風水師 山田光復の鑑定日記

陰宅風水鑑定 in 神奈川

bosou1.JPG

家族親戚に同じような、病気や事故が続いているという相談を受けました。

家族や同居人に同じような症状、現象が起こる場合は、住居の問題が考えれる為、これは陽宅風水(住居の風水)鑑定が必要になります。

しかし、今回の様に同居人に限らず、別居している家族、親族に同じ様な症状が出た場合は、陰宅風水(お墓の風水)鑑定が必要になります。

電話でお問い合わせを受けた時、そのことを説明して陰宅風水鑑定をお薦めしました。

家族・親族構成から、特に重要なお墓が明確になります。

陰宅風水鑑定には、この作業が大変重要になります。鍵を握る基因(先祖のDNA的なもの)が誰なのかです。

これまでのケースでは、お客様にとっては、ピンとこない先祖のお墓が多いのも共通点です。いわゆる盲点になる御先祖様です。

実際、そのお墓を鑑定すると大変厳しいものでした。(画像のお墓)

墓地全体も殆ど管理されていませんでしたが、このお墓の敷地も草だらけで全く管理、手入れされていません。

ということは、お墓参りもされていないことは安易に想像がつきます。

陰宅風水の基本は、風水五訣と称される、『竜・穴・砂・水・向』を整えることにありますが、何よりも重要なのは、御先祖様に対する感謝の気持ち、やはり供養心であります。

供養心があれば、このように放置することは無いでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kouhuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

PAGE TOP