ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水コラム > 二十四節気「寒露」の風水術
風水師 山田光復の鑑定日記

二十四節気「寒露」の風水術

kanro00.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 三爻変

 

山頂付近では雷鳴が激しく轟いています。

登るには多くの危険と困難を伴います。

麓に居る限り身の安全は守られます。

何事にも慎重を期す対応をすること。

周囲は危険な道を進もうとしています。

誘惑に負けると災難に巻き込まれます。

甘い誘いは断り悪縁は断つこと。

場に浮いても身は堅く守りましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■報告書・資料作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨今、スポーツ業界で暴力問題が問題視されているが、どう考えて暴力を容認する親の問題かと思います。

巨人の星を初めてとするスポコン漫画の責任も重大かと。

親が子供を殴る、監督コーチが選手を殴る、国民名誉賞を受けた長嶋氏ですら巨人監督時代に失敗した選手をボコボコにする。日本全体の感覚が麻痺していたと言い切ることが出来る。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「寒露」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

 運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から約15日間が二十四節気の『寒露』です。

この期間は、二十四方位の『辛』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『肺経;手太陰肺経(てのたいいんはいけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は卯の刻(午前3時~午後5時)です。

肺を守るためのおすすめ食養・漢方

水とビタミンCを摂取する、アーモンド

風邪の初期「天津感冒片」

咳止め:痰が多いとき「大根+蜂蜜」、痰が少ないとき「梨+蜂蜜」、長く続いて弱ったとき「干し柿3個と蜂蜜を煮たもの」

 

この『寒露』の期間に、

『肺の部分が膨張し、咳が出る、鎖骨の上部が痛む、手を組むと眼が霞む』

等の症状が出た場合、家の内外の『辛』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、酉の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『辛』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り90度の285度の左右7.5度合わせた15度が『辛』の方角になります。

PAGE TOP