ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水師の日常 > 講義案作成 in 横浜 / 中針二十四山星宿五行(人盤)構成
風水師 山田光復の鑑定日記

講義案作成 in 横浜 / 中針二十四山星宿五行(人盤)構成

keihyou.jpg

 

<本日の活動予定>

■講義案作成

 

<今日のつぶやき>

■本日、仕事始めです。

本年も宜しくお願いします。

 

<本日のお話>

■風水羅盤の使い方16  中針二十四山星宿五行(人盤)構成

 

磁北0度を『子』方位として、二十四方位に配合された層の

「正針二十四山正體五」通称;(地盤)に対して、

磁北0度から反時計回りに7.5度回した層が、

「中針二十四山星宿五行」通称;(人盤)です。

 

この人盤には、五行が配合されています。

「子」から時計回り順で、

「子・癸・丑・艮・寅・甲」が

「火・土・金・木・水・火」、

「卯・乙・辰・巽・巳・丙」が

「火・土・金・木・水・火」、

「午・丁・未・坤・申・庚」が

「火・土・金・木・水・火」、

「酉・辛・戌・乾・亥・壬」が

「火・土・金・木・水・火」、です。

坐向は、必ず同じ五行になります。

 

ところで、「北」の概念に違いがあることが理解出来ます。

地盤は、鑑定場所の磁北で問題ありませんが、

人盤の北の基準は、鑑定場所の南中時(太陽の高度が最も低くなる時間)の

影の方向になります。

当然、場所によって違いますので、実際には誤差が生じます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

PAGE TOP