ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 東洋思想経営学 > 東洋思想に学ぶ経営学17「大学;偏見」
風水師 山田光復の鑑定日記

東洋思想に学ぶ経営学17「大学;偏見」

o0400026713820888175.jpg

<本日のメッセージ> 

『貴方はどこへ行っても歓迎される人間にならなければなりません。』易卦: 火山旅 五爻変   

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

1月14日 南東(開運旅行!)

1月15日 南東(開運旅行!)

1月16日 北

1月17日 南

1月18日 南

1月19日 東

1月20日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問先打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

良知は、何が正しいかを教えてくれます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月24から25日 開運合宿in大阪(アネストリー(株)主催)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学17「大学;偏見」

 

第八章

「白文」

所謂齋其家在修其身者、人之其所親愛而辟焉。

之其所哀矜而辟焉。之其所敖惰而辟焉。

故好而知其悪、悪而知其美者、天下鮮矣。

 

 「書き下し文」

所謂その家を斎うる(ととのうる)はその身を修むるに在りとは、人その親愛する所に之きて(ゆきて)辟す(へきす)。

その賤悪(せんお)する所に之きて辟す。その畏敬する所に之きて辟す。

その哀矜(あいぎょう)する所に之きて辟す。その敖惰(ごうだ)する所に之きて辟す。故に好みてその悪を知り、悪みてその美を知る者は天下に鮮なし(すくなし)。

 

「解説」

辟 … かたよること。

賤悪 … いやしみにくむこと。

畏敬 … おそれうやまう。すぐれた人を尊敬すること。

哀矜 … 同情する。ふびんに思う。

敖惰 … 気ままに暮らしてなまけること。

 

『親愛・卑賤・畏敬・傲慢・怠惰・哀憐』という感情は、相手に対して偏見を持ってしまいます。好きな相手に対しても、しかりと課題を提示し、嫌いな相手に対しても良い所を見つけて愛してあげることの大切さを説いています。

『罪を憎んで人を憎まずの原点です』

PAGE TOP