風水師 山田光復の鑑定日記

2019年己亥歳セミナーvol.20 読書

21.jpg

 

<本日の心構え>

▼地雷復 二爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

環境は安定し余裕が生まれます。

慈愛の精神で周囲に応対しましょう。

傷ついたものも時間と共に修復されます。

初心を忘れず本領を発揮しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■年末年始off

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

大晦日から1月6日まで年末年始offを頂戴します。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月31日から2019年1月6日 年末年始off

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.20 読書

 

 

読書百遍義自ずから見る

(どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる)

魏の学者董遇が、弟子入りを申し込んだ者に対して言った

「読書千遍、其の義自ら見る」から。

※出典『三国志』魏志-董遇・裴松之注

 

多くの本を読めばよいというものではなく、良い書物を熟読することに意味があるという乱読を戒める意味を含む。

 

読書に関する格言・ことわざ等は世界中で多くあります。

 

「すべて良き書物を読むことは、過去の最も優れた人々と会話をかわすようなもの」

:デカルト

「わたしが人生を知ったのは、人と接したからではなく、本と接したからである。」

:アナトール・フランス(詩人・作家)

一冊の本に人生をまるごと変えてしまう力があることを、みんな理解していない。

:マルコムX(黒人公民権運動家)

「真に素晴らしい本は内容以上のことを教えてくれる。その本を置き、仕入れた知恵を試したくなる。読むことで、行動せずにはいられなくなるのだ」

:ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(作家・思想家)

 

運の良い人の共通点として読書は無視出来ません。

 

読書をすると何が良いのか?

その本質について次回お伝えします。(vol.21に続きます。)

 

PAGE TOP