ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水コラム > 『時流に乗る!』14  壬の年
風水師 山田光復の鑑定日記

『時流に乗る!』14  壬の年

zin00.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢水困 二爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

不遇の時が続き不平不満が募ります。

本来の才能を開花するには機を待つこと。

進んで求めても得られるのは失望ばかり。

心して待てば好機は訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■新築コンサル・自社ビル建築コンサル・事務所移転開所式 

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

専門的にはなりますが、本日8月8日13時から15時は、

玄空大卦擇日法による開所式に相応しい日時です。

顧問先法人、経営者が各所で開所式を行います。

この時間帯だけ雨風が収まることを期待致します!

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年8月11日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座  座学

2018年9月8日  内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 陽宅実技

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『時流に乗る!』14  壬の年

                                                                                      

『壬』の年は、西暦の1の位が『2』の年になります。

近年では、2022・2012・2002年・・・となります。

 

『壬』の象形は                                                             

実を取り込み収穫物で家の蔵が膨らむ様相です。

『壬』の年は、完熟した実であり多くの種を内包している状態です。

人間で例えるならば妊婦、妊娠してお腹の中に生命を孕んでいる様です。

 

壬の意味は、『実りと準備』です。

今までの苦労が報われると共に次世代の準備です。

しかし、悪い種を蒔いていたとすれば悪い実を結び、

良い種を蒔いていたとすれば悪い実を結びます。

実ってみて初めて分かることも多くあります。

 

この事が『壬の時流』になります。

結果を出すという一つの区切りをつけることを必要とされる年です。

結論が出る審判の時といえます。

結果を曖昧にすると時流に乗り損なってしまいます。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ベストフォーチュン

問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1

公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune

FB https://www.facebook.com/kouhuku

公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

PAGE TOP