ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座80 「64卦分析;小畜」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座80 「64卦分析;小畜」

eki80.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『貴方はあらゆることの繁栄の源を持っています。』易卦:雷地豫 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月22日 東

5月23日 南東

5月24日 北西

5月25日 西

5月26日 北西

5月27日 北

5月28日 南                                                                                                                    h

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン2件・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

見た目は極めて重要ですが、それは着飾ることではありません。

『表情』とは、『情』が『表』れたものです。

折角良い表情をしているのに、着飾ることで反対に表情が失われている人もいます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月24日 『経営デザイン』

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座80 「64卦分析;小畜」

 

第九卦

卦名:『小畜』 構成:上卦「巽」・下卦「乾」

和名:風天小畜(ふうてんしょうちく)

卦辞:「小畜、亨。密雲不雨。自我西郊。」

小畜(しょうちく)は、亨(とお)る。

密雲(みつうん)あれど雨(あめ)ふらず。

我(わ)が西郊(せいこう)よりす。

 

Keyword:小さな蓄積・小さな障害

 

自然事象:

上卦の「巽」が風、下卦の「乾」が天で、

風が天にあるのに、まだ雨が降らない様相です。

天に雨が蓄えられているので小畜です。

 

解説:

陰爻は六四の一つしかなく、陽が大過で陰が不足そている形象です。

よって、企図は旺盛であるが能力が不足してしまいます。

能力に限りがあるので、成すべきことを行う場合、

暫くは停頓せざるをえない。

それゆえ、『小畜(しょうちく)は、亨(とお)る。密雲(みつうん)あれど雨(あめ)ふらず。』

西郊を黒雲が覆い、大雨になりそうなのに、まだ降らない形象になぞらえる。

『我(わ)が西郊(せいこう)よりす。』

ユウ里から見れば周は西方に位置するので「我」と称します。

「西」は陰の方位で、能力不足をも象徴するが、文王がユウ里に囚われ、

卦辞を演べていたときには、この様な情況にあっていました。

しかし、その停滞は一時的なものであり、行動を阻止するには充分ではなく、

間も無く順調に進むことが出来、大雨が襲来することを予知しています。

 

次卦への連動:

物産が蓄積されれば、礼儀をもって節制しなければならず、

礼は必ず人によって履行されるべきなので次は『履卦』です。

『履』は、礼と発音が同じです。

PAGE TOP