ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > WEB易学講座 > WEB易学講座2 「河図、万候の数」
風水師 山田光復の鑑定日記

WEB易学講座2 「河図、万候の数」

weki02.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『自分を高くするものは低められ、自分を低くするものは高められます。』易卦:雷天大壮 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

11月12日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問幹部研修会in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

先日の「BedtFortuneClubs」磯部塾の磯部社長の講演は衝撃的でした。

活字や動画では無い目の前で語られる姿は言葉では表せない説得力があります。

是非!!多くの人に直接会って話を聴いてもらいたいです。

磯部塾は、2か月に一度定期的に開催しますのでご参加検討下さい。

2020年1月10日・3月6日・5月8日・7月3日・9月4日

時間と場所は、据え置きで17時30分会場、18時開演、20時頃解散、いいオフィス日本橋
 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■WEB易学講座2 「河図、万候の数」

 

天地の数は異なるが、その理が補い合うと共に、いずれも五から成立します。

 

「河図」は、

天数の25;「五」×5

地数の30;「五」×6

小衍の10;「五」×2

大衍の50;「五」×10

この為、五は「生数の祖」とされています。

 

配置からみると、「五」は、一・三・七・九との間にあるため、

「五」は天中にあり、生数の主とされます。

「六」は、二・四・八・十との間にあるため、

「六」は地中にあり、成数の主とされます。

 

「易経」と殆ど同じ時期に成立し、厳格な理論と雄大な構成を有し、

易学を全面的に応用した、中国最後の医学書の『黄帝内経(こうていだいけい)』には、

『天は六を以って節と為し、地は五を以って制と為す』と記されており、

「天は六を節目にして、地は五を決まりとしている」という意味です。

 

『六』と『五』は、『万候の数』として、

物候(生物の周期的な現象と気候との関係)の暦法に広く応用されています。

 

初春の桃の五弁は天が生み、厳冬の雪の六片は地が化す!

PAGE TOP