2016年2月

風水リフォームセミナー in 板橋 / 易学講座6『伏義とは?』

hukuggi01.jpg

<本日の活動予定>

■風水師陽成講座・個別相談2件・命名相談

 

<今日のつぶやき>

昨日のセミナーでは、別のセミナーでお越し頂いた方が、

参加して下さいました。

同じテーマでのリピーターは、珍しいのですが、

大変嬉しく感謝でした。

お招き頂いた主催者・スタッフ、参加者の皆様ありがとうございました。

 

<本日のお話>

■易学講座6『伏義とは?』

 

伏義は、「ふっぎ」又は「ふくぎ」と呼びます。

先回もお伝えしたように、

「周髀算経」と「易経」の著者とされていますが、

伏義は、古代中国の神話上の神様であり、

姿は「蛇身人首」と称し、

今で言うとろの『人面蛇』です。

勿論、本当に存在していたわけではありません。

 

しかし、「周髀算経」と「易経」が

いい加減で出鱈目なものということではありません。

 

伏義は、あくまでも大宇宙万物を緻密に観測し、法則を導き出し、

書き残してきた方々の相称のことです。

正に叡智の結集の象徴的呼び名であるといえます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

風水セミナー in 湖西市 / 易学講座5『往来と陰陽の時空観』

hidokei00.jpg

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水リフォームセミナー

 

<重要・お知らせ!>

■メルマガの発信システムを変更させて頂ます。

大変、お手数ですが改めて登録をお願い致します。

メルマガ登録URL

https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=bestfortune

こちらをクリックして頂きご登録ください。

メールアドレスのみの登録も可能ですので、ご安心下さい。

2月29日までにお願いします。

3月1日から新しいシステムでの発信になります。

 

<今日のつぶやき>

昨日は、湖西市のリフォームセミナーと名古屋での打ち合わせと、

講演・相談・コンサルと移動も激しい一日となりましたが、

最後は、天からのご褒美とも言うべき、

『気の合う』御客様から夜の会食に招いて頂きました。

本場、中国人以上に日本人は、目に見えな『気』を大切にします。

気の合う方には、多くの説明は必要ないものです。

一を言えば、十を悟って貰えるし、

一を聴けば、十を悟ることが出来るものです。

しかし、逆の場合は大変で、

十を言っても、一も悟ってもらえず、

十を聴いても、一も悟れないこともあります。

 

昨晩の締めくくりは、気が合う前者で、

良き時間を過ごさせて頂感謝でした!

この場をおかりしてお礼申し上げます。

 

 

<本日のお話>

■易学講座5『往来と陰陽の時空観』

 

「往来」とは、

いわゆる「往く」とは、

ひとたび去ったら二度と戻らないわけでは無く、

暫く活気が無くなるだけであり、

「来る」というのも、

永久に存在するわけでなく、暫く活気づくだけです。

 

陰と陽の相互関係で、

静と動の変化が生まれ、万物が繁栄します。

 

陰があれば陽があり、陽があれば陰があります。

両者は互いに反発し合いながらも、依存し合っています。

 

循環は已まず、相互に機能し合いながら、

天地の法則を形成しています。

 

陰と陽は、悪と善ではありません。

往くときも来るときも、悪いことでありません、

全ては繁栄のプロセスでしか過ぎません!!

 

ビジネスの現場で、全てが成功の為のプロセスであると、

受け止めることが出来る経営者が成功します。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

風水コンサルタント in 浜松 / 易学講座4『周髀算経』

hukugi00.jpg

<本日の活動予定>

■風水リフォームセミナー・会食

 

<重要・お知らせ!>

■メルマガの発信システムを変更させて頂ます。

大変、お手数ですが改めて登録をお願い致します。

メルマガ登録URL

https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=bestfortune

こちらをクリックして頂きご登録ください。

メールアドレスのみの登録も可能ですので、ご安心下さい。

2月29日までにお願いします。

3月1日から新しいシステムでの発信になります。

 

 

<本日のお話>

■易学講座4『周髀算経』

 

周髀算経(しゅうひさんけい)は、

神話伝説上の帝王である三皇の一人である、伏義(ふっぎ)が考え、

周朝(BC11cからBC256年)を創始した武王の弟で儒家から聖人として

崇められている周公が殷朝(BC16cからBC11c)から引き継いだといわれています。

『髀』は、本来、股(もも)のことですが、ここでは圭表のことです。

 

周髀算経には、古人が圭表を駆使して大宇宙万物を研究し体系化された、

方位・四季・二十四節気・太陽年の長さ等、

非常に正確に記録されています。

いわば、当維の自然観測の叡智の結集といえます。

数千年にわたり、中国の伝統的な意識の中では、

大宇宙万物の法則が、思想的基盤になっていきました。

 

その為、周髀算経は、時空観を体現しているばかりか、

意識化された国家間も具備されています。

 

この法則が、実際にどの様に私達に働きかけているのか、

所謂、大宇宙万物の功用に基づいて統一し、

マクロ的に世界を把握する論理体系が『易』です。

 

易学は、功用を示すことが目的なため、兵法として、具体的な経済社会、

ビジネスの現場で活用できるのです。

 

※大辞泉こうよう【功用】役に立つこと。働き。ききめ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

易学講座3『圭表とは?』

gaitensetu00.jpg

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント現地調査・講演資料作成

 

<重要・お知らせ!>

■メルマガの発信システムを変更させて頂ます。

大変、お手数ですが改めて登録をお願い致します。

メルマガ登録URL

https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=bestfortune

こちらをクリックして頂きご登録ください。

メールアドレスのみの登録も可能ですので、ご安心下さい。

2月29日までにお願いします。

3月1日から新しいシステムでの発信になります。

 

 

<本日のお話>

■易学講座3『圭表とは?』

 

圭表(けいひょう)とは、日時計のことです。

圭とは、その日時計の柱のことで、

「易」という大宇宙の法則を見つけ出すための、

基本的な道具です。

この圭を使って導き出されたため、

「圭(けい)」で「卜(うら)」なうとして、

『卦(か)』という気の法則の基準が誕生しました。

八卦(はっか)の卦の字です。

 

圭表について最初に記された書物が、前漢時代の数学書『周髀算経』で、

古代宇宙論の蓋天説が理論的根拠とされています。

 

ここに、圭の長さを股(もも)と称し長さを8尺に定め、

圭の影の長さを句(こう)、圭の頂点から句の先の長さを弦(げん)と称し、

この時代にもはや、句と股の間の法則を発見し、

把握していたことを裏付けています。

 

易を導き出すプロセスが、極めて科学的であり数学的であることが理解できます。

 

ビジネスの現場で「当たるも八卦、あたざるも八卦」では話になりません。

易は、極めてロジカルです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

風水コンサルタント養成講座 from 大阪 / 易学講座2『易経とは?』

eki01.jpg

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件・風水コンサルタント現地調査

 

<今日のつぶやき>

■今日から三日間東海地方業務です。

静岡・焼津・浜松・磐田・湖西・名古屋市巡りです。

昨晩は、静岡入りしましたが、まだ寒いですね。

 

<本日のお話>

■易学講座2『易経とは?』

 

『経』は、天の理や人の道を解明した書物のことで、

神聖で権威のある書物のことです。

 

 

易経は、大宇宙万物の法則『易』をまとめた書物で、

中国『六経』(詩経・書経・礼経・楽経・易経・春秋)の

第一の書であり、多数の経典のうち最高のもので、

中国文明の世界観と方法論の基をなし、

伝統的な道徳、政治、文化の権威ともいえます。

 

日本で出版されている翻訳・解釈本の殆ど全ては、

周易という占いの本の様に記されていますが、

真の意義は、占い本ではありません。

 

『大なる易は占を言わず』

易は、決して占いの一種ではありませんし、

易経は、占い本ではありません。

 

ある意味、究極のビジネス書ともいえます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

易学講座1「易とは?」

eki00.jpg

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルタント養成講座面接3件

 

<今日のつぶやき>

■<本日のお話>のシリーズでの「風水総合羅盤講座」の理解を深める為に、

その基本である『易学』を先ず紹介させて頂ます。

長いシリーズになりますが、宜しくお付き合い下さい。

 

<本日のお話>

■易学講座1『易とは?』

 

易学の『易』という漢字は、

部首の冠の『日』と脚の『月』から成り立ちます。

『日』は陽を、『月』は陰で、

易学の陰陽思想を明示しています。

 

又、『易』には三つの意味が集約されています。

1.『変易』:宇宙万物(人間世界も含む)は、絶えず変化している。

2.『不易』:宇宙万物には恒常的法則、従うべき不変の法則がある。

3.『易簡』:宇宙万物の法則は、簡単で易しく、シンプルである。

 

故に、自然現象を探求すれば、従うべき法則が必ず見出すことが出来ます。

 

結論として、『易』とは宇宙万物を探求し見つけ出した、

恒常的・普遍的大宇宙の法則といえます。

 

最後に易学書『繋辞上伝』より

『一陰一陽、之を道と謂う』

陰になったり陽になったりして無限の変化を繰り返す働き、それを道という

 

ビジネスも宇宙万物です。

法則を見つけ出し、それに従えるかが成功の秘訣です!!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

命主風水派における社名・屋号・商品名

meisyuhuusuiha01.jpg

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ・出店コンサルタント

 

<今日のつぶやき>

■大自然を畏れる気持ちは常に持ちたいものです。

風水は、大自然を観察・研究して独自にその法則を解明してきた学問です。

ある意味、環境学ともいえます。

研究すればするほど、大自然は、人間の喜びのためにあることを実感します

必ず朝日が昇ってきます。本当にありがたいことです。

 

<本日のお話>

■命主風水派における社名・屋号・商品名

 

法人においては、設立年月日が誕生日になり立命数が決定されます。

個人事業においては、代表者の生年月日により同じく立命数が決定されます。

 

社名・屋号・商品名・芸名・雅号等でいかに立命数を取り入れるかが重要になります。

命主風水派では、姓名判断を『名相術(めいそうじゅつ)』と称し、

名前は、後天的気の一つと位置付け、普段使用する名前を重要視します。

又は、画数の出し方も実際に書く際の筆運びで数える「筆勢派」です。

 

例えば、株式会社ベストフォーチュンの設立年月日から立命数は『3』ですが、

登記名も名刺も最も使い露出が多いのも、そのまま、

株式会社ベストフォーチュンです。

命主風水派では、全ての画数を数えますので、

株=10・式=6・会=6・社=7

べ=3・ス=2・ト=2・フ=1・ォ=3・-=1・チ=3・ユ=2・ン=2

合計48⇒4+8=12⇒1+2=3 基礎数=『3』になり、立命数です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

二十四節気『雨水』の風水術

usui00.jpg

 

<本日の活動予定>

■風水ビル経営コンサルタント・個別相談

 

<今日のつぶやき>

■『地震予知は不可能!』と言い切る地震学者ロバート・ゲラー教授。

神様でも解らないとするTVCM。正にその通りです。

本日、2月22日22時に太平洋地方で震度8以上という予知がネット上で流れていた。

今日でなければ、1週間以内に・・・。

2月22日22時という数字の語呂合わせという詳細さから、

太平洋地域と1週間以内というザックリ感に違和感を持つのは私だけでしょうか??

勿論、起こらない予知も出来ません。

結論として、『何時でも何処でも備えは必要である!』ということです。

 

<本日のお話>

■二十四節気『雨水』の風水術

 

今日から約15日間が二十四節気の『雨水(うすい)』です。

この期間は、二十四方位の『寅(とら)』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の『手太陰肺経(てのたいいんはいけい)』

に影響を及ぼします。

 

この『雨水』の期間に、

『咳が出て喉がいがらっぽく、口が渇く、胸の下部に圧迫感を覚え痛む、胸の内側が痛み、掌中が熱くなる』等の症状が出た場合、

家の内外の『寅』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

 

~『寅』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度を中心に左右7.5度の合計15度が『子』の方角になります。

0度から時計回りに60度が真寅方位で左右7.5度の合計15度が『寅』の方角です。

八方位でいうと北東の東よりです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

収益物件を建てた直後に問題が頻発

bill01.jpg

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水顧問打ち合わせ・商談

 

<今日のつぶやき>

■天体の運行の現象化には、タイムラグがあります。

四季と五行の関係は、春が木、夏が火、秋が金、冬が水ですが、

現象化は、一季節遅れます。

春には、冬の水の影響で黒くなり、

夏には、春の木の影響で青くなり、

秋には、夏の火の影響で赤くなり、

冬には、秋の金の影響で白くなります。

毎朝、代々木公園でジョギングを楽しんでいますが、

今は春、土の色が黒々しています。

夏には青々し、秋には紅葉を楽しみ、冬は雪景色です。

 

<本日のお話>

■収益物件を建てた直後に問題が頻発

 

クライアントから伺う問題や課題を共有出来ればと思います。

当然、守秘義務がありますので、法人や個人、地域が解らない様にお伝えします。

 

経営者の父親が収益物件として、

一階が店舗、二階以上が賃貸住居物件を建てました。

クライアントの長女が、

一階の店舗でブティックを開業した直後に、

ブティック上の住人がお風呂の水を溢れさせ冠水、

その部屋の床工事が違法建築で冠水した水がブティックの商品を

全て水浸しにして売り物にならなくするという被害が出ました。

更に父親が脳梗塞で倒れてしまいました。

当然、そのビルの違法性と問題が露呈し、現在、稼働率は40%以下です。

 

何が問題であったか、

その原因を知りたくて相談に来られたクライアントの話です。

 

『たまたま』と言ってしまえばそれまでですが、

風水で調査すれば明確な理由があります。

このケースでは、建てた場所と時期に問題がありました。

日本でも『人柱が建つ!』という言葉をある位、

建物を建てるということは企業でも極めて重要です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

風水ビル経営コンサルタント in 目黒 / 2016年宅卦別風水術 乾宅

2016kenda.jpg

<本日の活動予定>

■不良不動産コンサルタント現地調査3件

 

<今日のつぶやき>

■開運商法に茨城県の寺が関与!

氷山の一角です。まだまだ頻発しそうですね。

 

<本日のお話>

■2016年宅卦別風水術 乾宅

 

2016年の年飛星は、二黒巨門です。

李氏陽宅挨星法で宅別のポイントを解説します。

 

乾宅:

門向(玄関又はエントランスの向き)が、南東の家又は事務所の場合

 

中央:極めて気が安定し、健康に良い場所で長時間の使用に最適です。

北:気が弱くなります。五行の『火』の配置で補充可能です。

北東:気が安定しますが、強くはありません。

東:気が安定しますが、強くはありません。

南東:気が安定しますが、強くはありません。

南:気が安定し良い状態になり、有効的に活用して下さい。

南西:水槽・水のオブジェの配置で財運UPします。

西:気が乱れます。五行の『火』の配置で安定します。

北西:気が乱れ、盗難の恐れがります。戸締り注意です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

1  2  3

PAGE TOP