ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水コラム > 『時流に乗る!』15  癸の年
風水師 山田光復の鑑定日記

『時流に乗る!』15  癸の年

ki01.jpg

 

<本日の心構え>
▼雷地豫 四爻変
 
豪快な雷鳴と共に大地が揺れています。
激しい音と共に身も心も震えます。
周囲の喧騒に心は喜びに満たされます。
流れに乗り積極的に挑戦しましょう。
賑やかな空気に誘われ人々が集まります。
疑わず誠実丁寧に対応をすること。
快い仲間と貴重な協力者を得ることに。
成功と繁栄への道を教えてくれます。
 
※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!
 
 
<本日の活動予定>
■風水顧問現地調査・夕食懇親会
■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku
 
 
<本日のつぶやき>
古き良き時代であれば、いつまでも受け継げられていくはずです。
失われてしまうには明確な理由があります。
『これ位のパワハラやセクハラは昔は良くあった!』
と良く解らない正統性を訴える話をよく耳にしますが、
昔から悪いことは悪いことです。表面的には問題にならなかったかもしれないが、
大きなシコリを残し続けたことは間違いありません。
 
 
<イベント・セミナー情報> 
2018年8月11日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座  座学
2018年9月8日  内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 陽宅実技
2018年9月21日 風水講演in北海道
2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島
2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学
2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光
2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪
 
 
<ワンポイントレッスン>
■『時流に乗る!』15  癸の年
 
『癸』の年は、西暦の1の位が『3』の年になります。
近年では、2023・2013・2003年・・・となります。
 
『癸』の象形は
四鉾と称すホコで、畑を耕す様相です。
『癸』の年は、完熟した実より取り出した種を蒔くための準備のため、
畑を測量し耕し蒔くまでの一連の流れの期間です。
 
癸の意味は、『種蒔き』です。
種を蒔くためには、土壌の分析が必須です。
硬ければ耕す、栄養不足であれば肥料を添付させる必要があります。
種に合わせた土壌作りが最終的な実りを決定させます。
 
この事が『癸の時流』になります。
一揆の『揆』の字は、手偏に『癸』です。
測量は、手作業であることを教えてくれています。
 
また、癸は十進法の最後ではありますが、甲への準備です。
最後は最初に繋がり、暦は循環します。
 
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社ベストフォーチュン
問い合わせ http://www.kouhuku.com/contact/?id=1
公式ブログ http://ameblo.jp/bestfortune
FB https://www.facebook.com/kouhuku
公式メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001647497.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
 
 
PAGE TOP