ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座167「64卦分析;艮」マーフィー的解釈

eki167.jpg

<本日のメッセージ> 

『貴方に敵意を持つ人を許しなさい。』易卦:風水渙 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月9日 東

10月10日 北東

10月11日 南東

10月12日 東

10月13日 北

10月14日 なし

10月15日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン2件・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

責任転嫁する癖は成長を阻害するものです。とはいえ全てを自分の責任だと卑屈になる必要もありません。やはりバランスが重要です。その為には分化レベルを上げるしか無さそうです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座167「64卦分析;艮」マーフィー的解釈

 

第五十二卦

卦名:『艮』 構成:上卦「艮」・下卦「艮」

和名:艮為山(ごんいざん)

 

艮は「とどまって動かない」の意味です。

 

この卦は動に対する静を考慮すべきことを暗示しています。どんな活動家でも一日に一回は眠ります。眠ることは絶対に欠かせません。それは消極的なのではなく、より積極的に行動するためにも必要なことです。

 

今は静かにしていることが最良です。貴方の心を静めることは、貴方自身の理性や感情が今自分の内に向かうことが必要だからです。そうすることで、貴方には貴方自身が見えてくる。そして貴方は静かな心で自分に期待しなければなりません。この種の期待はあらゆる行動の中でもっとも効果のある行動なのです。

 

ここで期待というのは、想像力を発揮するということです。貴方は静かに自分の未来、好ましい未来を想像すべきです。しかもその想像は可能な限り細密でなければなりません。真に細部にわたって想像ができた時、それは現実のものとなっているはずです。これは潜在意識の働きがそうさせるのです。実際に体を動かす行動も大切ですが、想像はそれ以上に重要です。なぜなら想像することは、潜在意識に自分の願望の種をまき、水や肥料をやり、丹精

込めて育てることに他ならないからです。

 

アインシュタインは「想像力は知識よりも大切である」といっています。

またナポレオンは「想像力は世界を制する」といいました。

 

現代は、創造力は大切だといわれていても想像力のほうは軽視されがちです。それは「頭の中の幻影にすぎない」と思われているからです。これがいかに大切かは、貴方がじっと静止して考えればきっとわかるはずです。

二十四節気「寒露」の風水術

kanro.jpg

<本日のメッセージ> 

『正しく考え、正しく感じ、正しくなすことです。』易卦:風地観 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月8日 南西

10月9日 東

10月10日 北東

10月11日 南東

10月12日 東

10月13日 北

10月14日 なし

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

季節の移り変わりは大変嬉しく感じます!

散歩が楽しい時期です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「寒露」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

 

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から約15日間が二十四節気の『寒露』です。

 

この期間は、二十四方位の『辛』の方角とリンクし、人体の十二経絡の

『肺経;手太陰肺経(てのたいいんはいけい)』

に影響を及ぼします。

 

又、一日間で活性する時間は卯の刻(午前3時~午後5時)です。

 

肺を守るためのおすすめ食養・漢方

水とビタミンCを摂取する、アーモンド

風邪の初期「天津感冒片」

咳止め:痰が多いとき「大根+蜂蜜」、痰が少ないとき「梨+蜂蜜」、長く続いて弱ったとき「干し柿3個と蜂蜜を煮たもの」

 

この『寒露』の期間に、

『肺の部分が膨張し、咳が出る、鎖骨の上部が痛む、手を組むと眼が霞む』

等の症状が出た場合、家の内外の『辛』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、酉の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『辛』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り90度の285度の左右7.5度合わせた15度が『辛』の方角になります。

易経講座166「64卦分析;艮」

eki166.jpg

<本日のメッセージ> 

『急いで事をしてはいけません。』易卦:雷風恒 初爻変 

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月7日 北

10月8日 南西

10月9日 東

10月10日 北東

10月11日 南東

10月12日 東

10月13日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水鑑定現地調査in横浜、陰宅風水報告書、風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

開運合宿in洞爺湖(北海道)募集開始!

日時:2019年11月17日19時から18日12時

場所:洞爺サンパレス リゾート&スパ

参加費:¥35000(税込)※

締め切り:11月7日中

申し込み:下記FaceBookページの『参加予定』ボタンクリック

https://www.facebook.com/events/3205293676178071/

 

 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座166「64卦分析;艮」

 

第五十二卦

卦名:『艮』 構成:上卦「艮」・下卦「艮」

和名:艮為山(ごんいざん)

卦辞:「艮其背不獲其身。行其庭不見其人。无咎。」

其(そ)の背(はい)に艮(とどま)りて其(そ)の身(み)を獲(え)ず。

其(そ)の庭(てい)に行(ゆ)きて其(そ)の人(ひと)を見(み)ず。

咎(とが)なし。

 

Keyword:停止

 

自然事象:

二つの山が重なっており、重厚、静止である。

君子がこの精神を見習って止まるべきときには止まらなければならない。

 

解説:

艮が山を象徴するのは陽が坤の一番上にあるからで、陽が全て極まったという

含意もあるので、止まるという意味もあり、また、背をも象徴する。

 

人の体でもっとも動きにくいのは背であり、背が静止していれば、

体が動かそうとしても動かせない。

 

『其(そ)の背(はい)に艮(とどま)りて其(そ)の身(み)を獲(え)ず。』

「背」で内心が平静で、外物に患わされないこと。

周囲が入り乱れていても、平静を保てば、物我両忘の境地に達することが出来る。

 

『其(そ)の庭(てい)に行(ゆ)きて其(そ)の人(ひと)を見(み)ず。』

人のいる庭を歩いていても、人の存在を感じない。ここまで修養を積めば、

災いを招くことは無い。

 

『咎(とが)なし。』

艮卦が物我両忘という至高の境地を象徴する。

 

次卦への連動:

万物はいつまでも止まってはいられないので、

次は『漸卦』であり、「漸」は漸進という意味です。

開運合宿in洞爺湖(北海道)募集開始!

touyako.jpg

<本日のメッセージ> 

『人に知恵を与えれば、貴方はますます磨かれます。』易卦:山沢損 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月6日 北西

10月7日 北

10月8日 南西

10月9日 東

10月10日 北東

10月11日 南東

10月12日 東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■リモートワーク(風水顧問打ち合わせ・報告書作成)

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日の陰宅鑑定の現地調査は、大変有意義なものでした。

『死に様は生き様、生き様は死に様』

陰宅風水は、このことを本当に体現されています。

陰宅風水は、土葬の時代のもので火葬が主流である現在は適用されないという風水師も少なく無いですが、実際は深刻なほどに影響が出ます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■開運合宿in洞爺湖(北海道)募集開始!

 

日時:2019年11月17日19時から18日12時

場所:洞爺サンパレス リゾート&スパ

参加費:¥35000(税込)※

締め切り:11月7日中

申し込み:下記FaceBookページの『参加予定』ボタンクリック

https://www.facebook.com/events/3205293676178071/

 

 

11月17日(日)

現地集合

洞爺湖ホテルチェックイン各自

19時00分 夕食懇親会(全体集合) 

21時00分 二次会(自由参加)

11月18日(月):

06時00分 朝トレ(自由参加)

08時00分 朝食

10時00分  セミナー(山田光復先生)   

12時00分 現地解散

 

※参加費:35,000円(税込)には1泊2食、セミナー料金が含まれています。

スケジュールは変更になる可能性があります。

 

夕食懇親会11月17日19時からセミナー終了時18日12時までが拘束時間になります。
折角の洞爺湖ですのでその前後は参加者皆様自由にお過ごし下さい。
道外からの参加者は、千歳空港からレンタカーで行かれるのがベストです。参加者同士工夫されて洞爺湖を満喫して下さい。

2019年最後の開運合宿です!!

易経講座165「64卦分析;震」マーフィー的解釈

eki165.jpg

<本日のメッセージ> 

『理性に逆らうことも潜在意識が認めているかもしれません。』易卦:雷風恒 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

10月7日 北

10月8日 南西

10月9日 東

10月10日 北東

10月11日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■陰宅風水鑑定現地調査

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は不思議なご縁が繋がりました。
タイミングと奥妙なものです。


 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座165「64卦分析;震」マーフィー的解釈

 

第五十一卦

卦名:『震』 構成:上卦「震」・下卦「震」

和名:震為雷(しんいらい)

 

震は、雷、地震、奮起、活発を示すものです。それがふたつ重なったのがこの卦です。

 

驚天動地という言葉がありますが、まさにそういった事態になる可能性があるのです。

しかしこれは天災のようなものではなく、貴方にとっては発展、大飛躍としてやってきます。「一夜明けたらスターになっていた」などという例がまさにこれです。卦としては大変な盛運を示します。たとえ雷におどかされようとも、それは貴方を害するものではありません。むしろ貴方自身が雷のごとく奮起して事にあたるのがよいのです。

 

落雷時のエネルギーは、人間に例えれば集中力です。たとえばキリの先は加えられたエネルギーを一点に集中するので、固いものにでも穴をあけることができます。貴方も一点集中のエネルギーを発揮することで、思いもかけない大成果を得ることができます。

 

ただ山の雷が無差別に落ちるように、私たちのエネルギーも発揮する方向を誤れば、それはまったくの無駄遣いになってしまいます。

大いにがんばるのはいいですが、緻密な計算と努力も必要です。また、貴方が大いにはりきることで周囲に波紋を投げかけるかもしれません。しかしそれはあまり気にすることはありません。今の貴方は他人に気を使うよりも他人に気を使わせるべきなのです。人生にはそういう一時期もあっていいのです。

 

いつもビクビク人の顔色をうかがい、他人を傷つけないことだけを考えていては、貴方は自分の望むものを手に入れることなど絶対にできません。今は何ものをも恐れず、敢然と自己の信じるところに従って積極的な行動に出るときなのです。

易経講座164「64卦分析;震」

eki164.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『貴方の中にある利己主義をいますぐ追放しなさい。』易卦:風雷益 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月4日 北東

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

10月7日 北

10月8日 南西

10月9日 東

10月10日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・落語鑑賞

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

プレゼン能力を磨くには『落語』が一番です!

究極の一人芝居は、場の作り方を学ぶことが出来ます。


 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座164「64卦分析;震」

 

第五十一卦

卦名:『震』 構成:上卦「震」・下卦「震」

和名:震為雷(しんいらい)

卦辞:「震、亨。震来{{小日小}虎}{{小日小}虎}。笑言唖唖。震驚百里、不喪匕鬯。」

震(しん)は、亨(とお)る。

震(しん)の来(き)たるとき{{小日小}虎}{{小日小}虎}(げきげき)たり。

笑(しょう)言(げん)唖唖(あくあく)たり。

震(しん)は百里(ひゃくり)を驚(おどろ)かせども、

匕鬯ひちょうを喪(うしな)わず。

 

Keyword:警戒・震動

 

自然事象:雷が二つ重なっており、天の怒り、轟く雷鳴を象徴します。

 

解説:純陰の坤卦と純陽の乾が最初に交わったもので、落雷、震動、長男などを象徴します。

 

震卦は、大地を象徴する坤卦の一番下に一陽が生じて大地を震動させるので、

『震(しん)は、亨(とお)る。震(しん)の来(き)たるとき{{小日小}虎}{{小日小}虎}(げきげき)たり。笑(しょう)言(げん)唖唖(あくあく)たり。』

 

地震を象徴し、地震が来ると人々は驚き恐れます。

教訓を汲み取り、恐懼自戒しなければ談笑することが出来ない。

 

『震(しん)は百里(ひゃくり)を驚(おどろ)かせども、匕鬯ひちょうを喪(うしな)わず。』

地震は、百里四方の人々が驚き恐れるほど恐ろしい。

 

匕は酒匙、鬯は黍酒で鬱金を浸して地上に撒き、その香りで神を降臨させ、長男は祭祀を主宰し地震が起こっても手中の酒匙を落とさなかった。

 

祭祀を主宰する長男が平素から恐懼自戒していれば、地震が起こっても落ち着いていられることをいう。

 

次卦への連動:

万物はいつまでも動いていられず、停めて休ませなければならないので、

次は『艮卦』であり、「艮」は止を意味します。

易経講座163「64卦分析;鼎」マーフィー的解釈

eki163.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『歯が痛ければ歯医者へ行くことです。』易卦:沢天夬 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月3日 北

10月4日 北東

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

10月7日 北

10月8日 南西

10月9日 東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン1件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、札幌へお招き下さった経営者が上京されるということで夕食懇親会をさせて頂きました。上京の理由を伺うと『宗教法人コンサル』の勉強会に通っていて今日が最終日とのこと。勉強会の話を良く聞いてみると、その勉強会の講師は弊社の顧問先でした!そして、更に、その講師からある方を紹介されたとのことでしたが、そのある方も弊社の顧問先でした。

あまりのことに札幌の経営者は驚愕の様子でした。

最近この様なことが多すぎて驚けなくなっています(笑)。


 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座163「64卦分析;鼎」マーフィー的解釈

 

第五十卦

卦名:『鼎』 構成:上卦「離」・下卦「巽」

和名:火風鼎(かふうてい)

 

鼎は三本足の金属製の鍋のことで、非常に安定していることを示しています。

 

安定した中で煮炊きできる、つまり人間生活にとって重要な作業ができるというところから、これは吉の卦と見ます。

 

今の貴方は全ての機運がよい方向に向かっていて、何をやっても確実に成功するでしょう。だから自信を持って、堂々と事に臨んで構いません。ただし鼎の特質、その安定性の根拠は三本の足です。それがあってはじめて安定を得ているのですから、他人の協力を十分に得なければなりません。それができれば貴方の成功、勝利は間違いないというものです。

 

イメージとしては、山小屋で鍋を使って料理をつくることを思い浮かべればいいでしょう。まず食料と燃料を調達しなければなりません。何人かが手分けしてそれを実行するでしょう。そうやって集めてきた材料を切り、鍋に入れ、火をおこすのです。できあがれば鍋の周囲に車座になって皿にとってみんなで食べる。

 

これは非常に楽しいことですがこの楽しさは勤労と空腹、それに協力によって実現したという満足感が一体になって生まれてくるものなのです。これは日常の人間関係と仕事、休みの日の過ごし方でも同じことがいえます。

 

他人の成功は貴方の成功であり、他人の幸福は貴方の幸福です。そう思えるように訓練しなさい。それが貴方にとってツキを呼ぶ最高の訓練です。

 

山小屋で鍋を囲むのはまさにこの言葉通りのことを実行することです。そしてそれは、こよなく楽しく充実したひとときであるはずです。山を下りても同じ気持ちでいることが大切であると同時に、それが貴方の人生を大きく飛躍させてくれるのです。

易経講座162「64卦分析;鼎」

eki162.jpg

<本日のメッセージ> 

『すべての事には季節があり、すべての行いには時があります。』易卦:天雷无妄 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月2日 南東

10月3日 北

10月4日 北東

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

10月7日 北

10月8日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン3件・個別相談1件・夕食懇親会

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今迄の『開運合宿』の集大成ともいうべき2日間となりました。

分化レベルの本当に高い集まりでスタッフ、参加者皆様に心より感謝申し上げます。


 

<イベント・セミナー情報>

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座162「64卦分析;鼎」

 

第五十卦

卦名:『鼎』 構成:上卦「離」・下卦「巽」

和名:火風鼎(かふうてい)

卦辞:「鼎、元吉亨。」

鼎(てい)は、元(おお)いに吉きちにして亨(とお)る。

 

Keyword:賢者を養う

 

自然事象:

上卦の「離」が火、下卦の「巽」が木、

木の上に火が有り、調理の形象です。

 

解説:

聖者は鼎で調理を行い、天地を祭祀し賢人を養った。

 

硬い食べ物を鼎で煮ると柔らかくなるので「鼎」には更新、創始の意味がある。王朝が交代したのちに、新しい君主はまず最初に鼎を鋳たが、それを「鼎革」と称しました。

 

初爻は鼎の脚を、五爻は耳を象徴している。

 

内卦の巽が順で、外卦の離が日、明で六五は鼎の耳目に相当し、内心の従順、耳目の聡明を象徴します。

 

鼎には邪を鎮める図案を鋳たが、法律の条文を鋳て威厳を示すこともあった。

鼎は古代には王権の象徴と見なされ、祭祀に用いられ皇帝の宗廟に安置されていた。

 

『鼎(てい)は、元(おお)いに吉きちにして亨(とお)る。』

非常に順調で、賢人が重用される。

 

次卦への連動:

鼎は祭器であり、祖先を祀るのは長男の責任であるので、

次は『震卦』であり、「乾坤」が父母で「震」は長男を象徴します。

易経講座161「64卦分析;革」マーフィー的解釈

eki161.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『貴方の内心の声を受け入れれば、豊かさを獲得できます。』易卦:地雷復 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

10月1日 北西

10月2日 南東

10月3日 北

10月4日 北東

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

10月7日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■開運合宿in能登 2/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日より2日間、『開運合宿in能登』です。

龍穴ホテルは素晴らしく、ホテルスタッフも本当に一生懸命対応して下さり

素晴らしい時間を過ごさせて頂いています。


 

<イベント・セミナー情報>

昨日9月30日より2日間 『開運合宿in能登』

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座161「64卦分析;革」マーフィー的解釈

 

第四十九卦

卦名:『革』 構成:上卦「兌」・下卦「離」

和名:沢火革(たくかかく)

 

革は、已日にしてすなわち 孚とせらる。

元いに亨り貞しきに利ろし。悔い亡ぶ。

 

この『易経』の意味は「革命や革新は、時が至ってすれば人々の支持を得るが、その動機は正しくなければならない。それができれば悔いはなくなる」というものです。

 

いわば革命のすすめですが、これは社会的なことばかりでなく、貴方自身の自己変革にも言えることです。要するに、今は変革の時であるから改めるべきところはすすんで改めよ・・・と言っているのです。

 

これは別の見方をすれば、現状に限界があることを示しています。現状が満足すべきものであれば何も変革することはないからです。あたりを見回して自分および自分をめぐる環境で変革すべき問題はないかと検討してみるべきです。

 

古いもの、形骸化したものにこだわっていないでしょうか。伝統の名において、習慣の名においてマンネリに陥っていたり、周囲の保守的考えに引きずられたりしていないでしょうか。

 

改革しなければと思いつつ、勇気を出せないのではないでしょうか。

今はよくも悪くも変化の時なのです。好むと好まざるとにかかわらず現状は変化しています。それならよいほうへ、自分の望むほうへ変化させなくてはなりません。いえ、そうするべきなのです。

 

そのためにはまず自己革新することなのです。周囲を変えるためにはまず自分が変わらなくてはいけません。それはなかなか勇気のいることですが今はそれが望まれている時期、大きな変革が軌道に乗りやすい時期なのです。かねてからの大計画がある人、懸案事項を抱えている人、自分の環境の一大改革を考えていた人は今すぐに着手するべきです。

易経講座160「64卦分析;革」

eki160.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『貴方が黙っていればよいことがやってきます。』易卦:雷山小過 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

9月30日 北西(開運合宿)

10月1日 北西

10月2日 南東

10月3日 北

10月4日 北東

10月5日 東(開運旅行におススメ!)

10月6日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■開運合宿in能登 1/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日より2日間、『開運合宿in能登』です。

全く未開の地、少し緊張していますが、楽しみです。
完璧な四神相応の龍穴ホテルを体感します!!


 

<イベント・セミナー情報>

本日9月30日より2日間 『開運合宿in能登』

10月12日 NPO定例勉強会

10月13日 経営帝王学スクール

11月1日 『BestFortuneCiub in日本橋』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座160「64卦分析;革」

 

第四十九卦

卦名:『革』 構成:上卦「兌」・下卦「離」

和名:沢火革(たくかかく)

卦辞:「革、已曰乃孚。元亨。利貞。悔亡。」

革(かく)は、己日(きじつ)にしてすなわち孚(まこと)とせらる。

元(おお)いに亨(とお)り貞(ただ)しきに利(よ)ろし。悔亡(くいほろ)ぶ。

 

Keyword:改革・変革

 

自然事象:

上卦の「兌」が沢、下卦の「離」が火、

火が水を蒸発させることが出来るので、変革を生む形象です。

 

解説:

「革」の本来の意味は皮革であり、皮革加工の技術から変革、

改革の意味が発生しました。

 

『革(かく)は、己日(きじつ)にしてすなわち孚(まこと)とせらる。』

変革を進めるにはまず民に信頼されなければならないが、

その時期は己土の日である。

 

五行に五常(仁・義・礼・智・信)を配すれば、己は信である。

変革の基準は己日になったかどうか、民に信頼されたかどうかである。

 

『元(おお)いに亨(とお)り貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

内卦の離は明、外卦の兌は悦で、賢明であれば人々が喜んで従うことを象徴するため、

徳行が具われる。

 

『悔亡(くいほろ)ぶ。』

変革は異常な行動であるため、後で後悔することを免れたい。

しかし、以上の4つの徳行が具わるので、後悔という欠点は免れる。

つまり、変革の行動では動機が純正、行為が適切であれば必ず変革を実現できる。

変革は飾りではないので、徹底的に革新し、民とともに休息して

新しい生活に適応すべきである。

 

次卦への連動:

ものを革めるのに、鼎に勝るものはないため、

次は『鼎卦』であり、「鼎」は食物を煮て風味を改めることが出来るもの。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP