ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 東洋思想経営学 > 東洋思想に学ぶ経営学18「大学;分化」
風水師 山田光復の鑑定日記

東洋思想に学ぶ経営学18「大学;分化」

o0400030213821614491.jpg

<本日のメッセージ> 

『他人も喜んでくれる種類の喜びを求めなさい。』易卦: 兌為沢 四爻変  

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

1月15日 南東(開運旅行!)

1月16日 北

1月17日 南

1月18日 南

1月19日 東

1月20日 南東

1月21日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問先打ち合わせ4件・エグゼクティブレッスン・撮影

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日も気合の一日です(笑)

 

 

<イベント・セミナー情報>

1月24から25日 開運合宿in大阪(アネストリー(株)主催)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学18「大学;分化」

 

第八章

「白文」

故諺有之曰、人莫知其子之悪、莫知其苗之硯。

此謂身不修不可以齋其家。

 

「書き下し文」

故に諺にこれ有り、曰く、人その子の悪を知るなく、その苗の硯いなる(おおいなる)を知る莫し(なし)と。これを身修まらざればもってその家を斎う(ととのう)べからずと謂う。

 

「解説」

碩 … 大きいこと。

 

人間は、とかく他人のことは良く分析することが出来ても、自分のことになると全く分析することが出来ないものです。

家族に対しても、他人の子供に対する見方が甘くもあり厳し過ぎるのを感じ安いにも関わらず、自分の子供に対しては極めて甘く厳し過ぎることを自覚出来ないものです。

 

身を修めるとは、自分に対して、偏見を無くし客観的に分析することです。

自分自身の感情と理性を分化させることが、家族や会社組織の分化レベルを上げることになります。分化レベルとは、感情を理性でコントロールする能力のことです。

そうすることで、組織内における個々の自律性と主体性を高める環境になります。

PAGE TOP