ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座112「64卦分析;无妄」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座112「64卦分析;无妄」

eki112.jpg

<本日のメッセージ> 

『自分を好きになるよう振る舞うこと。』易卦:沢山咸 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

7月09日 西

7月10日 南西

7月11日 西 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■zoom会議、師弟打ち合わせ、風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は朝8時から夜8時までノンストップです。
気合を入れて頑張ります!!開運合宿の効果は絶大です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座112「64卦分析;无妄」

 

第二十五卦

卦名:『无妄』 構成:上卦「乾」・下卦「震」

和名:天雷无妄(てんらいむぼう)

卦辞: 「无妄、元亨。利貞。其匪正有{生目}。不利有攸往。」

「无妄、元亨。利貞。其匪正有{生目}。不利有攸往。」

无妄(むぼう)は、元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

それ正(せい)にあらざれば{生目}(わざわい)あり。

往(ゆ)くところあるに利(よ)ろしからず。

 

Keyword:客観的な法則

 

自然事象:

上卦の「乾」が天、下卦の「震」が雷で、

天の下に雷がある形象です。

陰陽の作用で万物を創生させて落ち着かせる象です。

 

解説:

『无妄(むぼう)は、元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

古代の君王は、この精神にもとづいて、季節を推移させ、

万物の本性に順応させ、気が付かぬまに万物を育みました。

その内卦の震が動、外卦が剛健である。

 

九五と六二が応じ、剛柔が位を得て、非常に順調である。

『それ正(せい)にあらざれば{生目}(わざわい)あり。往(ゆ)くところあるに利(よ)ろしからず。』

それゆえ、「偉大・順調・穏和・堅固」という4つの徳が具わる。

しかし、正義を堅持することがその前提であり、

さもなければ天の加護を受けられず、弊害が生じます。

 

次卦への連動:

无妄であれば、実地を踏査し、蓄えを増やせるので、

次は「大畜卦」であるが、畜は蓄にほかならない。

PAGE TOP