風水師 山田光復の鑑定日記

2019年己亥歳セミナーvol.24 相

25.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼風火家人 三爻変

 

穏やかな風が吹き火は勢いを強めます。

互いに支え合い良い循環が生まれます。

協力が調和を保ち成功へと至ります。

課された役割を誠実に果たしましょう。

火の勢いは安定しても油断が生じます。

時には厳く処断する事も必要です。

内部の問題は早急に対処すること。

中途半端で曖昧な対応は避けましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

開運合宿in鴨川の最終締め切りが本日になります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.24 相

 

東洋の五術と呼ばれるものがあります。

 

命術・相術・卜術・山術・医術

の5つの術です。

 

命術は、生年月日時よりその人の宿命を分析するもの、

相術は、見た目を分析するもの、

卜術は、瞬間の気を分析するもの、

山術は、気の鍛錬をするもの、

医術は、東洋医学です。

 

陰陽思想には、目に見えない『陰』の要素が目に見える『陽』として形状化するというものがあります。簡単に言えば、『内面は外面に現れる』ということです。

 

このことを体系的に研究してきたのが『相術』ということになります。

ある意味、統計的学問ともいえます。

 

具体的には、

掌を分析する手相

顔の作りを分析する人相

地形を分析する地相(地理風水)

名前を分析する名相(姓名判断)

お墓の形状を分析する墓相

等です。

 

これらの吉凶の共通点は、ハッキリしているか否かです。

曖昧なものは良く無いという判断基準があります。

言い方を変えれば『存在感』があるか無いかです。

 

この相が良いものは、良い気を発し、

相が悪いものは、悪い気を発すると考えられています。

この様な観点でも見た目は重要といえます。

その筆頭が『表情』です。(vol.25に続きます。)

PAGE TOP