを販売しています。

『オリジナル気の入った水』

『気の入った塩』

『オリジナル、化殺グッズ』

『盛り塩セット』

ここまでくると、コンサルタント会社でも無く、物販屋です。

 

恩師も曖昧・自社開運グッズ販売この時点でOUTです。

 

鑑定を行い何か物品を購入ということでも、自社商品を売りつけてきたらその時点で、

違法行為です。

 

風水調整後に必要が出てくるものは、

『水槽』『備長炭』『トルマリン石(安価な原石)』『金属性風鈴』程度です。

しかもクライアントが自分で予算等に応じて探して購入してもらいます。

通常は、現在オフィスや自宅にあるものだけで調整を行えれます。

 

以上の内容を知ってピンときたり不安を感じる案件がありましたら、

ご遠慮なく相談して下さい。

 

久し振りNPO関連情報でした。

中庸について

tyuuyou00.jpg

 

<本日の心構え>

▼山雷頤 二爻変

 

壮大な山々の麓に雷鳴が響き渡ります。

山を揺るがすような凄まじい轟音です。

鳴動に心は震え背筋は正されます。

摂理に従い心を正し節制を心掛けること。

他人には期待せず自立すること。

求めるだけでは信頼と立場を失います。

頼る相手を間違え共倒れになることも。

謙虚に内観し自立心を養いましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、古い友人が事務所を訪ねてくれました。

話ながら20年前を思い出し、そのころにタイムスリップした感覚になりました。

気が付けば終電間際、懐かし思いでは最高の財産です。

そういえば、夕食をとるのも忘れてました。(;^ω^)ゴメン

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■中庸について

 

「中庸」は、四書五経の中の一つです。

四書五経は、儒教の教典で重要な9種の書物のことで、

四書は、「大学」「中庸」「論語」「孟子」、

五経は、「詩経」「書経」「礼記」「易 経」「春秋」です。

 

もともと孔子の時代には、詩経、書経、易経が明確に整理されていただけでしたが、

そのご漢代までの間に礼に関する『小戴礼』を、楽に『詩経』をあてて、

儒家の基礎経典としての五経が尊重されるようになりました。

また、宋代に朱子学が興って、儒教を体系的に学ぶために儒家の経典をまとめ、

論語を中心として礼記から大学と中庸を独立させ、

儒家思想について多く書かれた孟子を加えて四書としました。

 

『中庸』は、前430頃書かれたもので、『大学』と同じくもともと『礼記』のうちの一篇。中庸とは偏りが無く永久不変という意味で、道徳の原理、不変の道理を論じたものです。

人用by大学

hirameki.jpg

 

<本日の心構え>

▼水火既済 初爻変

 

水平線に夕日が沈もうとしています。

輝かしい一日が終わろうとしています。

更なる進展は望まず明日に備えましょう。

平穏無事な日々に感謝すること。

大事を起こすには不適切な時分です。

完全に陽が沈む前に謙虚に引き返すこと。

明日に備え現状維持に徹すること。

既に成し得た実績を大切にしましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今年最後の開運合宿の詳細は下記でご確認下さい。

https://www.facebook.com/events/583584318745478/

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■人用by大学

 

「白文」

長國家而務財用者、必自小人矣。彼為善之。

小人之使爲國家、菑害並至。

雖有善者、亦無如之何矣。

此謂國不以利爲利、以義爲利也。

 

「書き下ろし」

国家に長として財用を務むる者は、必ず小人に自る。(彼これを善しとなす。)

小人をして国家を為めしむれば、菑害ならび至る。

善者ありといえども、またこれをいかんともするなし。

これを国、利をもって利となさずして、義をもって利となすという。

 

「解説」

国家の長として財政を務める者で、人民から搾取して私腹を肥やそうとする者は、必ず小人からそういったことを始めるものである。

小人を採用して国家の要職を任せれば、さまざまな人災というべき災害・不幸が起こってくる。

こうなると、いくら善人がいてももうどうしようもなくなってしまう。

これが、国は君主の私的な利益をもって利とするのではなく、人民に対する義・慈愛をもって利とするということを知ることの大切さなのである。

 

このことは、雇用の問題と直結します。

経営者が自己中心的ですと、極めて自己中心的な人しか採用出来ないものです。

義なる生活をすることで、善悪の判断基準を持てる様になり、妄想では無い、正しい閃きが出る様になります。

 

暴利を貪る結果 by大学

bouri.jpg

 

<本日の心構え>

▼風天小畜 五爻変

 

湿り気を帯びた冷たい風が吹き始めます。

時の経過と共に空模様が変わります。

天候が気掛かりで身動きが取れません。

無理をせず情勢の変化に備えましょう。

成功と繁栄は独力では成し得ません。

周囲と協調し事態に対応すること。

喜びと経験を分かち合いましょう。

成功と繁栄は確かなものに変わります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

10月半ばを過ぎ、時の経つ早さを痛感します。

一日一日を大切にしたいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■義と慈愛by大学

 

「白文」

孟獻子曰、畜馬乘、不察於雞豚。伐冰之家、不畜牛羊。百乘之家、不畜聚斂之臣。與其有聚斂之臣、寧有盜臣。

此謂國不以利爲利、以義爲利也。

 

「書き下ろし」

孟献子曰く、

「馬乗を畜うものは、鶏豚を察せず。伐氷の家は、牛羊を畜わず。百乗の家は、聚斂の臣を畜わず。その聚斂の臣あらんよりは、むしろ盗臣とうしんあれ」と。

これを国、利をもって利となさずして、義をもって利となすという。

 

「解説」

魯の賢大夫として知られる孟献子がおっしゃった。

『馬に乗る身分になった者は、鶏や豚を飼わない。葬儀に氷を用いることができる裕福な家では、牛や羊を飼わない。百乗を出せるような広大な領土を持つ家は、租税を搾り取るための家臣を使わない。人民から税を搾り取る家臣がいるよりは、むしろ主君の宝物庫から盗みを働く家臣のほうがまだマシである』と。

これは、国は君主の私的な利益をもって利とするのではなく、

人民に対する義・慈愛をもって利とするということである。

 

必要以上の利益、いわゆる暴利を貪るものへの戒めといえます。

資本主義の世において、利益追求は重要ではあるが、利益率は良心の呵責が起こらない程度が最適といえます。これに反すると逆に問題を起こし、慰謝料や弁償金の請求を受け、暴利の分、払い戻すことになります。

いわゆるサラ金が過払い請求で痛い目にあっているのは、このこと故です。

仁者 by 大学

013355251.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 三爻変

 

山頂付近では雷鳴が激しく轟いています。

登るには多くの危険と困難を伴います。

麓に居る限り身の安全は守られます。

何事にも慎重を期す対応をすること。

周囲は危険な道を進もうとしています。

誘惑に負けると災難に巻き込まれます。

甘い誘いは断り悪縁は断つこと。

場に浮いても身は堅く守りましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■報告書・セミナー資料制作

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

全ての経験を元に成長することが出来れば、

常に『今が最高!』といえる人生になる。

昨日より今日、今日より明日が良くなっていく。

『全てが成功の為のプロセスである』

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■仁者 by 大学

 

「白文」

生財有大道。生之者衆、食之者寡、為之者疾、用之者舒。則財恒足矣。

仁者以財發身、不仁者以身發財。

未有上好仁、而下不好義者也。

未有好義、其事不終者也。未有府庫財非其財者也。

 

「書き下ろし」

財を生ずるに大道あり。これを生ずる者衆くして、これを食う者寡なく、これを為る者疾くして、これを用うる者舒やかなれば、すなわち財恒に足る。

仁者は財をもって身を発し、不仁者は身をもって財を発す。

いまだ上仁を好みて、下義を好まざる者あらざるなり。

いまだ義を好みて、その事終らざる者あらざるなり。いまだ府庫の財その財にあらざる者あらざるなり。

 

「解説」

国の財政を豊かにするということにも大道がある。

働いて財を生産する者を多くして、これを消費する者を少なくし、生産をする者は速やかに仕事に取り掛かり、消費をする者は緩やかに財を消費すれば、財政(財産)は常に不足するということがない。

仁者は財があれば寄付・施しに務めて身を起こすが、不仁者は自分が豊かに暮らすために苛烈に財を集め続ける。

いまだ君主が仁を好んでいて実践しているのに、その家臣が義を好まないということはないのだ。

いまだ君主が義を好んでいるのに、その仕事が成功しないということもない。

いまだ国の府庫にある財が無くなってしまうということもないのである。

驕慢by大学

536554.jpg

 

<本日の心構え>

▼火水未済 二爻変

 

太陽が厚い雨雲に隠されています。

本来の輝きは遮られ周囲は暗くなります。

機に恵まれず実力を発揮できません。

好機に備え努力と忍耐を重ねましょう。

慎重に事を進めて無理に動かないこと。

準備不足で大事を成すには時期尚早です。

坦々と下積みし辛抱強く機を待つこと。

待てば好機が訪れるでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■新築コンサルタント現地調査in戸塚

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、月一のNPOの勉強会を行いました。

全国各地から集まって頂き本当に嬉しく思います。

慕わしい門下生と一緒に過ごせる時間は、私にとって癒しの時間でもありますが、

多くのことを学べる貴重な時間でもあります。感謝

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■驕慢by大学

 

「白文」

見賢而不能舉、舉而不能先、命也。

見不善而不能退、退而不能遠、過也。

好人之所惡、惡人之所好、是謂拂人之性。菑必逮夫身。

是故君子有大道。必忠信以得之、驕泰以失之。

 

「書き下ろし」

賢を見て挙ぐることあたわず、挙げて先んずることあたわざるは、命るなり。

不善を見て退くることあたわず、退けて遠ざくることあたわざるは、過ちなり。

人の悪むところを好み、人の好むところを悪む、これを人の性に払るという。

菑い必ずその身に逮ぶ。

このゆえに君子に大道あり。必ず忠信もってこれを得、驕泰もってこれを失う。

 

「解説」

賢人を見て採用することができず、採用してもこれを活用することができないのは、主君の怠慢である。

不善を見て退けることができず、退けて遠くに追い払うことができないのは、主君の過失である。

人が憎んでいることを好んでする、人が好んでいることを嫌ってしない、これは人間の本性・道義に悖るといわれる振る舞いである。

そういった本性に悖る行為をしていると、災いが必ずその身に及ぶことになる。

このため、君子には仁義の大道があるのである。

必ず真心を忘れずに忠義・誠実を尽くせば天下を得るが、驕慢になって我がまま放題をすれば必ず天下を失うことになる。

傲慢by大学

1210464.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢風大過 初爻変

 

暴風雨に見舞われ家屋が傾いています。

油断すると家が倒壊してしまいます。

早急に問題解決に取り掛かりましょう。

不意に深刻な問題を抱える非常時です。

無理をせず一歩ずつ確実に進めること。

受動的な姿勢が功を奏します。

慎重な判断と行動が成敗を分けることに。

心を込め親切丁寧に応対しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

異常気象と叫ばれながらも、確実に季節は廻ります。

自然界の力強さを実感します。

時流には逆らわず乗ってしまったほうが良さそうです。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座

2018年12月20日~24日 研修会in上海 

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■傲慢by大学

 

「白文」

人之有技、媢疾以悪之、人之彦聖、而違之俾不通。

寔不能容。以不能保我子孫黎民。亦曰殆哉。

唯仁人放流之、逬諸四夷、不與同中國。

此謂唯仁人為能愛人能悪人。

 

「書き下ろし」

人の技ある、媢疾してもってこれを悪み、人の彦聖なる、これに違いて通ぜざら俾む。

寔に容るるあたわず。もってわが子孫・黎民を保つあたわず。また曰く殆いかな」と。

ただ仁人のみこれを放流し、諸を四夷に迸け、ともに中国を同じくせず。

これを「ただ仁人のみよく人を愛しよく人を悪むことをなす」という。

 

「解説」

人の技能を見て、嫉妬したり憎んだりする。

人の美しさや物事に精通した徳を、これに学ばずに逆らって妨害し、その有能有徳の士に地位を与えないようにする。

本当に真心から人材を受け容れるということがない。

こういった臣がいると、もって子孫と万民の幸福・安寧は破壊されてしまい保つことはできない。

いわく、国家の存立が危うくなってしまう。

ただ仁人の君主はこういった有害無益な人材を放逐して、この人物を四方にある野蛮な国へと追い払ってしまう。

共に中国の土地に居るということがない。

これを指して、仁人の君主はただ愛すべき人を愛し、憎むべき人を憎むというのである。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP