ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座32「洛書伝説」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座32「洛書伝説」

eki32.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『どんな種類の否定的考えでもそれを抱くことは一切拒否しなさい。』易卦:火天大有 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

良い場所を発見出来た時の喜びはこの上無いことです。

風水師冥利です。

 

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座32「洛書伝説」

 

中国は、大洪水に見舞われ、人々は流浪して四散しました。

 

神話上の帝王で夏朝の創始者『大禹』は、

危機に臨んで命令を受け、結婚して4日目だったが人々を率いて

治水に赴き、自分の家を顧みることなく没頭した。

しかし、様々方法を使っても治水の明暗が見つからなかった。

 

そんなある日、五色の神亀(しんき)が洛水から出てくるのを見つけた。

その甲羅に文字のようなものがあった。

この文字を参考に考案された自然万物宇宙の法則の図案が『洛書』です。

「書経」の中では『洪範』と称されているものです。

 

左前足元「四」首元には「九」右前足元「二」

左脇腹元「三」甲羅中央「五」右脇腹元「七」

左後足元「八」尾元には「九」右後足元「六」

 

整理すると

 

4・9・2

3・5・7

8・9・6

 

これが『洛書』です。

PAGE TOP