風水コラム

陰暦朔日の参拝のススメ!

oomikokoro.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼水沢節 四爻変

 

激しい雨が降ると川は氾濫します。

器に水を注ぐにも限界があります。

節度を守り危険は事前に回避すること。

節制を心掛け正しき道を進みましょう。

流れには謙虚に従い誠実に応じること。

冷静に観察し必要な対策を講じること。

節度を守り堅実に足元を固めましょう。

人格と志が認められ好機が訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日陰暦11月朔日です。

今月の指針『大御心』を賜るために、朝、明治神宮に参拝に伺います。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■陰暦朔日の参拝のススメ!

 

本日は、太陰暦(旧暦)の11月1日(朔日)です。

 

風水では、太陽と地球の関係性における法則性の影響を研究してきています。

その代表例が『二十四節気』になります。

 

これは、太陽と地球の関係性から、最も昼間が長くなる『夏至』と夜間が長くなる『冬至』を基準に24の季節を導き出しました。365日を24等分したもので、約15日間毎の季節です。その為、1か月毎に2つの季節が変化します。

 

1か月毎の2つの季節の内、月始めの季節を節気と称し、月替わりとします。

12月は、『大雪』が12月度の月初めです。

一方、『太陰暦』は、地球と月の関係性における法則性の影響を研究してきたものです。

30日毎に月は、『新月から満月から新月』と変化します。

この月が『新月から新月への30日間』を『1か月』としました。

 

古代中国より、夜空を司る月の運行は、人間の深層心理に強く深く影響を及ぼすと考えられ研究してきました。

風水でもこの陰暦を中心に分析する命術(生年月日時から個人を分析する術)として、

紫微斗数推命(しびとすうすいめい)というものがあります。

この命術は、深層心理を分析するに大変優れたものです。

 

この様な観点から毎月陰暦の1日は、深層心理が変化するタイミングと考えています。

この陰暦の1日に参拝しその月の心構えを天に尋ね御御籤を引いてみて下さい。

 

見事なまでに1か月の方針を天は授けてくれます。

私は、毎月『明治神宮』に参拝し御御籤(大御心)を賜ります。

二十四節気「大雪」の風水術

taisetu.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼風火家人 五爻変

 

穏やかな風が吹き火は勢いを強めます。

互いに支え合い良い循環が生まれます。

協力が調和を保ち成功へと至ります。

課された役割を誠実に果たしましょう。

風も火も好調で心配事はありません。

迷う事なく万事が順調に進みます。

周囲と協調し幸福と喜びを得るでしょう。

将来の成功と繁栄が約束されます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

排他性は、結局自分も排斥されます。

風水学並びに風水術は、極めて流派が多く、風水師の数程流派が存在します。

正に免罪符排斥から始まったプロテスタントが、異常な数にまで増えた宗派と良く似ています。仏教の宗派も然りです。

『自分の流派が一番!』と豪語する風水師になんの魅力も正統性もありません。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

本日2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「大雪」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

明日より約15日間が二十四節気の『大雪』です。

 

この期間は、二十四方位の『壬』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『膀胱・足太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は申の刻(午後3時~5時)です。

膀胱を守るためのおすすめ食養

ビタミンAとC  ハトムギ

きゅうり・スイカ・ネギ・冬瓜・ニラなどの緑の野菜(特に、ニラは、腰痛にもよい。)

 

この『大雪』の期間に、

『頭痛、眼球の痛み、腰の辺りの背骨が折れるように痛む、首筋が引っ張られるように痛む、背骨と尾てい骨の接点が曲げられない、肛門が傷み、時には裂けれ』

等の症状が出た場合、家の内外の『壬』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

 

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、亥の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『壬』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り15度の345度の左右7.5度合わせた15度が『壬』の方角になります。

交通事故死より多い自宅での事故死!

img_ce69a3ebc38fa18bd23e13f70413049c41479.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢山咸 初爻変

 

綺麗な湖に周囲の風景が映ります。

壮大な山々が湖面に揺れています。

両者は通じ美しき光景を生み出します。

頭で考えず心の声に耳を傾けましょう。

興味や関心が次第に膨れ上がります。

先を焦らず時間を掛けて育てること。

心が感じる純粋なものを大事にすること。

時間と共に大きなものへと成長します。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■報告書・講演資料作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日は、出社せずリモートワークで報告書・講演資料を作成します。

明後日、今年最後の講演を大阪で行います。

https://www.facebook.com/events/553040628483532/

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■交通事故死より多い自宅での事故死!

 

2016年の総死者130万7748人のうち、

不慮の事故による死者は3万8306人で全体の3%です。

 

もっとも多い死因は悪性新生物、つまりガンで37万986人。

以下、心疾患、肺炎、脳血管疾患など、死に至る要因が体の内部にある死因が続くが、

6位に不慮の事故、8位に自殺2万1017人と、外因性の死因です。

 

 いつ何時、自分に降りかかってくるかもしれない不慮の事故とは、

厚生労働省が毎年発表する人口動態調査の結果から分析します。

 

不慮の事故の要因は、大きく次の4つに分けられます。

 

窒息9485人、転倒や転落が8030人、溺死7705人、交通事故5278人、

さらに細かく個別の要因を見ていくと、

「スリップ、つまづき及びよろめきによる同一平面上での転倒」が5788人で最多で

その数は交通事故よりも多くあります。

 

 同一平面ではない階段などからの転落は別で、695人、はしごからの転落は200人、樹木からの転落というものも28人を数える。氷及び雪による同一平面上での転倒、つまり「冬の路面で滑って転んで打ち所が悪く」という死因は6人と、意外に少ない。

 

 次に多い個別事例が浴槽内での溺死で5632人、

その85%が70歳以上の高齢者、70%以上が家庭内の風呂です。

交通事故が起きる路上と同じくらい警戒が必要な危険な場所が、家庭の風呂といえます。

 

風水は環境学ともいえます。

人間が生活するにおいて、安心安全な環境作りを研究してきました。

特に住居という観点でいえば、水場(風呂・キッチン・トイレ)を重要視しています。

このことは、上記の様な統計を経験則として実感してきたことを想像させます。

風水では上が南

nizyuuyonn00.jpg

 

<本日の心構え>

▼天風姤 五爻変

 

青空の元に穏やかな風が吹き渡ります。

その風に揺られ甘い香りが漂います。

運命的な出会いの兆しがあります。

慎重に判断し良縁を大事にしましょう。

誘惑に負けない強い意志を持つこと。

覚悟は心に秘め機が熟すのを待つこと。

度量次第で事は至福なものへ転じます。

辛抱強く待つことで朗報が届きます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・個別相談・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

2019年最初の開運合宿は、千葉県鴨川市で行います。

詳細は下記FBでご確認下さい。

https://www.facebook.com/events/315929339012102/

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水では上が南

 

中国占術における様々な占術の暦やカルテは、全て南を上にして表記します。

 

現代社会においては、上が北で表記するのが一般的な為、慣れるのに時間がかかります。

占い師の中には、上を北にした独自の暦やカルテを用いている方もいらっしゃるほどです。

 

これは、暦の成立過程にありますが、自然界の法則を研究して暦を作ったためです。

特に太陽の運行です。

 

東から太陽が昇り、南を頂点として、西に沈みます。

この様相を表わすために、上を南としました。

 

また、南を向いての太陽の運行は、丁度、時計回り(右回り)になります。

その為に風水では、向かって左から右に流れる気の流れを順旋、

右から左の流れを逆旋と称します。

 

風水の素晴らしさは、自然界を研究して、

そこに普遍的に潜む法則を見つけ出したことにあります。

そういう意味において宇宙の真理といえるのかもしれません。

 

「気」は万物の根源

IMG_20181122_151215.jpg

 

<本日の心構え>

▼風天小畜 初爻変

 

湿り気を帯びた冷たい風が吹き始めます。

時の経過と共に空模様が変わります。

天候が気掛かりで身動きが取れません。

無理をせず情勢の変化に備えましょう。

進む事だけが正解ではありません。

引き返す事が悪い訳ではありません。

情に流されると遠回りをするだけです。

冷静に好機の到来を待ちましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■開運合宿in奥日光 2/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、無事に21名揃い『開運合宿in奥日光』がスタートしました。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

昨日より2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「気」は万物の根源

 

「気」は、本来「氣」と書きます。

「气」は宇宙、「米」は、八方位を意味しています。

 

これは、宇宙の1点(气)から、

全て(米)に広がっていることを表わします。

 

正にビッグバンです。

科学(ビッグバン)における「宇宙の成り立ち」と、

易学における「八卦の成り立ち」は相似形です。

 

この宇宙、森羅万象、ありとあらゆる存在の成り立ちは

「氣」にあるという点を大前提にしています。

 

地球の生成過程も、

科学では、気体から液体、固体と変化してきた様に、

易学では「陰陽の氣」が地球を作り、

そして地球上の自然現象も全て「陰陽の氣」によって成り立っていると考えます。

 

そして、この宇宙で起こる全ての現象(日常生活を含む)も、

「陰陽の氣」の組み合わせで起こっていると考え、

全ての現象の根源的意味を推し量ることも可能なのです。

 

それをまとめた書物が『易経』です。

英語でThe Book of Changesと訳される理由の一つです。

三国時代の風水

o0400057913501043018.jpg

 

<本日の心構え>
▼雷天大壮 初爻変
 
雷雲広がる大空から雷鳴が轟いてきます。
轟音は大気を震わせ体と心を鼓舞します。
焦りを抑え機の到来を待ちましょう。
一瞬の好機が訪れようとしています。
雷雲は遠く雷鳴も勢いに欠けています。
実力が不足し焦燥感が募ります。
勢いで進むと失態を犯すことに。
準備を優先し好機の到来を待ちましょう。
 
※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!
 
 
<本日の活動予定>
■開運合宿in奥日光 1/2
■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku
 
 
<本日のつぶやき>
今日は、11月22日! イーイーフーフー
良い夫婦の日です。何よりです!!
 
 
<イベント・セミナー情報>  
本日より2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光
2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪
2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 
2018年12月21日から24日 学習会in上海
2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 
 
 
<ワンポイントレッスン>
■三国時代の風水
 
中国二十四史の一つである『後漢書』(ごかんじょ)は、
中国後漢朝について書かれた歴史書です。
 
本紀十巻、列伝八十巻、志三十巻の全百二十巻からなり、
5世紀南北朝時代の南朝宋の時代に
范曄(はんよう、398年 - 445年)によって編纂されました。
 
この『後漢書』の卷四十五の袁張韓周列伝第三十五に
袁安が登場します。
 
その祖父袁良は孟子の易を学んだ儒者で、
前漢末期の平帝のとき太子舎人となり、
光武帝が後漢を興すと成武県の令にまで昇った人物です。
袁安は祖父から家学の孟子易を学び、
儒者として学問に励んだとされています。
 
この後漢書に
袁安の父が没すると,母は袁安を使いとして葬地を訪ね求めさせた,
道すがら三人の書生に逢うと,袁安に何之を問うた,
袁安は言を為して其の故をいったところ,
書生は乃ち一処を指差して,云うことには
 
「此地に葬れば,当に世で上公と為ることができる」
 
と伝え、袁安はその場所に葬ることにした。
 
その後、彼は高位に任じられ、
子孫もまた、何代にもわたって最高の地位に就いた。
と記されています。
 
ここに登場する書生とは地相術に通じた人達で、いわば、風水師です。
当たり前の様に、先祖の埋葬と子孫の繁栄が結びついています。

八宅法の原理「五行大儀」

<本日の心構え>

▼火地晋 上爻変

 

輝く太陽が地平線から昇り始めます。

周囲は時間と共に開けてきます。

道は明るく照らされ遮るものもありません。

称賛と評価を得て成功への階段を昇ります。

陽は頂点に達し次第に傾き始めます。

周囲に感謝し環境の維持に努めること。

後に備え誠実に対応しましょう。

結果に満足すれば立場は安定します。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・セミナー参加

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、多くの方に御集り頂感謝でした!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

本日2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■八宅法の原理「五行大儀」

 

八宅法の原典の一つとされているものに、「八宅明鏡」(1790年刊)があります。

この原理は「五行大義」にみられます。

この「五行大儀」は、中国の五行説に関する文献で、

隋の蕭吉(しょうきつ) の編集によるものです。

蕭吉は,陰陽,五行,算数に詳しく,隋の煬帝の太府少卿となり、

五行に関する古来の説を集めてこの書を編集し、五行の詳細を知る貴重な文献です。

中国では亡失してしまいましたが、日本に伝存していました。

 

蕭吉には、こんな逸話が残っています。

 

ある日、蕭吉は若き日の煬帝にこう告げました。

『私の占いでは、あなたは将来、皇帝になるお方です。』

煬帝は、その気になり、陰謀をめぐらせて、兄を幽閉し、自

分が皇太子になることに成功したのである。

そして、602年、文帝の妻が死んだ。

文帝は、皇后のための墓地を求めて、

蕭吉にどの場所が良いか占わせることに決めた。

それを聞いた皇太子は、蕭吉を密かに呼び出して、こう言ったという。

『以前、お前は私を占った時、将来必ず皇帝になると言ったな。

私はその後、皇太子となったから、半分は実証されたことになる。』

そして、皇太子は恐るべき取引を蕭吉に持ちかけた、

『次は、お前の予言がなるべく早く実現するようにしてもらえないか?

それが早ければ早いほど、お前への褒美は多くなるぞ。』

これを受けて蕭吉は、こう答えた。

『それでは、4年くらいでいかがですか?』

『よし、それで頼んだぞ。』

後日、蕭吉は何食わぬ顔をして、文帝のもとへと行った。

そして、彼はそこに皇后を葬れば、4年後に文帝も死ぬという土地を占い、

その土地を文帝に勧めたのである。

『ここは素晴らしく縁起の良い土地です。ここを墓所にすれば、隋帝国は

2000年続くことを保証します。』

文帝は喜んで、その土地に皇后と自分のための墓地を作ったのである。

占いより早く、それから2年後に隋の文帝は亡くなった。

そして、満を持して、暴君「煬帝」は即位しました。

カルロス・ゴーン氏を分析する

karu.jpg

 

 

 

<本日の心構え>

▼沢山咸 五爻変

 

綺麗な湖に周囲の風景が映ります。

壮大な山々が湖面に揺れています。

両者は通じ美しき光景を生み出します。

頭で考えず心の声に耳を傾けましょう。

心の働き方は人それぞれ異なります。

主観だけで判断すると悔いを残すことに。

動いても相手の心には響きません。

独断専行は控え考え方を見直しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・講演会

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

誰でも魔が差します。

己を知っておく必要があります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

本日2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■カルロス・ゴーン氏を分析する

 

1954年3月9日生まれ

年柱:甲午

月柱:丁卯

日柱:甲子

時柱:不明

歳運:戊戌 偏財・財星

空亡:戌亥(財星)

 

少し専門的にはなりますが、

門下生の勉強になればと分析致します。

 

先ず、明確なのは財星空亡の特徴です。

村上ファンドの村下氏、小室哲哉氏と同じです。

大金を掴むことは出来るが一瞬で失いやすい。

男である場合『金と女に注意!!』

これが彼の人生の課題・宿命です。

 

では、いつその課題が出るか、出やすい時期かとなると、

歳運で財星が廻ってくる時期と、空亡支が廻る時期となります。

今年2018年は、歳運:天星が財星、十二支が戌とWで廻ってきます。

このWで廻ってくる期間は、60年に一度しかないため、

人生の課題が克服出来たか否かを審判される年と判断出来ます。

 

また、歳運支の戌は、命中月支:卯を合去するため

周囲環境(職場)で仲間を失う時期とみることも出来ます。

 

『大義を失うと全てを失う!!』

これは個人も法人も同様です。

二十四節気「立冬」の風水術

rittou.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷風恒 五爻変

 

遠くで雷が鳴ると風が吹き始めます。

自然の摂理は変わることはありません。

日々の生活も時の流れの中に存在します。

平穏無事な日々に心から感謝しましょう。

平和な生活の維持も重要な課題です。

発展性に欠け挑戦には適しません。

環境に従う事で評価が得られます。

機転を利かせ柔軟に対応しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

やはり家庭の安定が経営には重要です!

関係が無いという人は家族に感謝していない人です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「立冬」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

今日から約15日間が二十四節気の『立冬』です。

この期間は、二十四方位の『乾』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『三焦経;手少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は亥の刻(午後9時~午後11時)です。

 

三焦を守るためのおすすめ食養

海藻類に含まれるヨード

 

この『立冬』の期間に、

『喉や頬の腫れ、多汗、目の周りが痛む、耳鳴り、耳が痛み、難聴、』

等の症状が出た場合、家の内外の『乾』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、亥の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『乾』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り45度の315度の左右7.5度合わせた15度が『乾』の方角になります。

安田純平氏のパーソナルチェック

yasudazyunpei.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢水困 二爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

不遇の時が続き不平不満が募ります。

本来の才能を開花するには機を待つこと。

進んで求めても得られるのは失望ばかり。

心して待てば好機は訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■顧問先現地調査inみなとみらい

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、長男が夕食を御馳走してくれた!

アルバイト先で『駅弁フェアー』をやっていたため、家族分買ってきてくれた。

家族で味見出来る様にと全部違う種類のものを揃えてくるとは流石だ!!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■安田純平氏のパーソナルチェック

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

やすだじゅんぺい

安田純平氏1974年3月16日(44歳)生まれ

 

年柱 甲寅

月柱 丁卯

日柱 丙辰

時柱 ○○

歳運 戊戌

 

精神分析:頼りになるような力強さがあります。人から親しまれるおおらかさがあります。

人を引き付ける魅力があります。強引に進めることがあります。

先天的宿命:幸福な人生を送る。

パワーがあり、その力で自分のやりたいことを実現していく。

先天的能力:公明盛大だが少々強引さがある普通の独立心。経済感覚はさほどないが、目的のために精根尽き果てるまで熱中する能力。結果的には、損を出しやすい傾向にある。

能力分析:学問、知恵、アイディアで生き残っていける。

2018年の歳運:

歳運支:戌が月支:卯を支合し合する。卯は印星であるため、

『守られてきた環境が失われる』。

歳運支:戌が日支:辰を支冲するため、

『本人又は配偶者が災疫に遭遇しやすい。』

傾向にあります。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP