ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

易経講座75 「64卦分析;訟」マーフィー的解釈

eki75.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『人に知恵を与えれば、貴方はますます磨かれます。』易卦:山沢損 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月15日 南東

5月16日 北西

5月17日 北西

5月18日 西

5月19日 南西

5月20日 南

5月21日 西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ・個別面談

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、大宮市の居酒屋にて秋田と群馬の門下生と3人で懇親会をしました。

秋田の門下生とは11年目、群馬は最近のメンバーで、二人は初対面でした。

私のスケジュールのリスケがあり、急遽引き寄せられように集まることが出来ました。

『リスケの背後に天の意思がある!』が私のモットーです。

『会う予定が変更になった時、他に合わなければいけない人がいる。』と考えます。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

2019年6月2日 『経営帝王学』スクール

2019年6月8日 NPO定例勉強会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座75 「64卦分析;訟」マーフィー的解釈

 

第六卦

和名:天水訟(てんすいしょう)

 

争いは自分に正しい理由があるように思えても、実は自分の心の狭さによって起こっていることが少なくありません。内部にある怒り、敵意に支配されてはいけません。「否定的な考えを建設的な考えに入れ替えること」が必要です。

万事に誤解、錯覚、行き違いが生じ、八方ふさがりになるというのがこの卦ですが、手だてがないわけではありません。

『易経』には「惕 おそれて中すれば吉」とあるようにやりすぎを戒め、ひかえめに事を運べばよいめぐりあわせになります。

また、「大人を見るに利ろし」ともあり、これは年上の信頼できる人、上司などに相談し、その忠告に従えばよいということです。同時に謙虚に忠告を聞く態度が肝要です。「良薬は口に苦し」で正しい忠告は耳に痛いものです。まして争いの渦中にある人にとっては、せっかくの忠告も反発の材料にしかなりません。そういう時は、怒りや憎しみ、あるいは自分を正当化することに気をとられて判断の目を曇らされがちです。

「忠告には天の声、天の意思があります。たとえどんな内容でも、貴方の聞く態度によって必ず有益なものになります。争いは、いかに自分のほうに正当な理論があったとしても心理的な影響を考えるとマイナスでしかありません。それは肯定的思考に反するからです。

人生にトラブルは避けられないし、妥協してばかりはいられないと思われるかもしれませんが、争い事では勝っても負けてもよいことはあまりないのです。

なぜなら、争うこと自体が両者の関係をより悪化させ、修復不可能な状態にしてしまうからです。争うことなく問題を解決する方法を見つけるべきです。それには、すべてを肯定的に考えることです。

易経講座74 「64卦分析;訟」

eki74.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『偉大なる神様に相談しなさい。貴方にはおおいなる知恵が授けられます。』易卦:地水師 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月14日 東

5月15日 南東

5月16日 北西

5月17日 北西

5月18日 西

5月19日 南西

5月20日 南

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■昼食懇親会・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日のキトラ古墳・石舞台古墳は、圧巻でした。
日本における風水の発祥の地であることを、考古学上証明してくれています。

風水を志す方には、是非行って頂たい場所です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座74 「64卦分析;訟」

 

第六卦

卦名:『訟』 構成:上卦「乾」・下卦「坎」

和名:天水訟(てんすいしょう)

卦辞:「訟、有孚窒。惕中吉、終凶。利見大人。不利渉大川。」

訟(しょう)は、孚(まこと)ありて塞(ふさ)がる。

惕(おそ)れて中(ちゅう)すれば吉(きち)、終(お)われば凶(きょう)なり。

大人(たいじん)を見(み)るに利(よ)ろし。

大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろしからず。

 

Keyword:争論・訴訟

 

自然事象:

上卦の「乾」が天、下卦の「坎」が水である。

天が上、水が下にあり、行動の方向が異なるので訟いがもたされる。

 

 解説:

君子は事物を処理するのに、予め慎重に準備、計画し、訟いを防ぐべきである。

九二は真ん中にあって誠実を象徴するが、上卦の九五と同じ陽爻で、

応ずることが出来ないため、誠意が窒息させられ、憂鬱が増加するので

警戒しなければならない。

また、訟卦の上九は三つの陽爻の一番上にあり、剛強すぎ、

強さを恃んで勝ちを争うので必然的に危険である。

大人は九五のことで、陽爻が上卦で中を得ているので、

剛健中正で、指導的な地位を占める。

『訟(しょう)は、孚(まこと)ありて塞(ふさ)がる。』

威勢を持てば、通行することが出来ない。

『惕(おそ)れて中(ちゅう)すれば吉(きち)、終(お)われば凶(きょう)なり。』

 

反省警戒し、中庸の原則を把握しさえすれば、順調であるが、威勢を張れば必ず凶である。

『大人(たいじん)を見(み)るに利(よ)ろし。』

公正な大人の裁判に出会えば、よろしきを得る。

『大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろしからず。』

しかし、「大川を渉る」ような冒険をすれば、よろしきを得られない。

 

次卦への連動:

争えば必然的に群れをなすので、次は『師卦』である。

「師」は、もともと公衆の面前で説くという意味である。

易経講座73「64卦分析;需」のマーフィー的解釈

eki73.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『光は正しい者の前には暗黒の中から現れます。』易卦:坎為水 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

5月15日 南東

5月16日 北西

5月17日 北西

5月18日 西

5月19日 南西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■『キトラ古墳』セミナー

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日より素敵な方々が受講して下さり、『経営帝王学』セミナーがスタート致しました。

1年間を通じて知識・実践力を磨きながら、参加者の運が良くなりビジネスが強くなることを確信致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座73「64卦分析;需」のマーフィー的解釈

 

第五卦

和名:水天需(すいてんじゅ)

 

「待て、しこうして希望せよ」(デュマ)

「チャンスに出会わない人など一人もいない。ただそれをつかまなかったというだけだ」(デール・カーネギー)

チャンスというものはいつも目の前にあります。

では、チャンスはどうすればつかめるのでしょうか。

普通に考えれば積極的な行動こそチャンスをつかむのにもっとも効果的な方法です。

しかし、いたずらに突き進むのは危険です。

なかなかチャンスを獲得できない人は、どこかで大自然の法則に逆らった生き方をしています。

そういうときは「潮に逆らって泳ぐのをやめ、時の流れとともに生きる」ようにするのです。

待つことを消極的にとらえるのではありません。心の中で常に準備をし、自己の望む場所を探すのです。外見ではじっと静止しているように見えながら、実は心の中では生き生きと活動が行われている・・・この状態がチャンスを待つということなのです。

そこでは常に最善を期待し、その最善が訪れることを確信する必要があります。

もし、マイナスのイメージが襲ってきたらそれを否定しなさい。

時刻どおり列車がくることを確信している人は、駅で待つことができます。そこには不安や心配やいらだちはありません。逆に疑っている人は待つことに耐えきれません。

この卦には、「大川を渡るに利 よろし」ということが示されています。あせらず待てば成就するということです。

「急いては事をし損ずる」「急がば回れ」「待てば海路の日和あり」といいます。待

つことも積極的な行動なのです。

易経講座72 「64卦分析;需」

eki72.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『不平、不満は一言も口にしてはいけません。』易卦:風沢中孚 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月12日 北東(開運旅行におススメ!)

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

5月15日 南東

5月16日 北西

5月17日 北西

5月18日 西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせin 大阪・『経営帝王学』セミナー

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日から、1年間講師を担当させて頂く『経営帝王学』本スクールがスタートします。
どんな方々が集まるか楽しみです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座72 「64卦分析;需」

 

第五卦

卦名:『需』 構成:上卦「坎」・下卦「乾」

和名:水天需(すいてんじゅ)

卦辞::「需有孚。光亨。貞吉。利渉大川。」

 

需(じゅ)は、孚(まこと)あり。

光(おお)いにとおる。

貞(てい)なれば吉(きち)なり。

大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。

 

Keyword:躊躇・期待

 

自然事象:

上卦の「坎」は雲、下卦の「乾」は天である。

雲が天の上まで昇り、陰陽の調和を待ちさえすれば、

自然に雨になる。

 

解説:

『需(じゅ)は、孚(まこと)あり。光(おお)いにとおる。』

需は需要であり、生物が生命を維持するには、

飲食は必需品であり、躊躇と待機に例えることが出来る。

孚は信用であり、中も正も得た九五は、

形象では中心が充実し、誠意を象徴する。

『貞(てい)なれば吉(きち)なり。大川(たいせん)を渉(わた)るに利(よ)ろし。』

乾の陽の前方は坎の水であり、歩いて渡ることが出来ないが、

乾の陽は純剛で、実力を具えているので、

根気よく待ちさえすれば、必ず順調に大川を渡ることが出来る。

 

貞は吉の前提であり、必ず待機しなければならない。

それゆえ、『待機すれば吉』と判断出来る。

 

次卦への連動:

需は飲食の道と解釈するが、飲食には訟(あらそ)いがつきまとうため、

次は『訟卦』です。

易経講座71 「64卦分析;蒙」のマーフィー的解釈

無題.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『人のことをいう人に注意しなさい。秘密が漏れるでしょう。』易卦:風山漸 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月11日 北

5月12日 北東(開運旅行におススメ!)

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

5月15日 南東

5月16日 北西

5月17日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■NPO定例勉強会・昼食懇親会・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

プライベートの安定は、ビジネスの安定に直結します。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月11日 NPO定例勉強会

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座71 「64卦分析;蒙」のマーフィー的解釈

 

和名:山水蒙(さんすいもう)

卦辞:「蒙、亨。匪我求童蒙、童蒙求我。初筮告。再三涜。涜則不告。利貞。」

 

蒙は無知蒙昧の蒙をいいます。若い人の未熟さをあらわします。

しかし、若さには様々な可能性があります。大切なのは自分の未熟さを自覚し、謙虚に努力することです。

また、昔からの知恵、年長者、指導的立場にある人には、敬意の念を持って接することも忘れてはなりません。何より重要なことは、精神的価値について学ぶことで、情報や知識だけに偏らない賢明さが必要とされます。

自分ばかりではなく、身近な人が未熟な場合もあります。さらにこれから進むべき道に関する悩みもあります。

これらの難題を解決するには、貴方の内なる本心に働きかける神様の力が存在することを実感してみることから始めてみましょう。

あらゆる進歩のためには謙虚に学ばなければなりません。学ぶことの真の意義は、人間が神様とともに楽しむために生まれたことを自覚し、私たちの中に存在する無限の財宝を発見する方法論を知ることである、ともいわれます。

成熟するためには学ぶことが必要ですがその学んだことが不安や心配、恐怖心を大きくしたり他人を不幸にしたりするのではなんにもなりません。人間が成熟するというのは、知識よりも知恵の働きを高めることなのです。

混迷した現代では、社会全体が「未成熟の愚かさ」の証明です。本当の成熟、人間的成長を目指すべきであるといえます。

 

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

易経講座70 「64卦分析;蒙」

eki70.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『心の動きに注意しましょう。すべてはそれが決定しているのです。』易卦:地天泰 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月10日 北東

5月11日 北

5月12日 北東(開運旅行におススメ!)

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

5月15日 南東

5月16日 北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン面接

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

家族以外にも一緒に歳を重ねていける人を多く持てるというのは本当に贅沢な人生です。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月11日 NPO定例勉強会

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座70 「64卦分析;蒙」

 

第四卦

卦名:『蒙』 構成:上卦「艮」・下卦「坎」

和名:山水蒙(さんすいもう)

卦辞:「蒙、亨。匪我求童蒙、童蒙求我。初筮告。再三涜。涜則不告。利貞。」

蒙(もう)は、亨(とお)る。

我(われ)より童蒙(どうもう)に求(もと)むるにあらず。

童蒙(どうもう)より我(われ)に求(もと)む。

初筮(しょぜい)には告(つ)ぐ。

再三(さいさん)すれば涜(けが)る。

涜(けが)るれば告(つ)げず。

貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

 

Keyword:蒙昧・啓蒙

 

自然事象:

上卦の「艮」は山で、止める機能があり、下卦の「坎」は水で険を象徴する。

山の下に険があるのは、ほの暗い場所であり、内心の恐懼を意味しており、

外に対して拒み、幼稚愚昧を象徴する。

 

解説:

『蒙(もう)は、亨(とお)る。』

九二の剛爻は中を得て、主体であり、

また六五と応じており啓蒙の力を具えるため、亨るという。

『我(われ)より童蒙(どうもう)に求(もと)むるにあらず。

童蒙(どうもう)より我(われ)に求(もと)む。』

童蒙は、幼稚蒙昧な児童であり、児童が我に教えを求めるのであって、

我が児童に求めるのでは無い。

『初筮(しょぜい)には告(つ)ぐ。再三(さいさん)すれば涜(けが)る。

涜(けが)るれば告(つ)げず。』

教えを施す者は一度だけ答え、何度も答えてはいけない、

三度と煩わすようであれば、神聖さが涜されてしまう。

『貞(ただ)しきに利(よ)ろし。』

啓蒙の原則は、必ず動機が純正で最後まで堅持してこそ、

「貞しきに利ろし」となる。

 

次卦への連動:

 

万物は幼稚であり、養育せざるをえない。

だから次は需卦で、「需」は養育の道理です。

 

易学講座69「64卦分析;屯」のマーフィー的解釈

eki69.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『自分を好きになるよう振る舞うこと。』易卦:沢山咸 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月09日 東

5月10日 北東

5月11日 北

5月12日 北東(開運旅行におススメ!)

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

5月15日 南東

5月16日 

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ2件・落語鑑賞

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩、贅沢な牡蠣を堪能させて頂ました。

『愛情を注いだものは美しく美味しい!』は間違いの無い真理です。

『美しい味が美味しい』ということのようです。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月11日 NPO定例勉強会

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座69「64卦分析;屯」のマーフィー的解釈

 

和名:水雷屯(すいらいちゅん)

卦辞:「屯、元亨。利貞。勿用有攸往。利建侯。」

 

ものごとがすべて思い通りに順調に運ぶことは稀です。とくにそのものごとの初めには草創期の苦労がつきまといます。そこで挫折したり、強引に運んだりすると惨めな結果を招くということです。

「人は栄誉を得る前に試験を受けなければならない」(ソロモン王)

仕事でも受験でも恋愛でも現実には苦しみのほうが多いものです。しかし、それを乗り越えて、初めて輝かしい成功を手にできるのです。

 

この卦は初春、草の芽がまさに地上で生えようとするイメージで、そこには生まれいずる苦しみがあって当然です。苦労もなくスムーズにいくことはまずありません。

 

しかし、「最後まで耐え忍ぶものは救われる」のです。

 

正しく考え、正しく感じ、正しく行う・・・この卦が出た時の心の態度はこのようにあるべきです。そうすれば神様が貴方を導いてくれるでしょう。

あきらめ、短絡的な発想、怠惰は敵です。試練を神様から与えられたものとして受け入れ、あせらず耐え忍びながら希望を持ち、努力することが大切です。行く手は決して闇ではなく願望の成就、目的の達成があるのですから。

ものごとにはどれも「時」というものがあります。種をまいてから収穫までに一定の期間が必要であり、その間多くの愛情を注いで育てることが必要です。

同じように、貴方も幾多の障害に耐えて待つ勇気を持ってみましょう。そうすれば必ず豊かな実りの時が来ます。

 

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

易学講座68 「64卦分析;屯」

eki68.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『過程に気を配りましょう。どんな道を歩もうとも神様はそれを見ています。』易卦:天火同人 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月08日  北東

5月09日 東

5月10日 北東

5月11日 北

5月12日 北東(開運旅行におススメ!)

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

5月15日 南東

 

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ3件・イベント参加

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『キトラ古墳ツアー』ご案内

 

開催日:2019年5月13日(月)

集合場所:大阪千里中央駅 千里阪急ホテル前

集合時間:10時 解散時間:16時(集合場所)

費用:無料

問い合わせ&申し込み:山田光復へ

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月11日 NPO定例勉強会

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座68 「64卦分析;屯」

 

第位一卦

卦名:『屯』 構成:上卦「坎」・下卦「震」

和名:水雷屯(すいらいちゅん)

卦辞:「屯、元亨。利貞。勿用有攸往。利建侯。」

 

屯(ちゅん)は、元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よ)ろし。

往(ゆ)くところあるに用(もち)うるなかれ。

候(きみ)を建(た)つるに利(よ)ろし。

 

Keyword:産みの苦しみ

 

自然事象:

上卦は「坎」で雲と雨、下卦は「震」で険と陥であり、

動で雲が昇り雨が降、天地が初めて生ずる産みの苦しみを象徴する。

 

解説:

「元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よ)ろし。」

草木が芽生え生気が充満する。

「往(ゆ)くところあるに用(もち)うるなかれ。」

草木は芽生えたばかりで非常に脆弱で利用できない。

「候(きみ)を建(た)つるに利(よ)ろし。」

しかし、草木は芽生えたあとにしっかり成長し、前途ははかりしれない。

人間社会にたとえれば、絶えず発奮、進取していさえすれば、諸侯の基礎が定まる。

 

初爻は、一郡の陰爻の下にあり、主爻であるので、毅然と前進しさえすれば、

困難を克服し、目的を達成できる。

四徳が具わり「吉」の卦である。

 

次卦への連動:

万物が生じたばかりのときは、必然的に蒙昧であるため、

次は『蒙卦』です。

二十四節気「立夏」の風水術

rikka.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『志操堅固な者は守られます。』易卦:離為火 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

5月07日 北東

5月08日  北東

5月09日 東

5月10日 北東

5月11日 北

5月12日 北東(開運旅行におススメ!)

5月13日 南(開運旅行におススメ!)

5月14日 東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in伊勢崎

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

暦の上では、昨日から『夏』に入りました。

この時期にしっかり汗をかくことで、デトックスが出来る様です。
このことが、1年間の体調を決定するそうです。

自然は、良く出来ています。

 

 

<イベント・セミナー情報>

2019年5月11日 NPO定例勉強会

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月13日 キトラ古墳日帰りツアー

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「立夏」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

昨日から約15日間が

二十四節気の『立夏(りっか)』です。

 

この期間は、二十四方位の『巽』の方角とリンクし、

十二経絡の『脾臓の経絡(足太陰脾経(あしのたいいんひけい))』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間:午前9時~11時

 

脾を守るためのおすすめ食養・漢方

豚の膵臓、緑豆、梨

 

この『立夏』の期間に、

『舌がこわばるなど口や唇の異常、胃痛、吐き気、便秘、下痢、足の冷え、むくみ、疲労感、不眠』等の症状が出た場合、

家の内外の『巽』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

 

更にそのタイミングが、の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『辰』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から時計回りで135度の左右7.5度、合計15度の範囲です。

何故日本人はプレッシャーに弱いのか?

152418.jpg

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP