ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座24「先天八卦と太極図」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座24「先天八卦と太極図」

eki24.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『貴方を支配するものは他人ではなく、貴方自身なのです。』易卦:雷沢帰妹 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月16日 西

3月17日 北

3月18日 北

3月19日 北

3月20日 東

3月21日 北

3月22日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

究極の一人芝居『落語』

プレゼン能力を高める為におススメです。

小泉新次郎氏がファンであることも頷けます!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年3月20日 経営デザイン

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座24「先天八卦と太極図」

 

先天八卦の生成過程で、

太極から発生した「両儀」の

陽から発生した『乾・兌・離・震』を陽卦と称し分類し、

陰から発生した『巽・坎・艮・坤』を陰卦と称し分類します。

 

また、先天八卦の発生の順序としても、

『乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤』になります。

 

この順番を基準に、先天八卦の配置に並べていくと、

陽卦は、『乾:南、兌:南東、離:東、震:南東』で、

南から逆行していきます。

 

陰卦は、『巽:南西、坎:西、艮:北西、北:坤』で、

南西から順行します。

 

この様相をまとめると、

『陽卦は天に法って逆行する已生の卦、

陰卦は地に象って順行する未生の卦』と称します。

 

先天八卦は、陰陽相互が抱き合う様相し、太極図そのものの象徴、

陽卦は天体の旋回、陰卦は地球の気場の旋回を感ずることを示しています。

 

※この天(天体)の動きは北半球における、

北極星を中心とした反時計廻りの動きです。

PAGE TOP