2016年11月

東洋思想に学ぶ経営学5「大学;慮る」/風水顧問打ち合わせin長野

daigaku01.png

 

<本日の心構え>

▼天風{女后} 初爻変

 

穏やかな天の元、自由気ままな風が吹く。

偶然が重なり、予期せぬことが起こるとき。

男性は女難。

女性は仕事の好機。

今のうちに適切な処置対応が望まれます。

事を後回しにすれば、禍となり身に降りかかります。

物事は最初が肝心です。

方針はあやふやにせず、はっきりと分かりやすいものにしましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・個別相談1件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、あっという間に一日が過ぎ去りました!

年齢と共に人生のスピードは上がるそうです。

例えば1歳の時は時速1km、10歳は10km、

今私は時速48kmで人生を走っています!!

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学5「大学;慮る」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。民に親しむに在り。至善に止まるに在り。』

の続きです。

 

『止まるを知りて后(のち)定まる有り。定まりて后能く静かなり。

 静かにして后能く安し。安くして后能く慮る。慮りて后能く得。』

 

「止まることを知った後、心が定まり、心が定まれば、静かになり、

静かな後、安らかとなり、安らかになった後慮り、慮りて後に、徳を得ることがでる。」

 

心が定まるとは、心が安定すること。

静かとは、右往左往しないこと。

安らかとは、安定感を得ること。

慮りとは、思慮深くなること。

 

まとめますと、

『周囲に良い影響を与えることを維持出来てくると、

心が安定し、何があっても右往左往せず、安定感を得て、

思慮深くなり、徳を得ることが出来ます。』

 

経営者として、社員から何を得るかを考えていては、

心が不安定になり、突然の状況変化にも対応出来無くなってしまいます。

常に周囲に良い影響を与える努力をすることで、徳を積むことが出来るのです。

 

                            

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学4「大学;至善」

ng00.jpg

 

<本日の心構え>

▼天雷无妄 四爻変

 

これまで晴れていた空が暗くなり、

遠方から雷鳴が聞こえます。

時の流れと共に、状況は刻々と移り変わります。

流れに逆らわず、身を委ねること。

道を間違えやすい時でもあります。

間違った道に流されないように、正しき流れに乗りましょう。

不要なことには干渉せず、誘惑には負けないようにすること。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサル養成レッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

ある方の通夜に参席させて頂きました。

「死に様が生き様、生き様が死に様。」

このことを考えさせられた時間でした。

僧侶が「天国」という言葉を使われたことにも少々違和感を持ちましたが、

人間味のある説法が素晴らしかったです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学4「大学;至善」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。民に親しむに在り。

至善に止まるに在り。』

 

大いなる学びは、

第一に、徳とは何かを明らかにし習得する、

第二に、誰に対しても親しめる様になる、

でした。

 

次が「至善に止まるに在り。」です。

 

通常は自分の価値観を判断基準にして、

自分の都合いいことを善、都合の悪いことを悪と見なすものです。

これは相対的な価値観からくる、善悪判断であり、定義です。

 

これに対して「至善」とは、相対的な価値観という対立する二つの世界を超えた、

道理(宇宙万物、天地のルール)を基準とした善悪判断における善です。

 

止まるとは、その状態を維持、継続することです。

自分の好き嫌いでは無く、道理に従った義なる行いを継続することです。

 

大学の教えは、

『徳とは何かを明らかにして、親しみある人間関係を構築しながら、

 自分の感情に左右されない道理や義にかなった行動を心がけること』

を学ぶことです。

如何に良い影響を周囲に与える様になれるかが重要なことです。

 

これが、リーダーの資質でもあります。

 

                        

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学3「大学;親しむ」/ 風水鑑定in東京

sitasimi00.jpg

 

<本日の心構え>

▼山地剥 上爻変

 

大きな山が、その麓から崩れ始めています。

大きな危険が、すぐそこに迫ってきています。

衰運の極みにあります。

注意を怠らないようにしましょう。

災難は去りますが、その後の対処が重要になります。

つまらない考えは捨て、再起を図るときです。

事を軽んじると全てを失います。

準備を進めることです。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■個別相談2件・懇親会

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

告知!「風水経営者セミナー」

12月3日(土曜日)午後3時~6時

受付;2時半~3時 講演;3時~5時 交流;5時~6時

場所;東京都渋谷区代々木2-30-42階Fy-valley-coworking space

参加費;2000円(当日現地にて)

ドリンクは各自持参

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学3「大学;親しむ」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。

民に親しむに在り。』

 

大いなる学びは、

第一に徳とは何かを明らかにし習得することでした。

 

次が「民に親しむに在り。」です。

大学は、為政者やリーダーに対する教育本です。

正に経営者に対する指南書といえます。

 

『民に親しむ』とうことは、

民=民衆⇒『誰に対しても』ということになり、

『親しむ』は、対等な同じ目線の関係性となります。

 

経営において、最も大切なものは人間関係の構築です。

その為には、上から目線、横柄、傲慢な態度は禁物です。

社内において社外においても、

誰に対しても親しめる様にならなければならないと、

大学は教えてくれているようです。

 

本当にTOPに立てる人とそうでな無い人の違いもここにあります。

お会いした優秀な経営者の方々は、間違い無く親しみのある方々です。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学2「大学」 / 風水コンサル養成from愛知

nino00.jpg

 

<本日の心構え>

▼水沢節 四爻変

 

器に水を注ぐにも、その限界があります。

人の身体や器量にも限りがあります。

程よく節度を守りましょう。

分相応くらいが丁度良いときになります。

状況を冷静に観察し、必要なことをしましょう。

節度を守り度を越さないこと。

堅実で慎重に、足元から固めること。

その人柄が認められ、好機が訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水顧問現地調査

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、風水コンサルタント養成講座のレッスンが一人終了しました。

レッスン後、渋谷事務所から代々木公園経由で、原宿までお見送りする途中、

公園通りと代々木公園のイルミネーションが点灯!!辺りから歓声があがりました。

愛知から通い続けてくれた門下生を祝福してくれている様で、感動感謝でした。

門下生も喜んでくれて何より、通常ですと渋谷駅からですが、

愛しの代々木公園を意識した御蔭様でした。

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学2「大学」

 

「大学(だいがく)」とは、

 

紀元前430年頃に書かれたもので、もともと『礼記』のうちの一篇で、

漢の武帝が儒教を国教と定めて大学を設置した際、その教育理念を示したものとされ、

要するに君子の学習方法を論じたものです。

 

内容は『修身・斉家・治国・平天下』の段階的に発展する政治思想の要諦を述べ、

身近な自分の事柄から遠大な国家の理想まで、長い思想の射程を持っています。

 

原文は、『1753文字』であり、非常に簡潔にまとめられています。

 

特に日本で「大学」を有名にしたのは、

小学校の銅像でお馴染みの「二宮金次郎」こと『二宮尊徳』です。

あの薪木を担いる姿、読んでいた本が、「大学」といわれています。

この「大学」の思想をベースに、経世済民を目指して報徳思想を唱え、

報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導しました。

 

大学・冒頭 

第一段 第一節

 

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。』

 

大学の道とは、大いなる学びのことで、

人間にとって最も学ぶべきこと、という意味です。

 

人間にとって最も学ぶべきこととは、

『明徳を明らかにするに在り。』

 

最も重要な学びが『徳』とは何かを明らかにすることです。

 

中国戦国時代にあって、為政者は「徳」を失えば地位を失い、

「徳」があるものが為政者になれると云われるほどです。

 

経営者にとっても『徳』を学ぶということが最も重要でありそうです。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学1「四書五経」/ 風水出店コンサルin表参道

kousibyou00.jpg

 

<本日の心構え>

▼風天小畜 三爻変

 

厚い雲が空を覆い始めましたが、雨はまだ降っていません。

無理に進むよりも、降る雨に備えるべき時です。

実力を蓄えておきましょう。

前に進もうとしても、進める状況ではありません。

強引さが大事なものを失うことに繋がります。

目前の状況を見直し、落ち着いた対応をしましょう。

冷静さが肝心です。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント養成講座レッスンfrom愛知

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、現地調査と顧問先との打ち合わせが続き、外廻りの一日となりました。

お世話になっている全てのクライアントとの出会いが偶然では無いことを感じる日々です。

出会った頃には、繋がりようが無い御縁が、数年経ち他のクライアントと縁を持つようになりながら、結局、同じプロジェクトに加わる様になってきます。

『あの方との縁が無かったら、この方と出会うことが無い!』

そんな経験の毎日は、新しい方との出会いが嬉しく楽しく幸せです。

今日も又、どんな方と出会えるか、楽しみです!

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学1「四書五経」

 

一昨晩の「ゆるピタ(東洋思想の番組)」にお招き頂き、血が騒いでしまい、

久し振りに東洋思想全般の記事を書きたくなってしまいました。

 

日本では古くから東洋思想をベースにした経営学は、決して珍しいものではありませんが、近年、西洋思想家や西洋の経営者達も東洋思想を学び、経営に役立てようとされています。

東洋思想をベースとして欧米で体系化されたものが東洋へ逆輸入されているものもある位です。日本の良さを知っているのが外国人観光客であったりします。

西洋から見て、この魅力ある東洋思想を改めて勉強し、良さを知り、経営に活かしていければと思います。

 

改めて「東洋思想に学ぶ経営学」と題して学びながらお伝え出来ればと思います。

 

そこで、東洋思想の中で、中国古代哲学である「儒教」から初めさせて頂き、

基本である「四書五経(ししょごきょう)」を説明させて頂ます。

 

四書五経とは儒教の教典で重要な9種の書物のことで、

 

四書は、「大学」「中庸」「論語」「孟子」、

五経は、「詩経」「書経」「礼記」「易 経」「春秋」です。

 

もともと孔子の時代には、「詩経」「書経」「易経」が明確に整理されていただけでしたが、

その後、漢代までの間に礼に関する『小戴礼』を、楽に『詩経』をあてて、

儒家の基礎経典としての五経が尊重されるようになりました。

また、宋代に朱子学が興って、儒教を体系的に学ぶために儒家の経典をまとめ、

「論語」を中心として「礼記」から「大学」と「中庸」を独立させ、

儒家思想について多く書かれた「孟子」を加えて四書としました。

 

この中から、先ずは「大学」から初めていきたいと思います。つづく

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

天命論

mousi00.jpg

 

<本日の心構え>

▼風山漸 五爻変

 

樹木が根から幹、幹から枝と成長するように、

物事の成長には順番があります。

少しずつ穏やかに進むべきときです。

道は次第に開かれてくるでしょう。

順調に事は運んでいます。

目的地に着くまではまだ時間も掛かりますが、

道を間違えているわけではありません。

望む結果は、時間と共に訪れるでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水出店コンサル現地調査・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、私の大切なクライアント経営者のお母様が他界されました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

大切な人との別れは、より大切な人との出会いの前兆です。

人生の良き転換点として受け入れて頂ければと祈るばかりです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■  天命論

 

『孟子』の『盡心章句』冒頭の文章。

 

「孟子曰く、其の心を盡す者は、其の性を知るなり」

 

孟子が言いたい「心を尽くす」ことの本義は何か?

 

その次の、「其の性を知れば、則ち天を知る」とあります。

つまり、天の心になることが、「心を尽くす」ことだと説いています。

 

ところで、「天」とは何でしょうか?

儒教は、東洋哲学であり、宗教ではありません。

その為、神様や霊界は説いていませんが、「天」という概念があります。

「天」は、明らかに宇宙万物の創造主を指しています。

 

しかし、天は、形がなく言葉を持ちません。

ですから、どうやってこの世をよくしようか、さらにどうやって人を教育しようかと天は考え、その「天」が、自分の代わりになる存在を設けて、その存在にやってもらうしかないわけです。そこで天が考えたのが人間です。

 

これが儒家の思想の根本をなす「天命論」なのです。

一人一人人間には、天から与えられた使命があるということです。

その使命が『徳』を積むことなのです。

 

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

陽明学実践『善悪は陰陽では無い』

izanami.jpg

 

<本日の心構え>

▼火水未済 上爻変

 

時の運に恵まれず、前に進むことができません。

来るべきときに備え、自分を磨き、努力と忍耐を続けましょう。

全てはここから始まります。

既に事を成し、勝利の美酒に酔いしれています。

至福の時でもありますが、飲み過ぎには要注意です。

気が緩みやすい時ですが、先のことを考え、程々にしましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水出店コンサル現地調査・ゆるピタ出演

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

急に寒くなり風邪を引いている方が増えている様子です。

事務所では、ワカメスープにチュウブ入りの生姜で、

「ワカメ生姜スープ」で風邪対策をしています!!

手軽で何より、おススメです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

本日11月24日 19時 ゆるピタ出演

 詳細:http://www.i-sophia.jp/

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■陽明学実践『善悪は陰陽では無い』

 

良く勘違いされることに、『善悪=陽陰』があります。

 

そもそも、陰陽論には5つの特徴がります。

 

1.陰陽互根

陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つ考え方。

2.陰陽制約

提携律とも言い、陰陽が互いにバランスをとるよう作用する。陰虚すれば陽虚し、陽虚すれば陰虚する。陰実すれば陽実し、陽実すれば陰実する。

3.陰陽消長

拮抗律とも言い、リズム変化である。陰陽の量的な変化である。陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実する。陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する。

4.陰陽転化

循環律とも言い、陰陽の質的な変化である。陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる。

5.陰陽可分

交錯律とも言い、陰陽それぞれの中に様々な段階の陰陽がある。陰中の陽、陰中の陰、陽中の陰、陽中の陽。

 

この陰陽の部分に悪善に置き換えてみれば、その違和感に気が付くかと思います。

本来宇宙の生成過程を主る陰陽思想には、善悪の概念がありません。

宇宙が生成された後に悪という概念が生じています。

 

このことを裏付けるものとして、世界の神話があります。

聖書・ギリシャ神話・古事記等、日本人にも多少馴染みがあるものでも、

必ず人類初期段階で何らかの失敗を犯し、悪が広まったと記されています。

聖書は、禁断の実を食べ、ギリシャ神話は、パンドラの箱を開け、

古事記は、プロポーズの順番を間違えています。

 

世界中の神話は、人類の失敗談がお決まりです。

 

『悪があるから善がある!!』という発想は無く、あまりにも危険な考え方です。

悪そのものを肯定してしまいます。

やはり悪は撲滅させる方向で間違いが無いようです。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

「経営者の条件は運の強さ」by松下幸之助

matusita00.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢水困 上爻変

 

水が枯れ、池が枯渇しようとしています。

心身共に、非常に困難な状態に陥ります。

辛抱強く耐え、機を待つことが必要となるでしょう。

動けば動くほど、辛く苦しい状況になります。

自分から将来を絶たぬよう、注意すること。

八方塞の厳しい状況です。

根本的に求めるものを見直し、進む道を改めること。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件・風水戸建鑑定in目黒

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

顧問先の打ち合わせで、幹部の特性等分析をさせて頂ました。

特に精神からみたタブーをベースにした接し方は重要で、

それだけでも、業績は大きく変化します。

部下を愛し育てる第一歩は、知ることから始まります。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月24日 19時 ゆるピタ出演

 詳細:http://www.i-sophia.jp/

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「経営者の条件は運の強さ」by松下幸之助

 

 ある方が松下幸之助さんに、

「リーダーの条件、経営者の条件とはどういうものでしょうか」伺うと、

「それは、運が強いことです」と答えた。

更に「運を強くするには、どうしたらよろしいのでしょうか」と聞くと、

「それは、徳を積むことです」と答えられ、更に解説された、

「Aさんに徳を尽くしたからといって、Aさんから返ってくることは滅多にない。

全く違うところから返ってくるものだ」

 

それでは、『徳』とは何でしょうか?

東洋思想では、明確に定義付けています。

それが、『自己の最善を他者に尽くしきる』ことです。

 

自分の今できる最善を、相手の人に尽くしきることです。

相手に尽くすことで、相手から感謝され、「感謝の人間関係」が成立します。

人生とは、「感謝の人間関係」を積むことであると、中国古典や東洋思想は説いています。

 

この『徳(とく)』は、一昔前の日本では『徳(いきおい)』と称していました。

運の強い経営者や企業は、単なる「勢い」では無く、

「徳(とく)」に裏付けされた「徳(いきおい)」を持って発展しています。

「徳(とく)」に裏付けされていない「勢い(いきおい)」を持って発展した場合、

あっという間に下降してしまいます。

 

今日を御縁を頂戴するクライアントに『自己の最善を尽くしきって』

感謝して頂き徳を積み運を強め、徳(いきおい)を持ちたいものです。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

二十四節気「小雪」の風水術 / 風水コンサル養成講座in渋谷

syousetu00.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢地萃 上爻変

 

多くの人が集まり、場は賑やかなものになります。

人が集まれば争い事も起きますが、必ずしも悪いものではありません。

正しき道を進めば、ライバルに打ち勝つでしょう。

周囲に人がいても、共感できずに孤独を感じます。

一時の喜びに溺れず、大事なものを見直すこと。

これまでの過程を省みるように。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■個別相談2件・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

地震・津波の被害が出ないことを御祈り致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月24日 19時 ゆるピタ出演

 詳細:http://www.i-sophia.jp/

12月3日 15時 経営者セミナーin新宿

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「小雪」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から約15日間が二十四節気の『小雪』です。

この期間は、二十四方位の『亥』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『三焦の経絡 手少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は亥の刻(午後9時~11時)です。

 

三焦の経絡を守るためのおすすめ食養

海藻類に含まれるヨード

 

この『小雪』の期間に、

『耳鳴り、難聴、喉の腫れ、頬や耳の裏・肩・腕・肘が痛む、薬指がよく動かない異常』

等の症状が出た場合、家の内外の『亥』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、亥の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『亥』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り30度の330度の左右7.5度合わせた15度が『亥』の方角になります。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

情と愛は別物!/ 出店コンサルin新宿

kazoku00.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼地雷復 四爻変

 

長く寒かった冬が去り、暖かな春を迎えようとしています。

辛く苦しい時期が終わりを告げ、

明るく実りある時期が始まりを迎えます。

活気に満ち始めてくる時です。

しかし、進む道には問題があります。

それは人間関係に起因します。

一度目的地を見直し、進むべき道に戻りましょう。

退くことも大事です。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサル養成講義2件・起業コンサル相談1件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

2年振りにお会いした経営者と交流をさせて頂、近況等をお聞きすると、

自分と同じことを感じられていることに吃驚しました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月24日 19時 ゆるピタ出演

 詳細:http://www.i-sophia.jp/

12月10・11日 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■情と愛は別物!

 

『情』とは、

デジタル大辞泉の解説より

https://kotobank.jp/dictionary/daijisen/

1 物に感じて動く心の働き。感情。「憂国の情」「好悪の情」「知情意」

2 他人に対する思いやりの気持ち。なさけ。人情。「情の深い人」「情にもろい」

3 まごころ。誠意。

4 意地。

5 男女間の愛情。また、情欲。「夫婦の情」「情を交わす」

6 事情。いきさつ。「情を明かす」

7 おもむき。味わい。趣味。

 

以上のことからも、情は目に見えないもので、形が無いものであることを

確認することが出来ます。

『愛』は、具体的な行動であり、目に見えるもので、形が有るものです。

 

子供に愛情が無い親はいません、しかし、愛せない親はいます。

実は、愛するということはスキルなのです。

愛し方は、学ぶことが出来ます。本来は親から学びますが、親自体も子供の愛し方を知らない親もいます。その時は、他人から学べば良いのです。

小説でも映画でもドラマでも構いません。

尊敬する夫婦が近くにいた場合、

遠慮なく教えてもらえば良いのです。

 

ただ、愛し方が解らないだけなのです。

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

1  2  3

PAGE TOP