ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座84 「64卦分析;泰」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座84 「64卦分析;泰」

eki84.jpg

 

<本日のメッセージ> 
『家族間の一時的な感情の爆発は悪いことではありません。』易卦:風火家人 三爻変
自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!
※このメッセージは
『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。
 
 
<奇門遁甲:開運方位>
5月26日 北西
5月27日 北
5月28日 南
5月29日 西
5月30日 南東(開運旅行おススメ)
5月31日 南東
6月1日 西
※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!
 
 
<本日の活動予定>
■off1/3
■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku
 
 
<本日のつぶやき>
本日より3日間offを頂戴します。
顧問先の電話・メース・SNS対応は通常通りです。
宜しくお願いします。
 
 
<イベント・セミナー情報>
2019年6月2日 『経営帝王学』スクール
2019年6月8日 NPO定例勉強会
2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊
2019年7月13日 NPO定例勉強会
2019年7月14日 『経営帝王学』スクール
 
 
<ワンポイントレッスン>
■易経講座84 「64卦分析;泰」
 
第十一卦
卦名:『泰』 構成:上卦「地」・下卦「天」
和名:地天履(ちてんたい)
卦辞:「泰、小往大来。吉亨。」
泰(たい)は、小(しょう)往(い)き大(だい)来(き)たる。
吉(きち)にして亨(とお)る。
 
Keyword:太平・流通
 
自然事象:
上卦の「坤」の地、下卦の「乾」が天で、
地が上、天が下にあり、理に合わないように見えるが、
実際には天地が相交わり、陰陽が気脈を通ずる安泰の原理を表わしています。
昔の君主はこの自然の法則に順応するとともに、それを推し広め、
国家の統治に用いて、人民の生活を穏和安楽にした。
 
解説:
『小(しょう)往(い)き大(だい)来(き)たる。吉(きち)にして亨(とお)る。』
「小」は純陰の上卦の坤、「大」は純陽の下卦の乾のこと、
「往く」は外に向かい、「来たる」は内に向かうことです。
坤が外卦にいたれば、「小往く」、乾が内卦にいたれば「大来たる」です。
 
泰卦の主爻は柔順中庸の六五であり、
陽爻の中心は空虚で、九二とも応ずるので、
山谷のように深い謙虚な心の君子をも象徴します。 
 
次卦への連動:
万物は終始順調ではありえないので、次は『否卦』です
「否」は壊や遮断の意味です。
PAGE TOP