風水師 山田光復の鑑定日記

PPM

PPM.jpg

 

<本日の心構え>

▼火山旅 初爻変

 

壮大な山々に夕日が静かに沈みます。

陽も弱くなり周囲は次第に暗くなります。

旅先で夜を迎え不安を抱き始めます。

落ち着く先を決め明日に備えましょう。

旅先で打算的になり本質を忘れています。

出費を抑え不満と危険を得ることに。

心から休めず疲労ばかりが残ります。

旅に出た目的を見直しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■off3/3

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

月休3日制三日目です。

顧問先とは通常対応になります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■PPM

 

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの略称。

1970年代にボストン・コンサルティング・グループが提唱した、

経営資源を最適に配分することを目的としたマネジメント手法で、

製品系列を整理して『選択と集中』を行う為の分析ツールです。

 

『市場成長率』が高ければ成長についていくために支出が増え、

低ければ支出は減ります。

『市場占有率』が高いほど生産コストが下がり利益が出ます。

 

この2つの経験則から、2×2のポートフォーリオ・マトリックを作れば、

金の出入りで収取選択の指針を得ることが出来ると考えられたものです。

 

・『金のなる木』で資金源になる。

(低成長・高占有)⇒(低支出・高収入)

・『花形』でシェアを維持出来れば金のなる木になる。

(高成長・高占有)⇒(高支出・高収入)

・『負け犬』撤退すべき。

(低成長・低占有)⇒(低支出・低収入)

・『問題児』努力次第で負け犬にも花形にもある。

(高成長・低占有)⇒(高支出・低収入)

 

これで、投資や撤退の指針にするものです。

 

とはいえ、これは経験則であり分析ツールとしては良いが、

方程式にはなり得ないため普遍的再現性は低く、限界も指摘されています。

PAGE TOP