ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座87「64卦分析;否」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座87「64卦分析;否」マーフィー的解釈

eki87.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『澄みきった青空の中で遊ぶ自分を想像しなさい。』易卦:火風鼎 五爻変 

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月29日 西

5月30日 南東(開運旅行おススメ)

5月31日 南東

6月1日 西

6月2日 南西

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)                                                                                  

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・夕食懇親会in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、久し振りに妻と『釣りデート』でした。
ビジネスも釣りもマーケティングは極めて重要です。

鰯と鯵を二人で100匹以上釣り上げ、アンチョビーとなめろうを仕込みました!

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座87「64卦分析;否」マーフィー的解釈

 

第十二卦

卦名:『否』 構成:上卦「乾」・下卦「坤」

和名:天地否(てんちひ)

 

『易経』には「大往き小来る」と書かれています。

否は否定の否であり、通じない、ふさがるという意味です。

 

自分の希望や計画がなかなか達成しないことを暗示しています。

全てが正常な状態ではなく、仮に自分で正しい、絶対に大丈夫と思うことでもなぜかダメになる、いわゆるツキがないといのがこれです。

 

ツイていないのですから消極的になったほうがいいのでしょうか。

 

確かに気がおとろえているのですから行動は控えめのほうがいいでしょう。しかし、消極的になるのはよくありません。一度貴方の理想を設定したら、怒りとか批判とか悪罵とかを問題にせずに、それに忠実でいることです。

 

貴方の心の掟と善意、正直さ、誠実さにもとづいた生活の型に断固として忠実でありなさい。ツキのなさ、運の悪さを口にすることは貴方の潜在意識の働きを否定することです。

本心はそれでも忠実に働きますが、その方向は貴方自身が今口にしているツキのなさの方向なのです。

 

このメカニズムはたいへん恐ろしいものです。

貴方は不運を望むつもりはなくても、自分自身でそれを望んでいるのと同じことだからです。

この卦がでたら、自分自身が試されている、と考えていいかもしれません。逆境、苦労の多い時に貴方は何を考え、どう行動するのでしょうか。

 

そこで必要なのは知識ではなく知恵です。苦労が人を育てる、という言葉を思い出し、勇気をもって現状打開に取り組むことです。

PAGE TOP