ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 東洋思想経営学 > 東洋思想に学ぶ経営学12「大学;率直」
風水師 山田光復の鑑定日記

東洋思想に学ぶ経営学12「大学;率直」

o0400040013816353923.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『怠惰は貴方の習慣になっています。それを改めることが必要です。』易卦: 火山旅 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

1月9日  東

1月10日 南西

1月11日 北西

1月12日 北西

1月13日 北

1月14日 南東(開運旅行!)

1月15日 南東(開運旅行!) 

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

明日1月10日 第三回BestFotuneClub ~第二回磯部塾(魂の叫び!)~

飛び込み参加可能です!!多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月10日 第三回BestFotuneClub ~第二回磯部塾(魂の叫び!)~

1月11日 内閣認定NPOjfta 定例勉強会

1月12日 経営帝王学スクール

1月24から25日 開運合宿in大阪(アネストリー(株)主催)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学12「大学;率直」

 

第二段 第一節

「白文」

如悪悪臭、如好好色。此之謂自謙。故君子必慎其独也。

「書き下し文」

悪臭を悪む(にくむ)が如く、好色を好むが如し。これをこれ自ら謙く(こころよく)すと謂う。故に君子は必ずその独りを慎むなり。

 

「解説」

誰だって「嫌なことは嫌」「好きなことは好き」です。

そのように、心で思った状態を率直に言葉に出す。

したがって、無理をして称賛したり褒めたりすることは、

かえって自分を悪くしてしまいます。

寡黙は非常に重要であるということを表しています。

好き嫌いの理由は、感情や認識以上に直感的なものが殆どです。

特に人間関係においては、顕著に直感的な判断をしています。

第一印象で「好き・嫌い」を判断し、その裏付けを後々していきます。

「あー!だから この人のことが好きなんだ。」という具合にです。

実はこれ、相手も同じでお互い様ということです。

ビジネスの現場でも、無理して自分を嫌っている相手と良い関係を築こうとするのは難しいことで、恐ろしい労力が必要になります。

そんな労力は、自分のことを好きだと思っている相手に使い、より良い関係を構築していくほうが、良い成果を出していくことは間違いありません。

変に気を使い良い結果が出ることは有り得ません。

素直が一番です!!

 

PAGE TOP