風水コラム

陰暦朔日の参拝のススメ!

4cb546a7864f71cd57f9852cab755f09_s.jpg

 

<本日の心構え>

▼水天需 三爻変

 

大空一杯に厚い雨雲が広がります。

雨が降り始めるのは時間の問題です。

心に余裕を持ち状況の変化を待つこと。

心して待てば恵の雨となるでしょう。

待つ場所が悪く動けば損害を被ります。

動じない強い意志と忍耐力を持つこと。

本当の危険は心の内側にあります。

日頃の言動を反省し行動は慎みましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は陰暦9月朔日新しいひと月のスタートです。

より良い一か月間になりますようお祈り致します。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■陰暦朔日の参拝のススメ!

 

本日は、太陰暦(旧暦)の9月1日(朔日)です。

 

風水では、太陽と地球の関係性における法則性の影響を研究してきています。

その代表例が『二十四節気』になります。

これは、太陽と地球の関係性から、最も昼間が長くなる『夏至』と夜間が長くなる『冬至』を基準に24の季節を導き出しました。365日を24等分したもので、約15日間毎の季節です。その為、1か月毎に2つの季節が変化します。

1か月毎の2つの季節の内、月始めの季節を節気と称し、月替わりとします。

五月は、『立夏』が5月度の月初めです。

 

一方、『太陰暦』は、地球と月の関係性における法則性の影響を研究してきたものです。

30日毎に月は、『新月から満月から新月』と変化します。

この月が『新月から新月への30日間』を『1か月』としました。

古代中国より、夜空を司る月の運行は、人間の深層心理に強く深く影響を及ぼすと考えられ研究してきました。

風水でもこの陰暦を中心に分析する命術(生年月日時から個人を分析する術)として、

紫微斗数推命(しびとすうすいめい)というものがあります。

この命術は、深層心理を分析するに大変優れたものです。

 

この様な観点から毎月陰暦の1日は、深層心理が変化するタイミングと考えています。

この陰暦の1日に参拝しその月の心構えを天に尋ね御御籤を引いてみて下さい。

 

見事なまでに1か月の方針を天は授けてくれます。

私は、毎月『明治神宮』に参拝し御御籤(大御心)を賜ります。

二十四節気「寒露」の風水術

kanro00.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 三爻変

 

山頂付近では雷鳴が激しく轟いています。

登るには多くの危険と困難を伴います。

麓に居る限り身の安全は守られます。

何事にも慎重を期す対応をすること。

周囲は危険な道を進もうとしています。

誘惑に負けると災難に巻き込まれます。

甘い誘いは断り悪縁は断つこと。

場に浮いても身は堅く守りましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■報告書・資料作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨今、スポーツ業界で暴力問題が問題視されているが、どう考えて暴力を容認する親の問題かと思います。

巨人の星を初めてとするスポコン漫画の責任も重大かと。

親が子供を殴る、監督コーチが選手を殴る、国民名誉賞を受けた長嶋氏ですら巨人監督時代に失敗した選手をボコボコにする。日本全体の感覚が麻痺していたと言い切ることが出来る。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「寒露」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

 運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から約15日間が二十四節気の『寒露』です。

この期間は、二十四方位の『辛』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『肺経;手太陰肺経(てのたいいんはいけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は卯の刻(午前3時~午後5時)です。

肺を守るためのおすすめ食養・漢方

水とビタミンCを摂取する、アーモンド

風邪の初期「天津感冒片」

咳止め:痰が多いとき「大根+蜂蜜」、痰が少ないとき「梨+蜂蜜」、長く続いて弱ったとき「干し柿3個と蜂蜜を煮たもの」

 

この『寒露』の期間に、

『肺の部分が膨張し、咳が出る、鎖骨の上部が痛む、手を組むと眼が霞む』

等の症状が出た場合、家の内外の『辛』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、酉の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『辛』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り90度の285度の左右7.5度合わせた15度が『辛』の方角になります。

課題意識by大学

cbc075f06f2e1053396a56d7d98d948b_s.jpg

<本日の心構え>

▼雷地豫 二爻変

 

豪快な雷鳴と共に大地が揺れています。

激しい音と共に身も心も震えます。

周囲の喧騒に心は喜びに満たされます。

流れに乗り積極的に挑戦しましょう。

至福に溺れて本分を見失わないこと。

喜びには誘惑も多く注意が必要です。

甘い誘いに負けずに忍耐力を養うこと。

好機に向け実力を磨いておきましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

風水は、『風水学』と『風水術』の両側面あります。

まさに、『医学』と『医術』との関係性に似ています。

学問として究めたとしても、具体的に結果に結びつかないと意味があります。

しかし、『学』を究めない『術』の窮めはありえません。

『学を究めて術を窮める!』by 山田光復(笑)

門下生達もこうあって欲しいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■課題意識by大学

 

大学;第一段第二節

『物格而后知至。知至而后意誠。

意誠而后心正。心正而后身修。

身修而后家斉。家斉而后国治。

国治而后天下平。』

 

『物格って后至る。知至って后意誠なり。

意誠にして后心正し。心正しくして后身修まる。

身修まって后家斉う。家斉いて后国治まる。

国治まって后天下平らかなり。』

 

第一段の第一節二節をまとめ逆から説明している個所です。

 

『自然万物の法則を学ぶことで誠意を尽くせる様になり、

誠意を尽くせる様になることで心が安定し、心が安定することで我が身が修まり、

我が身が修まることで家庭が整い、家庭が整うことで国が治まり、

国が治まることで、世界平和が実現する。』

 

 経営学的には、何を教えてくれているのでしょうか?

『自然万物の法則を学ぶ』とは、

会社全体の方向性や目的を知ること、

『誠意を尽くせる様になり』とは、

 自分の責任分担をはっきり理解することが出来、

当事者意識を持てる様になるということです。

 

社員一人一人が、当事者意識を持って取り組んでいれば、

問題が起こっても、痛切に感じて解決策を考える。

さらに、真心を込めて実行する。

そうすれば、解決しない問題はない。

組織の問題意識を自らの課題意識として捉えることが出来るかが重要なことです。

二十四節気「秋分」の風水術

syuubun01.jpg

<本日の心構え>

▼沢水困 上爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

挑む道は険しく進めば傷を負うことに。

動く程に辛く苦しい状況に陥ります。

目的地を確認し覚悟して進みましょう。

困難は進む事でのみ突破できます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・陰宅風水コンサルタント打合せ・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

最高の二日間を北海道で過ごさせ頂ました!

ご縁を頂戴した皆様と多くの生気を頂戴した大自然に感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「秋分」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

今日から約15日間が二十四節気の『秋分』です。

この期間は、二十四方位の『酉』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『腎経(足少陰腎経(あしのしょういんじんけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は酉の刻(午後5時~午後7時)です。

腎臓を守るためのおすすめ食養

キクラゲ、タケノコ、山芋、棗、ワイン

 

この『秋分』の期間に、

『口の中が発熱する、下の先が乾く、喉が腫れ、胸苦しく下痢をする、腰の辺りの背骨から太腿内側にかけて痛み、痩せてすぐ横になりたがり、足の裏が暑くなり痛む』

等の症状が出た場合、家の内外の『酉』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、酉の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

 ~『酉』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り90度の270度の左右7.5度合わせた15度が『酉』の方角になります。

彼岸とは?何故お墓参りをするのか

c94ea0acbbe2f33bbada1e23185b994e_s.jpg

 

<本日の心構え>

▼地火明夷 初爻変

 

地平線の彼方に陽が沈み行きます。

周囲は時間と共に闇夜に閉ざされます。

暗闇の中では正しき事も認められません。

辛抱強く夜が明けるのを待ちましょう。

まだ夜は長く不遇な状態が続きます。

見えない危険が足元に迫ります。

体裁を気にせず早急に立ち去ること。

当面は困窮しても損害は軽微で済みます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は『彼岸の入り』です。

ワンポイントレッスンで少し解説させて頂ます。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■彼岸とは?

 

彼岸とは、『秋分の日』を挟み前後3日、合計7日間をさします。

今年の『秋分の日』は、9月23日ですので、

前3日が本日9月20日で『彼岸の入り』と称します。

後3日が26日で彼岸の最終日になります。

 

『秋分の日』は、昼と夜の長さが同じになり、真東から朝日が昇り、真西に夕日が沈みます。

ご自宅からの方角を確認しておくと面白です。

立秋から冬至まで期間、昼間より夜の方が長くなります。

また、日の出、日の入りの方角は、冬至まで少しづつ南側に移動します。

太陽の位置も更に低く見え、影が長くなっていきます。

 

『秋の陽はつるべ落とし!』

 

極端に日没が早く感じるのは、以上の事が重なるからです。

都会は、より一層早く感じます。

 

昼は、この世を司り、夜は、あの世を司ると考えられています。

長さが同じということは、あの世とこの世の差が無くなり、三途の川の流れが緩やかになるそうです。そのため、あの世とこの世の行き来しやすくなるそうです。

よって、先祖がおりやすく供養が届きやすいと考えられているために、お墓参りをするようです。

また、真西は、『彼岸』=『あの世』があるとも考えられてきたため、彼岸の夕日の方向に先祖がいらっしゃると考えられてきました。そのため、お墓参りに行けない方は、夕日に向かって手を合わせ、個人を偲ぶのも宜しいかと思います。

 

しかし、この世からあの世にも行きやすいため、この時期、事故死・突然死、急な容態の悪化などには注意が必要です。

 

無理なスケジュールでの墓参りや、体調不良、不調での墓参りは避ける方が賢明です。

陰暦朔日の参拝のススメ!

oomikokoro.jpg

 

<本日の心構え>

▼風水渙 上爻変

 

春の風が吹き冬の氷雪が解け始めます。

暖かい季節の到来を告げています。

冬に閉ざされた道は次第に開き始めます。

春の風を受け新たな道を歩みましょう。

問題には近寄らず潔く身を退くこと。

障害を避ければ平穏は維持されます。

判断に悩むなら迷わず踏み留まること。

遠回りしても確実に進みましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査・風水顧問打ち合わせ・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は明治神宮へ陰暦8月度の『大御心』を賜りに、早朝参拝に行きます!

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■陰暦朔日の参拝のススメ!

 

本日は、太陰暦(旧暦)の8月1日(朔日)です。

 

風水では、太陽と地球の関係性における法則性の影響を研究してきています。

その代表例が『二十四節気』になります。

これは、太陽と地球の関係性から、最も昼間が長くなる『夏至』と夜間が長くなる『冬至』を基準に24の季節を導き出しました。365日を24等分したもので、約15日間毎の季節です。その為、1か月毎に2つの季節が変化します。

1か月毎の2つの季節の内、月始めの季節を節気と称し、月替わりとします。

五月は、『立夏』が5月度の月初めです。

 

一方、『太陰暦』は、地球と月の関係性における法則性の影響を研究してきたものです。

30日毎に月は、『新月から満月から新月』と変化します。

この月が『新月から新月への30日間』を『1か月』としました。

 

古代中国より、夜空を司る月の運行は、人間の深層心理に強く深く影響を及ぼすと考えられ研究してきました。

 

風水でもこの陰暦を中心に分析する命術(生年月日時から個人を分析する術)として、

紫微斗数推命(しびとすうすいめい)というものがあります。

この命術は、深層心理を分析するに大変優れたものです。

 

この様な観点から毎月陰暦の1日は、深層心理が変化するタイミングと考えています。

この陰暦の1日に参拝しその月の心構えを天に尋ね御御籤を引いてみて下さい。

見事なまでに1か月の方針を天は授けてくれます。

 

私は、毎月『明治神宮』に参拝し御御籤(大御心)を賜ります。

 

『二百十日(にひゃくとうか)』とは?

taihuu.jpg

 

<本日の心構え>

▼風地観 上爻変

 

大地の上に穏やかな風が吹き渡ります。

風は広大な地を際限なく渡り歩きます。

目で見ようとせず心で感じること。

心を研ぎ澄ませ見聞を広げましょう。

周囲の視線と信頼が集まります。

成功の本質とは私利ではなく公益です。

全体の利益を優先し誠実に振る舞うこと。

行動は評価され高い称賛が得られます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in浜松・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

あっという間に8月が過ぎ去っていきました。

一日一日を大切にしたいです。

本日、静岡西部で現地調査等を行い、そのまま磐田の実家へ里帰りし

明日より3日間のOFFを頂戴します。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月2から4日 OFF

2018年9月8日  内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 陽宅実技

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『二百十日(にひゃくとうか)』とは?

 

二百十日(にひゃくとおか)は、立春を起算日として210日目(立春の209日後の日)のことです。日付ではおよそ9月1日頃で今年2018年は本日9月1日です。

台風の多い日もしくは風の強い日といわれます。

 

『八朔(旧暦8月1日)・二百二十日・二百十日』

農家の三大厄日とされています。

 

季節の移り変わりの目安となる「季節点」のひとつです。台風が来て天気が荒れやすいと言われていいます。

夏目漱石の『二百十日』でも、二百十日の荒天が描かれていることでも知られています。

台風襲来の特異日とされ、奈良県大和神社で二百十日前3日に行う「風鎮祭」、富山県富山市の「おわら風の盆」など、各地で風鎮めの祭が催されてきました。

 

気象学者の堀口由己は、この頃が稲の出穂期に当たり、強風が吹くと減収となる恐れがあるために注意を喚起する意味で言われ始めたのであろうとしています。

 

この様な季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた、特別な暦日のことを、

『雑節(ざっせつ)』と称します。

自然の法則を表した、二十四節気等の暦日とは逆に、経験則として定められたものです。

所謂、「おばあちゃんの知恵袋」的なものです。

しかし、侮ってはいけません。確かにこの時期は天候が荒れます!

『時流に乗る!』32 酉の時流

tori01.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢風大過 五爻変

 

暴風雨に見舞われ家屋が傾いています。

油断すると家が倒壊してしまいます。

早急に問題解決に取り掛かりましょう。

不意に深刻な問題を抱える非常時です。

困難を乗り越え責務を果たせます。

得た歓喜と達成感に溺れないこと。

平和は長くは続かない一時的なものです。

現状を維持する努力は続けましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

風水師が用いる術に相術(そうじゅつ)という見た目を判断する術があります。

手相・人相・名相等です。

特に人相の活用は進んでいて、某銀行では専属の人相家を雇い、融資決定の参考にしている程です。

相術は、それが持つ目に見えな内面性(性格)が目に見えるが見た目(表情)に現れてくるというのが根拠です。

『表情』とは、目に見えない『情』』が『表』に出るという意味です。

やはり顔に出ます!!

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月8日  内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 陽宅実技

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『時流に乗る!』32 酉の時流

                                                                        

『酉』は、酒をしぼる壺の象形。

収穫した穀物で新酒を作る時、引き締めてひと所に収穫する意と解きます。

《説文》には、「就(ひと所に引き締めてまとめる)」、

《漢志》には、「留熟(新酒を熟させる)」と解説されています。

 

人間の成長過程では、

『人として成熟するかただ老いるかの分岐の時期』です。

 

時流は、

『新しいものを採り入れ発酵させていく時期』となり、

ただ老いて飽きられ捨てられてしまわないように、

良い酵母菌を取り入れ発酵し全く新しいものを作り出すこと求めてきます。

 

酉月は9月 二十四節気は『』と『』の30日間

酉の刻は17時から19時の2時間

酉の方角は真西(磁270度の左右15度の30度間)

酉の陰陽五行は『金の陰』

申の西暦 2017年・2029

『時流に乗る!』31 申の時流

『時流に乗る!』30 未の時流

hituzi00.jpg

 

<本日の心構え>

▼地火明夷 三爻変

 

地平線の彼方に陽が沈み行きます。

周囲は時間と共に闇夜に閉ざされます。

暗闇の中では正しき事も認められません。

辛抱強く夜が明けるのを待ちましょう。

夜中は周辺に知られず事を進められます。

目的を確認し入念に準備すること。

先を焦らず慎重に決断すること。

果敢な勇気を持ち覚悟を決めましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・個別相談

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

産みの両親を亡くす経験は、誰でも最高で2回までです。

人生では、最大の経験といえます。

そこで何を学び自分の人生と社会に還元し、成長の糧に出来るかが重要だと思います。

自分が他界した後、それを機に子供達が成長してくれたら、

死んだかいがあったと思い成仏出来るような気がします。

それが本当の供養かもしれません。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月8日  内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 陽宅実技

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『時流に乗る!』30 未の時流

                                                                        

『未』は、木のこずえの未熟な枝を示す象形文字です。

《漢志》には、「昧愛(まいあい)」と解説されていますが、

今にいう「曖昧(あいまい)」な状態のことです。

 

植物のなお成熟しきらぬ未熟な段階です。

 

人間の成長過程では、

『肉体的成長のピークを越え知識が豊富になり頭でっかちな時期』です。

 

時流は、

『ものごとが曖昧、蒙昧になり内部が腐敗する時期』となり、

果断・果決、無駄を省き風通しと良い組織作りが必須です。

 

未月は7月 二十四節気は『小暑』と『大暑』の30日間

未の刻は13時から15時の2時間

未の方角は南南東(磁210度の左右15度の30度間)

午の陰陽五行は『土の陰』

巳の西暦 2015年・2027

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP