ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水師の日常 > 二十四節気「夏至」の風水術
風水師 山田光復の鑑定日記

二十四節気「夏至」の風水術

<本日の心構え>

■雷地豫 四爻変

 

長い冬が明け、暖かい春が訪れます。

心は開かれ、喜びに満ち始めます。

熱意を忘れず、前に進むことが大事です。

油断大敵の時になります。

快い仲間が集まってきます。

誠意を持って、もてなすべき時です。

志を同じくするものを疑ってはいけません。

大事な協力者となり、成功への道を教えてくれます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■個別相談・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

 

 

 

<イベント・セミナー情報>

7月8日―9日 奇門遁甲&地理風水開運セミナーin鹿児島

8月20日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「夏至」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から約15日間が二十四節気の『夏至』です。

この期間は、二十四方位の『午』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の『心経(手太陽小腸経(てのたいようしょうちょうけい))』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は午の刻(午前11時~午後1時)です。

 

この『夏至』の期間に、

『両目が黄ばみ、脇の下と腕の内側が痛み、掌中が熱くなる』等の症状が出た場合、家の内外の『午』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、午の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『午』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

磁北の正反対が南で180度ですが、180度の左右7.5度合わせた15度が『午』の方角になります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kouhuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1007

コメントする

PAGE TOP