ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 東洋思想経営学 > 石に漱ぎ流れに枕す『晋書』
風水師 山田光復の鑑定日記

石に漱ぎ流れに枕す『晋書』

157217.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『問題に正面から立ち向かってはいけません。』水山蹇 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月28日 南西

6月29日 北東

6月30日 北西

7月01日 東

7月02日 南西

7月03日 南西

7月04日 北 

 

 

<本日の活動予定>

■エグゼクティブレッスン・風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

代々木公園での3か月ぶりの朝トレは感動的でしたが、混み合う渋谷の街並みでマスクをしない若者がタムロしている光景には緊張感が・・・・。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■石に漱ぎ流れに枕す『晋書』

 

間違いを強弁して、正当化しようとすること。

 

解説:晋国に楚という人物がいたが、隠居するにあたって、王済という人に、「石に枕し、流れに漱く」というつもりのところ、誤って、「石に漱ぎ、流れに枕す」と言ってしまった。王済は、「えっ!流れに枕したり、石で口をすすぐなんて、出来ないでしょう」とひやかしたである。すると楚は強引に言い逃れた。

「流れに枕するというのは俗世のくだらないことを聞いた時これを流してしまうということだし、石で口をすすぐというのは、歯を磨くためです」

この言い訳があまりに、こじつけの正当化でありすぎることから、後世まで故事として残ったようです。

 

文豪、夏目漱石のペンネームは、この故事からとったことは有名な話です。

また、日常われわれが使っている『流石』という宛て字もこの故事から生まれたものです。

 

一般的には、「見苦しい言い訳」「屁理屈の言い逃れ」として使われます。

夏目漱石は、どういう考えでこの故事から自分のペンネームにしたのでしょうか?

 

常識的な見方に対する反発、正常性バイアツに対する問題意識の表れのように思います。

捉え方次第で人生は何とでもなることを伝えたいのかもしれません。

 

これも『石に漱ぎ流れに枕す』なのかもしれません。

PAGE TOP