ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 2019年己亥を分析する > 2019年己亥歳セミナーvol.28 運に拘る経営者
風水師 山田光復の鑑定日記

2019年己亥歳セミナーvol.28 運に拘る経営者

28.jpg

 

<本日の心構え>

▼天風姤 五爻変

 

青空の元に穏やかな風が吹き渡ります。

その風に揺られ甘い香りが漂います。

運命的な出会いの兆しがあります。

慎重に判断し良縁を大事にしましょう。

誘惑に負けない強い意志を持つこと。

覚悟は心に秘め機が熟すのを待つこと。

度量次第で事は至福なものへ転じます。

辛抱強く待つことで朗報が届きます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■NPO定例勉強会・昼食懇親会・個別相談・イベントセミナー

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今晩、顧問先のイベント会社からお招き頂き、

「2019年新春開運セミナー」と題して今年最初のセミナーをさせて頂きます。

初めての方ばかりでワクワク致します!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座

2019年1月12日 2019年新春開運セミナーin銀座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.28 運に拘る経営者

 

松下幸之助(1894年~1989年)

パナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者。

父が米相場で失敗したのち、小学校を中退し、9歳で丁稚奉公に出たが、くじけることなく、多くの経験を糧として商売人としての心得を学んだ。明治43年、開通した大阪の市電が「電気で走る」のをみて、電気事業の将来性を感じとり「電気の世界」へ第一歩を踏み出す。

大正6年、手元資金わずか95円で独立。生活していた狭い借家に工場スペースをつくり、妻と妻の実弟などと改良ソケットづくりをはじめた。厳しい試練をのりこえ、大正7年、本格的に電気器具製造・販売に着手するため「松下電気器具製作所」を創業した。

松下幸之助は、「経営の神様」として国内外でその功績が語りつがれている。

http://iyashitour.com/meigen/greatman/matsushitakounosukeより引用

 

当然弊社の顧問先経者は、皆さん運に拘っていますが、多くの経営者が運に拘っているといえます。その筆頭が経営の神様『松下幸之助』です。

しかも、これまで説明させて頂いた『運』の本質を理解されています。

それを象徴するエピソードがこちらです。

 

松下幸之助さんが面接の最後に必ず「あなたは運がいいですか?」と質問し、「運が悪いです」と答えた人は、どれだけ学歴や面接結果が良くても不採用にしました。

その理由も明解です。「運が良い」と答える人は周囲に感謝している人だと語られています。

 

成功して幸せになるわけではありません。幸せな人が成功します。

周囲に感謝出来る人は幸せな人です。

 

採用するならビジネスパートナーにするなら、

答えは松下幸之助と同じ結論が良さそうです。

 

(vol.29に続きます。)

PAGE TOP