ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座176 「64卦分析;巽」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座176 「64卦分析;巽」

eki177.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『志の堅固な者は神様に守られます。』易卦:風天小畜 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月18日 南西

10月19日 北

10月20日 南東

10月21日 南東

10月22日 北東

10月23日 北西

10月24日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・新築コンサル打合せ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

風水は、安心安全な環境を探し作るための生活の知恵ともいえます。

風水は良いが危険な場所ということは有り得ません。又は、危険だけど風水的には良い場所ということも有り得ません。生活の知恵として風水を学ぶのも宜しいかと思います。

5年前に監修させて頂いた

『そなえる防災風水―もしものときの厄除け!リスクを減らす 家族の安全を守る!』

目を通して頂ければ嬉しく思います。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座176 「64卦分析;巽」

 

第五十七卦

卦名:『巽』 構成:上卦「巽」・下卦「巽」

和名:巽為風(そんいふう)

卦辞:「巽、小亨。利有攸往。利見大人。」

巽(そん)は、小(すこし)く亨(とお)る。

往(ゆ)くところ有(あ)るに利(よ)ろし。

大人(たいじん)を見(み)るに利(よ)ろし。

 

Keyword:謙遜・進入

 

自然事象:

上卦の「巽」が風、下卦の「巽」」も風で、風が次から次へ吹き従う、形象です。

 

解説:

風はどこにでも入り込み、大地を吹き払います。

君子はこの精神を見習って、自己の品行を完全なものにし、人民を風に吹き払われる草のように感化しなければならない。

「巽」はもともとは台の上の物が置かれていることを意味するが、同音の「遜」の仮借として用い、謙遜という意味もあります。

 

同様に自然の理に従順であれば事物の中に入り込みやすいので、入るという意味があります。

 

『巽(そん)は、小(すこし)く亨(とお)る。』

巽は陰卦であり、初六の陰爻を主爻とするが、陰は柔で動かされるので、「少しく亨る」ことしかできない。

 

『往(ゆ)くところ有(あ)るに利(よ)ろし。』

 

陰が陽に従順であることは自然の道理なので、前進すれば宜しきを得るのである。

 

『大人(たいじん)を見(み)るに利(よ)ろし。』

しかし、従順になるにも対象を選択するべきで、無批判に従ってはならない。

偉大な人物に従順であってこそ、宜しきを得るのである。

 

次卦への連動:

入り込めば喜ぶので、次は『兌卦』であり、「兌」は喜びを意味します。

PAGE TOP