ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座129「64卦分析;遯」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座129「64卦分析;遯」マーフィー的解釈

eki129.jpg

<本日のメッセージ> 

『自分を好きになるよう振る舞うこと。』易卦:沢山咸 五爻変 

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

8月09日 北西

8月10日 西

8月11日 南東

8月12日 南

8月13日 南西

8月14日 北

8月15日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

炎天下での陰宅風水の現地調査は、なかなかのものでした!

ただ、お墓を立派にしたから良いことが起こるということはありません。
供養の本質は、ご先祖様の気持ちに寄せることが出来るかです!!

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年8月10日 NPO定例勉強

2019年8月11日 『経営帝王学講座』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座129「64卦分析;遯」マーフィー的解釈

 

第三十三卦

卦名:『遯』 構成:上卦「乾」・下卦「艮」

和名:天山遯(てんざんとん)

 

遯 とんには「退避」「退却」「逃れ退く」という意味があり、この卦は「撤退することで吉となる」ものです。

 

撤退は攻撃よりも難しいものです。調子のよい時に攻撃、攻勢に出ることは誰にでもでき

ます。問題は、攻撃か撤退かの岐路に立たされた時、おびえ逃げるのでなく、整然とした撤退ができるかどうかということです。

 

今貴方が意欲に燃えて山に登ったとします。まだ目的地には到着していませんが少し気になることがあります。それは天候異変への準備が足りないことです。しかし今のところは快晴で天侯が崩れる心配はありません。しかも意欲は満々であり、目的の頂上にたどり着くまでは頑張りたいと思っています。

 

こういうときに撤退することは非常に難しいものです。

 

ですが、この卦は「今は前進する時ではない」といっています。こういうときに引き返すことができるかどうか。

「勝ちが見えないときは最大損失を避けよ」という考えがあります。撤退か進撃かには大局をみる目がなければなりません。大切なのは退却にあたって「それまでかけた努力」にこだわってはいけないということです。

しかし、「せっかくここまで来たのに」と、それをしたくないというこだわりが頭をもたげてくるのです。こういう気分になると撤退は「したくない」という方向に傾斜していきます。これが一番危険なところで、そういったこだわりのために壊滅的な打撃を被ることになるのです。

 

「撤退をうまくできる人間は一流である」

といいます。

 

攻撃ばかりで撤退のできない人間は二流でしかないのです。貴方の潜在意識は決して間違うことはありません。理性がこだわっても本心の声に耳を傾けて、速やかに撤退をするべきです。それが勝利と成功への早道です。

PAGE TOP