2017年5月

立命の為に三風水 恐るべし陰宅風水

441350.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過五爻変

 

山の上で雷が鳴り響いています。

しかし、高過ぎるゆえ、遠くまで及びません。

度を過ぎた行いは禍を招きます。

何事も程々にしておきましょう。

雨が降りそうで、なかなか降りません。

何事も思うように進まず、足踏み状態が続きます。

他人を頼る必要がありますが、頼りになる人は周囲に埋もれています。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■個別相談・報告書作成

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

Alittle learning is a dangerous thing.

「生兵法は大怪我のもと( なまびょうほうはおおけがのもと)」

生かじりの知識や技能に頼ると、かえって失敗の原因となるということで、未熟な兵学・武術の心得は、身を守るどころか、かえって大怪我や大失敗をする原因になるという意味です。

 

実践経験も乏しいまま検証もしないで、ただ翻訳だけをしている様な専門書もどきが多くなっていて、更にそれを読んだだけでその気になっている方々に危険を感じます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■立命の為に三風水 恐るべし陰宅風水

 

風水の古典の殆どは、特別に陽宅風水・陰宅風水・地理風水と分けて論じているわけではありません。全ては地理風水といえます。風水そのものが、環境を気という観点で分析し、良い土地を選別する法則を見つけ出そうとしてきた歴史的所産ともいえます。

そして風水の古典は、そこに先祖を埋葬すると子孫がどうなるのかを記しています。しかも残酷なほどに露骨な表現です。

この考え方の根底にあるのが『基因(きいん)』というものの存在です。

基因とは、遺伝子・DNAのことですが、古くから中国ではこの存在を信じ研究してきています。この基因は、生死を問わず子孫へと影響すると考えられてきました。先祖の基因を良い気が集まるところに埋葬することで同じ基因を持つ子孫の基因に影響を及ぼすということです。このことを、量子力学が証明してくれる日が遠くないように思います。

多くの鑑定分析を行ってきた立場では、十分すぎる位証明が出来ています。

 

最近は、恐ろしい墓じまいが各地で行われています。それは、埋葬している遺骨を掘り出し骨壺にいれ納骨堂に移すというものです。これは、風水の観点ではタブー中のタブーです。せっかく自然に帰ろうとしているものを止めさせてしまうからです。当然、良い気を受けることが無くなりますから、その共鳴現象は深刻といわざる終えません。

 

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

押し売り霊能者もどきの変

511170.jpg

 

<本日の心構え>

▼火水未済四爻変

 

時の運に恵まれず、前に進むことができません。

来るべきときに備え、自分を磨き、努力と忍耐を続けましょう。

全てはここから始まります。

欲や打算を捨て、正しい道を真直ぐ進みましょう。

苦労も長続きしますが、見合う結果が訪れます。

地道に忍耐強く続けていくことが、望む結果に繋がるでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

陰暦5月度の大御心

『いかならむことある時もうつみの人の心よゆたかならなむ』

 

いつ、いかなる思いがけぬ変事が起きても、世の中の人々の心は、あわてふためくことなく、広く豊かでありたいものです。

 

今月は『不動心』です!

 

 

<イベント・セミナー情報>

本日5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■押し売り霊能者もどきの変

 

風水は、多くの流派はあるものの、易経初め古代中国哲学がベースとなり、陰陽五行説等ロジックは明確です。目に見えない『気』という存在を前提として体系化されています。その為、分析結果に対しても明確な根拠を有します。

勿論、最終的にはその説を信じるか信じないかになってしまいます。

このことは、科学的検証も例外ではありません。

 

その反面、最も厄介なものが霊能者的判断です。

 

突然!!

「あそこにいつも誰かが座っているんですよね~」

「ここ陰のエネルギーを感じる」

「前来たときよりも変な感じがします~??」

 

まぁ~頼んでもいないのに勝手に見て勝手に話す。

これを『押し売り霊能者』といいます。

しかも、根拠が脆弱過ぎて手が付けられません。

 

私が流行っていないレストランで店員に、『ここ風水が良く無いですね』と云う様なものです。

 

霊能者本人が見えていると思っていることは事実としてあるかと思います。

私の部屋の様子を置いている家具の種類と場所・向きまでも、遠隔で見てしまう故宜保愛子氏は凄過ぎました。

 

もっとも悪質なのは

『あっ!! やっぱりいいです・・・・』とふって

『○○さんのことを思って言うんですけど・・・』

『私霊能者とかでは無いんですが・・・感じるんです・・・』

という必殺トークです。

 

もし、本当に霊能力が有り、他人の幸福のためにその力を使いたいのであれば、堂々とビジネスをしてもらいたいものです。無料で勝手に見て押し付けるのだけは本当に勘弁してもらいたいものです。

 

私が代表を務めさせて頂いているNPOに、この手の相談を本当に多く頂戴しています。押し売り霊能者の脅しには屈しないで、もし本当に気になるのであれば、堂々とビジネスをしている霊能者で評判の良い方を紹介してもらうのがベストです。

                                                                                                                          

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

立命の為の三風水 陽宅風水の効果

b0473cff4b217e0a89f6c1cf576d7210_s.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢風大過三爻変

 

暴風雨に見舞われ、家が傾いています。

重すぎる荷物を抱える非常時です。

沈着冷静な判断を心がけましょう。

不屈の精神が肝心です。

冷静に対応すること。

どうにもできない大きな問題を抱えています。

協力を得ることもできず、道が塞がれます。

望みごとは叶いません。

日頃の行いを見直す時になります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

世界の人口をベースに考えれば、一生かけて出会う人というのは極めて少ないことが解ります。更にその中で話すことになる人となれば極めて稀、更に気が合う人、仲良くなる、一緒に仕事をする、結婚するともなれば、偶然というには極まて短絡的過ぎる気がしてきます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

本日5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■立命の為の三風水 陽宅風水の効果

 

日々のコンサルタント業務の中で、クライアント事務所や自宅の風水鑑定をさせて頂ますが、風水鑑定を行って何が変わるのか、その効果についての質問を多くうけます。風水を大きく分けると、土地を判断する「地理風水」、遺骨の埋葬状態を判断する「陰宅風水」、ビル建物を判断する「陽宅風水」です。 

事務所やお住まいの鑑定は、陽宅風水で建物が建つ地域、区画、敷地、建物自体、庭・外構、間取り・屋内、最後に使用者・住人との関係性を分析します。分析することで、土地建物のポテンシャルを推し量ることが出来ます。単純に良いところと悪いところを明確化し、良いところは有効活用し、悪いところは対策を提案します。判断出来るカテゴリーは、基本的に3つになります。

『人・物・愛』です。健康で良い人材を生み育てることが出来る環境なのか、物の代表であるお金が集まる環境なのか、家族や社員間等の人間関係が育まれる環境なのかです。風水は、目に見えなく科学的に測定出来無いが、検証出来る『気』を扱った環境学であるということが出来ます。『気』という観点で、この3つに影響する環境を整えていきます。『人・物・愛』をより良くするために、気を整えるということになります。それは、丁度、体の気の流れを分析し、より良い気の流れを調整するために、鍼灸を施したり、漢方薬を処方することと似ています。というより、そのまんまです。

特に屋内の気の流れを調整する風水調整は、かなり強く流れが変わります。屋内の悪い気を屋外に排出し、良い気を屋内に保管し増殖させていきます。そうすることで、屋内の気を高めていくことが可能となり、屋内自体の免疫力が高まります。すると、悪いものに対する抵抗力が高まると同時にそれを排除させえようとする力が働きます。その為、社員や職員、家族の健康状態にも影響を及ぼし、悪い所、患部等が発覚することが起こります。また、その職場に合わない社員が突然辞めたり取引先が大きく変化するようなことも起こります。一度、悪いものが噴き出てしまう様な現象が起こり、結果的には良いものだけが残るようになります。

 

結論として、ビル建物を気という観点で分析し、ポテンシャルを推し計り悪い所は抑え、良いものを発揮させるという、ビル・建物・オフィスを立命させるということになります。

 

                

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

立命の為の三風水 立命と風水

rut.jpg

 

<本日の心構え>

▼天火同人初爻変

 

同じ志を持つものと協力し、前に進むべき時です。

個人の利益ではなく、全体の利益を優先すること。

正しい道をまっすぐ進みましょう。

内に篭らず、積極的に交友を広げる時になります。

私情に溺れることなく、多くの人と接し、皆と仲良くすることです。

公平に接する事で、得られるものも多くなります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は、陰暦の5月朔日です。毎月陰暦の朔日に明治神宮に参拝させて頂、参拝の祈りの中で、神様に質問をします。

最初は、新たな月の指針、今月の心構えを尋ねます。

次は今抱えている課題に対する報告とそれに対する解決策です。

その後、大御心(明治神宮の御御籤)を賜ります。

すると、そこに質問に対する神様からの回答が記されています。

是非、お試し下さい!

 

<イベント・セミナー情報>

本日5月26日 10時 奇門遁甲講座鑑定事例

明日5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■立命の為の三風水 立命と風水

 

風水に関する良著が日本語でも多く出版される様になり、関心のある方が手軽に学べる様になってきました。また、インターネット上でも多くの情報、知識を得ることが可能です。あえてこの場で、私の少ない知識と下手な文章で解説するのは避けたいと思います。ここでは、『立命と風水』という観点で内容を絞ってお伝えします。

立命するための基本的なロジックは、陰陽の調和であり中庸です。

私個人であれば、陰的心と陽的体の統一、『心即理』の状態です。

風水における陰は、「陰宅風水(いんたくふうすい)」と称し区分されるお墓の風水であり、陽は、「陽宅風水(ようたくふうすい)」と称し区分される家の風水です。

この「陰宅風水」とは、死者の葬り方であり、遺骨の保存の仕方です。古代中国において、もう既にDNAという概念があり、生命エネルギー発信装置とも考えられていました。風水では、このDNAらしきものを『基因(きいん)』と称し、子供から子孫へと継承されていき、死んだ親と先祖の基因の保管状態がそのまま、子供・子孫の基因に共鳴現象が起こると考えられていました。このことが、儒教的思想の根本にある孝の精神と馴染みがあり定着していきました。

「陰宅風水」の本質は、良くある霊的なスピリチュアルなものでは無く、先天的気の原因であるものの研究とその影響ということになります。

一命二運でお伝えしたように、命運を分析できるものが生年月日時でしたが、その基因の影響が生年月日時に具現化されてくると考えられています。

このことから、「陰宅風水」は「先天的気」を扱うもので、「陽宅風水」は「後天的気」を扱うものであるとみことが出来、この二つを共鳴させることが、陰陽の調和であり中庸であるため、立命へと導かれるということになります。

 

「陰宅風水」と「陽宅風水」を共鳴させることで『立命』へと導かれるという結論になります。

                                                     

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

四柱推命で大西議員を分析する

oonisi.jpg

 

<本日の心構え>

▼山沢損 上爻変 の解釈

 

山が映え、川が彩る土地へ旅立とうとしています。

それは出費ではなく投資です。

純粋に心馳せれば、得られるものは投資以上のものとなるでしょう。

正しき道を進む限り、その努力は認められます。

日頃の努力が報われ、成功に至ります。

個人の損得ではなく、広い視点で捉えましょう。

世のため人のため。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

「本日は、どの様なご相談ですか?」

「私結婚出来ますか? 将来どうなりますか?」

「結婚は努力して婚活ですね。将来どうなるかは解りません。」

「えっ?!」

「私は占い師ではありません、」

「ガーン」

 

 

<イベント・セミナー情報>

5月26日 10時 奇門遁甲講座鑑定事例

5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■四柱推命で大西議員を分析する

 

一命二運を担当する四柱推命で何が分析出来るのかをテーマに、今最も話題?の大西議員を分析してみたいと思います。

大西英男氏1946年8月28日生まれ

年の干支:丙戌

月の干支:丙申

日の干支:甲戌

時の干支:不明

 

日の干と月の干、月の干と年の干の組み合わせで先天的宿命を分析出来ます。

日干・月干:甲丙の組み合わせを、青竜返首と称し、大木(甲)に明るい太陽(丙)の光が降り注いでいる状態と自然界で例えることが可能です。

宿命は、『棚からぼたもち式幸運の持ち主。』となります。

月干・年干:丙丙の組み合わせを、天に両日なしと称し、太陽(丙)が二つでありえない状態と例えることが出来ます。

宿命は、『なんでも行き過ぎ、やり過ぎの性格。』となります。

 

あくまでも、これは生まれた時のポテンシャルであり宿命であり、

この宿命を活かすも殺すもは、本人次第です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

一命二運を推し量る四柱推命

085523.jpg

 

<本日の心構え>

▼水天需 五爻変

 

空には雨雲が広がっています。

雨が降るのは時間の問題です。

心して待てば、それは恵の雨となるでしょう。

ゆとりを持ってことに臨みましょう。

待ち望んでいたものは、すぐそこまで来ています。

何も恐れず支度をして、心静かに待ちましょう。

大変良い時になります。

成功や幸せは時間の問題です。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント養成レッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

「何で本当のことを言ってくれなかったの?」と嘆かれる方がいますが、

本音と建前が露骨にある人と自分が常に正しいと思っている人には、誰も本当のことを言わなくなります。本当のことを言ってくれない理由を自分で悟しかありません。

 

 

<イベント・セミナー情報>

5月26日 10時 奇門遁甲講座鑑定事例

5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■一命二運を推し量る四柱推命

 

立命する為の一命二運を共に推し量ることが出来る仕組みが「四柱推命」で、

分析する為の基準が干支になります。

干支には、一年毎の干支、一月毎の干支、一日毎の干支、一刻(二時間)毎の干支が、それぞれ60干支があり、単純にこの組み合わせは、60の四乗あることになります。

60×60×60×60=12960000 種類の組み合わせがあることになります。更に男女で分析基準が異なりますから、2592万種類になります。かなり細かく豊富なデータで個人の命運を推し計ろうと研究検証してきています。

しかし、ここで大事なことは、これで人生が決まるわけでは無いということです。

命運は、生年月日時で分析するため、生まれた瞬間のポテンシャルだけが推し計れるだけです。同じ生年月日時の人が同じ人生を辿るかというと、常識的に有り得ません。それは、双子等の人生を辿っていけば簡単に証明出来てしまいます。私のクライアントで中国人でありながら、日本の企業で役員として活躍している女性がいらっしゃいますが、米国人と結婚して、子供が二人いらっしゃいます。実は、この方、双子で妹は独身で定職についていません。日本でも双子のタレントを目にすることがありますが、一緒に結婚や出産というわけにはいきません。生年月日時だけで過去も未来を解ってしまうというのは、有り得ない話です。過去も未来も当てる四柱推命占い師というのは嘘ということになります。

四柱推命で推し計れるのは、ポテンシャル(可能性)だけです。それを活用できるか否かは、立命の為の残りの十か条にかかっています。

一命二運は、先天的なもののため、自分の努力が及ばないところですが、3風水以後は全て自分の努力次第ということになります。結局、立命出来る出来無い、成功失敗・幸福不幸は「あなた次第!」ということです。

一命二運は、天と地と親先祖が私に与えてくれたもの、即ち、私という存在は、創造された存在であり、被造物といえますが、私自身の人生は、自分の努力で作り出すものです。

正に自分で自分を再創造するようなものです。立命とは、一命二運を知り自分で自分を再創造、Recreation することといえます。

 

間違っても、人生は生まれながらに決まっている等とは思わないでください。当然、運が良いとか悪いとか生まれながらに決まっているわけではありません。良く考えてみれば「生まれてくることさえ、奇跡の連続です。」

奇跡の連続の所産である私の生命が運が悪いはずはありません。

                                         

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

立命の効果と経営

090754.jpg

 

<本日の心構え>

▼風地観 四爻変

 

大地の上に風が吹いています。

風は目では見れませんが、肌で感じることはできます。

目に見えるものではなく、感じられるものを大事にしましょう。

その見識の広さが認められ、能力を生かす場に恵まれます。

その場を感じ、考察しましょう。

正しく感じ、考え、行えば、その立場は確立されるでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルタント養成レッスン

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

某氏が某経営セミナーに参加し、一日中、何人かの成功体験的内容を聞かされたことに対する感想を漏らしてくれました。

『さっぱり解らず、疲れました。ロジックが無いんです!』

成功体験談は、ロジックを土台として聞かないと全く意味がありません。

当たり前ですが、理論と実践は、理論を実践することです。実践して理論を獲得するときは、理論を構築するときだけです。

この手のセミナーは、成功させることを目的とせず、セミナーに参加させることを目的としていることが多く、主催者の真意を見抜く必要があります。いわゆる依存ビジネスです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

5月26日 10時 奇門遁甲講座鑑定事例

5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■立命の効果と経営

 

一命は、先天的なものであり、変えることは出来ません、正に宿命です。

二運は、後天的なものであり、絶えず変化するものであり、正に運命です。

この『命と運』『先天的気と後天的気』『不変と変』『宿命と運命』の組み合わせが、陰陽であり、二つを共鳴させることが中庸といえます。

 

陰は、目に見ることが出来無い時間軸であり、親・先祖から与えられ、縦であり天を意味します。陽は、目に見ることが出来、空間軸であり、周囲に与えるため、横であり地を意味します。

 

『一命』『二運』を共鳴させることは、『陰陽』『縦横』『天地』を一つにすることになります。それ故に、先天的に与えられたポテンシャルを具現化することが可能となります。

この陰陽と天地の根源が太極ということが出来ます。太極のシンボルマークがこれを象徴しています。

 

太極は、無限のエネルギーの根源であり、全ての原因的力であり、森羅万象、自然界の法則の定義者ともいえます。その為、立命することで、この太極的要素を得ることが可能になります。それが、やる気と閃きです。

この『やる気と閃き』は、一方的に与えられるもので、自分で獲得することが出来無いものです。しかし、立命することで、一方的に得ることが出来ます。

 

成功する経営者の資質といえるのがこの『やる気と閃き』です。どんなに、経営を学びMBAを取得しても『やる気と閃き』が無ければ会社を導くことは出来ません。しかし、『やる気と閃き』があれば、経営を学んでいなくても、MBA取得している人を招き入れることも可能です。

 

立命することでポテンシャルを発揮し、やる気と閃きを与えられ、会社を成功へと導くことが可能となります。

 

                                         

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

二十四節気「小満」の風水術

syouman.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 三爻変

 

山の上で雷が鳴り響いています。

しかし、高過ぎるゆえ、遠くまで及びません。

度を過ぎた行いは禍を招きます。

何事も程々にしておきましょう。

知らないうちに出すぎた行いをし、周囲の反感を買います。

空気が読めず場に浮いてしまいます。

無理に進もうとすると災難に遭います。

周りの顔色を伺うこと。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・屋号名相談・個別相談・面接

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

5月も三分の二が過ぎあっという間に時が過ぎていく感覚です。自分の心の成長を感じられる環境は常に作りたいものです。私は、良く昔感動した本を読んだり、映画を見て感じ方の違いをチェックします。

 

 

<イベント・セミナー情報>

5月26日 10時 奇門遁甲講座鑑定事例

5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日 14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「小満」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

今日から約15日間が

二十四節気の『小満(しょうまん)』です。

この期間は、二十四方位の『巳』の方角とリンクし、

十二経絡の『脾臓の経絡(足太陰脾経(あしのたいいんひけい))』

に影響を及ぼします。

 

又、一日間で活性する時間:午前9時~11時

 

脾を守るためのおすすめ食養・漢方

豚の膵臓、緑豆、梨

 

この『立夏』の期間に、

『食欲が沸かず、苛々が治まらず、心臓の窪みに激痛を感じ、便秘や下痢をするか大小便が良く出ない、

皮膚が黄ばみ熟睡できない、大腿と膝の内側が腫れ悪寒を感じる、足に無力感を覚える』等の症状が出た場合、

家の内外の『巳』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『巳』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から時計回りで150度の左右7.5度、合計15度の範囲です。

 

                                         

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

『成功の為の十五か条』では無いのか?に応えます。

一命二運三風水.jpg

 (画像:http://www.yuenkeikwok.com/node/187 より)

 

<本日の心構え>

▼火水未済 二爻変

 

時の運に恵まれず、前に進むことができません。

来るべきときに備え、自分を磨き、努力と忍耐を続けましょう。

全てはここから始まります。

雰囲気を感じ、意図的に進まないようにしています。

進めば苦難ばかりで得られるものはありません。

現状維持に徹し、機を待ちましょう。

忍耐が求められています。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・面接・報告書作成

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

前期分無事に納税させて頂、多少は社会貢献させて頂ました。御客様皆様の御信頼に心より感謝申し上げます。今期も更に貢献できる様に頑張ります。尊敬する故三宅久之先生の座右の銘『愛妻・納税・墓参り』真似できる様になりたいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

5月26日 10時 奇門遁甲講座鑑定事例

5月27日 10時 風水総合羅盤講座in渋谷

6月3日  14時 風水総合羅盤講座in南青山

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『成功の為の十五か条』では無いのか?に応えます。

 

先回の記事『立命の為の十二か条』の記事をUPさせて頂くと、数人の門下生とクライアントから『十五か条』では?という質問を受けましたので、本論から少しそれますが、少しだけ解説をさせて頂ます。

 

そもそも、この『十五か条』ですが、明確な定義や根拠があるものではありません。

十五か条とされているものは、『一命・二運・三風水・四積陰徳・五読書・六名・七相・八敬神・九交貴人・十養生・十一擇業與擇偶・十二趨吉要避凶・十三逢苦要无怨・十四不固執善悪・十五栄光因縁来』になります。語源は中国清代の満族文学家、文康の言葉で、「一命・二運・三風水」が基本となり、後代に様々な人が付け加えたものです。

 

そこで、今回の記事のテーマが『立命の為』であるため、下の三か条を省きました。 

下の三か条ですが、『十三逢苦要无怨・十四不固執善悪・十五栄光因縁来』は、訳と解釈が極めて難しく奥深いものです。

 

十三、『辛いことが多く有っても文句を言わない』

十四、『自分なりの価値観や目の前の結果のみに固執してはいけない』

十五、『幸福の定義は人それぞれであり、それに合った縁を持つことになる』

 

繰り返しますが、深い内容ではありますが、『立命の為』には合わないため省かせて頂ました。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

立命の為のその二『運』とは? リアル還暦180年で時代は繰り返す!

5d2deeff553ff7466d5d39bff9a934ca_s.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼沢風大過 初爻変

 

暴風雨に見舞われ、家が傾いています。

重すぎる荷物を抱える非常時です。

沈着冷静な判断を心がけましょう。

不屈の精神が肝心です。

冷静に対応すること。

受身の姿勢であることが功を奏します。

過剰なくらいの丁寧な対応を心がけましょう。

人をもてなす心を忘れないように。

控えめな行動が必要なです。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・報告書作成

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

「開運合宿in広島」の開運効果は素晴らしく、ここ5日間で多くの幸運の女神に出会わさせて頂感謝です。メルマガ・ブログ読書の皆様に特別の早目の情報ですが、次回は7月14日南東です。私も某所主催の講師として7月14日「開運合宿in 千葉」に参加致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

6月10日 NPO定例勉強会in渋谷

6月17・18日 開運合宿in 韓国

7月14・15 開運合宿in千葉

 

 

<ワンポイントレッスン>

■立命の為のその二『運』とは? 暦について

 

自然現象の一定法則を見つけ出す為に考案されたものが『暦』です。気の流れのサイクルを推し量るための基準になるものが、十進法の記号である十干(じっかん)、十二進法の十二支(じゅうにし)、九進法の紫白星(しはくせい)です。

十干は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」、

十二支は、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

紫白星は、「一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫」

になります。各々が、一年毎、一月毎、一日毎、一刻毎に変化します。

十干と十二は、上記の順番で、紫白星だけは一白から始まり九紫・八白と遡ります。

例えば今年2017年は、『丁・酉・一白』で来年2018年は、『戊・卯・九紫』です。

この十進法の十干・十二進法の十二支・九進法の紫白星の3つの組み合わせが再び同じ並びになるのは、10・12・9の最小公倍数である180年後になります。

よって、気のサイクルは、180年で一巡と考えられました。

 

180年サイクルの起点になるのが全ての進法の最初である『甲・子・一白』でが、これが揃ったのは、近年ですと西暦1864年で、日本では、池田屋事件があった年です。

また、函館に洋式城の五稜郭が完成した年でもあります。

 

この気のサイクルを秦の始皇帝の時代から研究分析し、法則性を発見し今に受け継がれています。その気のサイクルが自分自身にどう影響するのかを知り、有効利用するのが立命ともいえます。

 

そして、暦の概念でもう一つ重要なのが太陽の運行サイクルと気候との関係性です。このことについて次回解説致します。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

1  2  3

PAGE TOP