ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座189 「64卦分析;既済」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座189 「64卦分析;既済」マーフィー的解釈

eki190.jpg

<本日のメッセージ> 

『ものを識別する能力を身につけなさい。』易卦:火雷噬嗑 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月02日 北東

11月03日 北西

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■現地調査in秩父

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩の第一回BedtFortuneClubs ~磯部塾~へ

多くの方にご参加頂心より感謝申し上げます。

本当に感動の一夜を過ごさせて頂ました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座189 「64卦分析;既済」マーフィー的解釈

 

第六十三卦

卦名:『既済』 構成:上卦「震」・下卦「艮」

和名:水火既済(すいかきせい)

 

この卦は非常に難しい卦です。

 

「既に成る」という意味なので、貴方が今どんな状態であれ、これから先の大発展は望めないことになります。では、この卦は悪いのかというと、少なくとも成就の芽があるのですから、あながち悪いともいえません。このあたりの解釈が難しいところです。

 

いわば貴方は満ち足りた状態にあるのです。

 

しかし人間の欲望には限りがありませんから、実際に今の貴方がすべての点に対して満足しているとは思われません。

 

そこで必要なのは、まずどんな状態であれ、その点を丸ごと肯定することです。現状を肯定した上で、次の計画や目標をたてます。それは大きくても小さくてもかまいません。とにかく自分の夢や願望を具体的な目標や計画にまでデッサンすることです。そしてその実現のためにできることから着手します。

 

このとき気をつけなくてはいけないことは、あまりはりきらないで少しずつ進めていくことです。時間はたっぷりあります。計画へ向けて出発はしても、エンジンはフルにふかしてはいけません。道は長いと思うべきです。いわばこれから長い期間の旅行に出るようなつもりで、ゆったりと構え、同時に新鮮な気持ちを持ち続けることです。

 

一つの峰を征服し、第二の峰にとりかかりました。しかし、山道を登り始めたけれど、いまは夕暮れで足元がおぼつきません。まだ休む時間ではありませんが、あわてたり焦ったりすることは禁物。今の状態はそういうものです。

 

一般的にはこの卦は始めがよくて終わりがよくないといわれています。「終わりよければすべてよし」にするためには、険しい下り坂を下りる慎重さをもって上り坂に挑むことです。

PAGE TOP