風水師 山田光復の鑑定日記

画竜点睛『水衡記』

005487.jpg

<本日のメッセージ> 

『問題に正面から立ち向かってはいけません。』水山蹇 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『密を避ける?!転居先の選び方~建物編~』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/100433582

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」

「魂の叫び!オンライン磯部塾」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月23日 南東(開運旅行におススメ!)

6月24日 南

6月25日 南西

6月26日 南 

6月27日 南西

6月28日 南西

 

 

<本日の活動予定>

■WEB会議・WEB打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

建宗寺WEBセミナー、今月は「お墓について」です。

詳細・申し込みは下記FaceBookイベントページ又は直接私へ

https://www.facebook.com/events/740148236787241/

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■画竜点睛『水衡記』

 

最後の大切なところに手を入れて、ものごとを完成させること。

 

解説:良く知られている熟語ですが、故事を確認してみます。

 

金陵(現在の南京)に安楽寺というお寺があり、その壁に張僧繇という達人画師が竜を四匹描いた。ところが「睛」という部分を空けていて、点で仕上げる段階でそのままにしてあった。そして彼は「そこへ点を入れれば、竜は飛び去ってしまう」と言ったが、人々は信ぜず、その大言を笑った。張僧繇は、それではやってみようということで、描かれた竜の一匹の眼に、「睛」の点を入れるとたちまち、天へ昇ってしまったという。残った竜の三匹は、現在もそのまま壁に描かれている。

 

現在では、「画竜点睛を欠く」というように、最後のところをしっかりしめくくらないと事業は成功しない、という警句として使われています。

PAGE TOP