ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水師の日常 > 顧問先経営者に学ぶ! 積陰徳
風水師 山田光復の鑑定日記

顧問先経営者に学ぶ! 積陰徳

sibirery.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢水困 上爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

挑む道は険しく進めば傷を負うことに。

動く程に辛く苦しい状況に陥ります。

目的地を確認し覚悟して進みましょう。

困難は進む事でのみ突破できます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■NPO定例勉強会(風水総合羅盤講座)・個別相談

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、顧問先の打ち合わせが4件ノンストップで続きました。

業種も規模も全く違う4社ですが、社員一人一人に心を配る社長のお気持ちは同じです。

会社経営の動機も様々なですが、人として成長出来るスピードの速さは、経営者の特権です。がむしゃらに経営していく所産として人格的成長があることを実感しますし、これぞ積陰徳の本質であると確信致しました。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年6月9日 NPO定例勉強会(風水総合羅盤講座)

2018年6月23日 『風水の源流を訪ねて in 明日香村』(募集開始)

2018年7月9・10日 開運合宿in千葉(募集中)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■顧問先経営者に学ぶ! 積陰徳

 

今月から顧問契約をさせて頂いた企業経営者が最初の打ち合わせに来られました。

多くの経営者と御縁を頂戴しながら自分自身も多くのことを学ばせて頂、感謝と喜びの日々です。

 

成功の為の15か条を提供させて頂くのが弊社最大のコンテンツです。

 

その中で『積陰徳』があります。

陰ながら徳を積むということですが、徳自体が対象があるものですから『陰ながら』徳を積むことは実際には難しいものです。

実は、『積陰徳』とは、陰ながら徳を積むという意味よりも、本質は『常に、当たり前に、通常、日常的に』徳を積むといことです。板に着けるとういうイメージです。

『徳とは、周囲に良い影響を与えようと努めること』です。

 

昨日来られた某経営者は、大変シビレル男でした。

起業し僅か5年で20億企業に急成長させてきています。

 

その成長の起点になったのが、目の前の弟の努める会社を救うことでした。

弟さんが務める会社が大変なのを知り、弟さんだけを助けるのではなく、会社全体を助けないと他の従業員が大変なことになる、見捨てることが出来無いと、会社を丸ごと救済するという思いだけで全責任を背負うことを決意した気持ちと心意気を見て、大手企業と金融機関がバックアップすることを約束してくれました。

 

このことが出来た背景に日頃から関わる人を喜ばせたい、誰かの役に立ちたいう思いから、

コンビニでバイトする外国人に声をかけ喜ばせたり、レストランで頑張るバイトの若者に声をかける社長の日常があります。

 

成功したいから徳を積むでは、本当の意味での『積陰徳』にはならないようです。

 

シビレル男に感謝です!!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

PAGE TOP