ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座114「64卦分析;大畜」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座114「64卦分析;大畜」

eki114.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『愛、親切、調和、平和を念じなさい。』易卦:山沢損 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

7月11日 西 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

7月17日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件・個別相談2件・風水羅盤個人レッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『自分が経験した全てがスキルになるため成敗は拘らない。』

『自分が成長した分だけ顧客満足度を上げることが出来る。』

どんな仕事も同じですが、特に風水師はダイレクトです!

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座114「64卦分析;大畜」

 

第二十六卦

卦名:『大畜』 構成:上卦「艮」・下卦「乾」

和名:山天大畜(さんてんたいちく)

卦辞:「大畜、利貞。不家食吉。利渉大川。」

大畜(たいちく)は、貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

家食(かしょく)せずして吉(きち)なり。

大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。

 

Keyword:水源の開拓・用水の節約

 

自然事象:

上卦の「艮」が山、下卦の「乾」が天で、

天が山の中に含まれている形象を表し、

大きな蓄財があります。

 

解説:

『大畜(たいちく)は、貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

正道を堅持しなければ発展出来ない。

 

『家食(かしょく)せずして吉(きち)なり。』

自ら田畑を耕すことに満足せず、明主に身を投じて功業を樹ち立てるべき。

 

上卦の艮の中爻の六五は九二と応じており、

下卦の乾が天であるので、天に応じて道を行えば克服出来ないいかなる困難もない。

 

『大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。』

六五が谷のように深い謙虚な心を有する君主、

上九が尊崇される賢士を象徴するので、

大川を渉るに利ろしとなる。

 

次卦への連動:

物質を蓄積すれば養い育てることが出来る。

それゆえ、次は『頤卦』で、『頤』は養育を意味します。

PAGE TOP