ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

2019年己亥歳セミナーvol.6 運には層がある

05.jpg

 

<本日の心構え>

▼地風升 三爻変

 

暖かな春を迎え若木の芽が地表に出ます。

明るく実りの多い季節が到来します。

若木の成長には多くの月日が必要です。

先を焦らず一歩ずつ確実に歩みましょう。

前進を拒む物は何もありません。

覚悟を決め威風堂々と進みましょう。

全ての事柄は順風満帆に進みます。

実利が無くとも大事な一歩となります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ・現地調査in横浜

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩は、顧問先でもありコンサルタトの師匠ともいうべき経営者と交流の場を頂戴した。

越境時代を迎え、世界標準を知ることで、日本の強みも再認識することが出来ます。

遅れていることが悪いわけでも無く、メジャーなことが正しいわけでもありません。

当然、新しいから良いということでも無いということです。

本質を見抜く知識と分析力が重要であることを実感しました。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2018年12月31日から2019年1月6日 年末年始off

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.6 運には層がある

 

運は、出会いのことですが、

出会いには目に見えませんが明確な層があります。

 

『類は類、友は友』

最近では、『引き寄せの法』等と呼ばれている現象と同じです。

 

物理的な環境を変えても同じ人に出会ってしまうということが良くあります。

あの人が嫌で転職したら、あの人と同じ人が転職先にいた、

あの人が辞めたら、同じような人が入社してきた等

不思議な縁を感じることが多いかと思います。

日常の生活の中でも同じことを繰り返すことも多くあります。

デジャヴの様に同じ場面に遭遇します。

キャストが違うだけで同じ台本で同じ物語を演ずるという感覚を持ちます。

 

物理的環境は広くとも、運の層はかなり狭い範囲なのです。

この感覚を掴むと運をコントロールすることが可能になります。

 

具体的に『運の層』を知り、今、自分がどの層にいるのかをチェックしていきたいと思います。(Vol.7に続きます。)

2019年己亥歳セミナーvol.4  運の正体は出会い!

03.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼水天需 五爻変

 

大空一杯に厚い雨雲が広がります。

雨が降り始めるのは時間の問題です。

心に余裕を持ち状況の変化を待つこと。

心して待てば恵の雨となるでしょう。

待ち望むものは足元まで訪れています。

全ての問題は時間が解決してくれます。

何も恐れず心静かに機を待ちましょう。子

成功と喜びの到来は時間の問題です。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■陰宅風水建立式・個別相談・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩は、門下生が経営する会社の忘年会に参加させて頂ました。

加速度的に成長する様子に感動でした!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2018年12月31日から2019年1月6日 年末年始off

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.4  運の正体は出会い!

 

運の正体は、出会いのことです。

運の良い人は出会いが良いということです。

『人・もの・情報』との出会いです。

 

良いもの・良い情報は良い人から得ることが出来ます。

運が良いとは?

結局、『良い人』と出会えるということになります。

 

コロンブスの卵の様な話ですが、

ここをしっかり押さえることで『運』というものが見えてきます。

 

交通事故を起こしてしまうことは『運が悪い』わけではありません。

交通事故を起こした相手が誰なのかが運が成せる業です。

運が良いと相手は紳士、悪いと厄介な人となります。

財布を落としてしまったことは『運が悪い』というわけではありません。

単なる不注意です。

運が良いと拾ってくれた人が届けてくれ、悪いとネコババする人に拾われます。

ビジネスも失敗はつきものです。運が悪く失敗するわけではありません。

失敗した時にどんな人に出会えるかは運の問題です。

学校は選べてもクラスメートは選ぶことは出来ません。

隣に誰が座るかは運の問題です。

 

人生は、極めて不確定な出会いによって左右されることが理解出来るかと思います。

どんなに大きなビジネスであったとしても結局は一対一の人間関係の延長でしかありません。

 

開運!!それは人との出会いが良くなることです。

そして、その出会いにはある法則があります。(Vol.5に続きます。)

2019年己亥歳セミナーvol.3  運とは?

02.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼風天小畜 五爻変

 

湿り気を帯びた冷たい風が吹き始めます。

時の経過と共に空模様が変わります。

天候が気掛かりで身動きが取れません。

無理をせず情勢の変化に備えましょう。

成功と繁栄は独力では成し得ません。

周囲と協調し事態に対応すること。

喜びと経験を分かち合いましょう。

成功と繁栄は確かなものに変わります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・セミナー参加

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

年末、夜の忘年会・懇親会・セミナー等が続きます。

消化器系のケアーが重要な期間です。

年末年始OFF下記に決めさせて頂きました。

顧問先対応は通常と変わりません。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2018年12月31日から2019年1月6日 年末年始off

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.3  運とは?

 

世にある『開運商法』。

開運グッズ・運が良くなる・開運○○、etc

 

『運』を商売にしている人は多くいらっしゃいます。

その方々に『運とは何ですか?』と問うた場合、

何と答えるでしょうか?

 

私も様々な場面で皆さまに質問します。

殆どの方が、運が良い人の現象を答えられますが、

運そのものの回答をズバリ答えられる人は多くありません。

残念ながら商売にしている人さえ曖昧です。

 

昨今のパワースポットブームにおいても同じです。

パワースポットに行って何が変わるのか?

 

私の仕事は、風水で経営コンサルを行っています。

風水もコンサルタントも胡散臭い仕事です。

ある意味その両方掛けあわせたビジネスですから胡散臭さ二乗です。

それにも関わらず25年もコンサルタント業界に居続けさせて頂いています。

 

私が何をクライアントに提供しているのか?

勿論、経営・企業コンサル、ビジネスマッチング、新規事業開発と得意な分野はありますが、

最もベースになるのは、

『会社と経営者』の運を良くしてさしあげることです。

運を良くすることでビジネスを強くするということです。

 

このことは、他のコンサルタント会社には出来無い、弊社の特権ともいえます。

その為、『運の定義』が明確です。

 

その正体について次回解説します。(Vol.4に続きます。)

 

2019年己亥歳セミナーvol.2  帝王学

01.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 三爻変

 

山頂付近では雷鳴が激しく轟いています。

登るには多くの危険と困難を伴います。

麓に居る限り身の安全は守られます。

何事にも慎重を期す対応をすること。

周囲は危険な道を進もうとしています。

誘惑に負けると災難に巻き込まれます。

甘い誘いは断り悪縁は断つこと。

場に浮いても身は堅く守りましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

どんなに良い『人・物・情報』を得たとしても、タイミングが合わなければ具体的な形にはなっていきません。

『時』を大切にする姿勢が『時』に助けられます。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.2  帝王学

 

帝王学(ていおうがく)とは、王家や伝統ある家系・家柄などの特別な地位の跡継ぎに対する、幼少時から家督を継承するまでの特別教育を指す。学と名はついているが明確な定義のある学問ではなく、一般人における教育には該当しない。(Wikipediaより)

 

具体的にこれというものでは無く、限定的なものでもない、様々な幅広い知識・経験・作法など、跡継ぎとしての人格や人間形成に到るまでをも含む全人的教育といえます。自分の家系を後世へ存続させ繁栄させる、という使命感を植えつけることを目的としています。

 

風水学は、土地・都・建物・お墓・人の分析、兵法と多岐に渡ります。

『自分の家系を後世へ存続させ繁栄させる』為には必須の学問といえます。

当然、国の繁栄のためにも必須なスキルです。

風水学が、帝王学の一つとして発展してきたことは十分に想像出来るところです。

 

この帝王学の一つとしての風水学を経営学としてシフトし、経営戦略として落とし込み、体系化しているのが風水経営コンサルタントといえます。

 

他の経営コンサルには出来ないところが、土地・建物・人のポテンシャルの分析です。

風水学をベースにこれらを分析することが可能です。

 

どこに都をお越し城を建て陣を張り布陣をどうするのかは、生死を左右する深刻な問題です。同じく経営も全く同じです。

先ずは、どこでビジネスを始め、本社をどこに構え、支社・営業所をどう展開させていくか、人用・雇用等、人事は最も重要です。

このことに対する判断基準は様々ありますが、判断基準の一つとして風水学を取り入れることは極めて優位性があるといえます。(Vol.3に続きます。)

2019年己亥歳セミナーvol.1 天地人三才の法

00.jpg

 

<本日の心構え>

▼火山旅 三爻変

 

壮大な山々に夕日が静かに沈みます。

陽も弱くなり周囲は次第に暗くなります。

旅先で夜を迎え不安を抱き始めます。

落ち着く先を決め明日に備えましょう。

旅先での判断を誤り災難に遭います。

大事な物を失い途方に暮れることも。

思い込みや先入観が問題の原因です。

貴重な経験ですが心に傷を負います。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日より<ワンポイントレッスン>にて『2019年を風水で分析する』をテーマにお伝えします。2019年新年に備えて頂ければ幸いです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■2019年己亥歳セミナーvol.1 運の良い人悪い人

 

11月12月と各地で様々なシチュエーションで講演させて頂いた

『2019年己亥歳セミナー』の内容をワンポイントレッスンのこの場で紹介させて頂ます。

約60回2か月間のシリーズものになりますので、2019年2月4日の立春に向けて、物心共に備えて頂ければ幸いです。

 

風水では年毎の運勢というものが存在すると考えています。

これは、自然界の法則と捉えて頂ければ多少解り安いかと思います。

 

では、この一年のサイクルはどのタイミングでどのように変化するかについて、最初にお伝えします。

 

これは、『天地人三才の法』という原則に基づいて3つの観点があります。

天は、天の気で太陽と月から放出される気で影響されるもので、一年の始まりは、二十四節気の『冬至』になります。これは『易卦』で分析することが可能です。

地は、地の気で天の気を受けた地球の磁場に影響を及ぼすもので、一年の始まりは、二十四節気の『小寒』になります。これは『紫白星』で分析することが可能です。

人は、天の気と地の気の影響を受けた人間に影響を及ぼすもので、一年の始まりは、二十四節気の『立春』になります。これは『干支暦』で分析することが可能です。

 

2019年に向けて具体的な月日は、

天の気:2018年12月22日『冬至』

地の気:2019年1月6日『小寒』

人の気:2019年2月4日『立春』

になります。

 

2019年の三才は、

易卦は、天雷无妄(てんらいむぼう)

紫白星は、八白左輔(はっぱくさほ)

干支暦は、己亥(つちのといのしし)

です。

 

詳細をお伝えする前に運についてお伝えします。(Vol2に続きます。)

陰宅風水と日本墓相

 

<本日の心構え>

▼沢水困 二爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

不遇の時が続き不平不満が募ります。

本来の才能を開花するには機を待つこと。

進んで求めても得られるのは失望ばかり。

心して待てば好機は訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

少子化対策の成功例としてフランスを良く取り上げる政治家がいるが、

ただ人口を増やすだけの目的が良いとは到底思え無い。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■陰宅風水と日本墓相

 

九星気学をベースにした家相は、気学家相と称し、中国風水をベースにした家相を風水家相と称したり、伝統的風水や陽宅風水と称することが随分一般的となり、御客様も日本の家相と風水は別物であることを認識されている方も増えてきました。

 

しかし、陰宅風水に関しては全くと言って良い程に、墓相との違いが知られていません。

そもそも、陰宅風水自体が知られていないことが原因といえます。

これは、単に私達日本の風水師の責任ともいえます。

 

以前、占術関連の専門書店で「陰宅風水」と記された日本の書籍を発見して読んでみましたが、完全に日本の墓相の本でガッカリしたことを覚えています。

 

ハッキリしていることは、墓相=陰宅風水では無いことです。

 

例えば、様々家族内に問題が生じた時に墓相の先生に相談すれば真っ先に『墓相が悪い!』と指摘され、建立し直すことを勧められます。

所謂、吉相墓の勧めです。

 

一般的なお墓に比べて、10倍以上の高価なものが吉相墓では一般的です。

当然、簡単に購入出来るはずもなく更に落ち込むだけです。

 

それでは、陰宅風水の場合です。

埋葬されている遺骸と同じDNAを持つ子孫に影響が出ると考えられているため、親戚全体に同じ様な傾向の課題が出ます。

例えば、同じ病気に悩まされる。男性より女性の方が極端に生命力が強い。相続問題で争う等です。

 

そこで、陰宅風水鑑定を行い、もし陰宅風水が悪ければどうすれば良いのでしょうか?

風水は、大変面白いもので吉凶の分析に関しては、流派や風水師に限らず大きな判断の違いはありませんが、凶相だったときの対処方法が全く違います。

流派においては奥秘伝の口伝であったり、風水師毎の一子相伝という極端な例もあります。

 

墓地そのものの風水が悪い場合は、良い風水の墓地に移ることがベストです。

高額なお墓を買うよりは安くすみます。

諸般の事情で移すことが無理な場合は、自分でも出来る墓地のリフォームを決められた日時に行います。土の入れ替えが一般的ですが、何万もかかりません。

 

最近の事例ですが、陰宅風水調整の直後に、相続問題でカギを握っていて行方不明だった親戚が突然見付かり相続問題が解決したことや、悲願のお子さんが授かったというものがあります。

開運合宿in鴨川 募集開始

kamogawa.jpg

 

<本日の心構え>

▼天風女后 初爻変

 

青空の元に穏やかな風が吹き渡ります。

その風に揺られ甘い香りが漂います。

運命的な出会いの兆しがあります。

慎重に判断し良縁を大事にしましょう。

早期に決断し適切な対応をすること。

後手に回ると問題も大きくなります。

甘い誘いに負けず断る勇気も必要です。

表面に惑わされず良心に従いましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■リモートワーク・報告書作成

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

2019年最初の開運合宿の募集を開始します。

セミナーテーマは『開運手帳2019年を操る』です。

2019年立春に備えます。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■開運合宿in鴨川 募集開始

 

参加者全員が「流れが変わる」体験をされ、

おかげさまで毎回大好評の2か月に1度のセミナー!
今回1月19日南東の方角が奇門遁甲では最高の日となります。

この日にしか現れないパワースポットに身を置き、食し、語り、

リラックスしながら、「交貴人(こうきじん)=志し高い経営者との交流」を通じて、より良い縁を引き寄せる開運体質を整えましょう。

セミナーは風水開運手帳の使い方です。(顧問先法人一冊無料)

 

日程:

集合場所:千葉県鴨川市ホテル 1月19日15時00チェックイン受付

解散場所:千葉県鴨川市内   1月20日15時00分

場所:鴨川市ホテル&周辺パワースポット 

会費:35,000円(税込)※1泊2食、セミナー料金が含まれています。

開運セミナーテーマ:

「2019年風水開運手帳を操る」講師;山田光復

 

1月19日(土):

❏15時00分 鴨川ホテルチェックイン開始

❏16時00分 セミナー『2019年開運手帳を操る 』

❏18時00分 夕食懇親会 

❏21時00分 二次会(自由参加)

1月20日(日):

❏06時00分 朝トレ(自由参加)

❏07時00分 朝食

❏10時00分  パワースポット巡り   

❏12時00分 昼食(各自支払い)

❏15時00分 現地解散

 

主催:株式会社ベストフォーチュン

問合せ&申込み 

info@kouhuku.com/ 08036391290(担当:山田)

FaceBook イベントページ https://www.facebook.com/events/315929339012102/

 

プレゼン力は愛し方

013310.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼地雷復 上爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

穏やかな状況を迎えても気は緩めないこと。

慢心すると大きく道を踏み外します。

過去の苦渋は決して忘れないこと。

動かず堅固に身を守りましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会、現地調査in裾野市

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、NPOの勉強会と理事会と続き、充実の一日となりました。

優秀なメンバーと理事に恵まれ感謝です。

来季からの取り組みが楽しみです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■プレゼン力は愛し方

 

年末年始は、講演依頼が急増します。

場所も対象もニーズも多岐に渡ります。

 

喜んで頂いたか否かは、リピートされるか否かで明確です。

主催者側の感想はあまり重要では無く、また呼ばれるかです。

日々のコンサルタント業務も同じです。

 

どんなに理念・商品・サービスがあっても相手に通じなければ、

残念ながら無きに等しいものです。

 

これは、『愛情と愛し方』との関係性と同じです。

いくら愛情を持っていても伝わらなければ意味がありません。

プレゼン力は『愛し方』です。

 

相手に対して、『自分が提供することで喜んでもらいたい』という動機で、

その『手段を構築させ腕を磨く』ことが重要となります。

 

『相手に喜んでもらいたい』という動機の方は多くいますが、

『自分が提供すること』の認識が薄いため、

『手段の構築と磨き』が疎かになっています。

 

「こんなに良いものなのに、どうして皆理解してくれないのか?」はナンセンス!

ということは誰でも理解できることですが、自分のこととなると忘れてしまいます。

 

仕事柄、様々なプレゼンやセミナー、講演を聴く機会が多くありますが、

『いまひとつ・・』と残念なものの共通点は『愛情を感じ無い』ものです。

ただ説明を受けるだけなら文章だけで十分です。

最低限プレゼン資料の字は遠くからでも見える様に大きくして下さい(笑)

 

残念なプレゼンは、どことなく冷めた感じがするものです。

オズの魔法使いと心の三機能

1001943.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼山雷頤 上爻変

 

壮大な山々の麓に雷鳴が響き渡ります。

山を揺るがすような凄まじい轟音です。

鳴動に心は震え背筋は正されます。

摂理に従い心を正し節制を心掛けること。

多くの人々が助力を求めて集まります。

責任は重大で気苦労も多くなります。

周囲の期待には誠実に応じること。

道は険しくても成功に至るでしょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

24時間が短く感じます。感謝です!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

本日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■オズの魔法使いと心の三機能

 

オズの国迷い込んだドロシーが、

『知恵の無い案山子、感情の無いブリキの木こり・勇気の無いライオン』

と冒険を繰り広げ故郷のカンザスに辿り着くというお話です。

 

これは、心の三機能である『知・情・意』を象徴しています。

『知』は、知恵であり学ぶことで得ることが出来ます。

『情』は、感情であり愛されることで得ることが出来ます。

『意』は、勇気ですがどうすれば学ぶことが出来るのでしょうか?

 

様々な経営者と縁を頂戴していますが、

イケテル・イケテナイ経営者の大きな違いはこの『勇気』です。

 

実は、『勇気』だけは直接学ぶことが出来ません。

更に生まれながらのパーソナルに『勇気』の有無が決まっているわけではありません。

 

何故か?

『勇気』は、自分の力で作り出すものだからです。

 

我が家の長男は、一般的には臆病者と判断されるかもしれません。それは争いを好まないからです。その長男が悠然と立ち向かったことが幼い頃ありました。それは妹を守るためでした。

 

『勇気』は、『知恵』と『愛情』によって作り出されるものです。

『知恵』は学校で得て、『愛情』は家庭で得ます。

そして『勇気』を作り出す糧を得ることが出来ます。

 

『勇気』を作り出せない経営者は良く学ぶことです。

そして多くの人に愛されていることを確認することです。

陰暦朔日の参拝のススメ!

oomikokoro.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼水沢節 四爻変

 

激しい雨が降ると川は氾濫します。

器に水を注ぐにも限界があります。

節度を守り危険は事前に回避すること。

節制を心掛け正しき道を進みましょう。

流れには謙虚に従い誠実に応じること。

冷静に観察し必要な対策を講じること。

節度を守り堅実に足元を固めましょう。

人格と志が認められ好機が訪れます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

本日陰暦11月朔日です。

今月の指針『大御心』を賜るために、朝、明治神宮に参拝に伺います。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座&理事会 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2019年1月19・20日 開運合宿in鴨川

 

 

<ワンポイントレッスン>

■陰暦朔日の参拝のススメ!

 

本日は、太陰暦(旧暦)の11月1日(朔日)です。

 

風水では、太陽と地球の関係性における法則性の影響を研究してきています。

その代表例が『二十四節気』になります。

 

これは、太陽と地球の関係性から、最も昼間が長くなる『夏至』と夜間が長くなる『冬至』を基準に24の季節を導き出しました。365日を24等分したもので、約15日間毎の季節です。その為、1か月毎に2つの季節が変化します。

 

1か月毎の2つの季節の内、月始めの季節を節気と称し、月替わりとします。

12月は、『大雪』が12月度の月初めです。

一方、『太陰暦』は、地球と月の関係性における法則性の影響を研究してきたものです。

30日毎に月は、『新月から満月から新月』と変化します。

この月が『新月から新月への30日間』を『1か月』としました。

 

古代中国より、夜空を司る月の運行は、人間の深層心理に強く深く影響を及ぼすと考えられ研究してきました。

風水でもこの陰暦を中心に分析する命術(生年月日時から個人を分析する術)として、

紫微斗数推命(しびとすうすいめい)というものがあります。

この命術は、深層心理を分析するに大変優れたものです。

 

この様な観点から毎月陰暦の1日は、深層心理が変化するタイミングと考えています。

この陰暦の1日に参拝しその月の心構えを天に尋ね御御籤を引いてみて下さい。

 

見事なまでに1か月の方針を天は授けてくれます。

私は、毎月『明治神宮』に参拝し御御籤(大御心)を賜ります。

« PREV 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
PAGE TOP