ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

学問のすゝめの本質こそ立命論の本質

157209.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『嵐の大海に出るより、沿岸を航海するほうがいいでしょう。』易卦:山天大畜 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

6月5日 南

6月6日 北

6月7日 西

6月8日 南西

6月9日 北東

6月10日 北

6月11日 南東(開運旅行におススメ)

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

大阪で講師として招いて頂いている『経営帝王学スクール』の受講生方々の徳の高さに頭が下がります。多くのことを学ばせて頂感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■学問のすゝめの本質こそ立命論の本質

 

福沢諭吉の『学問のすゝめ』が執筆された明治初期は、明治国家の国家像が模索されている時期でした。

 

福澤氏は儒教的価値観と完全に決別した市民国家を構想していたが、やがて形成された政府の方針は、天皇への忠義を中核とする天皇制国家でした。

 

忠義を国家の中心価値とする政府の方針が明確になりだした1882年(明治15年)前後から、福澤氏は政府の方針を儒教的反動として『時事新報』で批判を展開します。

 

1889年(明治22年)の大日本帝国憲法発布を経て、天皇制国家は確立する。忠義や孝行をはじめ、儒教的な価値観を完全に否定した福澤氏の思想は時代を先取りしすぎ、明治社会下では福澤氏自身への批判・攻撃を招くことになります。

 

ここでいう『儒教的価値観』とは、『朱子学的価値観』のことで、

『人には上下の別があるとする朱子学思想』です。

 

この様に『朱子学思想』に反発したのが『王陽明』の陽明学です。

 

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている。人は生まれながら貴賎上下の差別ない。けれども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。その違いは何だろう? それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるのだ」~学問のすゝめ初編からの引用~

 

この言葉を王陽明が読んだら感動するだろう!!

 

成功の為の十五か条の『読書』の本質もここにあります。

学び続けることの意味です。

易経講座91「64卦分析;大有」マーフィー的解釈

eki91.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『貴方の計画、願望、期待はかなえらます。』易卦:沢火革 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

6月4日 南(開運旅行おススメ)

6月5日 南

6月6日 北

6月7日 西

6月8日 南西

6月9日 北東

6月10日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in赤坂

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

徳とは?

『周囲の人により影響を与えようと努めること』です。
そんな場になっているのが、『経営帝王学』のスクールの場や開運合宿の場です。

みんなで協力しながら良い環境を作るために努めることで自分の運自体が高められます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座91「64卦分析;大有」マーフィー的解釈

 

第十四卦

卦名:『大有』 構成:上卦「離」・下卦「乾」

和名:かてんたいゆう(かてんたいゆう)

 

大有とは「太陽が四方をあまねく照らしているさま」で、人間のレベルでは「大いに所有する」という意味です。

 

したがってこの卦は、望みが大いにかなうことを暗示していると解釈することがで

き、大吉と考えられます。

 

貴方はすべての存在から祝福されているからおおいに楽しみましょう。この場合、貴方は中心ですから他人への影響ということも考慮しなければなりません。

我利我欲によって他を押しのけたりすれば、吉運は凶運に傾いてしまいます。

 

経済的に豊かになることを暗示していますが、それだけに欲望のコントロールが大切になってきます。

 

また、行動の成果を自分の才能のおかげだと思ってしまいがちですが、そこに謙虚さがないとやはり吉ではなくなってきます。要するに、思うことはかなえられるという暗示は、「・・・であるから謙虚にしておごることなかれ」と同じことです。

 

藤原道長は、「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることの なしと思えば」と詠みましたが、満ちれば欠けるのが世の常・・・思い上がりや油断は禁物です。

 

人間は豊かになるように神様から創造されています。「今現実がこんなに経済的に困窮しているのにそれは信じられない」という人はそう思うことがそうした現状を招いている事実を知るべきです。

富は貴方の中にあります。しかし、キャッシュカードを無くしてしまえば自分のお金といえどもおろすことができません。同様に自分の所有感覚がなければ貴方は永久に貧しい状態にいなければならないのです。

朝日光浴のススメ「卯の刻」パワーを充電

IMG_20190603_051311.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『気を楽にしてあらゆる抵抗をやめなさい。』易卦:水山蹇 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)

6月5日 南

6月6日 北

6月7日 西

6月8日 南西

6月9日 北東                                                                                                                                          

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせin大阪

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日は、大阪千里中央で朝をむかえています。

メルマガ・ブログ更新の前に朝トレに出てしまいました。
発信が遅くなり申し訳ありません。

 

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■朝日光浴のススメ「卯の刻」パワーを充電

 

風水の原則、「天地人三才の法」!

天は時間、地は空間、人は人間で、

三才はお互いに共鳴致します。

この原則を基に十二支を基準に自然界との同一化を目指します。

 

十二支の中で象形文字の段階から唯一半分に分けることが出来る十二支が

『卯』になります。

半分に分けるというのは、半分に割くことが出来るということです。

又は。『卯』は音読みで『ボウ』と発音しますが、

これが正に『冒険』の『冒』の字の意味を持ちます。

未開発の地を、切り拓いていく改革のパワーです。

 

『卯』の刻の時間ℋは、午前5時から7時の二時間です。

方角は真東になります。

 

朝5時から7時の間に東の窓を開け空気を入れる、

同じく外に出て東の方角からの朝日を浴びる。

 

このことで『卯』の気のエネルギーを充電することが可能になります。

 

私が毎朝、朝トレを行い続けている理由がここにあります。

 

易経講座90「64卦分析;大有」

eki90.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『信頼できる友と手を組みなさい。』易卦:水山蹇 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

6月2日 南西

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)

6月5日 南

6月6日 北

6月7日 西

6月8日 南西                                                                                                                                          

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■『経営帝王学スクール』in大阪

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

Apple Podcast

『山田光復の風水経営コンサルタントの現場│聞くだけで開運ラジオ』

をスタートさせ頂ました。宜しくお願いします。

提供はアネストリー株式会社です。

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%85%89%E5%BE%A9%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%B0%B4%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%A0%B4-%E8%81%9E%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E9%96%8B%E9%81%8B%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA/id1243388806

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座90「64卦分析;大有」

 

第十四卦

卦名:『大有』 構成:上卦「離」・下卦「乾」

和名:かてんたいゆう(かてんたいゆう)

卦辞::「大有、元亨。」

大有(たいゆう)は、元(おお)いに亨(とお)る。

 

Keyword:大きな収穫 

 

自然事象:

上卦の「離」が日、下卦の「乾」が天で、

日が天の上にあって、太陽が天高く昇り、

万物をあまねく照らし、大きな収穫があることを象徴しています。

 

解説:

『大有(たいゆう)は、元(おお)いに亨(とお)る。』

大有の唯一の陰爻は六五で、尊位にあって中を得、

5つの陽爻を統率して、君子が高みにいて天下を擁し、

山谷のように深い謙虚な心を具えていることを象徴する。

 

下卦の乾は剛健、上卦の離は光明であるので、

剛健と光明の徳行を兼ね具えている。

しかし、六五と九二が応じ、剛柔が助け合い、互に補い合って益々長所を発揮します。

 

それは、君主が天命に応じ、民心に順じ、人々を統率して

偉大な事業を完成することが出来ることを象徴します。

 

次卦への連動:

大事業なす人は、現状に安んじてはならない、

その故、次は謙の卦です。

易経講座89「64卦分析;同人」マーフィー的解釈

eki89.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『家族間の一時的な感情の爆発は悪いことではありません。』易卦:風火家人 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

6月1日 西

6月2日 南西

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)

6月5日 南

6月6日 北

6月7日 西                                                                                                                     

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■資料作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

1998年6月1日に妻と入籍し丸21年になりました。

知り合ったのが1990年でもう29年になります。

年々仲が良くなり今が最高です。このまま死ぬまで右肩上がりの関係を築いていきたいものです。妻の御蔭で夫に、子供達の御蔭で父親になることが出来ました。

家族に心から感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座89「64卦分析;同人」マーフィー的解釈

 

第十三卦

卦名:『同人』 構成:上卦「乾」・下卦「離」

和名:天火同人(てんかどうじん)

 

「人と同じうするに野においてす」と『易経』に書かれています。

これは、人と付き合うのには公明正大であることが必要だという意味です。

 

野にいてする行為は、誰でも目にすることができる・・・しかしこれは「人の目があるから悪いことはできない」「こそこそするな」という意味ではありません。貴方の行動でまわりの人に評価させよ、自分を認めてもらえということです。

 

そうすれば、まわりは自然とあなたに協力的に動いてくれるはずです。

貴方と一緒に仕事をしたい、貴方の役に立ちたいといってきます。

そういう協力者に逆に貴方も協力することでものごとが成就し、貴方は望みを達成することができるというわけです。

 

この卦は、「大川を渉るに利ろし」とも書かれているので一般的には吉と判断できます。ただし条件は、人との協力があってこそです。

 

したがってこの卦は、個人的な事柄よりも多くの人と協力してやる行動についての指針と解釈することができます。むろんそれが個人につながってくることではありますが、単独行動よりはチームワークを必要とする行動のほうに分があると考えていいでしょう。

 

もうひとつ大切なのは、集団行動においては個人的な利益や欲望を優先させてはいけないということです。集団の利益が個人の利益につながるのですから当然です。自己の利益を優先させれば、この卦の持つよい意味は一転して悪い意味へと移行します。

 

易の根本には「変化してやまない」という思想があります。吉がいつまでも吉ではなく、凶がいつまでも凶ではない・・・このことを記憶しておきましょう。

 

何か大きな計画をみんなで結構するのはうまく運ぶと解釈することができます。

易経講座88「64卦分析;同人」

eki88.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『恨み、怒り、後悔は貴方の人生にとって毒になります。』易卦:山地剥 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月31日 南東

6月1日 西

6月2日 南西

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)

6月5日 南

6月6日 北                                                                                                                     

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ4件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

経営者の仕事は、常に判断することです。

正しい判断とは、自分の良知(本心)に従うことです。

他人に責任転嫁出来ない判断がベストといえます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座88「64卦分析;同人」

 

第十三卦

卦名:『同人』 構成:上卦「乾」・下卦「離」

和名:天火同人(てんかどうじん)

卦辞:「同人于野。亨。利渉大川。利君子貞。」

人(ひと)に同(おな)じうするに野(や)においてす。

亨(とお)る。大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。

君子(くんし)の貞(てい)に利(よ)ろし。

 

Keyword:一致協力

 

自然事象:

上卦の「乾」が天、下卦の「離」が火で、

火は上に向かい、しかも明るく、

天の特性と似ていて、同人の形象を形成する。

 

解説:

『人(ひと)に同(おな)じうするに野(や)においてす。亨(とお)る。』

柔順な六二と剛毅な九五がが相応ずるのは、

衆人が広大な原野に和やかに集まり順調であることを象徴する。

 

『大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。』

乾の剛健が前進するので、険阻を超越し、大同を促すことである。

 

『君子(くんし)の貞(てい)に利(よ)ろし。』

下卦の離が光明、上卦の乾が剛健であり、六二と九五は中と正を得ており、

相互に長所を発揮する。

これこそ、君子が守るべき正道にほかならない。

なすべきことのある君子はこの同類が集まる精神を見習い、

断固とした信念をもち、大同を求め、小異を捨てて、

大衆を成功させなければならない。

 

次卦への連動:

虚心にみんなと協同すれば、万民が必ず帰順し、衆望の帰すところ、

大きな収穫があるので、次は大有卦である。

「大有」とは大きな所有、つまり偉大な事業という意味です。

『尾藤陽二のボイスチャンネル』のススメ

音声バナー.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『すべての事には季節があり、すべての行いには時があります。』易卦:天雷无妄 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月30日 南東(開運旅行おススメ)

5月31日 南東

6月1日 西

6月2日 南西

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)

6月5日 南                                                                                                                     

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、宮崎に入り顧問先の心遣いで幹部の方と夕食懇親会の場を頂戴しました。

社長を支える純粋な心情に触れて大変癒されました。

発展のお手伝いをさせて頂くことが大変光栄です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『尾藤陽二のボイスチャンネル』のススメ

 

現在大阪で『経営帝王学』を主催するアネストリー株式会社の代表尾藤陽二氏の『ボイスチャンネル』に出演させて頂いています。

 

10年以上前にNHK文化センターで講師をしていましたが、それ以来スクールを行っていませんでした。今回、本当に久しぶりにお受けしました。

普段は、個人レッスンのみで弟子を育ってています。

 

この『ボイスチャンネル』は、日本発のプロ傾聴家(勝手に私が名付けただけ)尾藤陽二の傾聴力が素晴らしく、一方的に私が語り続けているだけです。

早朝、電話での収録のため、音声が生々しく電話での会話を盗み聞きしているライブ感を売りにしています。

 

ご関心のある方は下記URLを御確認頂けたら幸いです。

http://経営帝王学.com/community/山田光復先生から学ぶvoice-channel/

 

その中で少し『読書』をテーマに語らせて頂いてる回があります。

以下『運を上げる法則』シリーズの7回目の抜粋です。

 

『【1-2】運を上げる法則7』

運の良い経営者はいつも学んでいて読書家が多い。

帝王学における読書の本質とは?

学び続ける方は、向上心がある。

陽明学の根本思想に『中庸思想』があり、自然界はバランスを取ろうとするということ。

 

『もの極まれば転ずる』

完成すると崩壊が始まるため、未完成のままにすることで崩壊しない。

学び続けることは、自分がまだまだ成長できることを自覚出来るという謙虚さの現れ。

『積読(つんどく)』ではいけない。

 

易経講座87「64卦分析;否」マーフィー的解釈

eki87.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『澄みきった青空の中で遊ぶ自分を想像しなさい。』易卦:火風鼎 五爻変 

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月29日 西

5月30日 南東(開運旅行おススメ)

5月31日 南東

6月1日 西

6月2日 南西

6月3日 東

6月4日 南(開運旅行おススメ)                                                                                  

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・夕食懇親会in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、久し振りに妻と『釣りデート』でした。
ビジネスも釣りもマーケティングは極めて重要です。

鰯と鯵を二人で100匹以上釣り上げ、アンチョビーとなめろうを仕込みました!

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座87「64卦分析;否」マーフィー的解釈

 

第十二卦

卦名:『否』 構成:上卦「乾」・下卦「坤」

和名:天地否(てんちひ)

 

『易経』には「大往き小来る」と書かれています。

否は否定の否であり、通じない、ふさがるという意味です。

 

自分の希望や計画がなかなか達成しないことを暗示しています。

全てが正常な状態ではなく、仮に自分で正しい、絶対に大丈夫と思うことでもなぜかダメになる、いわゆるツキがないといのがこれです。

 

ツイていないのですから消極的になったほうがいいのでしょうか。

 

確かに気がおとろえているのですから行動は控えめのほうがいいでしょう。しかし、消極的になるのはよくありません。一度貴方の理想を設定したら、怒りとか批判とか悪罵とかを問題にせずに、それに忠実でいることです。

 

貴方の心の掟と善意、正直さ、誠実さにもとづいた生活の型に断固として忠実でありなさい。ツキのなさ、運の悪さを口にすることは貴方の潜在意識の働きを否定することです。

本心はそれでも忠実に働きますが、その方向は貴方自身が今口にしているツキのなさの方向なのです。

 

このメカニズムはたいへん恐ろしいものです。

貴方は不運を望むつもりはなくても、自分自身でそれを望んでいるのと同じことだからです。

この卦がでたら、自分自身が試されている、と考えていいかもしれません。逆境、苦労の多い時に貴方は何を考え、どう行動するのでしょうか。

 

そこで必要なのは知識ではなく知恵です。苦労が人を育てる、という言葉を思い出し、勇気をもって現状打開に取り組むことです。

易経講座86「64卦分析;否」

eki86.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『内にある動物的欲望をコントロールしなさい。』易卦:山天大畜 五爻変 

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月28日 南

5月29日 西

5月30日 南東(開運旅行おススメ)

5月31日 南東

6月1日 西

6月2日 南西

6月3日 東                                                                                                                     

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off3/3

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

一昨日より3日間offを頂戴します。
顧問先の電話・メース・SNS対応は通常通りです。
宜しくお願いします。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座86「64卦分析;否」

 

第十二卦

卦名:『否』 構成:上卦「乾」・下卦「坤」

和名:天地否(てんちひ)

卦辞:「否之匪人。不利君子貞。大往小来。」

否(ひ)はこれ人(ひと)にあらず。

君子(くんし)の貞(てい)に利(よ)ろしからず。

大(だい)往(ゆ)き小(しょう)来(き)たる。

 

Keyword:暗黒・閉塞

 

自然事象:

上卦の「乾」が天、下卦の「坤」が地で、

順調であるように見えるが、

実際には天地が背き、陰陽が通じない形象です。

 

人間社会に例えれば、君臣の気持ちが離れ、政治が乱れ、

権力が虚構のような状況です。

内卦がみな陰、外卦がみな陽で、外面は剛強であるが、

内心は柔弱である小人の形象を象徴します。

否卦も消息卦の一つで、陰長陽消の7月を表し、

小人が日をおって勢いを得、君子が日増しに衰退する趨勢です。

 

解説:

『否(ひ)はこれ人(ひと)にあらず。君子(くんし)の貞(てい)に利(よ)ろしからず。』

陰は小人、陽は君子である。

小人が朝廷内に巣くえば、君子は駆逐されてしまう。

それゆえ、正直な君子はよろしきを得ない。

 

『大(だい)往(ゆ)き小(しょう)来(き)たる。』

上卦の「泰」と相反するので、暗黒閉塞を象徴し、

閉塞した情況のもとでは、君子は自分の才能を慎んで、

小人に陥れられるのを避ける

 

次卦への連動:

万物が終始一貫して閉塞するのは不可能です。

故に、次は『同人の卦』である。

「同」は会同・合同の意味で、皆が一致協力して閉塞を突破することである。

易経講座85 「64卦分析;泰」マーフィー的解釈

eki85.jpg

<本日のメッセージ> 

『心の動きに注意しましょう。すべてはそれが決定しているのです。』易卦:地天泰 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

5月27日 北

5月28日 南

5月29日 西

5月30日 南東(開運旅行おススメ)

5月31日 南東

6月1日 西

6月2日 南西                                                                                                                  

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off2/3

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日より3日間offを頂戴します。
顧問先の電話・メース・SNS対応は通常通りです。
宜しくお願いします。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

2019年年7月4・5日 開運合宿in小湊

2019年7月13日 NPO定例勉強会

2019年7月14日 『経営帝王学』スクール

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座85 「64卦分析;泰」マーフィー的解釈

 

第十一卦

卦名:『泰』 構成:上卦「地」・下卦「天」

和名:地天履(ちてんたい)

 

これは易では良い卦のひとつです。

『易経』には「泰は小往き大来 きたる」とあり、運勢学的には非常な盛運にあたります。自信を持って事に対処していいときです。

すべての点であなたは恵まれています。

 

この運の上り調子は何に支えられているかといえば、それは「泰」です。泰には安泰、安らかといった意味のほかに「通じる」という意味もあります。ここでいう「通」は意思の疎通の通であり、いわば他人との関係がうまくいくことで、貴方の心は安泰となり、それがすべての幸運のもとになっているということです。

 

貴方の心が平和であり、神と調和しているときには、家庭、事業など、貴方の人生のあらゆる面において平和を見つけ出すでしょう。しかもそれだけでなく貴方は自分が最も望んでいる願望を獲得するでしょう。

 

ここでいう平和とは、すべてが順調に運んでいることによって得られるものと考えられます。人間はどんな時に平和になれるか、心の平安が得られるかといえば、それは問題や困難がないことではなくて、それに勇気を持って対処できるときです。いわばすべての事柄についてやる気を失わず、忍耐強く取り組んでいけるとき、人は自分に自信を持ちます。そしてその自信がものごとを成就させるのです。

 

よく「何々がどうなれば自分もどうこうする」と注文をつける人がいますが、そういう人は永久に注文をつけ続けます。条件付きで何かをしようとする人は、条件がそろわないから何もしないのではなく、本音はしたくないのです。

 

潜在意識の力を発揮させるためには何よりも先に自分の心を安定させることです。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP