ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 易経講座 > 易経講座191 「64卦分析;未済」マーフィー的解釈
風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座191 「64卦分析;未済」マーフィー的解釈

eki192.jpg

<本日のメッセージ> 

『すぐに歩き出す人は、「いいこと」に拒まれることはありません。』易卦:風天小畜 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせin静岡

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

第二回「BedtFortuneClubs 」の案内です。

2019年12月21日18時より

詳細申し込みは下記FaceBookページにてお願いします。

https://www.facebook.com/events/1011926842483291/

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座191 「64卦分析;未済」マーフィー的解釈

 

第六十四卦

卦名:『未済』 構成:上卦「離」・下卦「水」

和名:火水未済(かすいびせい)

 

この卦は、まだものごとが成就していない状態をあらわしています。

 

しかも時はまだ至らずで、 『未完成な状態です。しかし、未完成な状態は完成された状態よりも上昇性があるという意味で、期待が持てます。ただ、時がととのっていないので、たゆまぬ努力が必要だということです。

 

未完の大器という言葉があります。素質も才能もあるのですが、まだ花が開いていない状態。しかし可能性は誰もが認めるところである・・・貴方は今こういう状態にあるといっていいでしょう。

 

そこで必要なのは、自己鍛錬であり、才能を磨くことであり、たゆまぬ努力をすることです。可能性を追求することで、その可能性は必ず実現します。あせったり、あきらめたりすることは禁物です。

 

『易経』には「小狐汔 ほとんど済 わたらんとして、その尾を濡らす」とあり、一般的には衰運という見方もあるのですが、これはあまりに現状に偏った考え方といえます。

狐は川を渡るとき尾だけは決して濡らさないようにします。尾が濡れると速く走れなくなるからといわれています。その尾を川を渡りきる寸前で濡らしてしまうことは不注意であり、気の緩みです。

 

この卦が出た時注意しなければいけないのはこの点です。せっかく能力にも恵まれているのに、不注意や気の緩みで可能性をふさいでしまうことのないようにすべきです。

 

事はまだ成就しているわけではないのです。最終的には「未済は、亨る」とあるように、この卦の展望は明るいとみていいでしょう。

PAGE TOP