ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

風水を哲学する18「呂氏春秋」

o0400028813486810202.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼地雷復 上爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

穏やかな状況を迎えても気は緩めないこと。

慢心すると大きく道を踏み外します。

過去の苦渋は決して忘れないこと。

動かず堅固に身を守りましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■NPO定例勉強会・昼食懇親会・風水顧問現地調査in埼玉

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今年最後の開運合宿への申し込みありがとうございます。

本日最終締め切りとなります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する18「呂氏春秋」

 

呂氏春秋(りょししゅんじゅう)

秦の始皇帝の初期、相国・文信侯・呂不韋が、

自分の下に集まった賓客にそれぞれ所論を展開させ、

秦の始皇8年(紀元前239年)に完成しました。

 

構成は、十二紀・八覧・六論、26巻160篇の大作です。

その思想は儒家・道家を中心としながらも、

名家・法家・墨家・農家・陰陽家など諸学派の説が幅広く採用され、

雑家の代表的書物とされています。

 

内容は、天文暦学や音楽理論、農学理論など自然科学的な論説です。

呂氏春秋完成後に呂不韋が一般公開し、

一字でも添削ができれば千金を与えると公表し、

「一字千金」と称されます。

 

呂不韋自身は、嫪毐の乱により失脚して自殺してしまうが、

彼の纏め上げた大作・呂氏春秋は、

秦の始皇帝時代における万里の長城や阿呆宮に並ぶ大きな文化遺産として、

後世に残されています。

 

漢代に入り、漢書の芸文志で諸子の部の雑家に分類されたのは、

儒家・道家・法家などの古代思想のすべてを包含しているためでした。

諸子百家の説が道とか天を軸として所論を展開しているのに対して、

呂氏春秋においては、「時令」という1年の時間軸を中心として所論が展開され、

1年を4季にわけ、さらに1季を孟・仲・季の3節、

つまり12ヶ月(紀)に分割しています。

 

そしてこの時間軸に対して、この月の天文気象、

自然の状態から人間の日常生活を規定し、

それに見合った人事教訓を記述する方式をとっています。

 

自然界の法則に人倫道徳をリンクさせてく手法は、

風水の原典をみる思いです。

風水を哲学する17「易経」

ekikyou00.jpg

 

<本日の心構え>

▼山火賁 五爻変

 

夕日が山の彼方に沈もうとしています。

美しき夕日が華麗な光景を作り上げます。

心は洗われ魂は浄化されるでしょう。

やがて訪れる夜に向け備えておくこと。

将来を考慮し質素倹約を徹底すること。

批判されても得る物が多くなります。

成功と繁栄への近道になるでしょう。

努力は喜びと称賛に変わります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・個別相談

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『運の良し悪しをどう感じとることが出来るのか?』

というご質問を良く頂戴します。

勿論主観によるところですが、

『層』と『間』が良くなるということになります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する17「易経」

 

四書五経の全てを紹介するのは別の機会とさせて頂き、

「風水理論」の根本である「易経」についてお伝えします。

 

「易経」が無ければ「風水」は存在しなかったと言い切ることが出来、

風水の根本が「易経」であることに対しては、反駁の余地はありません。

 

易経はBC8世紀ごろに成立したといわれる、『古来の自然哲学』です。

決して占いの道具ではありません。

 

漢代に入り、儒教が国教になったころから、六経の首位に置かれるようになります。

宋代に入り、新儒学が形成されると、その形而上学の柱とも考えられるほど、

重要な位置を占めることになります。

 

「五経」の最終の段階で、易経が儒教経典の中心に登場した背景には、

儒学に対する老荘思想・道教の影響が考えられます。

また老荘思想が盛んであった頃、仏教の影響も強くなり、

儒学が、仏教に対して理論武装するために、

易経のような高度な自然哲学や数理の理論が、新しく要請されたといえる。

 

「易学」の発祥は殷代とされますが、

周代に成立した「易学」を用いた「周易」の理論は、現代のコンピュータに利用されている2進法、8進法、16進法の高度な数学理論と、それに対する自然哲学の組み合わせで構成された、水準の高いものです。

 

伝説では「周易」は孔子の作と言われているものの、

 

それが儒学において、「易経」と呼ばれて五経の筆頭になったのは非常に遅く、

宋代になってからのことです。

しかし、ここまで重用されている「易経」の作者は不明なのです。

伏義とされているが、伏義は人ではありません神です。

風水を哲学する16「四書五経」

sisyogokyou00.jpg

 

<本日の心構え>

▼水沢節 四爻変

 

激しい雨が降ると川は氾濫します。

器に水を注ぐにも限界があります。

節度を守り危険は事前に回避すること。

節制を心掛け正しき道を進みましょう。

流れには謙虚に従い誠実に応じること。

冷静に観察し必要な対策を講じること。

節度を守り堅実に足元を固めましょう。

人格と志が認められ好機が訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は、陰暦10月朔日です。

10月度の大御心を賜りに明治神宮に参拝致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する16「四書五経」

 

孔子から陽明学までの思想の変遷と、

神話時代からBC213年の焚書坑儒までの歴史の変遷を辿ってきました。

 

ここで、風水に影響を及ぼす「書・経」をお伝え致します。

人物と歴史の流れを合わせて御確認頂ければと思います。

 

先ずは「四書五経」です。

四書五経とは儒教の教典で重要な9種の書物のことで、

四書は、「大学」「中庸」「論語」「孟子」、

五経は、「詩経」「書経」「礼記」「易 経」「春秋」です。

 

実は、この「経」と「書」の間には、

孔子によってその基礎を作られた儒学の原理が、

春秋、戦国時代における孔子学の創設から、

漢代の儒学の国教化をへて、

宋代以降に朱子学によって国家的規模での新儒学体系に纏め上げられていく、

1000年を越える壮大な歴史のドラマが存在していました。

 

詳細は、次回お伝えします。

 

簡単に「経・書」の違いを言えば、

「経」とは、儒学の聖典のことであり、

「書」とは聖典を読むための参考書のことです。

しかしフシギなことには、孔子の教えを記録した「論語」は聖典ではなく参考書であり、もともとの儒学の聖典には論語も孟子も含まれていません。

つまり経典とは、孔子のおしえではなく、

書経のような先王の事跡と春秋のような歴史年表や詩経のような詩歌集などで構成されています。

二十四節気「立冬」の風水術

rittou.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷風恒 五爻変

 

遠くで雷が鳴ると風が吹き始めます。

自然の摂理は変わることはありません。

日々の生活も時の流れの中に存在します。

平穏無事な日々に心から感謝しましょう。

平和な生活の維持も重要な課題です。

発展性に欠け挑戦には適しません。

環境に従う事で評価が得られます。

機転を利かせ柔軟に対応しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

やはり家庭の安定が経営には重要です!

関係が無いという人は家族に感謝していない人です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「立冬」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

今日から約15日間が二十四節気の『立冬』です。

この期間は、二十四方位の『乾』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『三焦経;手少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は亥の刻(午後9時~午後11時)です。

 

三焦を守るためのおすすめ食養

海藻類に含まれるヨード

 

この『立冬』の期間に、

『喉や頬の腫れ、多汗、目の周りが痛む、耳鳴り、耳が痛み、難聴、』

等の症状が出た場合、家の内外の『乾』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、亥の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『乾』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り45度の315度の左右7.5度合わせた15度が『乾』の方角になります。

風水を哲学する15「焚書坑儒」

o0400045713484009342.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼雷地豫 二爻変

 

豪快な雷鳴と共に大地が揺れています。

激しい音と共に身も心も震えます。

周囲の喧騒に心は喜びに満たされます。

流れに乗り積極的に挑戦しましょう。

至福に溺れて本分を見失わないこと。

喜びには誘惑も多く注意が必要です。

甘い誘いに負けずに忍耐力を養うこと。

好機に向け実力を磨いておきましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

寒暖差が激しい時期ですが、今日で秋の土用が終わり、明日『立冬』をむかえ暦の上でも冬に入ります。本格的な冬支度が必要ですね。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する15「焚書坑儒」

 

焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)。

直訳すると「書を燃やし、儒者を坑する(儒者を生き埋めにする)」の意味で、

BC213秦代の「文化大革命」です。

 

中国の戦国時代の諸子百家の一つで、徳治主義を説く儒家と異なり、

法治主義を説き、儒家の述べる徳治のような信賞の基準が為政者の恣意であるような統治ではなく、厳格な法という定まった基準によって国家を治めるべしという立場である

 

『法家思想』により始皇帝から重用された『廷尉・李斯』は、やがて丞相となり、

「秦記」以外の書をすべて焼き、古い時代を是とし今の時代を批判するものとその一族を誅殺すべきとする、大変な上申を始皇帝に行いました。

 

そして『廷尉・李斯』は、過去の思想は、技術のノウハウ以外のすべてを切り捨て、現在に役立つ書物や人物だけ残す大文化革命に乗り出し、これを始皇帝が承認、実施したのです。

 

これにより中国の古代思想である道教も儒教も、すべて否定されたことになりました。

 

ところが、始皇帝自身は、その前から道教的な神仙思想に大きくのめり込んで行っていたことも多く確認されています。

 

 この焚書坑儒をきっかけに、中国の古代思想が海外に流出することになります。

安田純平氏のパーソナルチェック

yasudazyunpei.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢水困 二爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

不遇の時が続き不平不満が募ります。

本来の才能を開花するには機を待つこと。

進んで求めても得られるのは失望ばかり。

心して待てば好機は訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■顧問先現地調査inみなとみらい

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、長男が夕食を御馳走してくれた!

アルバイト先で『駅弁フェアー』をやっていたため、家族分買ってきてくれた。

家族で味見出来る様にと全部違う種類のものを揃えてくるとは流石だ!!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■安田純平氏のパーソナルチェック

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

やすだじゅんぺい

安田純平氏1974年3月16日(44歳)生まれ

 

年柱 甲寅

月柱 丁卯

日柱 丙辰

時柱 ○○

歳運 戊戌

 

精神分析:頼りになるような力強さがあります。人から親しまれるおおらかさがあります。

人を引き付ける魅力があります。強引に進めることがあります。

先天的宿命:幸福な人生を送る。

パワーがあり、その力で自分のやりたいことを実現していく。

先天的能力:公明盛大だが少々強引さがある普通の独立心。経済感覚はさほどないが、目的のために精根尽き果てるまで熱中する能力。結果的には、損を出しやすい傾向にある。

能力分析:学問、知恵、アイディアで生き残っていける。

2018年の歳運:

歳運支:戌が月支:卯を支合し合する。卯は印星であるため、

『守られてきた環境が失われる』。

歳運支:戌が日支:辰を支冲するため、

『本人又は配偶者が災疫に遭遇しやすい。』

傾向にあります。

風水を哲学する13 「秦」

sinno.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢山咸 初爻変

 

綺麗な湖に周囲の風景が映ります。

壮大な山々が湖面に揺れています。

両者は通じ美しき光景を生み出します。

頭で考えず心の声に耳を傾けましょう。

興味や関心が次第に膨れ上がります。

先を焦らず時間を掛けて育てること。

心が感じる純粋なものを大事にすること。

時間と共に大きなものへと成長します。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・訪問風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

組織を離れてからその組織を批判をする人がいます。

組織に所属している時に改革しようと努めてきた人は、

組織を離れてから批判する人はいない、

それはその組織を心から愛しているからです。

貴乃花が弟子を愛する気持ちは本物のように思います。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する13 「秦」

 

秦氏はもともと一部族であったが、

晋の文公の即位を援助し、周王室の乱を晋とともに収めるなどの功績を上げるなどして勢力を伸ばしていき、BC247年、秦の政(後の始皇帝)が即位しました。

 

秦は北の強国・趙に勝利した後、次々に国々を攻略していき、

趙に大勝(BC260)、周滅亡(BC256)、韓滅亡(BC230)、趙滅亡(BC228)、

魏滅亡(BC225)、楚滅亡(BC223)、燕滅亡(BC222)させ、

BC221年、秦王・政は最後に残った斉を滅ぼして天下を統一し、

自らを始皇帝と称しました。

 

そして、それまでの封建制を廃止し、全国に郡県制を敷き、度量衡・貨幣・文字を統一するなど、古代の統一国家として驚くべき新しい思想・制度を、導入・実現しました。

 

始皇帝は文字や度量衡、貨幣の統一を実施し、協力な中央集権政策を採り、

六国の長城を繋ぎ合わせて万里の長城を建築し、

思想規制のために『焚書坑儒』を行いました。

 

つづく

風水を哲学する13 「殷・周王朝」

insyuu.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼天風姤 五爻変

 

青空の元に穏やかな風が吹き渡ります。

その風に揺られ甘い香りが漂います。

運命的な出会いの兆しがあります。

慎重に判断し良縁を大事にしましょう。

誘惑に負けない強い意志を持つこと。

覚悟は心に秘め機が熟すのを待つこと。

度量次第で事は至福なものへ転じます。

辛抱強く待つことで朗報が届きます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■環境整備・資料作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、あるビジネスのスタートアップミーティングをさせて頂きました。

今迄の縁が結び合って形になっていこうとする様はコンサルタント冥利です。

これからも、一つ一つの縁を大切にしていきたいです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する13 「殷・周王朝」

 

夏に続く殷(いん)王朝は、亀甲・獣骨に刻まれた古代文字(甲骨文)が発見されており、青銅器の文字である金文より、さらに古い文字であることが分かってきています。つまり文字文化をもった殷王朝は、BC1550年頃、大乙が伊尹を宰相として王朝を開き、都を亳(はく)においたところから始まり、

周の武王によって滅ぼされるBC1050年頃まで、500年続きました。

 

周王朝は、BC249年に東周が秦に滅ぼされるまでの800年間、一応は続いていたが、BC771年に西周が亡び、都が東に移ってからは、王権は諸侯に移り、春秋、戦国時代という諸侯が分裂して戦う戦乱の時代に入っています。

 

夏(紀元前2070年頃- 紀元前1600年頃)

 

殷(BC1550年頃 –BC1050年頃)

 

周(BC1050年頃 –BC249年頃)

 

春秋時代(BC770年頃- BC403年頃)

 

戦国時代(BC403年頃- BC221年頃):晋が韓・趙・魏に分裂し、戦国時代突入

 

秦(紀元前221年- 紀元前207年) 

 

春秋、戦国時代は、

孔子(BC552年10月9日‐BC479年3月9日)、

孟子(BC372年頃- BC289年頃)、

をはじめとして、諸子百家が活躍し、

中国思想が花開いた絢爛たる文化の時代です。

つづく

風水を哲学する12 「夏王朝」

o0400041613481375674.jpg

 

<本日の心構え>

▼地雷復 四爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

覚悟を決めて進む道を選ぶこと。

決断と意思には誇りを持ちましょう。

孤立しても後悔することはありません。

退く勇気を持つことも大切なことです。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■ランチミーティングin銀座、顧問先打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

Offの3日間は、実家に帰りお墓参りと実母との交流をさせて頂き、

先祖と親に対する感謝の思いを確認させて頂ながら、

今ある家族の尊さを実感させて頂ました。

愛する対象があるということは本当に幸福です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年10月30日~11月1日 OFF

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する12 「夏王朝」

 

三皇五帝の神話時代の次が「夏王朝」です。

 

夏は、中国の史書に記された最古の王朝です。

夏后ともいい、夏・殷・周で三代です。

史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、

471年間続いたと記録されています。 

 

夏王朝の始祖初代の王となる『禹』は、

五帝の一人、『顓頊高陽氏(黄帝の孫で秦王の祖神)』の孫とさています。

帝堯の時代に、禹は治水事業に失敗した父の後を継ぎ、舜帝に推挙される形で、

黄河の治水事業に当たり、功績をなし大いに認められたとされています。

 

この頃が、神話時代との繋がりを持たせているところです。

最初の、尭(帝尭陶唐氏)、舜(帝舜有虞氏)、禹(夏后氏禹)を三帝としています。

この夏王朝は殆ど神話の時代であると思われていましたが、

最近の中国における考古学の発掘により、夏代の遺跡が続々と出土しており、

そこから中国史における最初の古代王権国家としての夏は現実にあったことが明らかになってきました。

 

この時代は、BC1800-1700年頃と思われています。

ユダヤ民族の聖書・韓国の檀君神話・皇族の古事記、

そして中国の神話、神様の末裔にしたがる傾向は共通しています。

 

つづく

風水を哲学する11 「三皇五帝とは」

hukugi00.jpg

 

<本日の心構え>

▼山雷頤 四爻変

 

壮大な山々の麓に雷鳴が響き渡ります。

山を揺るがすような凄まじい轟音です。

鳴動に心は震え背筋は正されます。

摂理に従い心を正し節制を心掛けること。

周囲からの協力で万事順調に進みます。

立場を気にせず謙虚に頭を下げること。

私欲は捨て志は高くすること。

根気良く進めば繁栄の道は開かれます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■off 3/3

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

一昨日から3日間offを頂戴します。

顧問先との対応は通常通りですのでご安心下さい。

磐田市の実家にて過ごします。先ずはお墓参りと水槽の掃除です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年10月30日~11月1日 OFF

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する11 「三皇五帝とは」

 

三皇五帝(さんこうごてい)は、

古代中国の神話伝説時代の8人の帝王です。

三皇と五帝に分かれ、三皇は神、五帝は聖人としての性格を持つとされ、

理想の君主とされています。

しかし、この理想の「三皇五帝」に誰を当てるかには、

従来、定説がなく極めて混乱しています。

所謂諸説あるというものです。

 

司馬貞による史記の「三皇本紀」では、

「三皇」を、伏羲、女媧、神農とし、

十八史略のような通俗書では、

天皇氏、地皇氏、人皇氏とています。

つまり三皇とは、後世の史家が中国の歴史の始まりに

勝手に設定した3人の神皇のこととなります。

 

諸説あって当然ということです。

 

当然、五帝も史書によりその構成が大きく異なります。

こちらも諸説ありということです。

史記における五帝は、

黄帝軒轅(こうてい・けんえん)氏、

顓頊高陽(せんぎょく・こうよう)氏:黄帝の孫で秦王の祖神

帝嚳高辛(ていこく・こうしん)氏:黄帝の曾孫

帝尭陶唐(ていぎょう・とうとう)氏:帝嚳の子

帝舜有虞(ていしゅん・ゆうぐ)氏:顓頊の6代目の孫

 

中でも『黄帝軒轅氏』は、

五行説で「黄」は、『土』で『中心』を意味しており、

中国におけるすべての王の始祖とされています。

 

この内容が、風水とどのように関わってくるかは、

もう少しお待ちください。

中国の神話が極めて脆弱であるということが重要なのです。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP