ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座190 「64卦分析;未済」
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座190 「64卦分析;未済」

eki191.jpg

<本日のメッセージ> 

『貴方が黙っていればよいことがやってきます。』易卦:雷山小過 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月03日 北西

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日OFFを頂戴し実家の磐田市で過ごさせて頂ます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座190 「64卦分析;未済」

 

第六十四卦

卦名:『未済』 構成:上卦「離」・下卦「水」

和名:火水未済(かすいびせい)

卦辞:「未済。亨。小狐{シ乞}済。濡其尾。无攸利。」

未済(びせい)は、亨(とお)る。

小狐{シ乞}(しょうこほと)んど済(わた)らんとして、その尾(お)を濡(ぬ)らす。

利(よ)ろしきところなし。

 

Keyword:未完成

 

自然事象:

上卦の「離」が火、下卦の「坎」が水で、火が上に向かって燃えていくのに、水は下に向かって流れていく形象です。

 

解説:

道に背いているので未完成を象徴します。

 

君子はこの精神を見習って事物の本質を把握し、それぞれの本分を尽くさせるべきです。

しかし、火と水の方向がその属性に背かないので、やはり順調です。

 

『未済(びせい)は、亨(とお)る。』

上卦の離の六五は、中庸を厳守するので順調を示します。

 

『小狐{シ乞}(しょうこほと)んど済(わた)らんとして、その尾(お)を濡(ぬ)らす。』

しかし、下卦の九二は困っている小狐を象る。

 

というのは、坎は水、険で、河を渡る小狐の頭が対岸に着いているけれども、尾は依然として水中にあるので、危険を脱していないからである。

 

『利(よ)ろしきところなし。』

爻の位置は、みな正を得ておらず、未完成を意味します。

そのため、吉凶がまだ定まらず、未来に希望があることを示します。

 

次卦への連動:

六十四卦はこれで終わるけれども、

宇宙の気象は多様で、永遠に変化がやまず、終結はせず繰り返します。

PAGE TOP