ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座164「64卦分析;震」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座164「64卦分析;震」

eki164.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『貴方の中にある利己主義をいますぐ追放しなさい。』易卦:風雷益 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月4日 北東

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

10月7日 北

10月8日 南西

10月9日 東

10月10日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・落語鑑賞

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

プレゼン能力を磨くには『落語』が一番です!

究極の一人芝居は、場の作り方を学ぶことが出来ます。


 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座164「64卦分析;震」

 

第五十一卦

卦名:『震』 構成:上卦「震」・下卦「震」

和名:震為雷(しんいらい)

卦辞:「震、亨。震来{{小日小}虎}{{小日小}虎}。笑言唖唖。震驚百里、不喪匕鬯。」

震(しん)は、亨(とお)る。

震(しん)の来(き)たるとき{{小日小}虎}{{小日小}虎}(げきげき)たり。

笑(しょう)言(げん)唖唖(あくあく)たり。

震(しん)は百里(ひゃくり)を驚(おどろ)かせども、

匕鬯ひちょうを喪(うしな)わず。

 

Keyword:警戒・震動

 

自然事象:雷が二つ重なっており、天の怒り、轟く雷鳴を象徴します。

 

解説:純陰の坤卦と純陽の乾が最初に交わったもので、落雷、震動、長男などを象徴します。

 

震卦は、大地を象徴する坤卦の一番下に一陽が生じて大地を震動させるので、

『震(しん)は、亨(とお)る。震(しん)の来(き)たるとき{{小日小}虎}{{小日小}虎}(げきげき)たり。笑(しょう)言(げん)唖唖(あくあく)たり。』

 

地震を象徴し、地震が来ると人々は驚き恐れます。

教訓を汲み取り、恐懼自戒しなければ談笑することが出来ない。

 

『震(しん)は百里(ひゃくり)を驚(おどろ)かせども、匕鬯ひちょうを喪(うしな)わず。』

地震は、百里四方の人々が驚き恐れるほど恐ろしい。

 

匕は酒匙、鬯は黍酒で鬱金を浸して地上に撒き、その香りで神を降臨させ、長男は祭祀を主宰し地震が起こっても手中の酒匙を落とさなかった。

 

祭祀を主宰する長男が平素から恐懼自戒していれば、地震が起こっても落ち着いていられることをいう。

 

次卦への連動:

万物はいつまでも動いていられず、停めて休ませなければならないので、

次は『艮卦』であり、「艮」は止を意味します。

PAGE TOP