ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座120「64卦分析;坎」

eki120.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『未来は今現在の貴方の考え方の中にあります。』易卦:沢水困 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月18日 南東

7月19日 北

7月20日 南西

7月21日 南

7月22日 北西

7月23日 北東

7月24日 南東(開運旅行おススメ!)

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ4件・風水羅盤レッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

一期一会、次何時会えるか解らないし、会えないかもしれない。

一瞬一瞬の出会いを大切にしながら、全力で向き合っていきたいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月22日 『風水による不動産経営』セミナーin静岡

2019年8月10日 NPO定例勉強

2019年8月11日 『経営帝王学講座』

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座120「64卦分析;坎」

 

第二十九卦

卦名:『坎』 構成:上卦「坎」・下卦「坎」

和名:坎為水(かんいすい)

卦辞:「習坎、有孚、維心亨。行有尚。」

習坎(しゅうかん)は、孚(まこと)あり。

維(こ)れ心亨(こころとお)る。

行(い)けば尚(たっと)ばるることあり。

 

Keyword:重な危険

 

自然事象:

上下卦が「坎」で、二つの坎が重なり水になり、

たえず打ち寄せ、奔騰してやまないことを形象しています。

 

解説:

『習坎(しゅうかん)は、孚(まこと)あり。』

「習」の本来の意味は鳥が繰り返し羽ばたいて飛ぶ稽古をすることです。

一つの陽が二つの陰に挟まれ、しかもそれが二つ重なり、

陥穽と繰り返される危難を象徴します。

しかし、陰は虚、陽は実であり、真ん中の陽爻が危険に陥っているときも

信念が変わらないこと「孚あり」を象徴します。

 

『維(こ)れ心亨(こころとお)る。』

九二と九五の陽剛が中を得、豪毅中庸の徳性を具え、

前途にいかなる危難があろうと誠意が貫通するという意味です。

 

『行(い)けば尚(たっと)ばるることあり。』

陽剛中庸の方針で指導すれば必ず成功することも意味します。

 

この卦は、険しい災難が繰り返される形象であるが、

逆境にあっても人にぬきんでる堅強な意志と崇高な品徳があるので、

順調でありえます。

 

次卦への連動:

穴に落ちれば必ずなにかにすがって攀じ登らなければならないので、

次は『離卦』で、『離』は麗であり、付麗「頼る」という意味です。

妻に感謝!

1291949.jpg

<本日のメッセージ> 

『成功者、指導者、心の豊かな人の忠告は貴方に幸運をもたらします。』易卦:乾為天 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月17日 北東

7月18日 南東

7月19日 北

7月20日 南西

7月21日 南

7月22日 北西

7月23日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ5件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、怒濤の12時間激しくも楽しい一日となりました。

最後は、天からのご褒美20年来の友人と会食させて頂ました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月22日 『風水による不動産経営』セミナーin静岡

2019年8月10日 NPO定例勉強

2019年8月11日 『経営帝王学講座』

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■妻に感謝!

 

ワンポインレッスンではありませんが、最近とても感動したことをお伝えさせて下さい。

 

1992年に妻に知り合い1998年に入籍子供3人に恵まれ21年になります。

風水コンサルタントという怪しい職業である私と一緒に人生を歩いてくれています。

基本、シャイな妻は愛情表現が苦手で夫婦の愛が育まれている不安な日々が続いています。

しかし。これは私一人の主観ですが、年々夫婦の仲は高まり今が絶好調といえます。

 

先週、長女18歳(なっちゃん)と談笑!

 

私「最近ママに今の気持ちを良く伝えてるんだよね~」

長女「へ~凄いじゃん。何て?」

私「仕事中にも電話して、愛してるとか声が聴きたいとか、会いたいとか」

長女「いいじゃん。でもママは言わないでしょ?!」

私「うん。そういえば」

長女「そうなんだよね~伝えるタイプじゃないよね。」

私「だよね~」

 

夜、このことを妻に連絡

私「真理子さん言わないよね。会いたくないの?」

妻「いや、日々忙しくて考えている暇もないよ」

私「だよね。でもどう思っているの?」

妻「私は自分がどうのこうのというより穣二(本名)さんが楽しく仕事をしてくれていれば良いよ。それだけで幸せよ!」

私「(感涙)」

 

日々楽しく仕事していれる背後に妻の支えと祈りがあったことを実感致しました。

易経講座119「64卦分析;大過」マーフィー的解釈

eki119.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『過程に気を配りましょう。どんな道を歩もうとも神様はそれを見ています。』易卦:天火同人 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月16日 北東

7月17日 北東

7月18日 南東

7月19日 北

7月20日 南西

7月21日 南

7月22日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ5件・夕食懇親会

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

一昨日・昨日と二日間、本当に貴重な時間を過ごさせて頂ました。
どんなに頑張っても一生分しか人生はありません。

一日一日、多くの人と出会い心豊かに過ごしたいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月22日 『風水による不動産経営』セミナーin静岡

2019年8月10日 NPO定例勉強

2019年8月11日 『経営帝王学講座』

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座119「64卦分析;大過」マーフィー的解釈

 

第二十八卦

卦名:『大過』 構成:上卦「兌」・下卦「巽」

和名:沢風大過(たくふうたいか)

 

この卦はなかなか景気はいいのですが、身に余るところがある点で、行動の選択が難しいことを暗示しています。

 

「大過は 棟 むなぎ撓 たわむ」とあり、

重すぎてつぶれたり、転倒したりするイメージです。

 

まさに「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」を地でいくものといっていいでしょう。

 

これは実力のある人、やる気のある人が特に陥りがちなことですが、自己過信には十分注意することです。それができれば、事にあたって消極的になる必要はありません。

 

一般的には荷が重すぎて失敗する危険性が大きいとして、戒めの言葉が多いのですが、現状を正確に把握すれば何の問題もありません。むしろ、大きな仕事が成就する可能性があるのはこういうときです。

 

自分の荷物とか負担があまりにも大きすぎると感じるときは、貴方を支え、貴方を強め、問題を解決してくれる力が自分に備わっていることを思い出しなさい。

 

重荷を投げ出さずとも、背負うこともしなくていいのです。

 

重要なのはこうした状況にあるときの貴方の心の変化のほうです。ゆるぎない信念を持っているならば、重荷は重荷となりません。それを可能性の重さと解釈することもできるはずです。

 

潜在意識の働きを信じ、一歩一歩進んでいく気持ちが大切です。重荷を投げ出すことは簡単であり、貴方も楽になるでしょう。しかし、再びそれを背負うとすると前にも増して努力が必要になります。それはほとんど不可能といっても過言ではありません。

 

心を正しくし、今は頑張る時だと覚悟すれば必ず道は開けるでしょう。

易経講座118「64卦分析;大過」

eki118.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『流れに身をまかせる決心が貴方を成功させます。』易卦:天雷无妄 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月15日 北東

7月16日 北東

7月17日 北東

7月18日 南東

7月19日 北

7月20日 南西

7月21日 南

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■受講生訪問in神戸・昼食懇親会in京都

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、『経営帝王学』スクールの講義をさせて頂きました。

一か月に一度の3回目ですが、既に受講生とは、本当に良い関係を築かせて頂いています。

これも主催者の尾藤社長のご尽力の賜物と感謝しています。どういうコミュニティを作るのかは当然主催者で決まってしまいます。スクール生皆様が貴人であるため、スクール事態が交貴人となり、参加者皆様の運が良くなっていくことを実感致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月22日 『風水による不動産経営』セミナーin静岡

2019年8月10日 NPO定例勉強

2019年8月11日 『経営帝王学講座』

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座118「64卦分析;大過」

 

第二十八卦

卦名:『大過』 構成:上卦「兌」・下卦「巽」

和名:沢風大過(たくふうたいか)

卦辞:「大過、棟撓。利有攸往。亨。」

大過(たいか)は、棟撓(むなぎたわ)む。

往(い)くところあるに利(よ)ろし。亨(とお)る。

 

Keyword:大きな過度・非常な行動

 

自然事象:

上卦の「兌」が沢、下卦の「巽」が木で、

水は木を浮かべるべきであるのに、

逆に木を沈めているので、尋常じゃないことの象徴です。

 

この卦を棟梁として見ると、中間が堅実、両端が軟弱で、

重い負担に耐えられない形象です。

 

解説:

陽爻が多すぎるが、九二は内卦で中を得ており、

内卦の巽は順、外卦の兌は悦である。

したがって、中庸で従順であれば協力を得られるので、

前進に有利で、しかも順調に進む。

 

『大過(たいか)は、棟撓(むなぎたわ)む。』

往(い)くところあるに利(よ)ろし。亨(とお)る。』

棟梁の湾曲が象徴するのは、必ずしも悪い事ではなく、

過度にならざるをえないときには、必ず異常な情況に身を処して

やむをえずなすことである。

例えば、殷の湯王や周の武王の革命はそのような過度の行為といえます。

異常な過渡期に出会ったら、背水の陣を布いて重責を担うべきです。

 

次卦への連動:

万物は度を過ぎてばかりではいられないので、

次は『坎卦』で、『坎』は陥を意味します。

易学講座117「64卦分析;頤」マーフィー的解釈

eki117.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『理性に逆らうことも潜在意識が認めているかもしれません。』易卦:雷風恒 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

7月17日 北東

7月18日 南東

7月19日 北

7月20日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■経営者セミナー、経営帝王学スクールin大阪

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、久し振りに家族と夕食をとることが出来ました。
義父が、アルコールが回ったせいか、マジマジと私に向かって

『穣二(私の本名)は、本当に良く働いてくれる食事の準備もして片付けまで、俺なんか座っているだけだ、良くぞ真理子(妻)は、穣二と結婚してくれた。本当に良かった!』

と私達夫婦を褒めてくれました。褒めてもらえる夫婦になれたとしたら最高の親孝行が出来たのではと感謝致しました。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座117「64卦分析;頤」マーフィー的解釈

 

第二十七卦

卦名:『頤』 構成:上卦「艮」・下卦「震」

和名:山雷頤(さんらいい)

 

この卦は正しい食物を摂り、身を養うことの必要性を暗示しています。

ここでいう食物とは「食糧」の意味もありますが、同時に精神的な食事の事も含んでいます。

食物なしでは人間は生きていけません。これは当然ですが、ともすれば物質的な食物ばかりに目がいき、精神的食物については忘れがちです。

この卦はそれを思い出させてくれるという意味で、貴重なアドバイスです。

実力もないのに大言壮語するとか、無計画な冒険的行為は慎まなくてはいけません。今は真の実力を養うべき時なのです。

 

一般的な解釈は「外面はよく見えるが、内実は空虚で実力を養わなければ凶となる実利の薄い時期」とされています。

しかし、卦としては吉に向かっているので、消極的になる必要はありません。もう一度自分の心に問いかけて行いを正しくすれば、何をやっても成果は得られるでしょう。また、体調にも留意すべきです。「正しく食を養う」ということは、逆に「食べない」「節制する」ということも意味しています。

現代は飽食のほうがむしろ問題なのですから、この点もしっかりと頭に入れておく必要が

あります。

 

さらに上に立つ人の場合は、部下を養う、子を育てるといったこともからんできます。それぞれの立場で自分を養うとともに他人をも養わなければなりません。食事のときは仕事も遊びも一時停止するように、いましばらくは守りの姿勢でいくことがいいようです。カーレースのとき、運転技術もさることながら、燃料の補給やタイヤの交換などの巧拙が勝敗のカギを握っていることを思い出してください。

易経講座116「64卦分析;頤」

eki116.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『恐怖とは間違ったことを信じることです。』易卦:水天需 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

7月17日 北東

7月18日 南東

7月19日 北

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■NPO定例勉強会・昼食懇親会・風水顧問出張打ち合わせin横浜

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>
ポットキャスト『山田光復の風水経営コンサルタントの現場聞くだけで開運ラジオ』

第27回 山田光復先生の幼少期からの生い立ち(~中学時代)UPしました。

http://kouhuku.cielabo.com/2019/07/12/%e7%ac%ac24%e5%9b%9e%e3%80%80%e6%9c%ac%e6%9d%a5%e3%81%ae%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%88%e7%9f%a5%e5%91%bd%e3%81%a8%e7%ab%8b%e5%91%bd%ef%bc%89/

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座116「64卦分析;頤」

 

第二十七卦

卦名:『頤』 構成:上卦「艮」・下卦「震」

和名:山雷頤(さんらいい)

卦辞:「頤、貞吉。観頤自求口実。」

頤(い)は、貞(ただ)しければ吉(きち)なり。

頤(い)を観(み)て自(みずか)ら口実(こうじつ)を求(もと)む。

 

Keyword:養生

 

自然事象:

上卦の「艮」が山、下卦の「震」が雷で、

春雷が山麓で振動し山上の草木が芽生えている形象です。

更に、口を大きく開けた形象で、上下の歯が相対しており、ここから食物が腹に入って栄養を供給します。上卦の艮が止、下卦の震が動であるが、ものを食べるには、一般に上顎が動かず、下顎が動くので、申し分のない形象です。

 

解説:

『頤(い)は、貞(ただ)しければ吉(きち)なり。』

君子は、この精神を見習って、言語を慎み修養に励み、

節度ある飲食に努めて栄養をつけるべきである。

 

身体を養うには生命自身の法則を守らなければ、

健康な活力を身につけることは出来ない。

 

『頤(い)を観(み)て自(みずか)ら口実(こうじつ)を求(もと)む。』

「自ら口実を求め」ることによって、

天地が万物を養育し、聖人が賢人を養って百姓に拡大普及する道理を示す。

 

次卦への連動:

養育しなければ行動し、大きく発展することが出来ないので、

次は『大過卦』で、『大過』は大きな過度(発展)を意味します。

易経講座115「64卦分析;大畜」マーフィー的解釈

eki115.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『困難、障害は勝利の前ぶれです。』易卦:火水未済 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

7月17日 北東

7月18日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン2件・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『運の層』が切れ変わる瞬間は、丁度、自動ドアが開いた瞬間の様な感覚です。

徐々に傾向が表れてくるというより、いつの間にか別世界に移されたようになり、人との出会いが一瞬で変わります。自分のポテンシャルを発揮する、所謂、立命するに必要足る環境が整ってきます。そんな時は、躊躇せず流れに身を任せてみるのが良いです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座115「64卦分析;大畜」マーフィー的解釈

 

第二十六卦

卦名:『大畜』 構成:上卦「艮」・下卦「乾」

和名:山天大畜(さんてんたいちく)

 

この卦は大きな停滞を意味します。

 

しかし運勢としては停滞に続く上昇を含んでいるので、停滞が悪いということではありません。今は耐え忍ぶ時期であり、失望したりせず、期待に胸をふくらませて、目の前の事柄をコツコツと処理していくことが大切です。

 

実際、人生の現実場面というものは、雑事の連続です。ひとつひとつとれば、つまらない仕事はいくらでもあります。「なんで自分はこんな事してなくちゃならないんだ」「こんな事するために自分の才能があるんじゃない」「もっと大きなことに挑戦したい」と思うこともあるでしょう。

 

しかし、小さい仕事、つまらなく見える仕事の中に実は大きな仕事を成し遂げる芽が隠されているのです。大きな仕事も小さな仕事の積み重ねなのです。小さな仕事がきちんとできていない人にどうして大きな仕事ができるでしょうか。こう考えてくると、いかにつまらなく見える仕事でもそこに意義や価値が見えてくるものです。停滞を好ましくないと考えることは当然ですが、大きな停滞には停滞という文字からは想像のできない深い意味があります。

 

例えば、文明の進んだ国の尺度ではかれば、インドやアフリカの状況は停滞以外の何ものでもありません。しかし、その文明もたかだか二千年の間に作られたものでしかないのです。これを宇宙の尺度で測ればすべては相対的な価値観となり、どちらが進歩でどちらが停

滞かわからなくなってしまいます。

 

身近な例でいえば、我が国の高度成長が終わった段階で、これからは苦難の時代が来るといわれ、石油もなくなるといわれました。しかし、あの時代から比べて停滞といえる現在の庶民の生活ぶりはどうかといえば、最低ではないはずです。これは大きな停滞に処する術を私たちが知ったからです。

易経講座114「64卦分析;大畜」

eki114.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『愛、親切、調和、平和を念じなさい。』易卦:山沢損 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

7月11日 西 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

7月17日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ1件・個別相談2件・風水羅盤個人レッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『自分が経験した全てがスキルになるため成敗は拘らない。』

『自分が成長した分だけ顧客満足度を上げることが出来る。』

どんな仕事も同じですが、特に風水師はダイレクトです!

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座114「64卦分析;大畜」

 

第二十六卦

卦名:『大畜』 構成:上卦「艮」・下卦「乾」

和名:山天大畜(さんてんたいちく)

卦辞:「大畜、利貞。不家食吉。利渉大川。」

大畜(たいちく)は、貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

家食(かしょく)せずして吉(きち)なり。

大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。

 

Keyword:水源の開拓・用水の節約

 

自然事象:

上卦の「艮」が山、下卦の「乾」が天で、

天が山の中に含まれている形象を表し、

大きな蓄財があります。

 

解説:

『大畜(たいちく)は、貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

正道を堅持しなければ発展出来ない。

 

『家食(かしょく)せずして吉(きち)なり。』

自ら田畑を耕すことに満足せず、明主に身を投じて功業を樹ち立てるべき。

 

上卦の艮の中爻の六五は九二と応じており、

下卦の乾が天であるので、天に応じて道を行えば克服出来ないいかなる困難もない。

 

『大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。』

六五が谷のように深い謙虚な心を有する君主、

上九が尊崇される賢士を象徴するので、

大川を渉るに利ろしとなる。

 

次卦への連動:

物質を蓄積すれば養い育てることが出来る。

それゆえ、次は『頤卦』で、『頤』は養育を意味します。

易経講座113「64卦分析;无妄」マーフィー的解釈

eki113.jpg

<本日のメッセージ> 

『現状に固執していると損失と失敗を招くでしょう。』易卦:火雷噬嗑 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

7月10日 南西

7月11日 西 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

7月16日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、弟子と顧問先に支えられていることを実感した一日でした。

ポットキャスト『山田光復の風水経営コンサルタントの現場聞くだけで開運ラジオ』

第26回 大阪経営帝王学スクール生の感想(第2回まで受講) at 7月開運合宿

UP致しました!

http://kouhuku.cielabo.com/

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座113「64卦分析;无妄」マーフィー的解釈

 

第二十五卦

卦名:『无妄』 構成:上卦「乾」・下卦「震」

和名:天雷无妄(てんらいむぼう)

 

妄 (もう)は妄想、妄執、妄言などの妄で、「実体のないもの」「嘘」「偽り」「まやかし」など悪い意味の言葉です。

 

これに対し无( む)は「無」ですから、无妄とは虚妄なきことをあらわし、むしろ天然自然のままの状態、つまり無邪気さに通じるわけです。

 

それでは無邪気とはどう解釈したらよいでしょうか。まず言えるのは、無邪気とは悪意や作為がないということです。子供のようにまだ世間をしらないところがあります。ですから何も逆らわずに、ごく自然の人間の本性のおもむくままに振る舞い、結局はそれで成功するのです。

 

つまり何にも逆らわずに、自然のままに行動すればよいということで、そこに大人の打算や作為、我欲などがまじると、せっかくの吉運が逃げてしまいます。

 

ただただ、天体の運行に身を任せ、身を正しくしていなさいということです。

 

これを別の観点から見れば、作為的な努力はいくらしても無駄、その努力と成果は比例しない、ということでもあります。このあたりがこの卦の難しいところです。実際問題、そう無邪気になれるものではなく、迷い悩むことのほうが多いかもしれないのです。

 

しかし潜在意識の力は、どちらかというと無邪気なほうが発揮しやすいのです。自分の内なる力を信じたら、それを子供のように疑わず、ただひたすら努力するタイプが偉大な成果を収めていることは歴史が証明しています。

 

大人が無邪気になれないのは予見というものがあるからです。それまでの知識や経験から割り出した予見、これが障害となってしまうのです。予見がよい方向に感じられるときはまだしも、悪い方向に感じられるとき、貴方は子供に帰って何も考えないことが必要であるのかもしれません。

易経講座112「64卦分析;无妄」

eki112.jpg

<本日のメッセージ> 

『自分を好きになるよう振る舞うこと。』易卦:沢山咸 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位>

7月09日 西

7月10日 南西

7月11日 西 

7月12日 南

7月13日 南東

7月14日 南

7月15日 北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■zoom会議、師弟打ち合わせ、風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は朝8時から夜8時までノンストップです。
気合を入れて頑張ります!!開運合宿の効果は絶大です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年7月13日10時渋谷 NPO定例勉強会

2019年7月14日12時大阪 『経営者セミナー』 

2019年7月14日13時大阪 『経営帝王学』スクール

※中止2019年7月26日20時銀座 『経営デザイン』

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座112「64卦分析;无妄」

 

第二十五卦

卦名:『无妄』 構成:上卦「乾」・下卦「震」

和名:天雷无妄(てんらいむぼう)

卦辞: 「无妄、元亨。利貞。其匪正有{生目}。不利有攸往。」

「无妄、元亨。利貞。其匪正有{生目}。不利有攸往。」

无妄(むぼう)は、元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

それ正(せい)にあらざれば{生目}(わざわい)あり。

往(ゆ)くところあるに利(よ)ろしからず。

 

Keyword:客観的な法則

 

自然事象:

上卦の「乾」が天、下卦の「震」が雷で、

天の下に雷がある形象です。

陰陽の作用で万物を創生させて落ち着かせる象です。

 

解説:

『无妄(むぼう)は、元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

古代の君王は、この精神にもとづいて、季節を推移させ、

万物の本性に順応させ、気が付かぬまに万物を育みました。

その内卦の震が動、外卦が剛健である。

 

九五と六二が応じ、剛柔が位を得て、非常に順調である。

『それ正(せい)にあらざれば{生目}(わざわい)あり。往(ゆ)くところあるに利(よ)ろしからず。』

それゆえ、「偉大・順調・穏和・堅固」という4つの徳が具わる。

しかし、正義を堅持することがその前提であり、

さもなければ天の加護を受けられず、弊害が生じます。

 

次卦への連動:

无妄であれば、実地を踏査し、蓄えを増やせるので、

次は「大畜卦」であるが、畜は蓄にほかならない。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP