ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座32「洛書伝説」

eki32.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『どんな種類の否定的考えでもそれを抱くことは一切拒否しなさい。』易卦:火天大有 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

良い場所を発見出来た時の喜びはこの上無いことです。

風水師冥利です。

 

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座32「洛書伝説」

 

中国は、大洪水に見舞われ、人々は流浪して四散しました。

 

神話上の帝王で夏朝の創始者『大禹』は、

危機に臨んで命令を受け、結婚して4日目だったが人々を率いて

治水に赴き、自分の家を顧みることなく没頭した。

しかし、様々方法を使っても治水の明暗が見つからなかった。

 

そんなある日、五色の神亀(しんき)が洛水から出てくるのを見つけた。

その甲羅に文字のようなものがあった。

この文字を参考に考案された自然万物宇宙の法則の図案が『洛書』です。

「書経」の中では『洪範』と称されているものです。

 

左前足元「四」首元には「九」右前足元「二」

左脇腹元「三」甲羅中央「五」右脇腹元「七」

左後足元「八」尾元には「九」右後足元「六」

 

整理すると

 

4・9・2

3・5・7

8・9・6

 

これが『洛書』です。

易経講座31「周易の論理方陣」

eki31.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『肉体を酷使するのは間違っています。』易卦:水沢節 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月26日 南西

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■研修会場現地調査in山梨&静岡

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日より山梨入りしています。

良いパワースポットホテルを発見!!

今朝の朝トレは河口湖畔です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座31「周易の論理方陣」

 

360度の円形に配置された、64卦を円図、

下を北、上を南として四方に配置したものを方陣といいます。

 

図の左上の坤卦が南東の位置、

右下の乾卦が北西の位置です。

 

坤から乾を結ぶ対角線上の8ケを八経卦、

泰から否までを八緯卦といいます。

 

周囲の合計が、二十八でこれは、周天の二十八宿を象ています。

易経講座30「先天六十四卦図」

eki30.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『否定的なものと同居してはいけません。』易卦:山地剥 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月25日 南西

3月26日 南西

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■研修会場現地調査in山梨

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

4月14日大阪千里中央で『経営帝王学』のプレセミナーを行います。
一般参加可能ですので御関心のある方は下記を御確認下さい。

http://www.xn--j2r45ktpc867awel.com/

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座30「先天六十四卦図」

 

六十四卦の円形の図は天を象り、

南は乾・北は坤で時計の針と同方向の運動をやめず、

方形の図は地に法り、

乾は南西・坤は南東です。

 

円形の図の左側の三十二卦が陽、

図の右側の三十二卦が陰で対応し、

天は高く地は低い、先天八卦(南・上は乾卦、北・下は坤卦)と同じです。

 

方形の図は、乾の陽が最初に生じ、

下の四行の三十二卦は、下卦が陽卦で陽となし、

上の四行の三十二卦は、下卦が陰卦で陰となし、

陰が上、陽が下で天地が相交われば通じるという意味を持っています。

 

同時に「天は北西に不足し、地は南東に不足する」という、

地理的環境をも示しています。

 

一円一方、一動一静、陰陽を組み合わせて天地の万物です。

易経講座29「六十四卦の構造」

eki29.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『心静かにじっくりと考えなさい。』易卦:沢火革 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月24日 北西

3月25日 南西

3月26日 南西

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・資料制作

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

4月14日大阪千里中央で『経営帝王学』のプレセミナーを行います。
一般参加可能ですので御関心のある方は下記を御確認下さい。

http://www.xn--j2r45ktpc867awel.com/

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座29「六十四卦の構造」

 

先天六十四卦は、八卦を上下に重ねて構成されています。

下の卦を下卦又は内卦、上の卦を上卦又は外卦と称します。

 

構造上の順番ですが、

八卦は『乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤』ですので、

 

下卦の乾卦に対して順番に

『乾の上に乾、乾の上に兌、乾の上に離、乾の上に震、

乾の上に巽、乾の上に坎、乾の上に艮、乾の上に坤』となり、

 

次に

『兌の上に乾、兌の上に兌、兌の上に離、兌の上に震、

兌の上に巽、兌の上に坎、兌の上に艮、兌の上に坤』となり。

 

このパターンを繰り返します。

 

簡略化して表記すると、次は

『乾/乾、乾/兌、乾/離、乾/震、乾/巽、乾/坎、乾/艮、乾/坤』

『兌/乾、兌/兌、兌/離、兌/震、兌/巽、兌/坎、兌/艮、兌/坤』

『離/乾、離/兌、離/離、離/震、離/巽、離/坎、離/艮、離/坤』

『震/乾、震/兌、震/離、震/震、震/巽、震/坎、震/艮、震/坤』

『巽/乾、巽/兌、巽/離、巽/震、巽/巽、巽/坎、巽/艮、巽/坤』

『坎/乾、坎/兌、坎/離、坎/震、坎/巽、坎/坎、坎/艮、坎/坤』

『艮/乾、艮/兌、艮/離、艮/震、艮/巽、艮/坎、艮/艮、艮/坤』

『坤/乾、坤/兌、坤/離、坤/震、坤/巽、坤/坎、坤/艮、坤/坤』

となります。

 

この下卦と上卦の組み合わせから意味する名前が付けられています。

名前と象意に関しては、おいおいお伝え致します。

易経講座28「先天六十四卦」

eki28.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『何も持たないようで、実はすべてのものを持っていると実感しなさい。』易卦:火天大有 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月23日 北

3月24日 北西

3月25日 南西

3月26日 南西

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■電話取材・風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日も顧問先経営者からご紹介頂、顧問契約を頂戴しました。

お役に立てていることの証明の様で本当に嬉しく思います。

信頼を裏切らない様に努めたいと思います。

今月末で創業丸25年、4月より26期目に入ります。

ご信頼頂いたクライアント皆様の御蔭様です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座28「先天六十四卦」

 

八卦(乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤)だけでは、

宇宙の森羅万象を包容するには十分ではありません。

 

それゆえ、八卦を二つ重ねて、八卦×八卦で六十四卦とします。

 

八卦を二つ重ねることで、陰陽爻が6つ重なり、

自然界のあらゆる変化を包含することが可能です。

 

この六十四卦は、八卦を重ねるという意味と共に、

先天八卦の生成過程で分析することが可能です。

 

先天八卦の生成過程は、

太極から、両儀、四象、八卦と、

1、2、4、8、と乗じています。

1・2・4・8・16・32・64という展開です。

 

また、分割という観点では、

太極が陰陽に2分割して、陰陽各々が四象に分割して、

四象各々が八卦に分割してと、

分割を6度繰り返し、64等分されるという展開です。

 

数学的には、二進法の原理であり、

科学的には、細胞分裂の原理です。

 

無限に分裂し、拡大し、増殖していくことを意味し、

全て重ねれば、太極に戻ることを意味し、

どんなに繁殖しても陰陽の両極は不変であることを意味しています。

易経講座27「神の目を持つ伏義」

eki27.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『種には水をやり、肥料を与えなさい。』易卦:水雷屯 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月22日 南東

3月23日 北

3月24日 北西

3月25日 南西

3月26日 南西

3月27日 北

3月28日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、尊敬する経営者ご夫妻が久し振りに渋谷事務所に揃ってお越し頂いた。

社員の幸福度、何気無い日常生活を喜びに感じてくれる様な職場環境を提供してあげたいという思いは、間違い無く社員一人一人に伝わっていることを実感し感動致しました。

御蔭様で顧問先経営者皆様の徳の高さに感謝です!!

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座27「神の目を持つ伏義」

 

易学を学ぶ上で天文学は大変重要ですが、

餅屋は餅屋ですので、専門家に任せるのが一番です。

 

しかし、基本的な太陽の運行について知っておいても損はありません。

 

北極点と南極点を結ぶ線を地軸といい、

地軸は約23.4度傾いて太陽の周りを公転します。

 

このさい、地球側からみると、太陽が地球の周りを移動しているように見え、

この軌道を視軌道と称し、視軌道を結んだ線を黄道と称します。

 

また、地球は自転しているため、このさい、地球側からみると、

同じく太陽が地球の周りを移動しているように見え、

この場合の視軌道は、赤道と称します。

 

この黄道と赤道の間の夾角を黄赤侠角といいます。

 

黄道の中心点が、太陽になり、太陽の位置が太極図の中心を表わし、

赤道の中心点は、地球自体の中心になり、太陽の周りを移動しますので、

太極図の陰陽の魚の目の部分で表しています。

 

この先天八卦を基盤にした太極図は、

地球を宇宙から俯瞰し、客観的な角度から描写しています。

 

正に神の目です。

二十四節気「春分」の風水術

o0400031013894035002.jpg

 

 
<本日のメッセージ> 
『流れに身をまかせる決心が貴方を成功させます。』易卦:天雷无妄 四爻変
自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!
 
※このメッセージは
『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。
 
 
<奇門遁甲:開運方位> 
3月21日 北
3月22日 南東
3月23日 北
3月24日 北西
3月25日 南西
3月26日 南西
3月27日 北
※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!
 
 
<本日の活動予定>
■風水顧問打ち合わせ3件
■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku
 
 
<本日のつぶやき>
昨晩、スタッフをさせて頂いた『経営デザイン』は、全国各地から多くの方が集まって下さいました。経営者としてのイロハの『イ』!プロ経営者のリアルな話は秀一でした。
 
 
<イベント・セミナー情報>  
2019年4月13日 NPO定例勉強会
2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪
2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩
 
 
<ワンポイントレッスン>
■二十四節気「春分」の風水術
 
天地人『三才の法』という原則があります。
この三者が共鳴し合うという原則です。
 
運の場合は、天運・地運・人運で、
干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。
 
名相術の場合は、天格・地格・人格で、
姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。
 
風水では、時間・空間・人間で、
二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。
 
今日から『清明』までの約15日間が
二十四節気の『春分(しゅんぶん)』です。
この期間は、二十四方位の『卯』の方角とリンクし、
 
人体の十二経絡の
『大腸経;手陽明大腸経(てのようめいだいちょうけい))』
に影響を及ぼします。
又、一日間で活性する時間:卯の刻(午前5時~7時)
 
大腸を守るためのおすすめ食養・漢方
水分と鉄分を摂取する、ビール酵母
アレルギー時「梅」
 
この『春分』の期間に、
『頭部・顔部の耳・鼻・咽頭の病症、便秘、のぼせ、鼻づまり、
頭痛、目の充血、全身の皮膚のトラブルが、激しい反応として出ることが多い。』
等の症状が出た場合、家の内外の『卯』の方角の気が乱れている可能性がありますので、
清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。
更にそのタイミングが、卯の刻ですと更に症状が顕著に出ます。
 
~『卯』の方角~
風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。
0度から時計回りで90度の左右7.5度、合計15度の範囲です。

易経講座26「二十四節気と古代太極図」

eki26.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『貴方の目が澄んでいれば、全身も明るいでしょう。』易卦:風地観 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月20日 東

3月21日 北

3月22日 南東

3月23日 北

3月24日 北西

3月25日 南西

3月26日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン・経営デザイン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『正直者は馬鹿を見ない!』

一時、自分の周辺だけを見ると不公平に見える世の中ですが、

時間性を経て全体を見ていくと極めて公平であることに気が付きます。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年3月20日 経営デザイン

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座26「二十四節気と古代太極図」

 

圭表を用いて天体観測を行いながら、

宇宙万物の法則を見つけ出す過程において、

基礎になったのが太陽の運行です。

 

この太陽の運行状況の基礎が、圭表における影の長さ、日影です。

 

最も影が短い時期から、長くなるまでの期間が約365、25日で、

所謂、一年間です。

 

この日影情況から15日間毎の24等分に区分したのが、

二十四節気になります。

 

一番日影が長くなる時期を「冬至」とし、短くなる時期を「夏至」と定め、

「冬至の日影の長さから夏至の日影の長さを引いた長さ」(A)を基準に、

それを12等分した長さが、二十四節気の一節気毎に伸縮する長さになります。

 

この(A)を半径として円図にしたものが古代太極図になります。

 

時計廻りに冬至を起点として、1日を1度として、一節気15度移動させると、

(A)が12分の1短くなります。

 

冬至から十二節気目は、半年となり180度移動し、(A)はゼロになります。

この地点が夏至になります。

 

夏至からは、日影が長くなり、一節気ごとに(A)の12分の1長くなります。

 

太極図そのものが、宇宙の法則の基礎を図式化したものでもあります。

本日の易メッセージ・開運方位の活用方法

maxresdefault.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『すぐに歩き出す人は、「いいこと」に拒まれることはありません。』易卦:風天小畜 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月19日 北

3月20日 東

3月21日 北

3月22日 南東

3月23日 北

3月24日 北西

3月25日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『開運合宿in奥多摩』申し込み中

3月18日現在で30名申し込み。定員35名、残数5名です。

今回は、GW中で増員は難しくお早目にご検討下さい。

早い者勝ちです!!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年3月20日 経営デザイン

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■本日の易メッセージ・開運方位の活用方法

 

易の考え方の中に陰陽五行があり自然界の法則です。

 

全部で64のパターン×6の流れが明確にあります。

時の流れと自分の位置がわかると、先の行動が解るようになります。

 

本日の易メッセージを読んで自分がどう感じるかがポイントです。

解釈に正解不正解があるわけではありません。

陽明学の『致良知』のことで、自分の良知(良心)が解釈してくれます。

 

易経の解釈本は多くありますが、マーフィー博士の易占い(王様文庫)の解釈が素晴らしく

『知行合一』の糧になります。

 

『奇門遁甲の開運方位』の使用方法は、

家族や社員と食事や懇親会に行くなら、是非、良い方角へ行って下さい。

運のポイントだめになります。

 

上記の内容は、アネストリー株式会社が発信しているVOICE CHANNELで詳細を発信させて頂ました。

 

御関心のお持ちの方は下記よりご登録可能です。

 

https://my79p.com/p/r/mdENFGTn

易経講座25「太極環とメビウスの輪」

eki25.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『激変やトラブルに遭遇したら逃げずに身をまかせなさい。』易卦:震為雷 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月18日 北

3月19日 北

3月20日 東

3月21日 北

3月22日 南東

3月23日 北

3月24日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■リモートワーク(風水顧問打ち合わせ)

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、現地調査の現場から横浜の自宅へ直帰!

長男と長女と3人で夕食の準備、両親に喜んで頂き何よりでした!!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年3月20日 経営デザイン

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座25「太極環とメビウスの輪」

 

太陽の運行状況を基礎とすれば南を向き、

時計廻りが順行に見え、

天体の運行状況を基礎とすれば北極星を向き、

反時計廻りが順行に見えます。

 

河図と先天八卦は、平面的な観測では無く、

相対的・立体的・三次元的観測を図象化しています。

 

陰は陽に、陽は陰に根ざしており、

陰は独自的に生ぜず、

陽も独自的に生ずることはありません。

 

陰が変じたり、陽が合したりして、永遠に循環します。

 

宇宙の根本法則は、

この陰陽の永遠なる循環の法則に帰納されています。

 

この図象が太極図であり、

陰陽の様相が太極環であり、

メビウスの輪を図象したメビウス帯そのものです。

« PREV 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
PAGE TOP