ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 東洋思想経営学 > 東洋思想に学ぶ経営学9「大学;課題意識」
風水師 山田光復の鑑定日記

東洋思想に学ぶ経営学9「大学;課題意識」

o0400030013813186454.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『悪は終局的には滅び去ることを忘れてはいけません。』易卦: 山地剥 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

1月5日  東

1月6日  北西(開運旅行におススメ!)

1月7日  南

1月8日  南

1月9日  東

1月10日 南西

1月11日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off(12月31日から1月5日)

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

12月31日から1月5日までお休みを頂戴します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

12月31日から1月5日 年末年始休日

1月10日 第三回BestFotuneClub ~第二回磯部塾(魂の叫び!)~

1月11日 内閣認定NPOjfta 定例勉強会

1月12日 経営帝王学スクール

1月24から25日 開運合宿in大阪(アネストリー(株)主催)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■東洋思想に学ぶ経営学9「大学;課題意識」

 

第一段 第二節

古之欲明明徳於天下者、先治其国。

欲治其国者、先齋其家。

欲齋其家者、先修其身。

欲修其身者、先正其心。

欲正其心者、先誠其意。

欲誠其意者、先致其知。

致知在格物。

の続きです。

 

物格而后知至。知至而后意誠。

意誠而后心正。心正而后身修。

身修而后家斉。家斉而后国治。

国治而后天下平。

 

物格って后至る。知至って后意誠なり。

意誠にして后心正し。心正しくして后身修まる。

身修まって后家斉う。家斉いて后国治まる。

国治まって后天下平らかなり。

 

第一段の第一節二節をまとめ逆から説明している個所です。

 

『自然万物の法則を学ぶことで誠意を尽くせる様になり、

誠意を尽くせる様になることで心が安定し、心が安定することで我が身が修まり、

我が身が修まることで家庭が整い、家庭が整うことで国が治まり、

国が治まることで、世界平和が実現する。』

 

経営学的には、何を教えてくれているのでしょうか?

 

『自然万物の法則を学ぶ』とは、

 会社全体の方向性や目的を知ること、

『誠意を尽くせる様になり』とは、

 自分の責任分担をはっきり理解することが出来、

当事者意識を持てる様になるということです。

 

社員一人一人が、当事者意識を持って取り組んでいれば、

問題が起こっても、痛切に感じて解決策を考える。

さらに、真心を込めて実行する。

そうすれば、解決しない問題はない。

組織の問題意識を自らの課題意識として捉えることが出来るかが重要なことです。

PAGE TOP