2015年10月

風水師養成講座 in 静岡 / 風水と地盤調査

ziban.jpg

<本日の活動予定>

■中古物件購入コンサルタント1件、個別相談2件

 

 

<今日のつぶやき>

■毎晩、コンペのプレゼンの準備で遅かった長男が久し振りに早目に帰宅。

とはいえ夜の10時。久し振り家族5人が揃いました。

リビングで5人揃いながらも、各々、自分の好きなことに没頭!

各々、部屋があるのだが、何故がリビングに集まって各々楽しむ。

眠くなった順番にその場を離れていく・・・。

『何でもないようなことが幸せだ~ったと思~う(^^♪)』

 

 

<本日のお話>

■風水と地盤調査

 

何千年の歴史といわれる風水の知識と現代科学による判断が類似することは極めて多いものです。

昨今騒がれている『傾斜マンション問題』は、人為的問題であることは間違い無く、

様々な問題が露呈し、今後の課題となっています。

特に何を誰を信じたら良いか解らなくなっています。

そんな中、やはり重要になるのが消費者側の知恵ということになります。

しっかりと情報を集め知恵をつけ、多少なりとも判断基準を持った上で、業者を選ぶ必要がありそうです。

 

風水でも良い土地の条件として、地盤の強さがあります。

地盤の確認は、専門的な判断基準と調査方法がありますが、

素人でも判断できる方法もあります。

 

それは、「新旧の地形図を比較する」という方法です。

地盤ネット株式会社のサイト(下記)

http://jibannet.co.jp/

が大変おすすめです。

簡単にいえば、「昔何があったかです。」

風水師的判断でも、畑後は良いが、田んぼ後はタブーです。

 

次に地名で土地の特性を知る方法です。

古来より地名には、土地の特性が示されています。

「田」や「谷」が付けば、当然、元田んぼや元谷底です。

「川」が付けば洪水の危険性があります。

「砂」「重」「崩」「杖」「津」等は崖崩れ注意地域です。

 

又、風水ではタワーマンション・大型マンションを良しとしません。

特に埋立地のタワーマンション・大型マンションは、

タブー中のタブーです。

 

国土の正しい使い方を本気で考える時期にきているようです。

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水新築コンサルタント in 大阪 / 「後悔しない葬儀とその後12」

kaimyou.jpg

<本日の活動予定>

■風水師養成講座1件、新築コンサルタント打合せ1件

 

<今日のつぶやき>

■昨日は、事務所での業務が続きました。

クライアントとの打ち合わせ中に、電話が大変多い一日となりました。

事務所の電話と携帯への電話が重なることも度々で、夜まで続きました。

不思議と重なるときは容赦無く重なり、続くときは一日中続くものです。

私が事務所にいることが公表されているのではと思う程でした。

 

勿論『嬉しい悲鳴』の一日でした。

使って頂いてナンボです。感謝・感謝

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後12」

 

2014年1月、財団法人日本消費者協会

「第10回 ・葬儀についてのアンケート調査」より

 葬儀費用の平均値として、

葬儀一式122.2万円、飲食33.9万円、寺院関連(お布施)44.6万円

と報告されています。 

勿論、場所と規模とグレードで変化しますので、会葬者の多い大規模な葬儀になれば費用は膨らみ平均値を超えます。逆に、会葬者が数十人のこぢんまりとした葬儀では、この平均値になることはありません。

 

しかし、この引用されている金額に落とし穴があります。

この平均値が実は、もう既に言葉は良くありませんが、

『ボッタクられた平均値』であり、言うなれば『被害額』です。

 

葬儀屋は、このデータを利用して見積りを出す場合が多いのです。

「これ位かかるのが普通ですよ!」です。

日本人は、『これ位普通』や『常識ですよ』に弱い民族です。

 

そして、日本人の潜在意識の中に、

『お金をかけた方が供養される』

『葬儀費用やお布施は値切るものでは無い』

『坊さんに逆らうと故人が成仏できななくなる、遺族に罰があたる』

というものが間違い無くあります。

 

このことの真意は、当然推し量れるものでは無く、

宗教上の問題で何を信じるかです。

 

「御布施はお気持ちで」と言いながら、

葬儀屋には、相場は30万以上ですと言わせ、

免税特権を受けて、豪遊している人(坊さん)を信じて良いのかは、

甚だ疑問です。

また、使い回す祭壇に、レンタル料を最低50万から何百万、

原価1万にもならない棺桶を最低10万から何百万、

原価500円の骨壺を最低1万から数十万、

テーブルの上にジュースからお酒を並べておいて、

自由に飲める雰囲気を作り散々飲ませ後で別途料金を請求する飲食代、

金額が高い程、良いところへいけるという戒名料、

位の高い坊さんと人数を増やせば供養出来ると言い切る、等など。

 

最近では、今記事の様に葬儀費用の実態に関して、

暴露しているメディアも増えてきてはいます。

 

ネット上でも目にすることが出来ますので、

『後悔しない葬儀とその後』のために

良い情報を収集して備えられることをおススメします。

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水顧問 in 磐田 / 「後悔しない葬儀とその後11」

kanoke.jpg

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件、個別相談2件

 

<今日のつぶやき>

■もし冤罪をかけられたら?

最近のNEWSを目にしながら、考えさせられました。

冤罪で死刑となれば、どうすることも出来ません。

無期懲役であれば、まだチャンスが残る様な気もします。

死刑制度についても、真剣に議論する時期にあるようにも思います。

死刑制度を論ずるためには、どうしても「死生観」が重要になってきます。

雑教文化圏と揶揄される日本の限界がここにあるようにも思います。

自分の家族が何者かに殺された場合、

その何者かに、どの様な刑を処したいと思うか?

 

「・・・駄目だ!うーっ実に難しい?!」

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後11」

 

葬儀費用は、場所(葬儀場)、規模(会葬者数)、質(グレード)

によって大きな差が出てきます。

酷い葬儀屋になると、上の3つが同じでも、料金の差が出てきます。

見積りを組む営業マンの力量によって、上下するのです。

時価・いい値という荒業があります。

私は、風水師という立場で、見積りの場に立ち会うことが良くありますが、

冷静な第三者が同席することを極端に嫌います。

気が動転している遺族だけのほうが、

高額な見積もりを取ることが出来るからです。

 

今回、この様な記事をUPするのも、批判覚悟の上なのですが、

あまりにも酷い現状があるからです。

この記事をきっかてけに、

今の内に様々調べて頂くきっかけになって頂ければと思います。

 

葬儀費用は、宗教問わず大きな差がありませんので、仏式を例に説明します。

1.葬儀基本費用: 会場設営費・人件費・葬儀備品等

2.車両費用: 病院から自宅、自宅から斎場、斎場から火葬場までの霊柩車やマイクロバス代など車両利用時にかかる費用

3.火葬関係費用:火葬料など火葬場で発生する費用

4.斎場費用:自宅葬でない場合、お通夜や告別式をするときの式場費

5.返礼品費用:会葬品礼品、香典返し

6.飲食費用:通夜振る舞い、精進落とし

7.お布施:宗教者への謝礼

 

1は、グレードによって大きく費用の差が出るところです。

祭壇・棺桶・骨壺・お花です。

2・3は、ほぼ実費ですので差は出ません。

4は、自宅が最小限、宗教施設が最大、セレモニーホール等が間です。

5・6は、会葬者数によりますが、セレモニーホール等は、この6で儲け様とします。

7は、宗教・宗教者によりますので、事前確認が必須です。

ざっくりどれ位かかると思いますか?

本当にピンからキリまであります。

究極の霊感商法にご注意ください。    つづく

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水師養成講座 in 静岡 / 風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後10」

sougi02.jpg

<本日の活動予定>

■風水新築コンサルタント1件、風水顧問打ち合わせ1件

 

<今日のつぶやき>

■横浜の傾きマンションの報道が連日続き、専門家と称する方々の

コメントが発信されています。問題の本質がどこにあるのか?

大手であろうとなかろうと、結局人が行うことであり最終的には、

人の問題になります。

いかに魔がささない仕組みを作るかです。

『完成品を売買する』という規制が必須だと確信します。

完成する前に買わせる手口のセールストークは、

「今買うとお得ですよ!!」です。

目先のお得感に脅されて後悔する、催眠商法と全く同じです。

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後10」

 

宗教・施設・規模が決まれば、最後は費用になります。

備えていないと、家族が他界し気が動転している最中に、

見積りをとり検討・決定しないといけないという最悪の事態になります。

備えが無いと葬儀屋主導の葬儀になってしまいます。

葬儀屋に全てを任せれば楽と言えば楽ですが、危険も隣り合わせなのです。

具体的な後悔の例として、

 

「何の準備もしていず、病院で紹介された葬儀社に任せたらとてつもなく高かった」

「見積書もなく、いざ請求の時に請求書を見たらビックリした」

「見積りが安いと思って依頼したら、

追加とかオプションとかで請求金額が膨れ上がって結局高いものについた」

 

というのが圧倒的です。

遺族の無知と動揺につけ込んで足元を見る葬儀屋が多くあります。

お気を付け下さい!

 

次回、費用等の具体的な内容をお伝えします。

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水移転コンサルタント in 品川 / 風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後9」

sougi01.jpg

<本日の活動予定>

■風水師養成講座2件、風水新築コンサルタント打合せ1件

 

<今日のつぶやき>

■毎朝、記事を書かせて頂、昨日の出来事等を反芻させて頂、

心と頭を整理させて頂くことが本当に感謝です。

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後9」

 

自分が見送られる時は、自分で宗教を決めておくことがベストです。

親を見送るときは、親に見送られ方を決めてもらわなければなりません。

明らかに自分が喪主になる可能性が高いとすれば、

喪主の最大の仕事が、この宗教選びということになります。

決めておかないと、パニックになり、葬儀屋の思うつぼになります。

 

宗教を決め、お墓・供養方法が決まれば、

次に葬儀の仕方というとになります。

勿論、無宗教、無墓、無供養という選択肢もあります。

何が正しいというより選択の問題になります。

 

選択肢は、主に3つです。

各宗教施設・葬儀屋・自宅です。

どの選択肢でも、全ての宗教(無宗教ふくむ)に対応出来ます。

判断基準としては、想定出来る弔問者の数で決めるのが良いです。

あえて、弔問者数を制限することも可能です。

家族だけで見送り・見送られたいか、否かです。

 

規模と場所を決めておくことが重要になります。

 

この宗教・規模・場所によって、かかる費用は全く違ってきまし、

これを決めておくことが後悔しない葬儀の秘訣になります。

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水顧問朝食懇親会 in 渋谷 / 風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後8」

guuzi.jpg

<本日の活動予定>

■風水移転コンサルタント現地調査、個別相談、風水顧問打ち合わせ

 

<今日のつぶやき>

■事務所がある渋谷は、最近、外国人が本当に増えました。

私が幼いころ母が務める会社には、

インドネシアから海外研修生を受け入れる制度があり、

一緒に遊んだ記憶があります。

その為、東南アジアの方々を見ると何とも言えない懐かしさが込み上げてきます。

外交防衛上の様々な問題はありますが、

個々人レベルでは国境を越えて楽しく交流したいものです。

 

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後8」

 

お坊さん、牧師・神父とお伝えしましたが、

今回は宮司さんです。

 

神道は、極めて興味深い面白い宗教です。

仏教やキリスト教は「戒律の宗教」と言われるのに対して、

神道の場合は戒律はないとされています。

 

しかし、神社本庁が「敬神生活の綱領」を作りました。

 

敬神生活の綱領

一 神の恵みと祖先の恩とに感謝し、明き清きまことを以て祭祀(さいし)にいそしむこと

一 世のため人のために奉仕し、神のみこともちとして世をつくり固め成すこと

一 大御心(おおみこころ)をいただきてむつび和(やわ)らぎ、

国の隆昌(りゅうしょう)と世界の共存共栄とを祈ること

 

神道は大樂かで懐の深さを感じますね。

 

そこで、宮司選びですが、

宮司に会って、この「敬神生活の綱領」のイメージに合うか合わないかで判断するのが良さそうです。

教義・戒律がありませんので、人柄をみて判断するしか無いということになります。

また、教義・戒律が無い分、神社には宮座と言う閉鎖的な組織があり、神社毎のルール、しきたり等がありますので、良く確認して下さい。

 

『神道は懐が深くても神社は閉鎖的』ということを前提に選べば、

後悔をしなくて済みます。

 

日本そのものを象徴していますね!

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水コンサルタント in 虎ノ門 / 風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後7」

bokusi.png

<本日の活動予定>

■風水顧問朝食懇親会、風水顧問打ち合わせ

 

<今日のつぶやき>

■悪質なネットワークビジネスに手を出したクライアントに対して、

最初から反対し止める様、様々な情報を提供しても、

耳を傾けることをしてくれませんでした。

完全にマインドコントロール状態に陥っていました。

被害の実情が公になりはじめています。一日も早く目覚めてもらいたいです。

私はどう思われても構わないと思い、露骨に反対しました。

その思いが届いてくれれば良いのですが・・。  

本当につぶやきになってしまいました。

 

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後7」

 

6では、お坊さんの見分け方をお伝えしましたが、

今回は牧師・神父さんなります。

 

キリスト教の経典は、旧約と新約聖書です。

旧約聖書には、明確な戒律があります。

最低限、この戒律を守っている方を選ぶことが

後悔しないポイントになります。

 

この戒律が、『十戒』です。

 

ヤハウェが唯一の神であること

偶像を作ってはならないこと

神の名をいたずらに取り上げてはならない

安息日を守ること

父母を敬うこと 

殺人をしてはいけないこと

姦淫をしてはいけないこと

盗んではいけないこと

偽証してはいけないこと

隣人の家の物をを欲してはいけないこと

 

親と妻を大切にしていない、

親不孝牧師・神父、不倫牧師・神父は、

論外ということになります。

 

政治家は、クリントン元大統領初め、

政務さえしっかりしていれば、

私生活は大目に見てくれるところはありますが、

宗教家は、シャレになりません。

 

家族仲が大変良い牧師・神父を選ぶことが

後悔しない秘訣です!

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水リフォーム in 中野 / 霜降の風水開運術

soukou.jpg

<本日の活動予定>

■風水リフォームコンサルタント1件、風水引っ越しコンサルタント1件

 

<今日のつぶやき>

■今日から約15日間は、二十四節気の霜降(そうこう)です。

本日のお話では、「後悔しない葬儀とその後」をお休みして、

「霜降の風水開運術」をお伝えします。

 

<本日のお話>

■霜降の風水開運術

 

霜降は、「しもふり」では無く、「そうこう」と読みます。

1年が約365日で、これを二十四等分して季節として分けたのが、

二十四節気(にじゅうしせっき)です。

等分ですので、一節気が約15日となります。

二十四節気で日本でも一般的に知られているのが「立春」です。

立春の前日が節分で、豆まきや恵方巻で迎えます。

今年の「立春」は、2月4日でした。

そして、立春から数えて「雨水」「啓蟄」と季節が変わり次が、

「春分」になります。今年は3月21日でした。

その「春分」から数えて12節気目の役180日後で真反対が

「秋分」になり、今年は9月23日でした。

この「秋分」から「寒露」をはさみ、

今日が10月24日の「霜降」になりました。

「霜降」の約15日間が過ぎると、次に「立冬(りっとう)」になり

暦の上では冬が始まります。「立(りつ)」とは始めるという意味です。

春の始まりが立春、夏が立夏、秋が立秋、冬が立冬です。

 

今日からの「霜降」の時期は、方角の二十四方位の「戌」の方角とリンクし、

人体の経絡(気の流れ)の「手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)」に影響を及ぼします。

「霜降」のこの時期に、「戌」の方角の気が乱れると、「心包系」の気が乱れ、

『手掌の熱感、前腕の痙攣、腋下の腫れ、胸苦しい、動悸、顔面が赤くなり目は黄色になる、たえず笑いたがる。動悸、心部痛、手掌が熱する。』の症状が出ます。

もし心当たりがありましたら、屋内外の「戌」の方角を清浄に保って下さい。

 

「戌」の方角は、実際測定が必要ですが、大まかには、西よりの北西ですので

北西全体を清浄に保って頂ければ問題ありません。

 

季節にあわせて、360度家の内外を綺麗にしていくことが、

風水的には健康管理の秘訣ということになります。

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

陰宅風水コンサルタント in 東京 / 風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後6」

bousan.jpg

<本日の活動予定>

■風水リフォームコンサルタント1件、風水引っ越しコンサルタント1件

 

<今日のつぶやき>

■「天の配剤」という言葉があります。

大辞林では

「天は人それぞれに資質や能力,機会などをほどよく配するものであるということ。」

日本辞典では、

「偶然とは思われないほど、世の中や運命がよくできていること。」

と説明しています。

そもそも、「配剤」とは、薬を配合することです。

薬は、症状を抑制したり、病気を治す手助けをしてくれ、結果的に病気を治すためのもので、健康に導いてくれるものです。

天の配剤も人を結果的に幸福へ導いてくれるものと確信します。

「良薬口に苦し!」という言葉もあるように、

天の配剤も当初は苦く感じることが多く、

時が経って、良く効いたと実感できるものです。

思いがけないトラブル、縁切りにあった場合、「良薬口に苦し」として、

「天の配剤」を甘受していきたいものです。

 

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後6」

 

仏教を選択した場合、宗派を選んだら次は住職選びになります。

 

酷い住職と縁を持ち、本当に嫌な思いをして後悔しているクライアントも多くいます。

『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』という言葉が作られる位ですから、

お坊さんもピンからキリまであります。

 

仏教には、『五戒(ごかい)』という、

仏教信者として守るべき最低条件があります。

それが、

不殺生戒(ふせっしょうかい)=生き物を殺してはいけない。

不偸盗戒(ふちゅうとうかい)=他人のものを盗んではいけない。

不邪淫戒(ふじゃいんかい)=自分の妻(または夫)以外と交わってはいけない。

不妄語戒(ふもうごかい)=嘘をついてはいけない。

不飲酒戒(ふおんじゅかい)=酒を飲んではいけない。

 

仏教信者の戒めですから、僧侶はこの上をいって欲しいものです。

殆どの僧侶は、守れないので、釈迦の教えを捻じ曲げて解釈して、

宗派を作ってきた現実もあり、五戒を守らなくて良い言い訳を沢山あみだしてきてはいます。

 

立派な僧侶なら良い供養が出来るということでは無く、

良い人間関係を作れ後悔しなくてすむということです。

 

生臭坊主・盗人坊主・色坊主・嘘坊主・酒臭坊主は、

後悔することになります。

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

風水コンサルタント in 横浜 / 風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後5」

boti.jpg

<本日の活動予定>

■風水師養成講座2件、陰宅風水コンサルタント打合せ

 

<今日のつぶやき>

■昨日は、ご御縁を頂いている寒川のパン屋さんで、

「パン教室」があり参加させて頂ました。

平日の昼間でしたので、私以外はご近所の奥様方で

正に「黒一点!」でした。

パン職人の苦労と技術の素晴らしさを体験出来、

今後、パンを食べるときの姿勢が変わりそうです。

今度家で私主催のパン教室を家族とやろうと思います!

 

誰も参加しなかったらどうしよう・・・・

 

<本日のお話>

■風水師だからわかる「後悔しない葬儀とその後5」

 

お墓と供養の為に、宗教を選ぶというお話を前回させて頂きました。

宗教教を選んだ後、具体的にはどこに頼むのかということになります。

 

一番段取り良くいくのは、ご自宅の近くの埋葬場所を選び、

近くの宗教施設に頼む流れです。

お墓参り等、管理するさいに近いのが一番です。

お墓参りにいかない理由のダントツ一位は、『遠い』からです。

間違い無く近い方が管理はしやすいです。

 

埋葬場所の目星をつけ、周囲のお寺・神社・教会を探します。

お寺と教会は、宗派がありますので、宗派も決めて探されるのが宜しいです。

宗派によっても、各施設によっても対応が違いますので、慎重に選んでください。

当然、檀家・信者にならないといけに所もありますし、無いところもあります。

残念ですが、料金も違います。

献金やお布施、浄財は、良く『お気持ちで!』と言いますが、

全くの嘘で『隠れ料金表!!』がありますので、ご注意を。

新興宗教に関しては、更に料金確認は必須です。

 

この手順を踏まないで後悔した人を散々見てきました。

親・先祖の遺骨を人質にして大金を巻き上げられたり、

嫌がらせを受けたり、酷いケースはいくらでもあります。

具体的に今後お伝えします。

 

先ずは、どんな住職や宮司、神父・牧師がいらっしゃるかを、

次回お伝え致します。

 

後悔しないためには、納得の宗教施設選びが必須です!! つづく

 

㈱ベストフォーチュン 問い合わせhttp://www.kouhuku.com/contact/?id=1

1  2  3

PAGE TOP