2016年8月

易学講座132「五天五気」/風水顧問打ち合わせin渋谷

kato10.jpg

 

<本日の心構え>

■山火賁 五爻変

 

美しき夕日が、山の向こうに消えようとしています。

心洗われるような、素晴らしいひと時を迎えています。

しかし、この時は長くは続かず、

やがて日は沈むため大きな事をすべきではありません。

今は質素倹約を徹底すべき時です。

批判される事もありますが、幸せへの近道になります。

自分を飾らぬこと。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件・風水コンサルタント養成講座レッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

台風によって大幅なスケジュールの変更がありましたが、

それ故の別の縁を頂戴しました。

突然のリスケにも大事な意味があることを実感致しました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座132「五天五気」

 

大地は太空の中間、人の下方に位置しており、

大気が押し上げているので落下しないでいると考えられいる。

そのうと、燥気が大地を乾燥させ、暑気が蒸発させ、湿気が湿潤にし、

寒気が凝固させ、火気が温暖にしている。

燥熱の気は上、風寒の気は下、湿気は中央にあり、

火気はその地の気の間を浮遊している。

 

有形の万物と無形の六気は上下相応じ、まるで樹木の幹と枝葉のように、

密接不可分に存在します。

 

こうして、干と支は運気説が「術足り気成り」うる道理を説明する手段になるが、

「数」とは自然の周期、状態にほかならず、『術』とは運命を占う技術と方法です。

この方法さえ掌握すれば、事物の法則が把握できる。

 

干支のうち、干は日を名付けるのに使い、10日を一旬にしたので、十干といい、

五行と配すれば極めて簡明であるので、「五行によって立つ」といった。

 

天干対化図

1甲6己の年は土運 2乙7庚の年は金運 3丙8辛の年は水運 

4丁9壬の年は木運

 

戊は陽干で、太極図の陰中の陽を象徴し、

己は陰干で、太極図の陽中の陰を象徴するので、

平面分布は「河図」に天干を配置した図になります。

 

運気説の天干配運法が反映するのは「五天五気」の運行法則であり、

その理も「河図」に由来します。

 

甲1と己6は中央におり、中央の5と10の土気を得るので、甲己は土に化し、

乙2と庚7は2+7=9で金に化し、

丙3と辛8は3+8=11、10を捨てて1を得て水に化し、

丁4と壬9は4+9=13、10を捨てて3を得て木に化し、

戊5と癸10は北におり、北方の1と6を得、加えて7で火に化す。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

易学講座131「五運六気」/ 風水オフィス鑑定 in 千代田区

gounrokki01.jpg

 

<本日の心構え>

■水天需 三爻変

 

空には雨雲が広がっています。

雨が降るのは時間の問題です。

心して待てば、それは恵の雨となるでしょう。

ゆとりを持ってことに臨みましょう。

大きな危険が迫ってきています。

下手に動けば損害を被ります。

待つべき時である事を忘れ、自ら災難を招かないように。

行動は慎み正しきものを信じるように。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・個別相談1件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

台風の被害が最小限に抑えられることを心よりお祈り致します。

自然を畏れる気持ちは、自然を愛することから生じてくると思います。

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座131「五運六気」

 

広大な宇宙には絶えず動いている大気が充満しており、

万物の源であるので「元気」と称し、

無限であるが一定の法則があります。

天地の陰陽の変化は、天には高くかかる現象として、

地には万物の形体として現れます。

天地が交われば、『木・火・土・金・水』の五行と、

『風・暑・火』の三陽、『燥・寒・湿』の三陰の六気が生じます。

 

四季が交代し、寒暑が往来し、六気が天から下り、

大地がその影響を受けて万物を化生させるが、

それらのあいだの法則を研究するとともに

気象医学に運用した理論が「五運六気」です。

 

運気節によれば、陰陽の変化は自然界の客観的法則であり、

あらゆる万物の綱領であり、

天では無形の六気、地では有形の五種の物資になります。

 

『寒・暑・燥・湿・風・火』の六気は、

天の陰陽で、『三陰三陽』が上から応し、

『木・火・土・金・水』の五運は、

地の陰陽で、『生・長・化・収・蔵』が下から応じます。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

易学講座130「干支法」/ 風水コンサルタントin横浜

rokuzyukannsi00.jpg

 

<本日の心構え>

■風地観 二爻変

 

大地の上に風が吹いています。

風は目では見れませんが、肌で感じることはできます。

目に見えるものではなく、感じられるものを大事にしましょう。

隙間から、覗き見しているような状況です。

視野が狭く、全体像が把握できていません。

事を起こすと、見込み違いになります。

全体像を確認しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水ビル経営コンサルタント現地調査・風水事務所レイアウトコンサル

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日の現地調査で、クライアントが大変運の良い経営者夫婦であることを確認させて頂いた。事務所の部屋番号が社長夫人の立命数で、ご自宅マンションの部屋番号が社長の立命数でした。運が良い方は、たまたま選んだものが良い物であることが良くあることです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座130「干支法」

 

「天干」は、天竿(圭表)、

「地支」は、竿枝(圭表の投影)を基準としています。

 

天に従って干を用いれば、5日が1候であり、

五陰五陽で天に十干があるのは、

甲から戊までが陽変、己から癸までが陰変で、五の変化であるためです。

 

地に従って支を用いれば、6日が1変であり、

六剛六柔で地に十二支があるのは、

子から巳までが陽変、午から亥までが陰変で、六の変化であるためです。

 

十干で日に応じて、十二支で月に応ずれば、

1年の月数は2×6、1か月の日数は6×5、

1年の気数は4×6、1気の候数は3×5であり、

総計は36甲(36×10天干)で天数の五で周り、

30子(30×12支)で地数の六で周します。

その総計は、1年・12月・24気・72候・360日・432辰・12万9600分になります。

 

五と六が合えば、六多五少で、少であれば動くのが速いので、

干支が表すのは天地間の物質の反応と、その韻律消長の一般法則であり、

天は地に作用し、地は天に作用します。

天の運気を体現する干支の甲子体系は時空の統一の産物であり、

『黄帝内経』における「天度」と「気数」に対する論述がこの点を説明しています。

「天度」とは、日・月・五星等の運行の法則、

「気数」とは、「天度」を量る時間の尺度になります。

 

古代の「天人合一」学説が自然や社会の研究領域に深く入り込んでいるので、

一切の周期的現象は干支体系に体現されています。

 

十干が6巡、十二支が5巡を繰り返せば、60甲子の1紀になります。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

易学講座129「卦気七十二候図」/風水コンサルタント養成from愛知

kaki72kouzu00.jpg

 

<本日の心構え>

■風天小畜 初爻変

 

厚い雲が空を覆い始めましたが、雨はまだ降っていません。

無理に進むよりも、降る雨に備えるべき時です。

実力を蓄えておきましょう。

前に進む事だけが正解ではありません。

引き返す事が悪いわけではありません。

一時の感情に流されず、平常心を取り戻しましょう。

落ち着いた行動が求められています。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水コンサルタント現地調査

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日より通常の首都圏業務に入っています。

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座129「卦気七十二候図」

 

物候の暦法は、古人が草木鳥獣にもとづいて時節を定めた記年方法です。

その基準なるものが、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)であり、

漢易において1年12月二十四節気に易の卦を配したものです。

 

復 ・臨 ・泰 ・大壮 ・夬 ・乾 ・姤 ・遯 ・否 ・観 ・剥 ・坤

冬至 大寒 雨水 春分    穀雨 小満 夏至 大暑 処暑 秋分 霜降 小雪

小寒 立春 啓蟄 清明    立夏 芒種 小暑 立秋    白露 寒露 立冬 大雪

子  丑  寅  卯       辰  巳  午     未       申  酉  戌  亥

12月 1月 2月 3月     4月 5月 6月 7月       8月 9月 10月 11月

 

1年のあいだに陰陽の気が消息する様子を爻を用いて表し、冬至に一陽生じ、陽気が徐々に盛んになって消滅していき、陽気が極まると夏至に一陰生じ、陰気が徐々に盛んになり陽気は消滅していく様を形象しています。

 

この十二消息卦の、各卦に六つの爻があり、各爻が1つの候を主り、

12卦×6爻=72候で1年『七十二候』が成立しました。

そして、各候が5日間であるため、72候×5日=360日で、1年『360日』としました。

更に、計算に便利なように、古人が多用したのが「干支法」です。

 

次回より干支法を解説致します。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

易学講座128「河図、万候の数」

bankounokazu00.jpg

 

<本日の心構え>

■火風鼎 五爻変

 

風が火を煽りその勢いを増し、鍋のものが煮立ちます。

鍋の脚は三本になり、初めて安定します。

三者の協力が、一人で出来ない事を可能にします。

協力者にも恵まれ、力を発揮できる舞台にも恵まれています。

何も迷うことはありません。

力を発揮し、事を成就させましょう。

幸運にも味方されています。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント養成講座レッスンfrom 愛知

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日で5日間の地方行脚を終え、今朝より首都圏業務に戻ります。

不思議と台風を避ける様に首都圏を離れた期間でした!

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座128「河図、万候の数」

 

天地の数は異なるが、その理が補い合うと共に、いずれも五から成立します。

 

「河図」は、

天数の25;「五」×5

地数の30;「五」×6

小衍の10;「五」×2

大衍の50;「五」×10

この為、五は「生数の祖」とされています。

 

配置からみると、「五」は、一・三・七・九との間にあるため、

「五」は天中にあり、生数の主とされます。

「六」は、二・四・八・十との間にあるため、

「六」は地中にあり、成数の主とされます。

 

「易経」と殆ど同じ時期に成立し、厳格な理論と雄大な構成を有し、

易学を全面的に応用した、中国最後の医学書の『黄帝内経(こうていだいけい)』には、

『天は六を以って節と為し、地は五を以って制と為す』と記されており、

「天は六を節目にして、地は五を決まりとしている」という意味です。

 

『六』と『五』は、『万候の数』として、

物候(生物の周期的な現象と気候との関係)の暦法に広く応用されています。

 

初春の桃の五弁は天が生み、厳冬の雪の六片は地が化す!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

易学講座127「五運六気の法則」

gounrokki00.jpg

 

<本日の心構え>

■火山旅 五爻変

 

旅には不安や問題もありますが、見聞を広め、知識を広げることができます。

その経験は人生の富となり、その信念は生きる上での自信となるでしょう。

旅費もかさみますが、それ以上に得られるものが多くなります。

成功といえる旅になるでしょう。

一時の損失ではなく、得られる物の本質を見極めること。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・報告書作成

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

明日、ご縁を頂戴している、広島県『世羅の大地』が「国産松茸販売センター」を

オープンさせます。

http://www.seranodaichi.com/matsutake-sera.html

宜しくお願いします!!

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座127「五運六気の法則」

 

五運六気は「河図」と「洛書」の理数を中医の天人相応理論に応用した典型で、

その原理とメカニズムについて解説します。

 

「河図」は、天に法り、その数は成数を生数に分かれ、

その位が十であるので、全数といい、生数が主で、成数を合わせ、

十以下の数を加えると『五十五』になり、『天数55』と称します。

「洛書」は、地を象り、その数は奇数と偶数に分かれ、

その位が九であるので、変といい、

九以下の数を加えると『四十五』になり、『地数45』と称します。

 

天地の数を加えると百、つまり天地(陰陽)の全数であるので、

古人の漏(水時計)の百刻を一昼夜にしました。

                                                                                                                  

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

高畑裕太氏を分析する

takahatayuuta00.jpg

<本日の心構え>

■沢風大過 三爻変

暴風雨に見舞われ、家が傾いています。

重すぎる荷物を抱える非常時です。

沈着冷静な判断を心がけましょう。

不屈の精神が肝心です。

冷静に対応すること。

どうにもできない大きな問題を抱えています。

協力を得ることもできず、道が塞がれます。

望みごとは叶いません。

日頃の行いを見直す時になります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■早朝釣り・風水出店コンサルタント現地調査

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日、御縁を頂戴している

原宿・表参道で大人気の「ニコラハウス」の新店舗、

ららぽーと磐田のプレオープン日です!!

偶然にも明日まで磐田市に滞在中ですので、合間で伺いたいと思います。

※ニコラハウスの公式ホームページ

http://www.nicolasusagi.com/

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■高畑裕太氏を分析する

年柱:癸酉

月柱:辛酉

日柱:丁酉

時柱:不明

 

日干・月干:丁辛 火焼珠玉

宿命;大切なものを火にくべてしまう。人生の処世術を間違ってしまうことがある。

能力;激しい位に情熱を持って、何事にも首を突っ込み干渉する能力。少々破壊的な面がある位、その干渉・統率のやり方は激しい。

外見;目が大きく、胸が小さい。

月干・年干:辛癸 仮の濁洗珠玉

宿命;悲劇のヒーロー・ヒロインタイプ。自らの力で宝石を磨く努力が必須。

 

2016年干支:丙申 

劫財;女性に対する支配欲が高まる

沐浴;異性間注意

 

所感;本人の性格や能力以上に我がままが通用してしまう背景を持っている為、

魔が差しやすい。

 

母親の高畑さんを心配する声が大きいが、被害者又はこの事件で迷惑をかけてしまった方に対する心配りが最優先である。 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

二十四節気「処暑」の風水術/ 風水顧問打ち合わせin磐田

syosyo.jpg

 

<本日の心構え>

■天風{女后} 三爻変

穏やかな天の元、自由気ままな風が吹く。

偶然が重なり、予期せぬことが起こるとき。

男性は女難。

女性は仕事の好機。

運命を感じる出会いが訪れますが、間が悪く動けません。

しかし、それは思い違いです。

間が悪い事が今は幸いします。

危険に手を出すことなく、冷静な判断をすべき時になるでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件・出店コンサルタント現地調査

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太氏の逮捕のニュースは、

娘達にとっても衝撃的だったようです!

高1長女が神妙な面持ちで

「パパ~知っている~?!」

そのトーンでピンときたので

「高橋でしょ」と返すと

「う~ん・・」と娘!

人気俳優タレント等の事件・事故は本当に影響が大きいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「処暑」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

昨日から約15日間が二十四節気の『処暑』です。

この期間は、二十四方位の『申』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『足太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は申の刻(午後3時~午後5時)です。

 

膀胱を守るためのおすすめ食養は、

ビタミンAとC ・ハトムギ・きゅうり・スイカ・ネギ・冬瓜・ニラなど

の緑の野菜です。

 

この『処暑』の期間に、

『頭痛、眼球、腰の辺りの背骨が折れる様に痛む、首筋の辺りが引っ張られる様に痛む、背骨と尾骶骨の接点が曲げられない、肛門の辺が痛み、時には避ける、胸部の中心が締め付けられる』

等の症状が出た場合、家の内外の『申』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、申の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『申』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

磁北の正反対が南で180度ですが、180度から時計廻りに60度移動した240度の左右7.5度合わせた15度が『申』の方角になります。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

奇門遁甲活用術実例/ 風水マンション鑑定in大阪

kimon001.jpg

<本日の心構え>

■地雷復 二爻変

                                     

長く寒かった冬が去り、暖かな春を迎えようとしています。

辛く苦しい時期が終わりを告げ、明るく実りある時期が始まりを迎えます。

活気に満ち始めてくる時です。

道を誤り易い時でもありますが、初心を忘れなければ問題ありません。

長い冬に蓄えた力を発揮するときです。

正しき道を進みましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■個別相談1件・風水顧問打ち合わせ2件in静岡

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、不思議な一日となりました。

日本では、全面的に風水で建築したビルとして公表することは無いが、

密かに取り入れて建築しているビルが少しづつですが増えてきています。

昨日、鑑定した大阪の高層マンションもおそらく、この部類と判断出来ました。

もし、そうで無いとしたらよほど運の宜しい施工主か建築設計事務所かと思います。

不自然な駐輪スペースと動線は、明らかにビルの向坐(ビル自体の向き)を調整しています。風水建築で最もタブーとされるのは、ビルの向坐が不明確なビルです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■奇門遁甲活用術実例

 

業務の特質上、新幹線や飛行機での移動が多くあります。

その為、選べる余裕がある場合は、奇門遁甲の時盤を活用して出発便を選びます。

昨日は、14時半に大阪某所で現地調査の依頼がありました。

大阪以西への出張は、殆ど空路ですが昨日は、台風の接近があり断念し、

品川駅発・新大阪駅着の陸路で移動することとしました。

 

鑑定すると西への移動は、辰の刻(午前7時から9時)発しか無く、

新大阪駅着11時30分着でリザーブ致しました。

現地調査まで3時間も余裕があり、時間を有効活用しようと新幹線内で調べていると、

新大阪から現場までの間に、極最近、fbで縁を頂戴した経営者の店舗があることが解り、

突然ではありましたが、訪問させて頂ました。

 

本来、いらっしゃる予定では無かったようですが、お知り合いのお嬢様が熱を出され予定が変更され、偶然店舗にいらっしゃりお会いすることが出来ました。突然の訪問にも関わらず、手厚い接待を頂14時半ギリギリまで有意義な時間を過ごさせて頂ました。

交流の中でも貴重な情報を得ることが出来たり、私のクライアントの某会社と縁があることも知り、御縁を感じました。

 

専門的にはなりますが、昨日活用した時盤が、

[天盤]<丁奇>

智恵を求めるのに有利。

試験・研究・公益活動に用いられます。

[地盤]<乙奇>

安定を求めるのに有利。

婚姻・和合・交情等に用いられます。

[天地盤]<丁乙>

貴人は身分が上がり、常人は婚姻や財の喜び事を得ます。

[格局]<丁奇昇殿>

でした。奇門遁甲恐るべき!!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

易学講座126「64卦分析;未済」/ 風水顧問打ち合わせfrom長野

bisei01.jpg

 

<本日の心構え>

■山火賁 初爻変

 

美しき夕日が、山の向こうに消えようとしています。

心洗われるような、素晴らしいひと時を迎えています。

しかし、この時は長くは続かず、やがて日は沈むため大きな事をすべきではありません。

表面的なものに惑わされず、その本質、足元を良く見直してみましょう。

大事なものがそこにあるはずです。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水マンション鑑定in大阪

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日から、地方行脚の初日で大阪に向かいます。

台風による交通期間のトラブルが心配ですので、

出来るだけ早く自宅から直行で現地に入ります!

 

 

<イベント・セミナー情報>

9月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

10月8日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

11月12日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

12月10日10時 内閣府認定NPO;JFTA定例勉強会in渋谷

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座126「64卦分析;未済」

 

第六十四卦

卦名:『未済』 構成:上卦「離」・下卦「水」

和名:火水未済(かすいびせい)

卦辞:「未済。亨。小狐{シ乞}済。濡其尾。无攸利。」

未済(びせい)は、亨(とお)る。

小狐{シ乞}(しょうこほと)んど済(わた)らんとして、その尾(お)を濡(ぬ)らす。

利(よ)ろしきところなし。

 

Keyword:未完成

 

自然事象:

上卦の「離」が火、下卦の「坎」が水で、

火が上に向かって燃えていくのに、

水は下に向かって流れていく形象です。

 

解説:

道に背いているので未完成を象徴します。

 

君子はこの精神を見習って事物の本質を把握し、

それぞれの本分を尽くさせるべきです。

しかし、火と水の方向がその属性に背かないので、やはり順調です。

 

『未済(びせい)は、亨(とお)る。』

上卦の離の六五は、中庸を厳守するので順調を示します。

 

『小狐{シ乞}(しょうこほと)んど済(わた)らんとして、その尾(お)を濡(ぬ)らす。』

しかし、下卦の九二は困っている小狐を象る。

というのは、坎は水、険で、河を渡る小狐の頭が対岸に着いているけれども、

尾は依然として水中にあるので、危険を脱していないからである。

 

『利(よ)ろしきところなし。』

爻の位置は、みな正を得ておらず、未完成を意味します。

そのため、吉凶がまだ定まらず、未来に希望があることを示します。

 

次卦への連動:

六十四卦はこれで終わるけれども、

宇宙の気象は多様で、永遠に変化がやまず、終結はせず繰り返します。

 

                                                                                                                  

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

1  2  3  4

PAGE TOP