ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

WEB易学講座5「五運六気」

weki05.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『自分を責める気持ちは最大の牢獄です。』易卦:坎為水 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

11月12日 北西

11月13日 北西

11月14日 西

11月15日 北

11月16日 南

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■経営帝王学セミナーin大阪

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、懐かしいコック時代を思い出す機会を与えられました。

多くの人の支えと経験によって今があると時間し感謝する時間となりました。
今日の出会いと経験もより良い未来の糧になることを確信致します。
 

 

<イベント・セミナー情報>

本日11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■WEB易学講座5「五運六気」

 

広大な宇宙には絶えず動いている大気が充満しており、

万物の源であるので「元気」と称し、

無限であるが一定の法則があります。

 

天地の陰陽の変化は、天には高くかかる現象として、

地には万物の形体として現れます。

 

天地が交われば、『木・火・土・金・水』の五行と、

『風・暑・火』の三陽、『燥・寒・湿』の三陰の六気が生じます。

 

四季が交代し、寒暑が往来し、六気が天から下り、

大地がその影響を受けて万物を化生させるが、

それらのあいだの法則を研究するとともに

気象医学に運用した理論が「五運六気」です。

 

運気節によれば、陰陽の変化は自然界の客観的法則であり、

あらゆる万物の綱領であり、

天では無形の六気、地では有形の五種の物資になります。

 

『寒・暑・燥・湿・風・火』の六気は、

天の陰陽で、『三陰三陽』が上から応し、

『木・火・土・金・水』の五運は、

地の陰陽で、『生・長・化・収・蔵』が下から応じます。

WEB易学講座4「干支法」

weki04.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『心の動きに注意しましょう。すべてはそれが決定しているのです。』易卦:地天泰 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

11月12日 北西

11月13日 北西

11月14日 西

11月15日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会・昼食懇親会・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

知ったかぶりの表現は本当に相手を傷付けることになります。
 

 

<イベント・セミナー情報>

本日11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■WEB易学講座4「干支法」

 

「天干」は、天竿(圭表)、

「地支」は、竿枝(圭表の投影)を基準としています。

 

天に従って干を用いれば、5日が1候であり、

五陰五陽で天に十干があるのは、

甲から戊までが陽変、己から癸までが陰変で、五の変化であるためです。

 

地に従って支を用いれば、6日が1変であり、

六剛六柔で地に十二支があるのは、

子から巳までが陽変、午から亥までが陰変で、六の変化であるためです。

 

十干で日に応じて、十二支で月に応ずれば、

1年の月数は2×6、1か月の日数は6×5、

1年の気数は4×6、1気の候数は3×5であり、

総計は36甲(36×10天干)で天数の五で周り、

30子(30×12支)で地数の六で周します。

 

その総計は、1年・12月・24気・72候・360日・432辰・12万9600分になります。

 

五と六が合えば、六多五少で、少であれば動くのが速いので、

干支が表すのは天地間の物質の反応と、その韻律消長の一般法則であり、

天は地に作用し、地は天に作用します。

 

天の運気を体現する干支の甲子体系は時空の統一の産物であり、

『黄帝内経』における「天度」と「気数」に対する論述がこの点を説明しています。

 

「天度」とは、日・月・五星等の運行の法則、

「気数」とは、「天度」を量る時間の尺度になります。

 

古代の「天人合一」学説が自然や社会の研究領域に深く入り込んでいるので、

一切の周期的現象は干支体系に体現されています。

 

十干が6巡、十二支が5巡を繰り返せば、60甲子の1紀になります。

二十四節気「立冬」の風水術

rittou.jpg

<本日のメッセージ> 

『現状に固執していると損失と失敗を招くでしょう。』易卦:火雷噬嗑 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

11月12日 北西

11月13日 北西

11月14日 西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

宮崎3日目最終日の朝を迎えています。

楽しみにしていた自社店舗の現地調査をさせて頂きます。
 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「立冬」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

今日から約15日間が二十四節気の『立冬』です。

 

この期間は、二十四方位の『乾』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『三焦経;手少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は亥の刻(午後9時~午後11時)です。

 

三焦を守るためのおすすめ食養

海藻類に含まれるヨード

 

この『立冬』の期間に、

『喉や頬の腫れ、多汗、目の周りが痛む、耳鳴り、耳が痛み、難聴、』

等の症状が出た場合、家の内外の『乾』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、亥の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

 ~『乾』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り45度の315度の左右7.5度合わせた15度が『乾』の方角になります。

WEB易学講座3 「卦気七十二候図」

weeki03.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『否定的観念は心の消化不良をおこします。』易卦:山雷頤 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

11月12日 北西

11月13日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問幹部研修会in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

宮崎で真面目で夫婦仲の良い素敵な幹部の方々と交流させて頂、
本当に癒され感謝でした。
 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■WEB易学講座3 「卦気七十二候図」

 

物候の暦法は、古人が草木鳥獣にもとづいて時節を定めた記年方法です。

その基準なるものが、十二消息卦(じゅうにしょうそくか)であり、

漢易において1年12月二十四節気に易の卦を配したものです。

 

復 ・臨 ・泰 ・大壮 ・夬 ・乾 ・姤 ・遯  ・否  ・観 ・剥 ・坤

 

冬至 大寒 雨水 春分  穀雨 小満 夏至 大暑 処暑 秋分 霜降 小雪

小寒 立春 啓蟄 清明  立夏 芒種 小暑 立秋  白露 寒露 立冬 大雪

子  丑  寅  卯    辰  巳  午    未     申  酉  戌  亥

12月 1月 2月 3月  4月 5月 6月 7月   8月 9月 10月 11月

 

1年のあいだに陰陽の気が消息する様子を爻を用いて表し、冬至に一陽生じ、陽気が徐々に盛んになって消滅していき、陽気が極まると夏至に一陰生じ、陰気が徐々に盛んになり陽気は消滅していく様を形象しています。

 

この十二消息卦の、各卦に六つの爻があり、各爻が1つの候を主り、

12卦×6爻=72候で1年『七十二候』が成立しました。

 

そして、各候が5日間であるため、72候×5日=360日で、1年『360日』としました。

更に、計算に便利なように、古人が多用したのが「干支法」です。

 

次回より干支法を解説致します。

WEB易学講座2 「河図、万候の数」

weki02.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『自分を高くするものは低められ、自分を低くするものは高められます。』易卦:雷天大壮 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

11月12日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問幹部研修会in宮崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

先日の「BedtFortuneClubs」磯部塾の磯部社長の講演は衝撃的でした。

活字や動画では無い目の前で語られる姿は言葉では表せない説得力があります。

是非!!多くの人に直接会って話を聴いてもらいたいです。

磯部塾は、2か月に一度定期的に開催しますのでご参加検討下さい。

2020年1月10日・3月6日・5月8日・7月3日・9月4日

時間と場所は、据え置きで17時30分会場、18時開演、20時頃解散、いいオフィス日本橋
 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■WEB易学講座2 「河図、万候の数」

 

天地の数は異なるが、その理が補い合うと共に、いずれも五から成立します。

 

「河図」は、

天数の25;「五」×5

地数の30;「五」×6

小衍の10;「五」×2

大衍の50;「五」×10

この為、五は「生数の祖」とされています。

 

配置からみると、「五」は、一・三・七・九との間にあるため、

「五」は天中にあり、生数の主とされます。

「六」は、二・四・八・十との間にあるため、

「六」は地中にあり、成数の主とされます。

 

「易経」と殆ど同じ時期に成立し、厳格な理論と雄大な構成を有し、

易学を全面的に応用した、中国最後の医学書の『黄帝内経(こうていだいけい)』には、

『天は六を以って節と為し、地は五を以って制と為す』と記されており、

「天は六を節目にして、地は五を決まりとしている」という意味です。

 

『六』と『五』は、『万候の数』として、

物候(生物の周期的な現象と気候との関係)の暦法に広く応用されています。

 

初春の桃の五弁は天が生み、厳冬の雪の六片は地が化す!

WEB易学講座1 「五運六気の法則」

weki01.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『あなたの活力を人のために使いなさい。』易卦:地沢臨 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

11月11日 南東(開運旅行におススメ!)

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン2件・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

「開運合宿in洞爺湖」最終締め切り間近です!!
https://www.facebook.com/events/3205293676178071/
 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■WEB易学講座1 「五運六気の法則」

 

五運六気は「河図」と「洛書」の理数を中医の天人相応理論に応用した典型で、

その原理とメカニズムについて解説します。

 

「河図」は、天に法り、その数は成数を生数に分かれ、その位が十であるので、全数といい、生数が主で、成数を合わせ、十以下の数を加えると『五十五』になり、『天数55』と称します。

 

「洛書」は、地を象り、その数は奇数と偶数に分かれ、その位が九であるので、変といい、

九以下の数を加えると『四十五』になり、『地数45』と称します。

 

天地の数を加えると百、つまり天地(陰陽)の全数であるので、古人の漏(水時計)の百刻を一昼夜にしました。

易経講座191 「64卦分析;未済」マーフィー的解釈

eki192.jpg

<本日のメッセージ> 

『すぐに歩き出す人は、「いいこと」に拒まれることはありません。』易卦:風天小畜 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

11月10日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせin静岡

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

第二回「BedtFortuneClubs 」の案内です。

2019年12月21日18時より

詳細申し込みは下記FaceBookページにてお願いします。

https://www.facebook.com/events/1011926842483291/

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

12月21日 第二回「BestFortuneClubs」2020年を分析する

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座191 「64卦分析;未済」マーフィー的解釈

 

第六十四卦

卦名:『未済』 構成:上卦「離」・下卦「水」

和名:火水未済(かすいびせい)

 

この卦は、まだものごとが成就していない状態をあらわしています。

 

しかも時はまだ至らずで、 『未完成な状態です。しかし、未完成な状態は完成された状態よりも上昇性があるという意味で、期待が持てます。ただ、時がととのっていないので、たゆまぬ努力が必要だということです。

 

未完の大器という言葉があります。素質も才能もあるのですが、まだ花が開いていない状態。しかし可能性は誰もが認めるところである・・・貴方は今こういう状態にあるといっていいでしょう。

 

そこで必要なのは、自己鍛錬であり、才能を磨くことであり、たゆまぬ努力をすることです。可能性を追求することで、その可能性は必ず実現します。あせったり、あきらめたりすることは禁物です。

 

『易経』には「小狐汔 ほとんど済 わたらんとして、その尾を濡らす」とあり、一般的には衰運という見方もあるのですが、これはあまりに現状に偏った考え方といえます。

狐は川を渡るとき尾だけは決して濡らさないようにします。尾が濡れると速く走れなくなるからといわれています。その尾を川を渡りきる寸前で濡らしてしまうことは不注意であり、気の緩みです。

 

この卦が出た時注意しなければいけないのはこの点です。せっかく能力にも恵まれているのに、不注意や気の緩みで可能性をふさいでしまうことのないようにすべきです。

 

事はまだ成就しているわけではないのです。最終的には「未済は、亨る」とあるように、この卦の展望は明るいとみていいでしょう。

易経講座190 「64卦分析;未済」

eki191.jpg

<本日のメッセージ> 

『貴方が黙っていればよいことがやってきます。』易卦:雷山小過 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月03日 北西

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

11月09日 南東(開運旅行におススメ!)

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日OFFを頂戴し実家の磐田市で過ごさせて頂ます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座190 「64卦分析;未済」

 

第六十四卦

卦名:『未済』 構成:上卦「離」・下卦「水」

和名:火水未済(かすいびせい)

卦辞:「未済。亨。小狐{シ乞}済。濡其尾。无攸利。」

未済(びせい)は、亨(とお)る。

小狐{シ乞}(しょうこほと)んど済(わた)らんとして、その尾(お)を濡(ぬ)らす。

利(よ)ろしきところなし。

 

Keyword:未完成

 

自然事象:

上卦の「離」が火、下卦の「坎」が水で、火が上に向かって燃えていくのに、水は下に向かって流れていく形象です。

 

解説:

道に背いているので未完成を象徴します。

 

君子はこの精神を見習って事物の本質を把握し、それぞれの本分を尽くさせるべきです。

しかし、火と水の方向がその属性に背かないので、やはり順調です。

 

『未済(びせい)は、亨(とお)る。』

上卦の離の六五は、中庸を厳守するので順調を示します。

 

『小狐{シ乞}(しょうこほと)んど済(わた)らんとして、その尾(お)を濡(ぬ)らす。』

しかし、下卦の九二は困っている小狐を象る。

 

というのは、坎は水、険で、河を渡る小狐の頭が対岸に着いているけれども、尾は依然として水中にあるので、危険を脱していないからである。

 

『利(よ)ろしきところなし。』

爻の位置は、みな正を得ておらず、未完成を意味します。

そのため、吉凶がまだ定まらず、未来に希望があることを示します。

 

次卦への連動:

六十四卦はこれで終わるけれども、

宇宙の気象は多様で、永遠に変化がやまず、終結はせず繰り返します。

易経講座189 「64卦分析;既済」マーフィー的解釈

eki190.jpg

<本日のメッセージ> 

『ものを識別する能力を身につけなさい。』易卦:火雷噬嗑 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月02日 北東

11月03日 北西

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

11月08日 東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■現地調査in秩父

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩の第一回BedtFortuneClubs ~磯部塾~へ

多くの方にご参加頂心より感謝申し上げます。

本当に感動の一夜を過ごさせて頂ました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座189 「64卦分析;既済」マーフィー的解釈

 

第六十三卦

卦名:『既済』 構成:上卦「震」・下卦「艮」

和名:水火既済(すいかきせい)

 

この卦は非常に難しい卦です。

 

「既に成る」という意味なので、貴方が今どんな状態であれ、これから先の大発展は望めないことになります。では、この卦は悪いのかというと、少なくとも成就の芽があるのですから、あながち悪いともいえません。このあたりの解釈が難しいところです。

 

いわば貴方は満ち足りた状態にあるのです。

 

しかし人間の欲望には限りがありませんから、実際に今の貴方がすべての点に対して満足しているとは思われません。

 

そこで必要なのは、まずどんな状態であれ、その点を丸ごと肯定することです。現状を肯定した上で、次の計画や目標をたてます。それは大きくても小さくてもかまいません。とにかく自分の夢や願望を具体的な目標や計画にまでデッサンすることです。そしてその実現のためにできることから着手します。

 

このとき気をつけなくてはいけないことは、あまりはりきらないで少しずつ進めていくことです。時間はたっぷりあります。計画へ向けて出発はしても、エンジンはフルにふかしてはいけません。道は長いと思うべきです。いわばこれから長い期間の旅行に出るようなつもりで、ゆったりと構え、同時に新鮮な気持ちを持ち続けることです。

 

一つの峰を征服し、第二の峰にとりかかりました。しかし、山道を登り始めたけれど、いまは夕暮れで足元がおぼつきません。まだ休む時間ではありませんが、あわてたり焦ったりすることは禁物。今の状態はそういうものです。

 

一般的にはこの卦は始めがよくて終わりがよくないといわれています。「終わりよければすべてよし」にするためには、険しい下り坂を下りる慎重さをもって上り坂に挑むことです。

易経講座188 「64卦分析;既済」

eki189.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『他人の欠点を考えることは自分の中にそれを育てることです。』易卦:地山謙 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

<奇門遁甲:開運方位>  

11月01日 西

11月02日 北東

11月03日 北西

11月04日 南西

11月05日 南西

11月06日 南西

11月07日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・BedtFortuneClubs

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今晩『BedtFortuneClubs 』がスタートします。

超満員ですの立ち見覚悟でご参加下さい(笑)

 

 

<イベント・セミナー情報>

本日11月1日 『BestFortuneClubs in日本橋』

11月9日 内閣府認定NPO-JFTA定例勉強会

11月10日 経営帝王学スクール

11月17・18日 開運合宿in洞爺湖

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座188 「64卦分析;既済」

 

第六十三卦

卦名:『既済』 構成:上卦「震」・下卦「艮」

和名:水火既済(すいかきせい)

卦辞:「既済、亨小。利貞。初吉終乱。」

既済(きせい)は、亨(とお)ること小(しょう)なり。

貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

初(はじ)めは吉きちにして、終(おわ)りは乱(みだ)る。

 

Keyword:完成

 

自然事象:

上卦の「坎」が水、下卦の「離」が火で、

火も水もあり料理が既に完成した形象です。

しかし、水が火の上にあり、火を消すおそれもあります。

 

解説:

陽爻がみな奇数、陰爻がみな偶数の位置二にあって、全て正を得ており、安全な形象で、成功を象徴します。

 

『既済(きせい)は、亨(とお)ること小(しょう)なり。』

「済」は渡河で、成の意味もあり、既済は既成であって、一切を超越すれば、必ず成功する。

しかし自然の造化は陰陽が錯綜して複雑であり、変化が生じて生き生きとしてやむことがない。完全過ぎれば、逆に硬化して生機を失う。それゆえ、この卦の形象は、もはやすべきことが無く、小事しか順調でないことである。

 

『貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

成功が訪れれば、極端な興奮のなかであらゆるものが順調になる。

 

『初(はじ)めは吉きちにして、終(おわ)りは乱(みだ)る。』

しかし、物が極まれば必ず返るので、怠惰、混乱に陥りやすいので、先人の業績を守るのはいっそう難しい。

 

次卦への連動:

万物はいつまでも完全でいるわけにはいかないので、次は『未済卦』であり、易経は未済で終わっていて、大自然の循環がやまず、人間社会が無限であることを象徴する

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP