ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 東洋思想経営学 > 鬼神は敬して遠ざく『論語』
風水師 山田光復の鑑定日記

鬼神は敬して遠ざく『論語』

1019590.jpg

<本日のメッセージ> 

『恐怖とは間違ったことを信じることです。』水天需 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月29日 北東

6月30日 北西

7月01日 東

7月02日 南西

7月03日 南西

7月04日 北 

7月05日 東

 

 

<本日の活動予定>

■社内会議・風水顧問打ち合わせ

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

渋谷での業務を再開しましたが、東京の感染確認者数からみても渋谷事務所にお客様をお招きすることに不安が残ります。今後、渋谷での対面、地方拠点での面談、出張面談、ZOOM会議と御客様のご要望に合わせて対応させて頂ますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■鬼神は敬して遠ざく『論語』

 

目に見えない神や、霊魂について尊敬することは良いが、なれなれしく近づくことはならない。

 

解説:孔子の思想のなかで、「鬼神」がどのように位置づけられていたか興味深い。引用した文章に先行して「務民之義」とあります。つまり、「民の義務をはたして尽力することが大切で、神や霊魂のことについては敬意は表しても、触れないのが知恵のある行為である」と語っているように思われます。

 

「天命を知る」(論語)と述懐したところからみても、天を絶対者として捉えています。つまり神霊の世界に触れず行くという考えに徹していたようです。

この点からみると「老荘」の思想は「生死一体、自然も神も人も同じ根源のもの」と捉えています。

 

現代人の宗教観は、孔子の考えに近いように認識されているようですが、日本人の心情の深層には、「老荘」の思想に近い面も見られ、「自然神と渾然とする境地」も理解出来ます。

 

PAGE TOP