ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

平なる者水停の盛なるなり『荘子』

041135.jpg

<本日のメッセージ> 

『沈黙できないなら新しいことを企ててはいけません』山沢損 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『風水師が考える、コロナ時代とは』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/102404183

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方」

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月30日 北西

7月01日 東

7月02日 南西

7月03日 南西

7月04日 北 

7月05日 東

7月06日 南東(開運旅行におススメ!) 

 

 

<本日の活動予定>

■現地調査

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

渋谷での業務を再開しましたが、東京の感染確認者数からみても渋谷事務所にお客様をお招きすることに不安が残ります。今後、渋谷での対面、地方拠点での面談、出張面談、ZOOM会議と御客様のご要望に合わせて対応させて頂ますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■平なる者水停の盛なるなり『荘子』

 

静かでバランスのとれた人物のもとに人材が集まる。

 

解説:この言葉は、孔子が語ったものと記述されているが、荘子の思想の根幹となるものと考えます。先ず前提となるストーリーから述べてみます。

 

魯の王、哀公が孔子にたずねました。

「衞の国に哀駘它という人物がいて、醜い上で才もなさそうで、他人になんでも同調するお人好しなのだが、大変人々の間でも人気があり、男も女も彼を慕って離れようとしなかったという。何故だろうか」

孔子は「哀駘它が、人間の天性のままに生きる、とらわれのない徳を持った人だからではないか。」と答えた。

 

「是必才全而徳不形者也」(これ必ず才全くして徳形せざる者なり)。

この理論は、なかなか難しく、孔子は王に分からせるために、いろいろの例をあげて説明する。そして人間の本性というものについて説く。

 

水が本性になって水平で静かなほど、内部は安心で住みごこちがいいのだといい、ようやく王は真実を悟るのである。

 

鬼神は敬して遠ざく『論語』

1019590.jpg

<本日のメッセージ> 

『恐怖とは間違ったことを信じることです。』水天需 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月29日 北東

6月30日 北西

7月01日 東

7月02日 南西

7月03日 南西

7月04日 北 

7月05日 東

 

 

<本日の活動予定>

■社内会議・風水顧問打ち合わせ

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

渋谷での業務を再開しましたが、東京の感染確認者数からみても渋谷事務所にお客様をお招きすることに不安が残ります。今後、渋谷での対面、地方拠点での面談、出張面談、ZOOM会議と御客様のご要望に合わせて対応させて頂ますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■鬼神は敬して遠ざく『論語』

 

目に見えない神や、霊魂について尊敬することは良いが、なれなれしく近づくことはならない。

 

解説:孔子の思想のなかで、「鬼神」がどのように位置づけられていたか興味深い。引用した文章に先行して「務民之義」とあります。つまり、「民の義務をはたして尽力することが大切で、神や霊魂のことについては敬意は表しても、触れないのが知恵のある行為である」と語っているように思われます。

 

「天命を知る」(論語)と述懐したところからみても、天を絶対者として捉えています。つまり神霊の世界に触れず行くという考えに徹していたようです。

この点からみると「老荘」の思想は「生死一体、自然も神も人も同じ根源のもの」と捉えています。

 

現代人の宗教観は、孔子の考えに近いように認識されているようですが、日本人の心情の深層には、「老荘」の思想に近い面も見られ、「自然神と渾然とする境地」も理解出来ます。

 

石に漱ぎ流れに枕す『晋書』

157217.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『問題に正面から立ち向かってはいけません。』水山蹇 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月28日 南西

6月29日 北東

6月30日 北西

7月01日 東

7月02日 南西

7月03日 南西

7月04日 北 

 

 

<本日の活動予定>

■エグゼクティブレッスン・風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

代々木公園での3か月ぶりの朝トレは感動的でしたが、混み合う渋谷の街並みでマスクをしない若者がタムロしている光景には緊張感が・・・・。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■石に漱ぎ流れに枕す『晋書』

 

間違いを強弁して、正当化しようとすること。

 

解説:晋国に楚という人物がいたが、隠居するにあたって、王済という人に、「石に枕し、流れに漱く」というつもりのところ、誤って、「石に漱ぎ、流れに枕す」と言ってしまった。王済は、「えっ!流れに枕したり、石で口をすすぐなんて、出来ないでしょう」とひやかしたである。すると楚は強引に言い逃れた。

「流れに枕するというのは俗世のくだらないことを聞いた時これを流してしまうということだし、石で口をすすぐというのは、歯を磨くためです」

この言い訳があまりに、こじつけの正当化でありすぎることから、後世まで故事として残ったようです。

 

文豪、夏目漱石のペンネームは、この故事からとったことは有名な話です。

また、日常われわれが使っている『流石』という宛て字もこの故事から生まれたものです。

 

一般的には、「見苦しい言い訳」「屁理屈の言い逃れ」として使われます。

夏目漱石は、どういう考えでこの故事から自分のペンネームにしたのでしょうか?

 

常識的な見方に対する反発、正常性バイアツに対する問題意識の表れのように思います。

捉え方次第で人生は何とでもなることを伝えたいのかもしれません。

 

これも『石に漱ぎ流れに枕す』なのかもしれません。

円石を千仞の山に転ず『孫子』

1748339.jpg

<本日のメッセージ> 

『沈黙できないなら新しいことを企ててはいけません。』山沢損 二爻変 

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月26日 南 

6月27日 南西

6月28日 南西

6月29日 北東

6月30日 北西

7月01日 東

7月02日 南西

 

 

<本日の活動予定>

■社内会議・風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ2件・建宗寺セミナー

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、3か月振りに都内の法人を訪問させて頂ました。

ついつい街角の本屋に立ち寄り本を衝動買い、この本も消毒の必要が・・?

 

 

<イベント・セミナー情報> 

本日6月26日20時 建宗寺セミナー「お墓について」

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■円石を千仞の山に転ず『孫子』

 

勢いに乗って止まらないような体制づくりをすること。

 

解説:『孫子』の原点の意味から。

木や石の性質をみると、安定させておけば、全く静かなるもので、止まったままである。しかし、傾斜すれば動き出す。また四角にしておけば、なかなか動かないが、丸材や丸石に加工するとゴロゴロと動き出すのである。従って戦場での兵の運用についても、この原理を上手に利用すれば良いのである。例えば、丸い石を、千仞もあるような高さの山の上から転がり落とせば、猛烈な勢いで、止めることの出来ないような力となるのである。

 

『孫子の兵法』の極意は、現代ビジネスにもそのまま応用出来ると言われています。

本当でしょうか?!

 

つまり、社員のやる気を起こさせるのは、一つの勢いに乗せるということでもあります。沈滞ムードの社員を奮い立たせるのは、大変難しいことですが、方向性を与えて、動機づけを上手にすれば、全員が円石となって動き出すということです。

 

しかし、これには大きな問題があります。

 

『孫子の兵法』は、所詮兵法ということです。戦争では最前線部隊の犠牲はつきものとされています。ここでの動機づけの動機は『テンション』のことで、本来の『動機』ではありません。一時的にテンションを上げ、最前線に進ませるでは大きな犠牲を出すことになります。

 

『ビジネス』は、ある意味『戦』のようなもの、という発想は通じなくなっています。それは、決してそうでは無いからです。

市に虎有り『戦国策』

3132091_s.jpg

<本日のメッセージ> 

『人との約束はすべて調和と善意に基づいたものでなくてはなりません。』地天泰 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月25日 南西

6月26日 南 

6月27日 南西

6月28日 南西

6月29日 北東

6月30日 北西

7月01日 東

 

 

<本日の活動予定>

■社内会議・風水顧問打ち合わせ2件・懇親会

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

建宗寺WEBセミナー、今月は「お墓について」です。

詳細・申し込みは下記Facebookイベントページ又は直接私へ

https://www.facebook.com/events/740148236787241/

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー「お墓について」

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■市に虎有り『戦国策』

 

事実無根の噂でも、同じ噂が何度も立てられると、何人も信用するようになってしまうこと。

 

解説:中国の戦国時代、魏の国の家臣ホウソウが、趙の国に人質として行くことになった。出発するに当たって、魏の恵王に「市に虎有り」という例を出して、自分の立場を訴えたのであった。「市に虎が出て歩いた」と一人の人が噂をしても誰も信じないが、二人の人が言えば「そのようなことがあるかしら」と疑うようになり、三人が確かにいたという噂をすれば、「そのようなことがあるかもしれない」と信じるようになる。

このように同じような誤りの情報が王の耳に入るかもしれないが、「自分への非難をそのまま受け止めないで下さい」と依頼したのである。王は「良く分かった。自分で判断し、人の噂をいくら聞かされても信じないから心配するな」と約束したという。

 

ネット社会といえる現在では、この様な情報操作はいくらでも一瞬で行えます。

何時の世にも『火の無い所に煙をたたす』人がいるということでもあります。

 

IHクッキングそのものです(笑)

先鞭をつける『晋書』

keiba1.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『心の動きに注意しましょう。すべてはそれが決定しているのです。』地天泰 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『コロナ対策をきっかけに考えよう!政治家の選び方』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/101634422

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~建物編~」

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月24日 南

6月25日 南西

6月26日 南 

6月27日 南西

6月28日 南西

6月29日 北東

6月30日 北西

 

 

<本日の活動予定>

■社内会議・風水顧問打ち合わせ3件・レッスン

■山田光復Facebook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

建宗寺WEBセミナー、今月は「お墓について」です。

詳細・申し込みは下記Facebookイベントページ又は直接私へ

https://www.facebook.com/events/740148236787241/

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー「お墓について」

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■先鞭をつける『晋書』

 

人に先立って物事に手をつけること。

 

解説:中国の戦国時代、晋の国に劉琨(りゅうこん)という人物がいて、若い時から才能があり、意気盛んであった。しかし、彼と同年輩、同レベルの祖逖(そてき)に出し抜かれることを極度に心配しており、親しい友のところへ手紙を書いてその心情を次のように述べた。

 

「戦場に駆け付けるときに、祖逖に後れをとらぬように、武器を枕に寝ている。また一時も早く馬に飛び乗り、彼が鞭を馬にあてる前に、自分の方が早く馬に鞭をあてるよう準備している」

 

つまり、同僚より先に功名をあげるため準備周到だったのです。

 

「先鞭をつける」という故事は、このように同僚との戦争や、功名の一番槍に関連して生まれたものですが、現在ではむしろ技術の発見や、事業の新機軸を他社より早く実行する、などのことに使われていて、日常用語になっています。

画竜点睛『水衡記』

005487.jpg

<本日のメッセージ> 

『問題に正面から立ち向かってはいけません。』水山蹇 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『密を避ける?!転居先の選び方~建物編~』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/100433582

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」

「魂の叫び!オンライン磯部塾」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月23日 南東(開運旅行におススメ!)

6月24日 南

6月25日 南西

6月26日 南 

6月27日 南西

6月28日 南西

 

 

<本日の活動予定>

■WEB会議・WEB打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

建宗寺WEBセミナー、今月は「お墓について」です。

詳細・申し込みは下記FaceBookイベントページ又は直接私へ

https://www.facebook.com/events/740148236787241/

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■画竜点睛『水衡記』

 

最後の大切なところに手を入れて、ものごとを完成させること。

 

解説:良く知られている熟語ですが、故事を確認してみます。

 

金陵(現在の南京)に安楽寺というお寺があり、その壁に張僧繇という達人画師が竜を四匹描いた。ところが「睛」という部分を空けていて、点で仕上げる段階でそのままにしてあった。そして彼は「そこへ点を入れれば、竜は飛び去ってしまう」と言ったが、人々は信ぜず、その大言を笑った。張僧繇は、それではやってみようということで、描かれた竜の一匹の眼に、「睛」の点を入れるとたちまち、天へ昇ってしまったという。残った竜の三匹は、現在もそのまま壁に描かれている。

 

現在では、「画竜点睛を欠く」というように、最後のところをしっかりしめくくらないと事業は成功しない、という警句として使われています。

株を守りて兎を待つ『韓非子』

2657900_s.jpg

<本日のメッセージ> 

『貴方は全ての困難からまもなく解放されます。』沢水困 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『密を避ける?!転居先の選び方~建物編~』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/100433582

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」

「魂の叫び!オンライン磯部塾」等

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月22日 西(開運旅行におススメ!) 

6月23日 南東(開運旅行におススメ!)

6月24日 南

6月25日 南西

6月26日 南 

 

 

<本日の活動予定>

■WEB打ち合わせ・現地調査in静岡

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

PCトラブルの為UPが遅くなりました。
大変申し訳ありません。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■株を守りて兎を待つ『韓非子』

 

古い前提に拘って新しい方法をとらないこと。又は、偶然の幸運をたのみにするたとえ。

 

解説:先ず原文を現代訳にしてみます。

「宋の国の人に田を耕すことを毎日の業とする農夫がいた。田の中に木の切り株があったが、ある日一匹の兎が走ってきて、この株にぶつかり、首を折って死んでしまった。そこで農夫は、田を耕すのをやめて、兎が株にぶつかるのを待つことにしようと、農具であるすきを捨てて、切り株の番をすることにした、しかし、兎は二度と手に入れず、宋国じゅうの笑いものになった。」

といものです。

 

振り返って日常の生活のなかでこの「守株」の姿勢の人がいないかというと、意外に多く見られるものであり、この農夫のことを笑ってはいられなくなります。

管理部門では、従来の方法や前例に拘る人物が多く、ことなかれ主義が幅を利かせているものです。一度儲かった製品や、銘柄にしがみついている経営者も少なくありません。
 

しかし、本当に顧客満足度を上げたいと思っている経営者は、現状を疑いより良い製品、サービスを追求し続けるものです。

二十四節気「夏至」の風水術

o0703054414477378747.jpg

<本日のメッセージ> 

『時の勢いに負けてはいけません。』水火既済 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『密を避ける?!転居先の選び方~建物編~』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/100433582

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」

「魂の叫び!オンライン磯部塾」etc

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月21日 南 

6月22日 西(開運旅行におススメ!) 

6月23日 南東(開運旅行におススメ!)

6月24日 南

6月25日 南西

6月26日 南 

 

 

<本日の活動予定>

■WEB打ち合わせ・現地調査in静岡

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日、夏至と陰暦5月の朔日、陽遁から陰遁へ天の気が大きく変化します。

何があっても自然界は成長し続けます。
自然界の成長に負けないように私達も成長という変化をし続けたいと思います。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「夏至」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

 

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から約15日間が

二十四節気の『夏至(げし)』です。

 

この期間は、二十四方位の『午』の方角とリンクし、

十二経絡の『心経;手少陰心経(てのしょういんしんけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間:午前11時~午後1時

 

心臓を守るためのおすすめ食養

カルシウムとビタミンE

 

この『夏至』の期間に、

『不眠症、健忘症、味覚異常、動機や不眠、心痛、喉が渇く、手のひらが汗ばむ、白目が黄ばみ、脇腹が痛む、疲労感、言語障害、意識障害』等の症状が出た場合、家の内外の『午』の方角の気が乱れている可能性がありますので、清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『午』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。南を指す方角が180度で、この南180度の左右7.5度、合計15度の範囲が『午』の方角になります。

韓信の股くぐり『史記』

dousyu-souhuku4.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『貴方は全ての困難からまもなく解放されます。』沢水困 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<行列の出来る風水相談所>

音声番組Himalayaで毎週発信させて頂いている番組

◇最新エピソード

『密を避ける?!転居先の選び方~建物編~』

https://www.himalaya.com/business-podcasts/1409408/100433582

 

◇バックナンバー タイトルのみ

「密を避ける?!転居先の選び方~土地編~」

「アフターコロナに外せない視点」

「情報の徳を見極めよう」

「風水師のスベらない話 笑って免疫力アップ」

「変化の時代に強いのは○○があること」

「不安が増す時期、気をつけて欲しいこと」

「本当に辛いことがあった時、どうしますか?」

「免疫力と運を高めよう!2」

「コロナ離婚、その前に!」

「魂の叫び!オンライン磯部塾」etc

 

 

<奇門遁甲:開運方位>    

6月20日 北西

6月2 1日 南 

6月22日 西(開運旅行におススメ!) 

6月23日 南東(開運旅行におススメ!)

6月24日 南

6月25日 南西

 

 

<本日の活動予定>

■WEB会議・WEBレッスン・現地調査in静岡

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、3か月振りの渋谷事務所出社、顧問先への訪問打ち合わせ、夕食懇親会、となりました。活動再開といったところでした。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

6月26日20時 建宗寺セミナー

7月11日10時 NPO定例勉強会

7月14・15日 開運合宿in十和田湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■韓信の股くぐり『史記』

 

大望をいだく者、志のある人は、目前の恥や苦労はいとわない。

 

解説:物語を基にした和漢折衷の格言です。

「中国、漢の名将韓信は、若い頃町の無頼漢にからまれて、その股の下をくぐるように要求された。耐えられぬ屈辱であったが、それに従って、人の大勢見ている前で、股くぐりをやってのけたのであった。彼には天下の志があったからである。結局韓信は、漢の高祖の認めるところとなり、天下統一のために大いに働き、名将といわれるようになった。」

 

大事の前に小事にこだわらず、場合によっては、面子を失うようなことがあってもそれに耐えなければならないと教えています。

 

ビジネス社会でも同様な事例をたくさん見出すことが出来、応用の範囲も広いが、現実の場面に遭遇した場合には、なかなか実行出来ないものです。

 

面子とは、そもそも中国語で体裁のことです。

体裁とは、外見であり、世間から見られた時の自分の状態についての感じのことです。

体裁を気にするようでは大望を果たすことは出来ないということのようです。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP