ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座103「64卦分析;観」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座103「64卦分析;観」マーフィー的解釈

eki103.jpg

<本日のメッセージ> 

『自足の感覚を養いなさい。』易卦:水沢節 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

6月22日 南東

6月23日 西(開運旅行におススメ!)

6月24日 北西

6月25日 北西

6月26日 北西

6月27日 南東

6月28日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

第23回 米中貿易戦争、追加関税を帝王学的にみると、、、UPさせて頂ました。

http://kouhuku.cielabo.com/2019/06/21/%e7%ac%ac23%e5%9b%9e%e3%80%80%e7%b1%b3%e4%b8%ad%e8%b2%bf%e6%98%93%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%80%81%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e9%96%a2%e7%a8%8e%e3%82%92%e5%b8%9d%e7%8e%8b%e5%ad%a6%e7%9a%84%e3%81%ab%e3%81%bf%e3%82%8b/

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年年7月4・5日終日 開運合宿in小湊

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座103「64卦分析;観」マーフィー的解釈

 

第二十卦

卦名:『観』 構成:上卦「巽」・下卦「地」

和名:風地観(ふうちかん)

 

この卦は衰運、変動を暗示しています。

 

観とは「観察」「見ること」をあらわし、「よくものごとを見つめよ」と教えています。

ただし、ここでいう「見る」というのはカメラのファインダーをのぞくようにただ見るというのではなく、心の目で広く、正しく知恵を働かせて観察せよ、ということです。

 

ものごとがうまくいかないときは特にそうですが、見方や見え方近視眼的になりがちです。それに自分で気がつかないために、「見た」「間違いない」と思ってしまいますが、それはかなりいいかげんで、間違いが多いものです。

 

この卦のポイントは「熟考する」ということですが、じっくりと観察する、観察したものから自分のとるべき道を選択することまでを含みます。それも固定されたものを見るのではなく、変化を見るのです。変化を見て、そこから自分の行動指針を選択するには自分の潜在意識に頼るのが一番です。

 

というのは、変化は理性的解釈でとらえきれるものではないからです。

 

「わたしを呼び求めよ。そうすればわたしはあなたに答える。そしてあなたの知らない、隠されていることをあなたに示す」(聖書)「観」は見て考えることであり、それは観察したことを材料に熟考することなのです。

熟考すれば行動は制御されます。しかしそれでいいのです。行動よりもそれに先立つ思考のほうが、潜在意識の活用のために重要だからです。

 

貴方の心の声、メンタルシグナルを受信するためには、何ものにも惑わされることのない心眼を開くことが重要です。熟考の末の行動は、この場合吉となります。逆の時は凶、慎重さが望まれる時です。

PAGE TOP