ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記 > 風水経営コンサルタント

風水経営コンサルタント

致知在格物 by 大学

7858-fypyuva8181894.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 五爻変

 

山頂付近では雷鳴が激しく轟いています。

登るには多くの危険と困難を伴います。

麓に居る限り身の安全は守られます。

何事にも慎重を期す対応をすること。

不満を抱いても動けない事が幸いします。

強引に進むと災厄に見舞われます。

冷静沈着に勝負の舞台に備えること。

心から頼れる逸材を探しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『開運合宿in淡路島』参加者への案内・スケジュール詳細をお送りしています。

まだ手元に確認出来ていない方は御一報下さい。また龍穴ホテルは貸し切りとなりました。相部屋でも良く今からでも参加したいという方は直接私へ連絡下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■致知在格物 by 大学

 

『大学』第一段 第二節

古之欲明明徳於天下者、先治其国。

欲治其国者、先齋其家。

欲齋其家者、先修其身。

の続きです。

 

欲修其身者、先正其心。

欲正其心者、先誠其意。

欲誠其意者、先致其知。

致知在格物。

 

その身を修めんと欲する者は、先ずその心を正しくせり。

その心を正しくせんと欲する者は、先ずその意を誠にせり。

その意を誠にせんと欲する者は、先ずその知を致す。

知を致すは物に格る(いたる)に在り。

 

「その身を修めようと願うならば、人間として何が正しいのかをよく知り、それを保つためには、行動基準、発言の基準がしっかりしていなければいけない。」

「その心を正しくしようと願うならば、真心を込める。」

「真心を込める為には、優秀な知恵を得なければならない。」

「知を得る為には、物・事物の仕組みを理解するということにある。」

 

 「意」は、「心の音」という字からできています。

「心の音」とは、心の声です。

「誠意」とは、心の音をよく聞いてあげることです。

『格物』とは、「物を格(ただ)す」という意味です。

『物』とは、万物の意味で、森羅万象全てです。

人間は、森羅万象を研究出来る一番智恵深い立場にいることを意味しています。

だからこそ、他者の為、自然、動物の為になる知恵を得ることが出来ます。

実は、自然万物、森羅万象の法則を知ることで、

相手の心に耳を傾けてあげることが出来るようになります。

すると、自分はどうすべきかを知り、

行動に起こすことが出来るようになります。

良心が何を欲するかを教えてくれるものが『致知在格物』です。

東洋思想は、単なる机上の空論として学ぶだけのものでは無く、

経営学として実践力があるものなのです。

 

世界平和を願うならby大学

o0400030113811648832.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢風大過 三爻変

 

暴風雨に見舞われ家屋が傾いています。

油断すると家が倒壊してしまいます。

早急に問題解決に取り掛かりましょう。

不意に深刻な問題を抱える非常時です。

問題と責任は大きくなるばかりです。

周囲の協力も得られず道は塞がれます。

理想を追わず無理難題は誠実に断ること。

日頃の言動を反省しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■視察in北海道

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日の札幌でのセミナーは、地震で多くの被害が出た直後でありながら、

多くの方が参加して下さいました。

主催法人代表と主催者スタッフの心遣いと、参加者皆様のご協力のもと

大変語りやすく私自身が癒しの場となりました。

この場をおかりして心より感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■世界平和を願うならby大学

 

大学;第一段 第二節

古之欲明明徳於天下者、先治其国。

欲治其国者、先齋其家。

欲齋其家者、先修其身。

 

古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、先ずその国を治む。

その国を治めんと欲する者は、先ずその家を斉う(ととのう)。

その家を斉えんと欲する者は、先ずその身を修む。

 

「古の明徳を天下に明らかにせん」は、世界平和のことです。

 

「世界平和を願うならば、国が治まっていないと駄目なのです。」

「国を治めようとするならば、家庭が整のっていなければいけない。」

「幸せな家庭を願うならば、身を修めなければならない。」

 

組織論において、家庭は最小単位の組織です。

個人の集合体が家庭で、家庭の集合体が国です。

家庭が崩壊しては、国家の安定は難しくなります。

各国が不安定ならば当然、世界平和は実現されません。

 

このことは、企業経営にも直結する思想です。

プライベートの安定と充実無くして、

会社経営の安定と充実は難しく、

表面的には良くても足元を救われる結果になります。

「大学;慮る」

daigaku01-thumb-400x300-2777.png

 

<本日の心構え>

▼水山蹇 三爻変

 

冬の雪山で吹雪に見舞われています。

視界が雪で遮られ方向感覚も失います。

進退共に非常に危険な緊急事態です。

苦難が去るのを忍耐強く待ちましょう。

進んで得られるのは苦しみと絶望ばかり。

潔く諦め身を退いて初心に帰ること。

困難克服のために足元を固めること。

危険な道は事前に回避しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、顧問先3社の経営者が集まり、勉強会をさせて頂きました。

優秀な経営者は『善は急げ!』が基本です。

有意義な時間を過ごさせて頂、感謝でした!

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「大学;慮る」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。民に親しむに在り。至善に止まるに在り。』

の続きです。

『止まるを知りて后(のち)定まる有り。定まりて后能く静かなり。

静かにして后能く安し。安くして后能く慮る。慮りて后能く得。』

 

「止まることを知った後、心が定まり、心が定まれば、静かになり、

静かな後、安らかとなり、安らかになった後慮り、慮りて後に、徳を得ることがでる。」

 

心が定まるとは、心が安定すること。

静かとは、右往左往しないこと。

安らかとは、安定感を得ること。

慮りとは、思慮深くなること。

 

まとめますと、

『周囲に良い影響を与えることを維持出来てくると、

心が安定し、何があっても右往左往せず、安定感を得て、

思慮深くなり、徳を得ることが出来ます。』

 

経営者として、社員から何を得るかを考えていては、

心が不安定になり、突然の状況変化にも対応出来無くなってしまいます。

常に周囲に良い影響を与える努力をすることで、徳を積むことが出来るのです。

「大学;至善」

440915.jpg

 

<本日の心構え>

▼風水渙 二爻変

 

春の風が吹き冬の氷雪が解け始めます。

暖かい季節の到来を告げています。

冬に閉ざされた道は次第に開き始めます。

春の風を受け新たな道を歩みましょう。

抱えていた問題は次第に解決します。

重ねた努力と忍耐が報われ始めます。

足元を確かめ一歩ずつ慎重に進むこと。

有力者を信頼し共に歩みましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問セミナー・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、起業のコンサルタントのさい、社名の命名を行いました。

クライアントが準備していた社名の内、

第一候補が一番良く、第二候補が二番目に良い社名でした。

その他、10種類ほど鑑定しましたが、結局第一候補がベストで決しました。

運の良い経営者は、たまたま命名したものが、風水的にも良い社名になってしまうようです。

今月に入って二社目の奇跡でした。

弊社顧問先の経営者の運の良さに感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「大学;至善」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。民に親しむに在り。

至善に止まるに在り。』

 

大いなる学びは、

第一に、徳とは何かを明らかにし習得する、

第二に、誰に対しても親しめる様になる、

でした。

 

次が「至善に止まるに在り。」です。

通常は自分の価値観を判断基準にして、

自分の都合いいことを善、都合の悪いことを悪と見なすものです。

これは相対的な価値観からくる、善悪判断であり、定義です。

これに対して「至善」とは、相対的な価値観という対立する二つの世界を超えた、

道理(宇宙万物、天地のルール)を基準とした善悪判断における善です。

止まるとは、その状態を維持、継続することです。

自分の好き嫌いでは無く、道理に従った義なる行いを継続することです。

 

大学の教えは、

『徳とは何かを明らかにして、親しみある人間関係を構築しながら、

自分の感情に左右されない道理や義にかなった行動を心がけること』

を学ぶことです。

 

如何に良い影響を周囲に与える様になれるかが重要なことです。

これが、リーダーの資質でもあります。

「大学;親しむ」

554856.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷地豫 上爻変

 

豪快な雷鳴と共に大地が揺れています。

激しい音と共に身も心も震えます。

周囲の喧騒に心は喜びに満たされます。

流れに乗り積極的に挑戦しましょう。

喜びと快楽に完全に溺れてしまいます。

態度を改めて状況を整理しましょう。

道を誤る前に早急に手を打つこと。

悔い改めることで事なきを得るでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・個別相談

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

開運合宿in淡路島の申し込みを締め切りました。

申し込みありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

次回は、11月22・23日奥日光で今年最後です。

御関心のある方は直接私にお問合せ下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「大学;親しむ」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。民に親しむに在り。』

 

大いなる学びは、第一に徳とは何かを明らかにし習得することでした。

次が「民に親しむに在り。」です。

大学は、為政者やリーダーに対する教育本です。

正に経営者に対する指南書といえます。

 

『民に親しむ』とうことは、

民=民衆⇒『誰に対しても』ということになり、

『親しむ』は、対等な同じ目線の関係性となります。

経営において、最も大切なものは人間関係の構築です。

その為には、上から目線、横柄、傲慢な態度は禁物です。

社内において社外においても、

誰に対しても親しめる様にならなければならないと、

大学は教えてくれているようです。

 

本当にTOPに立てる人とそうでな無い人の違いもここにあります。

お会いしている優秀な経営者の方々は、間違い無く親しみのある方々です。

 

個体群生態学

595715.jpg

 

<本日の心構え>

▼火山旅 五爻変

 

壮大な山々に夕日が静かに沈みます。

陽も弱くなり周囲は次第に暗くなります。

旅先で夜を迎え不安を抱き始めます。

落ち着く先を決め明日に備えましょう。

旅費が膨れても期待以上の経験を得ます。

多少の代償に気を落とさないこと。

得た経験と知識を大切にすること。

人生の富となる最良の旅になります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・『開運合宿in淡路島』打ち合わせ・陰宅風水報告書作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、『陰宅風水』の現地調査に神奈川県某所へ

一般の方(檀家や信者)でも埋葬出来る霊園の中で、最も風水が整った霊園です。

三連休初日の雨にも関わらず、多くの方がお墓参りに来られていました。

風水が良い霊園は、供養熱心な方が多く利用されています。

逆に風水が悪い霊園・墓地は真にゴーストタウンになってしまいます。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■個体群生態学

 

組織の環境適応には限界があるため、環境に合わない企業は淘汰されてしまうと同時に、

古い企業は生き残りやすいという理論。

 

この理論から考察すると、

単純に環境に適応出来る企業が生き残れるということになります。

そして古い企業は環境適応能力が高いということになります。

 

単純に

『環境適応能力が高かったので生き残れた老舗企業』

ということです。

 

この理論を押し上げてきた背景に『ダ―ウインの進化論』があるように思います。

『突然変異と自然淘汰』、突然変異した種が環境に適応出来ないと淘汰される。

 

環境適応能力とは?

実は、『共生力』ということになります。

共に生き合おうとする思いと能力です。

弱肉強食・自然淘汰とは真逆の世界です。

 

今、優秀な経営者と接する中で、その共通点がこの『共生力』です。

『共生力』の無い経営者の会社は本当に厳しい立場にあります。

 

新しい企業は本当に生き残りにくいのか、

顧問先の若い経営者をみていると、決してそんなことは無さそうです。

組織均等

847382.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢水困 四爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

続く苦労も最後に協力が得られます。

諦めかけた時に必要な物が集まります。

空回りしますが誠意は尽くすこと。

好意が伝わるのを焦らず待ちましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■陰宅風水現地調査in神奈川

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

2日間の福島出張は、顧問先社長の心遣いで、

『開運合宿』のようなパワーチャージが出来ました。

宿泊先の龍穴ホテルでは、

開運合宿で起こる『眠れなくなる現象』が起こり吃驚でした!

普段は家族から、『パパは5秒で寝る』と言われている私がです。

会津若松に行かれるさいは、御一報下さい。

特別に龍穴ホテルをお教えします(笑)

勿論A級とB級グルメもです。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■組織均等

 

アメリカの経営学者サイモン【Herbert Alexander Simon】等の理論『組織均等』。

個人がどんな場合に組織に参加するか,またそれに従って組織はどのようにして存続できるかを論ずる。

 

労働に参加する理由は、1人1人全く違うが、

個人の中では、必ず『労働』と『理由』を天秤にかけています。

しかし、面白いのはこの労働に参加する理由を失うことだけが、

離脱する理由にならないところにあります。

離脱する理由は、全く違う場合が多いものです。

お金のために働いたが、人間関係で辞めるというようなことです。

 

労働を継続する理由は、

働く理由があることと、辞めない理由が無いことが条件ということになります。

経営者側で考えた場合、

「働く理由」を作ってあげ、「辞める理由」を無くせるかになります。

 

「働く理由」?正にモチベーションの本質になります。

会社を経営する理由に応じて、「働く理由」を持った社員が集まります。

「辞める理由」?

これは、個人個人違えども、会社毎にはほぼ一致しています。

 

「みんな体調を崩して辞めていきます。」と解っていながら改善させない!

笑い話のようなことが良くあります。

家和して万事成る

252455.jpg

 

<本日の心構え>

▼天風{女后} 三爻変

 

青空の元に穏やかな風が吹き渡ります。

その風に揺られ甘い香りが漂います。

運命的な出会いの兆しがあります。

慎重に判断し良縁を大事にしましょう。

出会いの全てが良い訳ではありません。

見込み違いの出会いも多くなります。

間が悪く出会いを逃す事もあるでしょう。

時に間が悪い事こそが幸いします。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in郡山

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今朝は、会津若松東山温泉のパワースポットホテルで朝を向かえ、

これから朝トレに出発します。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■家和して万事成る

 

大学 第九章

「白文」

詩云、桃之夭夭、其葉秦秦。

之子于帰、宜其家人。

宜其家人、而后可以教国人

 

「書き下し文」

詩に云く、

「桃の夭夭ようようたる、その葉蓁蓁しんしんたり。

この子于ここに帰とつぐ、その家人かじんに宜よろしからん。

その家人に宜よろしくして、しかるのちにもって国人に教うべし。」

と。

 

「解説」

詩:『詩経』國風・周南・桃夭の篇。

夭夭: 若木のすこやかな様子。

蓁蓁: 葉が盛んに茂っている様子。

帰ぐ: 嫁ぐに同じ。

詩(周南桃夭の詩)に言う、

 

『桃の花がかぐわしく咲き誇り、桃の葉が生い茂っている。桃の花のように美しい婦人がある家に嫁ぎ、その家人と仲良く暮らしている。この女性が家人に優しくするように、君子もその家人に優しく接することで、国人(国の有為な人材)を教えることができる。』

 

 優秀な男性経営者は、立派な父親であり、優秀な女性経営者は優しい母親であって欲しいものです。大学は、いわば帝王学であり国の運営学です。無論、会社の運営が学ともいえます。家族に優しく接することで、社員を正しく導くことが出来ます。

慎む

871642.jpg

 

<本日の心構え>

▼天山遯 三爻変

 

天を突く壮大な山々が行く手を遮ります。

進む道は非常に険しく困難を伴います。

一度身を退き目的地を見直しましょう。

危険や問題には近寄らないこと。

一時の感情に流されると道を誤ることに。

進んでも苦労ばかりが多くなります。

身を守るため断固たる決断が必要です。

迷わず退く事を優先しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in郡山

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

陰暦8月度の大御心

『精神一致すれば、何事も成功する』

いつもタイムリーな大御心に天の臨在を実感します。感謝

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■慎む

 

大学第十章

「白文」

詩云、楽只君子、民之父母。

民之所好好之、民之所悪悪之。

此之謂民之父母。

詩云、節彼南山、維石巌巌。

赫赫師尹、民具爾瞻。

有国者、不可以不慎。

辟則為天下謬矣。

 

「書き下し文」

詩に云く、

楽しき君子は民の父母と。

民の好む所はこれを好み、民の悪む所はこれを悪む。

これをこれ民の父母と謂う。

詩に云く、節たる彼の南山、維れ石巌巌たり。

赫赫たる師尹、民具に爾を瞻ると。

国を有つ者はもって慎まざるべからず。

辟すれば則ち天下の謬と為す。

 

「解説」

詩に云く、

「有徳の楽しい君子は人民の父母のようなものである」と。

人民が好むものは君子もそれを好み、憎むものは君子もそれを憎む。

これを君子が人民の父母のようであると言っている。

詩に云く、

「節せつたる彼かの南山、これ石いし巌々がんがんたり。

赫々かくかくたる師尹しいん、民たみともに爾を瞻みる」と。

国を治める有力者こそ、慎まなければならない。

道を踏み外して偏れば、天下に害を与えて歴史に汚名を残すことになる。

立ち振る舞い

1d4880a125354c405f2deba6ec8b34fd_s.jpg

 

<本日の心構え>

▼坤為地 四爻変

 

実り豊かな大地が視界一杯に広がります。

母なる地は全てを受け入れ育みます。

心穏やかに平和な日々を享受しましょう。

謙虚で受動的な姿勢を心掛けること。

目立つ行いは不要な反発を被ります。

誠実で慎重に慎み深く振る舞うこと。

従順さと地道さを大切にしましょう。

平凡に過ごせば安泰が得られます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

急激な気候の変化に体調を崩される方も多いかと思います。

御自愛下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

 

 

<ワンポイントレッスン>

■立ち振る舞い

 

大学第十章

「白文」

徳者本也。財者末也。外本内末、争民施奪。

是故財聚則民散、財散則民聚。

是故言悖而出者、亦悖而入。

貨悖而入者、亦悖而出。

 

「書き下し文」

徳は本なり。財は末なり。本を外に末を内にすれば、民を争わせ奪うを施す。

この故に財聚まれば則ち民散じ、財散ずれば則ち民聚まる。

この故に言(こと)悖って(もとって)出ずる者は、亦悖って入る。

貨(か)悖って入る者は、亦悖って出ず。

 

「解説」

徳が大本であり、財はその結果の末節です。

徳を軽んじて、財力を重視すれば、民を争い奪い合いをさせる悲劇となります。

そのため、重税を取り立てて君子に財が集まれば民は離散してしまい、

税を軽くして君子の財が少なければ民はそこに集まるようになります。

そのため、理に反するような発言をすれば、人民も同じように理に反することを言い始め、

理に反する方法で財を得た者は、また理に反する出来事によってその財が出て行ってしまいます。

 

社員に対する利益の分配と、経営者の立ち振る舞いの難しさを示しています。

国政であれば、納税少なく福祉充実を国民は願います。

経営となると、経営者があまりにも貧しいと社員の出世欲が無くなり、

経営者が贅沢の限りを尽くせば、良い人材が集まらなくなります。

そこで、最も要求されるなが経営者の人格です。

陰ながら『徳』を積み、発言を慎む姿勢が重要になってきます。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP