ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座113「64卦分析;无妄」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座113「64卦分析;无妄」マーフィー的解釈

eki113.jpg

<本日のメッセージ> 

『現状に固執していると損失と失敗を招くでしょう。』易卦:火雷噬嗑 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

7月10日 南西

7月11日 西 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、弟子と顧問先に支えられていることを実感した一日でした。

ポットキャスト『山田光復の風水経営コンサルタントの現場聞くだけで開運ラジオ』

第26回 大阪経営帝王学スクール生の感想(第2回まで受講) at 7月開運合宿

UP致しました!

http://kouhuku.cielabo.com/

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座113「64卦分析;无妄」マーフィー的解釈

 

第二十五卦

卦名:『无妄』 構成:上卦「乾」・下卦「震」

和名:天雷无妄(てんらいむぼう)

 

妄 (もう)は妄想、妄執、妄言などの妄で、「実体のないもの」「嘘」「偽り」「まやかし」など悪い意味の言葉です。

 

これに対し无( む)は「無」ですから、无妄とは虚妄なきことをあらわし、むしろ天然自然のままの状態、つまり無邪気さに通じるわけです。

 

それでは無邪気とはどう解釈したらよいでしょうか。まず言えるのは、無邪気とは悪意や作為がないということです。子供のようにまだ世間をしらないところがあります。ですから何も逆らわずに、ごく自然の人間の本性のおもむくままに振る舞い、結局はそれで成功するのです。

 

つまり何にも逆らわずに、自然のままに行動すればよいということで、そこに大人の打算や作為、我欲などがまじると、せっかくの吉運が逃げてしまいます。

 

ただただ、天体の運行に身を任せ、身を正しくしていなさいということです。

 

これを別の観点から見れば、作為的な努力はいくらしても無駄、その努力と成果は比例しない、ということでもあります。このあたりがこの卦の難しいところです。実際問題、そう無邪気になれるものではなく、迷い悩むことのほうが多いかもしれないのです。

 

しかし潜在意識の力は、どちらかというと無邪気なほうが発揮しやすいのです。自分の内なる力を信じたら、それを子供のように疑わず、ただひたすら努力するタイプが偉大な成果を収めていることは歴史が証明しています。

 

大人が無邪気になれないのは予見というものがあるからです。それまでの知識や経験から割り出した予見、これが障害となってしまうのです。予見がよい方向に感じられるときはまだしも、悪い方向に感じられるとき、貴方は子供に帰って何も考えないことが必要であるのかもしれません。

PAGE TOP