2016年12月

東洋思想に学ぶ経営学30「大学;立ち振る舞い」

bunpai00.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷地豫 二爻変

 

長い冬が明け、暖かい春が訪れます。

心は開かれ、喜びに満ち始めます。

熱意を忘れず、前に進むことが大事です。

油断大敵の時になります。

悪い誘惑が多く注意が必要です。

自分のすべき事を確認し努力を重ねましょう。

誘惑に負けず守りの姿勢であるべきです。

今を耐えれば失われる物も少ないでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■報告書作成

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

大晦日です。

2016年、ありがとうございました。

御蔭様で充実の一年なりました。

来年も宜しくお願い致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月9日 開運合宿to 箱根

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学30「大学;立ち振る舞い」

 

第十章

 

「白文」

徳者本也。財者末也。外本内末、争民施奪。

是故財聚則民散、財散則民聚。

是故言悖而出者、亦悖而入。

貨悖而入者、亦悖而出。

 

「書き下し文」

徳は本なり。財は末なり。本を外に末を内にすれば、民を争わせ奪うを施す。

この故に財聚まれば則ち民散じ、財散ずれば則ち民聚まる。

この故に言(こと)悖って(もとって)出ずる者は、亦悖って入る。

貨(か)悖って入る者は、亦悖って出ず。

 

「解説」

徳が大本であり、財はその結果の末節です。

徳を軽んじて、財力を重視すれば、民を争い奪い合いをさせる悲劇となります。

そのため、重税を取り立てて君子に財が集まれば民は離散してしまい、

税を軽くして君子の財が少なければ民はそこに集まるようになります。

そのため、理に反するような発言をすれば、人民も同じように理に反することを言い始め、

理に反する方法で財を得た者は、また理に反する出来事によってその財が出て行ってしまいます。

 

社員に対する利益の分配と、経営者の立ち振る舞いの難しさを示しています。

国政であれば、納税少なく福祉充実を国民は願います。

経営となると、経営者があまりにも貧しいと社員の出世欲が無くなり、

経営者が贅沢の限りを尽くせば、良い人材が集まらなくなります。

そこで、最も要求されるなが経営者の人格です。

陰ながら『徳』を積み、発言を慎む姿勢が重要になってきます。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学28「大学;徳あれば財あり」/ 風水戸建て鑑定in横浜

toku01.jpg

 

<本日の心構え>

▼火山旅 初爻変

 

旅には不安や問題もありますが、見聞を広め、知識を広げることができます。

その経験は人生の富となり、その信念は生きる上での自信となるでしょう。

旅先で打算的になり、楽しみの本質を忘れてしまいます。

旅行に行く意味がありません。

小さな利益のため、大事なものを失います。

目的を見直すように。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水マンション鑑定in渋谷

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

風水は、ある意味残酷で道一つ挟んで全く違う土地・建物の質(吉凶)になります。

昨日の現場は、吉の側で本当に良かったです。

風水の良い土地では、偶然建てた家の間取りが良く、増築の仕方も良く、部屋の使い方も良い、というように好循環になりますが、土地が悪いと何をしても悪く、負のスパイラルに陥ってしまいます。負のスパイラルに入る前に、一度風水をチェックすることは大切であると、痛感させられてた現地調査でした。

 

 

<イベント・セミナー情報>

 

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月9日 開運合宿to 箱根

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学28「大学;徳あれば財あり」

 

第十章

 

「白文」

是故君子先慎乎徳。有徳此有人。

有人此有土。有土此有財。有財此有用。

 

「書き下し文」

この故に君子先ず徳を慎む。徳あればこれ人あり。

人あればこれ土あり。土あればこれ財あり。財あればこれ用あり。

 

「解説」

君子はまず『徳』を保つように慎むのである。

『徳』あれば人民が服する。

『徳あれば人あり』という。

人民が服すれば土地も増えるので、

『人あれば土あり』という。

土地が増えれば財貨も増えるので、

『土あれば財あり』という。

よって、

『徳あれば財あり』

という結論になります。

 

ビジネスが成功するか否かは、

結局のところで『徳』で決まるということになります。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

東洋思想に学ぶ経営学28「大学;人民の心」/ 店舗レイアウトin銀座

sisyogokyou00.jpg

 

<本日の心構え>

▼天沢履 二爻変

 

虎の尾を踏んでしまうような、非常に危険な状況にあります。

自分の分をわきまえ、礼節を重んじてことにあたりましょう。

異性関係では特に注意が必要です。

魅力や能力を発揮する場に恵まれませんが、

先を焦ることなく機を待ちましょう。

目立つことなく守りの姿勢が必要です。

我が道を進みましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水鑑定戸建て住宅in横浜

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今年の業務は、12月30日までで、残り2日となりました。

あっという間の一年に感謝です!

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月9日 開運合宿to 箱根

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学28「大学;人民の心」

 

第十章

 

「白文」

詩云、殷之未喪師、克配上帝。

儀監于殷。峻命不易。

道得衆則得国、失衆則失国。

 

「書き下し文」

詩に云く、殷の未だ師(もろもろ)を喪わざるとき、克く(よく)上帝に配る。

儀しく(よろしく)殷に監みる(かんがみる)べし。峻命(しゅんめい)易からずと。

衆を得れば則ち国を得て、衆を失えば則ち国を失うを道う(いう)。

 

「解説」

詩で歌っている、殷がまだ人民の支持を喪っていなかった時は、

よく上帝を奉って配慮していた。

この殷を鑑として周王朝もわが身を振り返らなければならない。

天命の厳しさは容易なものではない。

人民の心を得れば国は治まるが、

人民の心を失ってしまえば国は滅亡してしまということである。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学27「大学;慎む」/ 風水コンサル養成from栃木

meizizinnguu00.jpg

 

<本日の心構え>

▼地雷復 上爻変

 

長く寒かった冬が去り、暖かな春を迎えようとしています。

辛く苦しい時期が終わりを告げ、明るく実りある時期が始まりを迎えます。

活気に満ち始めてくる時です。

迷い悩んだ結果、道を踏み外すことになります。

天道に背き、反省しなければその報いを受けるでしょう。

天災や人災には要注意のときです。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水リフォームコンサルタント・風水顧問打ち合わせ・風水コンサル打合せ

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

明日は、陰暦12月の朔日です。

明治神宮へ参拝へ行き、今月の大御心を賜ります。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月9日 開運合宿to 箱根

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学27「大学;慎む」

 

第十章

 

「白文」

詩云、楽只君子、民之父母。

民之所好好之、民之所悪悪之。

此之謂民之父母。

詩云、節彼南山、維石巌巌。

赫赫師尹、民具爾瞻。

有国者、不可以不慎。

辟則為天下謬矣。

 

「書き下し文」

詩に云く、

楽しき君子は民の父母と。

民の好む所はこれを好み、民の悪む所はこれを悪む。

これをこれ民の父母と謂う。

詩に云く、節たる彼の南山、維れ石巌巌たり。

赫赫たる師尹、民具に爾を瞻ると。

国を有つ者はもって慎まざるべからず。

辟すれば則ち天下の謬と為す。

 

「解説」

詩に云く、

「有徳の楽しい君子は人民の父母のようなものである」と。

人民が好むものは君子もそれを好み、憎むものは君子もそれを憎む。

これを君子が人民の父母のようであると言っている。

詩に云く、

「節せつたる彼かの南山、これ石いし巌々がんがんたり。

赫々かくかくたる師尹しいん、民たみともに爾を瞻みる」と。

国を治める有力者こそ、慎まなければならない。

道を踏み外して偏れば、天下に害を与えて歴史に汚名を残すことになる。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

東洋思想に学ぶ経営学26「大学;絜矩の道2」/ 勉強会in青山

kukku00.jpg

 

<本日の心構え>

▼山火賁 五爻変

 

美しき夕日が、山の向こうに消えようとしています。

心洗われるような、素晴らしいひと時を迎えています。

しかし、この時は長くは続かず、

やがて日は沈むため大きな事をすべきではありません。

今は質素倹約を徹底すべき時です。

批判される事もありますが、幸せへの近道になります。

自分を飾らぬこと。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント養成講座レッスン・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、2016年を振り返るのに大変良い一日となりました。

清原社長と共に開運合宿6回は行き過ぎたのか、未だ衰えず、

30日まで業務が続きます!!後4日間しっかり頑張ります。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月9日 開運合宿to 箱根

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学25「大学;絜矩の道2」

 

第十章

 

「白文」

所悪於上、毋以使下。

所悪於下、毋以事上。

所悪於前、毋以先後。

所悪於後、毋以従前。

所悪於右、毋以交於左。

所悪於左、毋以交於右。

此之謂絜矩之道。

 

「書き下し文」

上(かみ)に悪む(にくむ)所、もって下を使う毋れ(なかれ)。

下に悪む所、もって上に事うる(つかうる)毋れ。

前に悪む所、もって後ろに先だつ毋れ。

後ろに悪む所、もって前に従う毋れ。

右に悪む所、もって左に交わる毋れ。

左に悪む所、もって右に交わる毋れ。

これをこれ絜矩(けっく)の道と謂う。

 

「解説」

ここも、儒教の『絜矩の道』を解説している章です。

簡単に云えば

『自分がされた嫌なことを他人にもするような人間にはなるな!』

という戒めです。

更に、ここの表現でポイントになるのが、人間関係を球形の中央に自分自身を置いて関係性を表しているところです。

自分の上・下、自分の前・後、自分の左・右になっています。

上下・前後・左右の人間関係の大切さを表しています。

人格が丸くなるとは、正に全ての関係性をしっかり構築出来る人格のことといえます。

上下は親子、前後が先輩後輩、左右は兄弟姉妹です。

誰に対しても不快な思いを持たせない、誰も損をさせない、そんなビジネスを構築、成功させたいものです。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

東洋思想に学ぶ経営学25「大学;絜矩の道」 / 朝食懇親会in松涛

ri-da00.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼水地比 二爻変

 

視界一杯に広がる田園の中、平穏な時を享受しています。

よき友人に囲まれ、心休まる時を過ごせます。

共に過ごす人を選びましょう。

自分から相手に対し、誠意を持って接する事で、

相手からの誠意を受け取る事ができます。

身近な人との交流を大事にしましょう。

自分の行いが、人を通して返って来ます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■勉強会・昼食懇親会

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今年は、12月30日が仕事納めになります。

不思議と最後は、横浜自宅近くの鑑定になりそうです!

新年は、1月5日までお正月休みを頂戴します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月9日 開運合宿to 東(場所不明)

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学25「大学;絜矩の道」

 

第十章

 

「白文」

所謂平天下在治其国者、

上老老而民興孝、

上長長而民興弟、

上恤孤而民不倍。

是以君子有絜矩之道也。

 

「書き下し文」

所謂天下を平らかにするはその国を治むるに在りとは、

上(かみ)老(ろう)を老として民(たみ)孝(こう)に興り、

上(かみ)長(ちょう)を長として民弟(てい)に興り、

上孤(こ)を恤みて(あわれみて)民倍かず(そむかず)。

ここをもって君子『けっくの道』あるなり。

 

「解説」

儒教の『絜矩の道』を解説している章です。

君子(為政者)が模範を示さなければ民は従ってこないということを

大学では何度も繰り返し教え、戒めています。

経営者が方針を出し自らが方針に従っていく姿を見て、

部下、社員は従ってくるものです。

タバコ臭い社長が、『自己管理しろ!!』と言っても・・・・ネ。

やはり模範を示すことが経営者としての最低限のスキルですね。

自分が出来無いことを人に要求するのは論外です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

 

クリスマスに何故チキン? / 風水コンサル個別相談in渋谷

tarkye00.jpg

 

<本日の心構え>

▼水沢節 二爻変

 

器に水を注ぐにも、その限界があります。

人の身体や器量にも限りがあります。

程よく節度を守りましょう。

分相応くらいが丁度良いときになります。

自分を過小評価し、消極的になり過ぎています。

好機が訪れているにも関わらず、自分から身を退いてしまいます。

本来の目的を忘れず、手を伸ばすように。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩は、楽しいクリスマスイブの夜でした。

毎年、カトリックのミサに参加させて頂いていましたが、今年はインターネットでゴスペルが聴ける教会を調べ、代々木にある国際キリスト教団の代々木教会で行われたゴスペルコンサートに参加させて頂ました。ド迫力のステージに魂が揺さぶられました。何か真面目にクリスマスを迎えることが出来た感じでした。感謝

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■クリスマスに何故チキン?

 

チキンでは無く、本当は七面鳥!

クリスマスでは無く、本当は感謝祭!

 

『感謝祭;サンクスギビング』とクリスマスが混同されて日本で習慣化された様です。

 

アメリカにおける感謝祭の起源は、

1620年の11月、メイフラワー号に乗った清教徒が、祖国イギリスから2ヶ月余りの厳しい航海を経てアメリカ大陸に、渡ってきた初めての年。新天地を求めてやってきた一団を待ち受けていたのは、厳しい初めての冬でした。

食べるものにも困った一団に、食糧を分け与え、農作物の種を譲って作り方を伝授したり、大自然の暮らしの様々なノウハウを教えたのは先住民であるネイティブ・アメリカンでした。春がくるまでに半数の仲間を失いながらも、清教徒たちは、先住民にならって勤勉に働き、翌年1621年の11月に、お世話になったネイティブ・アメリカンたちを招いて、初めて収穫した作物や山で獲った野生の七面鳥(ターキー)、そしてタラやマスなど、近くの海の幸を食卓に載せてお祝いの席を開き、友人と神の恵みに感謝(サンクスギビング)した、という史実によるものです。

 

幼い頃、我が家では、それぞれが家族全員のプレゼントを準備して、ケンタッキーとケーキを食べ、プレゼント交換をして家族で楽しみました。

女手一つで3人の男の子を育ててくれた母の愛情と必死さを、今思えば感じることが出来ます。母も本当に楽しんでいた様に思います。

そのせいか、母は未だにケンタッキーフライドチキンが大好物です。

 

クリスマスや初詣、最近ではハロウイン等、良く理解すること無く、大騒ぎする習慣が増えていますが、何れにしても、家族・友人・知人でいつまでも、懐かしめ心温まる思い出を作って欲しいものです。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

イエス・キリストの誕生と星占術!/ 風水顧問打ち合わせin渋谷

kurisumasutrre00.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷地豫 二爻変

 

長い冬が明け、暖かい春が訪れます。

心は開かれ、喜びに満ち始めます。

熱意を忘れず、前に進むことが大事です。

油断大敵の時になります。

悪い誘惑が多く注意が必要です。

自分のすべき事を確認し努力を重ねましょう。

誘惑に負けず守りの姿勢であるべきです。

今を耐えれば失われる物も少ないでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント相談1件・風水顧問打ち合わせ1件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、3年程前にベストフォーチュン静岡で鑑定させて頂いた、姉妹が渋谷事務所まで相談に来て下さいました。現在、ベストフォーチュン静岡では事務機能のみで、私も殆ど顔を出すことが出来ない状態で、鑑定業務も行っていません。にも関わらずわざわざ来て頂いたことは大変光栄で嬉しく思います。少しでもお役に立てさせて頂いてる証しであると思い本当に感謝でした!御姉様の方は、5年後、起業相談に来ることになりそうです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■イエス・キリストの誕生と星占術!

 

星占術が発展した大きな理由の一つに、ユダヤ教(イスラエル民族)における、メシヤ(救い主)誕生を予言し発見させる為に天文学を研究してきたことにあるという説があります。

 

映画『十戒』で日本でも有名になった「モーセ」は、ローマで奴隷生活に苦しんでいた、イスラエル民族を救出し、神様が示す地上の楽園の地『カナン』へ移り住みます。

この『カナン』は、いわゆるメソポタミア文明発祥の地であり、現在のイスラエルです。

この地で『ユダヤ教』が誕生します。

このユダヤ教の経典が、『聖書』です。この聖書の目的は、イスラエル民族の救い主を正しく迎えるためのものです。

そのユダヤ民族の下に突如メシヤとして自称して誕生したのがイエス・キリストでした。

その誕生のシーンが、イエス・キリスト死後記された聖書(新約聖書)に記載されています。

 

新約聖書「マタイによる福音書 第二章」を編集

イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、

「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。

そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、星の現れた時について詳しく聞き、彼らをベツレヘムにつかわして言った、

「行って、その幼な子のことを詳しく調べ、見つかったらわたしに知らせてくれ。わたしも拝みに行くから」。

彼らは王の言うことを聞いて出かけると、見よ、彼らが東方で見た星が、彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった。彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた。  ~以上~

 

この東から来た博士が、天文学者であり占星術者です。

クリスマスツリーのTOPに飾られている星は、この星がモチーフです。

よって、TOPに星が無いツリーは偽物ですね!!

 

毎年、クリスマスイブの夜には、大阪の隠れキリシタンの里のカトリック教会のミサに参加させて頂いていました。今晩は、仕事で難しいので都内でどこか良さそうな教会を探して参加したいと思います。個人的に讃美歌や聖歌、ゴスペルがとっても好きで癒されます。一年に一度位は神聖な気持ちになりたいものです。  God Bless You

                              

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

二十四節気「冬至」の風水術 / 風水個別相談in渋谷

touzi.jpg

 

<本日の心構え>

▼火山旅 五爻変

 

旅には不安や問題もありますが、見聞を広め、知識を広げることができます。

その経験は人生の富となり、その信念は生きる上での自信となるでしょう。

旅費もかさみますが、それ以上に得られるものが多くなります。

成功といえる旅になるでしょう。

一時の損失ではなく、得られる物の本質を見極めること。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水出店コンサルタントin目黒・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

秋田で頑張ってくれている門下生から喜びの声が届きました。

無事に開所式を終え、出店のコンサルタントが一段落着いたとのこと。

その御客様は、私が以前自社店舗兼自宅の建築コンサルタントをさせて頂いた方で、

今回は御客様の娘さんの出店の為の依頼でした。

娘さんの為に私の門下生が関わらせて頂くというのは、大変、光栄であると共に、

意義深さを感じました。

風水は、『揺り籠から墓場まで!』お付き合いさせて頂けるスキルがあります。

しかし、一生の付き合いをして頂けるかは、風水師としての実力と人間性によります。

日々、自身のスキルアップと良い人間関係を築ける様頑張りたいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「冬至」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

昨日から約15日間が二十四節気の『冬至』です。

この期間は、二十四方位の『子』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『胆経(足少陽胆経(あしのしょうようたんけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は子の刻(23時から1時)です。

 

胆を守るためのおすすめ食養

・ビタミンA・緑黄色野菜・油っこいものを避ける

 

この『冬至』の期間に、

『頭・顎・鎖骨の窪みが痛む、頚部リンパ腺種、汗が出て悪寒を感じ、胸部の脇、股関節、膝の外側、下腿の外側が痛み、足の薬指が麻痺する』

等の症状が出た場合、家の内外の『子』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『子』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度の左右7.5度合わせた15度が『子』の方角になります。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

古代中国の新年『冬至』 / 風水出店コンサルin仙台

hinodeiri00.jpg

画像は右の御薦めサイトより⇒ http://hinode.pics/    

<本日の心構え>

▼沢水困 四爻変

 

水が枯れ、池が枯渇しようとしています。

心身共に、非常に困難な状態に陥ります。

辛抱強く耐え、機を待つことが必要となるでしょう。

どんなに誠意があっても、実力が伴わず、結果に繋がりません。

好意も相手に通じず、空回りします。

焦っても結果は出ません。

誠意を尽くし続けることが大事な時です。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・報告書作成

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日で今年の地方への出張が終わり、

今日から年末まで首都圏業務に集中します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月7日10時 ミッション経営塾in南青山

1月31日 11時 風水経営者セミナーin大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■古代中国の新年『冬至』

 

本日より15日間が、二十四節気の『冬至(とうじ)』です。

日の出と日の入が最も南寄りの方角になり、

軌道も最も低くなります。

日の出時間が遅く、日の入時間が早くなり、

昼の時間が最も短く、夜の時間が最も長くなります。

 

多少、実際の時間とは誤差が生じます。

因みに、ここ東京では、

 

1月7日 東京都新宿区    日の出6:51:19     日の入16:45:20

1月8日 東京都新宿区    日の出6:51:23     日の入16:44:26

1月9日 東京都新宿区    日の出6:51:19     日の入16:45:20

 

で、1月8日が最も日の出が遅く日の入りが短くなります。

 

陰陽論で考えると、

冬至が『陰極まって陽に転ずる日』となり、

冬至までが「陰」、冬至以後夏至までが「陽」となり、

一年間で「陰」から「陽」に切り替わる日となります。

中国占術の「奇門遁甲(きもんとんこう)」では、

日が短くなる期間を「陰遁」、日が長くなる期間を「陽遁」と称し、

冬至から「陰遁」から「陽遁」に切り替わるファジーな期間です。

暦の上では、今日からですが実際は1月8日以後ですので、

このファジーな期間は「奇門遁甲」の術は、効きがたいとされています。

 

上記の理由から古代中国では、

1年の始まり、所謂、正月とされました。

冬至から新年が始まり、日に日に日の出が早くなり、昼が長くなる様相が、

発展していくイメージを持てたのかもしれません。

実際の自然界の運行と同一化を目指した、古代中国文化の奥深さを感じます。

      

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

1  2  3

PAGE TOP