ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座187 「64卦分析;小過」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座187 「64卦分析;小過」マーフィー的解釈

eki188.jpg

<本日のメッセージ> 

『激しすぎることに注意しなさい。』易卦:雷山小過 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月31日 北西

11月01日 西

11月02日 北東

11月03日 北西

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■エクゼクティブコースレッスン・風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

人を許せる人は強い人です!

昨日は、それを強く学びました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月1日 『BestFortuneClubs in日本橋』

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座187 「64卦分析;小過」マーフィー的解釈

 

第六十二卦

卦名:『小過』 構成:上卦「震」・下卦「艮」

和名:雷山小過(らいざんしょうか)

 

ツキがない状態というのは、運がよいようにみえることがあります。運がよいように見えるから、積極的に何かをやり、結果的には失敗する、この卦の状態はそれです。

 

小過とは小なる者ということです。

「小過は亨る」と『易経』にはあります。これは小さいことならうまくいくということで

す。しかし、これが過信を生むのです。勝負ごとで失敗するのはこういう時です。貴方はきっと自分に自信を持ち、また時にも恵まれていると実感しているでしょう。表面の意識ではそう思わなくても心のどこかにそういう気持ちが潜んでいるはずです。それが問題です。

 

いまはじっくりと選択し、判断する時です。しなければならないことはたくさんあるでしょうが、今は簡単なこと、すぐにできること、機が熟したことから取り組むべきです。

 

全体的に大きな無理のない事柄にのみ、積極的に関わりを持つようにしなければなりません。いまは自分の能力からみて、物足りない状態でちょうどいいのです。

 

今はすべてに余裕をもたなければなりません。休息の時ではありませんが、馬力をかけるときでもないのです。

 

積極的な人にとって、万事を控えめにすることは難しいことです。しかしその難しいことをやり遂げる抑制力をこそ、いまは養うべきなのです。

 

貴方が消極的、あるいは勇気のない性格なら、そのことに自信をもちなさい。そういう態度が功を奏するときもあるのです。人生にはメリハリが必要です。今は自信を持って見送る時です。

PAGE TOP